出産前後の痔にはご注意!

東京学芸大についての質問です。

私は東京学芸大の音楽科打楽器専攻に進学する事を考えています。

本当は音大に行きたいのですが、金銭的理由でそれは厳しいです。

音楽科打楽器専攻とは何類に属しているのでしょうか?

また、打楽器についての講義やレッスン等があるということで良いのでしょうか?

学芸大は教育学部ですが、卒業後に演奏家になるために音大の大学院などに進学する事は可能なのでしょうか?

音楽の世界の厳しさは小さい頃から聞かされて来たので十分わかっているつもりです。

回答よろしくお願いします

A 回答 (3件)

学芸大音楽科の出身者です。

昔は専攻科といえばD類しかなかったのですが、今はEかFまであるようです。大学に問い合わされてはいかがでしょうか。

三年生になられたら、学芸大の先生に就かれて受験の準備をなさった方がいいと思います。合格水準に合わせたレッスンを受けることで、合格率が格段に上がると思います。また、音楽理論の準備も必要です。私も学芸大作曲科の教授の家で開かれていた勉強会に毎週通いました。

打楽器のレッスンや講義はもちろん、専攻科でもピアノのレッスンがあります。また、作曲の授業もあり、音楽科の学生として一通り勉強することになると思います。

音大への大学院への進学は、試験に通りさえすれば、もちろん可能です。頑張ってください。
    • good
    • 0

>音大の大学院などに進学する


紹介状と実技が必要ですが、パーカッションはジャズもポピュラーもロックも出来なくてはなりません。現在パーカッションはほとんどが電子楽器で安価ですから競争は熾烈です、現在どの程度の経験があるのでしょうか。
音大同様ピアノやソルフェージュは必須ですがもう終えましたか?
    • good
    • 0

東京学芸大学のホームページを見て調べたほうが良いと思います。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京学芸大学の音楽専攻について

はじめまして。
東京学芸大学の音楽専攻についてお聞きしたいです。

私は今、高校2年生です。小さいころから中学3年生までピアノを習っていて、ピアノを弾くことが好きです。が、ピアノの先生に中学生の時点で「音大はムリだろう」と言われています。
「ピアノは趣味で弾けばいいじゃないか!」ときっぱり諦めたいのですがどうしても諦めきれません。
そんな実力の私でも今から努力すれば学芸大学の音楽専攻をピアノで受験し、合格することが可能でしょうか?

出来れば音楽を一番専門的に勉強できそうなG類がいいなと思っているのですが、やはりG類を受験するような人は音大にも軽々受かってしまうようなレベルの高い人ばかりなのでしょうか?
B類、A類もピアノで受験するとなると求められるレベルは高いのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですがお答えいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私(男性)は国立(くにたち)音楽大学の作曲科を卒業し、二十数年間公立高校で音楽の教員をしています。芸術系の高校で教えていた時期もあり、芸大、桐朋、国立、武蔵野、東京音大などに生徒を送り出しました。まずあなたが男性なら音楽はすすめません。就職がなく、音楽教室の講師や結婚式等のプレイヤーになれれば運が良く、それでも年収は200万程度、ボーナスはありません。生涯賃金にすると8000万、普通の公務員で2億、サラリーマンもそれくらいかもっと取ります。また、優秀な音大卒が多く、音大は無理と言われたなら仕事はないです。学芸G類は芸大とかけもちで受験する生徒が殆どです。ピアノならショパンのエチュード(ただし黒鍵と別れの曲、あと作品25の2などはのぞく)とバッハの平均率の4声のフーガ、ベートーヴェンの後期のソナタがすらすら弾け、加えて強力な表現力がないとだめです。またA,B類はセンターの比重が高く、特にAはかなり取らないと受かりません。またA,B類のカリキュラムはあくまで教員養成です。もしピアニストになりたいと思っているなら、音大は無理という時点であきらめるしかありません。芸大を出てもピアニストにはなれません(ピアニストにも色々ありますが)。チェルニー40番程度でも入れてしまうような音大もありますが、学費を捨てる結果になります。フィギュアスケートとクラシックバレエ、ヴァイオリンとピアノ、この4つだけは15才までに完成していないと無理です。芸術系の高校を受験する中3生徒はリストの超絶技巧練習曲をすらすら弾きます。参考になりましたか?あなたのレヴェルがわからないので、これ以上は答えようがないのですが、さらに質問があればどうぞ訊いて下さい。

私(男性)は国立(くにたち)音楽大学の作曲科を卒業し、二十数年間公立高校で音楽の教員をしています。芸術系の高校で教えていた時期もあり、芸大、桐朋、国立、武蔵野、東京音大などに生徒を送り出しました。まずあなたが男性なら音楽はすすめません。就職がなく、音楽教室の講師や結婚式等のプレイヤーになれれば運が良く、それでも年収は200万程度、ボーナスはありません。生涯賃金にすると8000万、普通の公務員で2億、サラリーマンもそれくらいかもっと取ります。また、優秀な音大卒が多く、音大は無...続きを読む

Q東京学芸大学の音楽科

何度も質問してすみません。
私は今高校2年生で、吹奏楽部に所属してフルートをやっています。また、今年の5月からフルートを習い始めました。ちなみに今は「ANDERSEN」という練習曲集やタファネル・ゴーベールなどをやっています。
私は今まで音大に行こうかどうか迷っていました。親には私立は経済的に無理と言われています。また、私は適当に音大に行って、卒業後バイトなどで何とか食いつなぐとか、そういうことはしたくないです。大学は頑張りたいし、卒業後もできればフルートの先生など大学で学んだことを活かした職業に就きたいです。先生にも色々と相談したところ、東京学芸大学の音楽科はどうかと言われました。
そこで質問なのですが、東京学芸大はどのような学校なのでしょうか?結構教育だけでなく本格的に音大のように学べると聞きましたが、ここを受験するような人は皆教員を目指しているのでしょうか?また、この学校の就職状況はどんな感じなのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

東京学芸大学は教育学部のみの単科大学です。ただし、教育学部の中が細かく分かれており、昨今は必ずしも教師を目指す学生だけが集まるということではありません。教員免状取得が卒業要件となるコースだけでなく、いわゆる「ゼロ免課程」という、教員免状を取らなくても卒業できるコースもあります。卒業後の進路は様々で、基本的には総合大学の学生とあまり変わらないと思います。今は教員免状を持っているからといって、全員が教職に就くわけではないからです。

音楽科は教員免状取得が卒業要件のはずですが、フルートの先生になりたいということなら、「人に教える」ということに比重を置いた東学大のようなところに行くのもたしかに一手でしょう。当然ですが、音楽学部ではなく教育学部ですから、カリキュラムは全体に教育色が非常に強いです。どんな科目でも、最終的には「教育」との関わりを考える方向で学ぶことになると思って下さい。学風も芸術色よりはやはり教育色が強いです。そういう雰囲気に馴染めるのであれば、授業料も安いですし、いい選択だと思います。

参考になれば幸いです。頑張って下さい。

こんにちは。

東京学芸大学は教育学部のみの単科大学です。ただし、教育学部の中が細かく分かれており、昨今は必ずしも教師を目指す学生だけが集まるということではありません。教員免状取得が卒業要件となるコースだけでなく、いわゆる「ゼロ免課程」という、教員免状を取らなくても卒業できるコースもあります。卒業後の進路は様々で、基本的には総合大学の学生とあまり変わらないと思います。今は教員免状を持っているからといって、全員が教職に就くわけではないからです。

音楽科は教員免状取得が卒業...続きを読む

Q東京学芸大学 音楽 センター試験

東京学芸大学 音楽 センター試験

初めまして。私は高3の受験生です。
私は今東京学芸大学の音楽科に興味があります。
私は進路にずっと悩んでいて、私立の学費の高い音大より
東京学芸大学の音楽科に行く方が良いのではないかと思ってきました。
A類とB類に興味があります。教諭資格を取らなくてもよいG類には興味ありません。
私は音大附属高校に通っているので、二次試験の音楽系の
楽典、聴音、実技は普通よりも出来ると思います。
しかし、なんせ音大附属高校なので、勉強のほうは普通科高校の
半分以下の量しかやっていません。
今からセンター試験の対策をとって間に合うのでしょうか?
受験勉強に関しては学校側からも今まで対策等は一切なかったので、
何からすればよいのかも分からず、困っています。
塾に通うのが一番でしょうか?
ちなみに、受験で要するのは五教科五科目です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうでしたか。
わかりました。

数学については、平易な問題が載っている問題集を3回やりましょう。

数学以外については、これです。(以前のQ&Aでの私の回答)
「脳科学者・茂木健一郎氏による「鶴の恩返し勉強法」(暗記法)」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4217346.html

詰め込み勉強をつらく感じるならば、(これも私の回答ですが)
「遊び心を持って勉強する」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4255266.html

集中できずに困ったら、(これも私の回答ですが)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3837505.html

たぶん、塾よりも自分のペースで勉強した方がよいと思います。
塾に行くと、わからないことが増えてパニクる感じで、
自力でやれば、わかることが増える感じだと思います。
音楽科ということですので。

時々、腕試しにマークシート問題をやってみましょう。
ただし、マークシート問題は繰り返す必要はありません。使い捨てです。
だいたいどの辺を対策すべきかを自分で判断するのに使います。

そうでしたか。
わかりました。

数学については、平易な問題が載っている問題集を3回やりましょう。

数学以外については、これです。(以前のQ&Aでの私の回答)
「脳科学者・茂木健一郎氏による「鶴の恩返し勉強法」(暗記法)」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4217346.html

詰め込み勉強をつらく感じるならば、(これも私の回答ですが)
「遊び心を持って勉強する」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4255266.html

集中できずに困ったら、(これも私の回答ですが)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3837505.html
...続きを読む

Q東京学芸大学の後期試験について教えて下さい。

前期試験で不合格でしたら後期で東京学芸大学のF類(自然環境)を受けるのですが、面接試験のおおまかな内容を教えていただけないでしょうか。
一般の後期試験に比べて、センターに対する面接の比重が大きい事を不安に思っています。面接というより口頭試問などへの対策をしておいた方が良いのでしょうか。
どんな事でも構いませんのでアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

何処の大学の面接試験でも言えることですが、「何故この学部・学科を選んだのか。」「ここを卒業して将来の目的は?」これは必ず聞かれることです。

東学大は、A~C類の教員養成課程とL~G類の教養課程で成り立っており、大学の目的としては、学校教員養成を中核として有為の教育者※養成を掲げています。
http://www.u-gakugei.ac.jp/information/president.html

教員養成課程と教養課程は、別のものですが、カリキュラムの構成は双方が双方を補完する形、つまり教員養成課程の専門性を高めるための支援を教養課程が行い、もう一方で、教員養成課程は教養課程に教育者たる素養養成を支援しています。

↑ここのところ、大学の目的をちゃんと理解することが大事です。(大学のwebサイトはいろいろ記載がありますから、関係するところは必ず暗記するほど読んでください。)

つまり、相談者さんの気持ちの中で、「人生目標を達成していくためには、東学大F類が最も適している。そのために是非ここで学びたい!」ということをキチンと認識しておく必要があります。
卒業生の進路情報を見れば、どのような業種に就職しているのかも判ります。

付け焼き刃の想定問答ではボロが出ます。
言い古された言葉ですが、大学は「勉学に熱意と情熱持つ学生を求めている」のは、今も昔も変わるところではありません。

口先小手先のテクニックなどは、面接官をしている「先生の先生たち」には通用しません。
あなたの言葉で熱く語ってください。
情熱が有れば、きっと良い結果が待っていると思います。

※大学では「有為の教育者」なんて表現していますが判りにくいですよね。
本来の意味は「優秀な教育者」ってことになるのですが、現在は社会の状況が変わっており、定義はなかなか難しいのですが、「広く世の中の教育に携わる人材(学校教師を含む。)で、社会の中にあっても規範を示せるリーダー的存在」と理解していただけば、ほぼ間違いないと思います。
教育の3本柱(家庭教育、学校教育、社会教育)は、社会全ての人を取り囲んでいます。これらをひっくるめて「生涯教育」、社会全体を「生涯学習社会」と言ったりもします。
つまり、「広義の教育者」は社会の何処にでも居て、役に立つ人材と理解するわけです。

・・・これ、出るかな?(笑

東学大には良い先生(学問的にも人間的にも)がいっぱい居ます。
あともう少しですから、頑張ってください!!

参考URL:http://www.u-gakugei.ac.jp/shushoku.html

何処の大学の面接試験でも言えることですが、「何故この学部・学科を選んだのか。」「ここを卒業して将来の目的は?」これは必ず聞かれることです。

東学大は、A~C類の教員養成課程とL~G類の教養課程で成り立っており、大学の目的としては、学校教員養成を中核として有為の教育者※養成を掲げています。
http://www.u-gakugei.ac.jp/information/president.html

教員養成課程と教養課程は、別のものですが、カリキュラムの構成は双方が双方を補完する形、つまり教員養成課程の専門性を高めるための支援を...続きを読む


人気Q&Aランキング