親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

西暦79年ベスビオ山の噴火で消失したポンペイの街
何故最近まで歴史から消えたのか?
文字もあったのに?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    それは文字の無い日本ならね!
    ローマ字

      補足日時:2018/06/18 20:29
  • どう思う?

    ところがそれより古いエジプト文明の解明、古王朝時代から?

      補足日時:2018/06/18 20:32
  • うーん・・・

    ポンペイ(幻の街)の名前だけが残りどこかにあるぞ!と言われていたのですが、ナポリの地下噴火地層からも街が出て来て火砕流でやられ名前もわからず、古代ナポリと仮名が付けられています。⬅これは5年前の情報
    ポンペイの街はたまたま農家が見つけ遺跡調査団が、⬅時系列ではしかしあれだけの街が名前だけが残り場所の記憶が消えたのか不思議?

      補足日時:2018/06/19 07:03
  • うーん・・・

    近くで弥生時代の矢じり(石)がよく出るので見に行きますが、その場で考古学者に聞いても即答は出来ない。地層年代方は凄く難しく、凄くアバウトらしい。

      補足日時:2018/06/19 10:19

A 回答 (7件)

#6です。

ありがとうございます。

質問者様は「土に埋まったものがどのくらい見つけにくいか知らない」から腑に落ちないのでしょう。事実ものすごく難しいのです。

たとえばものすごく近年の例を出しましょう。
日本の新橋の旧新橋停車場跡です。

これはせいぜい100年ほど前のものですので、その当時を知っている人が今でも生きているかもしれないし、図面も設計図も記録も全部あります。でも「具体的にどこにあったかが明確ではなかった」のです。もちろん「新橋のこの辺りのどこか」ということは知られていましたが、具体的な場所はわからなかったのです。記録があってたかだか100年までもそんなもんなんですよ。

この旧新橋停車場跡が見つかったのは、新橋操車場(汐留操車場)を整理し、ビル開発を進めるまえに遺構調査をおこなったからです。「このあたりにある」ということは分かっていましたが、操車場のレールを外し、地面を掘り返して初めて場所が特定できたのです。今は「旧新橋停車場跡」に資料館が立っています。

どれほどの記録があっても「地面に埋まってまっ平らなら、発掘調査をしなければ見つかりません」調査にはお金もかかるし、掘り起こすには土地の権利者の許可も必要です。だから見つけようと相当な努力をしないと見つけられないし「その場所がどこか」というのを間違えるとほんの数メートル違いで遺構が見つからないこともあるのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

イリオスの遺跡と言えばトロイア戦争シュリーマンが神話を信じて発掘そして発見、地層年代方で紀元前2500年~紀元前2200年と解明、イリオスの集落「始まり」は、紀元前3000頃だそうです。

お礼日時:2018/06/19 10:09

それほど不思議ではないでしょう。



例えば日本でも「○○寺の跡地」というような場合、詳細な資料が残っていることも多く、たとえば全体の見取り図や建物の設計図まで残っている場合もあります。しかし、現実にはどこを見ても平らな土地なので何も痕跡がない。そうなるとめぼしいところを掘り返して、遺構の端っこを見つける必要があり、その遺構の端っこが残っている図面の「この部分」と特定することで初めて全体像を見つけることができるようになります。

ポンペイの街も大きい街であったわけですが、どのくらいの規模でどのような道筋で、までは資料が残っていたわけではありません。また「この辺りに街があったようだ」とは言われていましたが、実際にどこからどこまでが街だったのか見分けがつかなかったわけです。

しかしその場所は農地として利用されていて、全体の発掘をするには
・とりあえずめぼしい土地の持ち主から農地を買い取って大々的に掘り起こす(遺構がでないこともありえる)
・何らかの証拠がでたら、その周辺を買い取って掘り起こす
のどちらかになります。

ポンペイが火砕流で埋まってしまったのは2千年ほど前であり、近代的な考古学による発掘はせいぜい18世紀の初頭から始められたものです。ですから2000年間遺構の埋まっている土地は「誰かの土地で農地」であり、勝手に掘り起こすことはできなかったわけです。それでも18世紀には細々とポンペイ遺構の発掘が行われていました。

また中世の間にローマ文明の痕跡は人々の記憶から消えて行った、という問題もあります。日本なら当時や古いお寺や神社などが「あの辺りに○○はあった」というような言い伝えがありますが、中世は暗黒時代とも言われ、庶民はほぼ無学で、だからローマ時代の水道橋なども「巨人が作った」と考えるぐらい知性が退化していました。

ですから中世の時代ぐらいまでは有ったであろうポンペイ市へ続くローマ街道とか水道橋などの目印になる遺構も取り壊されまたは埋め立てられて、いわゆる「時代の流れの中で忘れられていった」と考えられています。

18世紀になって資料が脚光を浴び「このどこかに旧市街がねむっているはず。掘り起こしたら大変な価値がある」となってもなかなか場所を特定できなかったし、だから発掘も進まなかったのです。

農家の人がたまたま見つけたのは、街の中心部にある遺構の一部だったはずです。農家の人も「この下にはポンペイがある」ということは知っていたので、見つけたものを調査できるところに出したのでしょう。

それがたまたま街の中心部のものだったから、大々的な調査につながり、結果として埋もれたポンペイ市の全容解明につながった、ということです。一旦「ここの記録の場所がここだ」という目印を見つければ、必要な範囲の土地を買い取るなり、農業保障をするなりして発掘調査することは難しくなかったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どう思う?

日本の場合、飛鳥寺の年代はわかるのですが、なにせ木造等で炭素年代法で時代は後付、出雲国譲りでも奈良大王の大社造り炭素年代方で約西暦450年前後
確かにローマ帝国が滅びイタリアは都市国家へ逆戻り。ただ歴代ローマ皇帝の名前はわかっていた。西暦79年のローマ皇帝の大都市の一つ、それが忘れさられたのが腑に落ちない。

お礼日時:2018/06/19 09:44

歴史から消えたりはしてなかったようです。


人が住む集落はなかったものの「町」という意味の地名でよばれ続けており、また散発的に昔の町の遺品などが見つかってたりして、そこに町が埋まっていることは、ずっと知られていたようです。(wikiより)
    • good
    • 0

消滅してから二度と街が作られなかったからではないでしょうか?


記録は残っていますし、古代の物がたまに見つかっています。

近代のポンペイははかつてのような商業、快楽都市ではありません。
日本の奈良や鎌倉や平泉も同じではないでしょうか?
    • good
    • 0

文字ごと地中に埋まってたから

    • good
    • 0

>歴史から消えたのか?


古い出来事で、誰も現実の出来事であるかを確かめることをしなかったから。
また文字はあったが、詳細に伝える内容ではなかったから。
    • good
    • 0

歴史では無く、単なる伝説と思われていたのでは、ないかな。


(=^・^=)
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング