出産前後の痔にはご注意!

近年の日本の歳入・歳出額を見てみると、国債の償還費が約23兆円、新規国債の買い取り額が約33兆円と、借金を返済しつつもそれ以上の借金を得ています。これでは利息も含めて借金は増え続けるばかりです。

日本は本当に借金を返そうという気はあるのでしょうか?そして、どうしてそんなに借金を毎年借りなければいけないのでしょう?

A 回答 (9件)

円高から円安、過去1ドル90円台現在1ドル110円後半

    • good
    • 0

日本の借金は、日本円ですからお金を刷ればすぐにでも返せますが、そうするとハイパーインフレになり、お金の価値が下がってしまうので、やりません。



身内で貸借りしているだけです。
    • good
    • 0

その利息は何処に払うのでしょうか、そしてその支払いを何でするのでしょう。

    • good
    • 0

森加計ですら、その民主義国家、法治国家の意味合いから、問題の本質を理解できずに、支持率を上げ戻しちゃう国民ですからね・・・(苦笑)


まあ、日本に限った話ではないでしょうけど・・・


事実、このまま赤字国債を刷り続けて、国家予算における国債費もろもろの割合が増していけば、日本の信用度はいずれ「ヤバいのではないか」と言う観測に変わる時が来るでしょう。

今はまだ国家予算の1/4とか1/5辺りだと思いますが、国債費が国家予算の1/2とかを占め始めると、


「個人向け国債はとても安全安心な投資です」


と言ううたい文句がかすんでくるでしょうね。



最終的には(極端ですが分かりやすいので)、国債費を払うために、赤字国債を刷るという状況になるわけです。
その国債が全部日本人で、国債費はすべて日本人に支払われ、「質量保存の法則(笑)」でも成立しているのであれば、一気に日本沈没とは成らないかも知れませんが・・・

但し、国債とお金がぐるぐる回るだけで日本経済は成立しませんからね。当たり前ですが。
仮に未来、赤字国債で国債費を賄うとか言う悲惨な状況になっている場合、国自体も火の車になっている状況でしょうし。
税収が上がっていないと言うことですから・・・





ですが、「今は」まだ大丈夫なんですよ。
しかも、国民の中で国債費が国家予算のどれぐらいを占めていて、赤字国債を刷るのがどういうことかなんて理解している人はほとんど居ませんからね。


政治家は「自分の支持率」が大事です。これが民主主義政治の原理と言えます。
投票が基本ですからね。


では、経済で支持率、人気を得るにはどうすれば良いか。です。


経済に関しては、国民が理解できませんから・・・

国債費がこのまま膨らめば、社会保障の割合は減らさざるを得ない上に、超高齢化時代の到来。
経済に関してそのリスク、子供達が生活に苦労して行くであろうリスクを、国民は理解できていませんから。


「未来に子供達が苦労するから」


これを理解できている人が一体どれだけ居るか。居ないですよね。


だったら、
「今は楽できますよ、ぼくに任せれば、こんなに社会保障も保証し、財政出動もどんどんする、経済に長けた政治家ですよ」(実は国債刷って、足りない税金は未来の世代が返すことにしていますが)

こういう事を言っても、国民は(・括弧内・・)のリスクを理解できないんですから、分からない。



「ああ、どんどん経済が良くなってる、スゴい政治家だな」


勿論借金を返さなければと言う良心はあるようですが、それより何より今の支持率の方が大事ですからね。

リスクを理解しない国民に対してどういう態度を取るかを考えれば・・・
リスクをほとんど説明せず、今だけでも自分の支持率のために、国債をどんどん刷った方が良いという判断に転ぶことは間違いないでしょう(笑)


普通の借金とは性格が違うので、すぐに自己破産に追い込まれる個人の話とは別でもありますしね・・・
    • good
    • 0

最近は景気が良くないので、財政再建は後回しにしようということになっています。



>政府は5日の経済財政諮問会議で、経済財政運営の指針「骨太方針」の素案を提示した。平成31年10月に消費税率を10%に引き上げる必要性を明記した上で、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化目標を従来の32年度から37年度へ5年間先送りする。https://www.sankei.com/politics/news/180605/plt1 …

>どうしてそんなに借金を毎年借りなければいけないのでしょう?

失われた20年といって、日本は経済がうまくいっておらず、税収が上がらなかったことが主因です。それを国債で補ったのです。失われた20年は政府の財政政策の失敗と日銀の金融政策の失敗のせいだといわれています。

ーーーーーーーーーーー
財務省やマスコミが日本国民はひとりあたり800万以上の借金を抱えているというと、それを個々人でまじめに返さなければいけないと自動的に考えがちである。、、、これが財務省のトリックであり巧妙な策略である。 日本国民は日本政府にお金を貸している側であり、日本政府に借金などしていない!  その貸付金額は日本国民ひとりあたり日本政府へ800万、外国へ200万円である (2013年当時)。http://takedanet.com/archives/1013803605.html
つまり、日本政府の財務省は自分たちが借金しているのに、こんだけ借金しているのはお前たち国民だ!そのうち返せよ!と言わんばかりだ。盗人猛々しいにもほどがある。

また日本政府が日本国民からほとんどお金を調達しているために、アメリカやギリシャなどに比べて、国家財政は世界のトップレベルで安定している。長期金利が世界でもトップクラスで低いのはその客観的な数値の指標である。

また、日本国債を日銀が年間80兆円買っているので、さらに安全性が高まっているといえる。

ではなぜ、財務省はそういうトリックを使うのか? 財政不足をアピールして消費税をあげるためである。あがってどうなったか? 景気が悪くなり、逆に総税収が落ちてしまったのである。財務省の連中は、背任罪で逮捕すべきである。財務省が執拗なまでに消費税増税を訴える理由は、大企業の利益となる「法人税」減税や消費税の軽減税率の設定を通じて各業界団体、マスコミに強大な権限を確保できるからである。
    • good
    • 0

以前教えて!gooさんにあった同様の質問に答えました。


https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10487054.html?pg=1& …
回答NO.25/26が私です。ご参考まで。
    • good
    • 0

旧約聖書 レビ記


25:37 あなたは利子を取って彼に金を貸してはならない。また利益をえるために食物を貸してはならない。

 ≠

民法
第四〇四条 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。
第四〇五条 利息の支払が一年分以上延滞した場合において、債権者が催告をしても、債務者がその利息を支払わないときは、債権者は、これを元本に組み入れることができる。

 ×

 上記と下記は、明らかに相反している。
古代において存在した指導者、 .. を巡るそれらが社会の不正へと肥大することは書き残している。
    • good
    • 0

アベノミクスで景気が回復すれば税収も増えるので、そんな借金すぐに返せる、と豪語していたのです。



それがアベノミクスが絵に描いた餅ということを事実上認めたので、財政再建もアッサリ先延ばしにしてしまったのです。

お得意の先送りです。

で、北朝鮮の脅威は残ってるから防衛予算を、高齢化が進んでるので医療・介護にも金が必要などと理由を付けて、消費税率をどんどん上げるのです。

「各国では20%が普通だ」という数字だけを提示して騙すのです。

根本的な失政から目をそらさせて、現実だけを見せて迫るのです。

国民一揆でも起こらない限り変わらないですよ。

「大企業優遇、金持ち優遇、お友達優遇」の一種独裁ですからね。

今の連中は20年後にはみんな死んでるでしょうしね。
「そんな先の日本など知ったこっちゃない」と思ってるでしょう。

まあ、若い人たちが将来の自分のこととして捉えて、良く考えて投票するようになって、投票率が上がれば日本は変わると思いますけどね。
    • good
    • 0

後期高齢者医療や年金制度、教育の無償化などまだまだお金がかかります。


団塊の世代が居なくなったら、また変わるかもしれませんね。
高齢者問題も一息ついて、あらたな歳出が減れば借金も少しは改善するのかな。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング