日本でいいので肺がんがステージごとにどれだけ患者数がいて、健康診断で各ステージがどれだけ発見されているかがわかる統計資料がありましたらURL、本など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こういうのですか?ただし、相当誤差が生じると思いますが。



参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/statistics/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。この統計ですと「限局」が「ステージ1」であとは4までに対応しているということでしょうか。他のがんについても網羅したものがありますか?

お礼日時:2004/10/27 09:52

#1です。



右に行くごとにひどくなっているのでそのようなことではないでしょうか?

他のものに対する統計は見つけ切れませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国立がんセンターに問い合わせたところ、全国的に作っている統計はないんだそうです。部分的な統計をもとに考えるしかないようです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/04 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん遺伝子の発見の重要性

がん遺伝子が発見されたことによるがん研究への影響を調べています。
とりあえずがん研究がどのようにして発展していったか、というところは本を読んでみました。なんとなくですがわかったつもりです。しかし、がん遺伝子が発見されたことが、がん研究にどのような影響を与えたかというところについてはいまいちピンときません。
がん遺伝子の発見されたことで、がん研究はどのように変わったといえますか?ぜひ教えてください。
えーと、今は大学1年生ですが、高校の時は生物を選択してなかったので、そこのところを考慮していただけるとうれしく思います…

Aベストアンサー

ひとつの遺伝子のわずかな変化ががんを誘導することが分かり、がんが遺伝子の変化(実際には段階を踏んだ複数の遺伝子の変化が多い)で起きることが分かりました。

それまでは原因がなんだか分からない、一般的な深刻な病気だったわけですから、ちょ~画期的です。がん研究は一時期ほとんど、がん遺伝子の研究で占められました。

時代は変わり、今はがん抑制遺伝子の研究へと変わりましたが、基礎は特定の遺伝子の変化であるということで変わっていません。

Q人体の各パーツごとの重さが知りたいです

人体の各パーツごとの重さが知りたいです

全体の体重を50kgとした場合
頭、胴体、肩の付け根から腕一本、股の付け根から足一本
それぞれ約何kgくらいになるのでしょうか
筋肉量、脂肪量、身長などは申し訳ないですが今の時点ではとくに考えていません
だいたいで良いので、もしよろしかったら教えてください

Aベストアンサー

同様の質問とそれに対する回答を見つけましたので、そちらのリンクをご紹介します。


その値を参考にして50kgの人に換算すると…

頭=3.5kg
胴体=21.5kg
腕1本=3.25kg
足1本=9.25kg

個人差が相当ありそうですが、ひとつの目安にはなるかと。
だいたい両手足で体重の半分なんですね^-^;

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186952626

Q肺動脈と肺静脈

肺循環は体循環と異なり、動脈管を静脈血が、静脈管を動脈血が流れると定義されていますが、何故、逆さまなのでしょうか?色々な参考書を調べてみましたが、理由が分かりません。どなたかご教示お願い致します。

Aベストアンサー

動脈・静脈というのは、血管の分類です。心臓を中心として考えれば
動脈:心臓から出ていく血管
静脈:心臓に帰ってくる血管
と言うことができます。
一方、動脈血・静脈血と言う言い方は、血液の分類です。その実体は
動脈血:酸素を多量に含んだ血液
静脈血:酸素の少なくなった血液
であり、この動脈血・静脈血と言う呼び方は、体循環を基準に作られた言葉だと言えます。
血液は循環しているのですから、どこかで静脈血が酸素を取り込んで動脈血にならなければなりません。その臓器は...、もちろん肺ですよね。
だから肺を中心にして考えると
動脈血:肺から出ていく血液
静脈血:肺に帰ってくる血液
と言えます。違う臓器を基準にしているのに同じ「動脈・静脈」という言葉が入っているのが、混乱の原因だと思います。
さらにしつこく「何故逆さまなのか」と言うことを書くならば、肺循環は「静脈血を動脈血にする」ために存在しているから、と言えると思います。逆じゃなかったら全身に酸素が回らなくなって、とんでもないことになってしまいますよね。
これでご了解いただけるでしょうか?

動脈・静脈というのは、血管の分類です。心臓を中心として考えれば
動脈:心臓から出ていく血管
静脈:心臓に帰ってくる血管
と言うことができます。
一方、動脈血・静脈血と言う言い方は、血液の分類です。その実体は
動脈血:酸素を多量に含んだ血液
静脈血:酸素の少なくなった血液
であり、この動脈血・静脈血と言う呼び方は、体循環を基準に作られた言葉だと言えます。
血液は循環しているのですから、どこかで静脈血が酸素を取り込んで動脈血にならなければなりません。その臓器は...、もちろん肺で...続きを読む

QiPS細胞は日本の発見?アメリカの発見?

iPS細胞は日本の発見でしょうか?アメリカの発見でしょうか?
新聞では、日米同時発表と書いてあった気がするのですが、
どちらが先に見つけたのでしょうか?
ノーベル賞を受賞する場合、どちらに先取権があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の認識では、山中教授がマウスでips細胞を作った論文がこの分野の先鞭をうったもので、これによってヒトの組織でips細胞を作る競争が始まったものであると思っています。
アイデアを発表前に盗んだというのはたぶん間違った認識です。論文は広く一般に公表されるもので、参考にされるのは当然のことだと思います。発表が同着になったのは、山中教授はもう少し完成度の高い論文を準備していたところ、アメリカのグループが先に発表しようとしているという情報を得て、前段階の時点での論文発表を急いだためと聞いています。そのため、山中教授は癌遺伝子を除いた遺伝子の組み合わせでもips細胞作成が可能であるという論文をその数週間後に再報告しています。
ノーベル賞は…どうでしょうか。本当に臨床応用ができるようになるまでまだまだ時間がかかるでしょうし、もし受賞できるとしてもずっとさきのことになり、その決定的な事実を立証した人たちや今回のアメリカのグループと同時受賞となるんじゃないかなぁと想像します。

Q世界ふしぎ発見で

「マンモス復活大作戦」がテーマで、近畿大学生物理工の研究室が肉片を見せていましたが、あれはずっと前に「ロシア共和国(?)のえらい人(館長?)が持ってきてくれた」と大きく報道されたものでしょうか?

その後の公演(市民向け)で「あれはケサイでした」と発表しているのを聞いたのですが・・・。

「ケサイだった」というのは間違いだったのでしょうか?
それとも、別の肉が手に入ったのでしょうか?

Aベストアンサー

「ケサイ」との鑑定結果が出されたのは、1999年にシベリアで発掘されたものです。

今回の番組で取り上げられたのは、
2002年8月にシベリア東北部のサハ共和国にある永久凍土から取り出されたもので、別物です。

今年の3月、近畿大学の研究チームは、DNA鑑定の結果、「肉片はマンモスのものと確認した」と発表しました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報