タイトル通りですが・・・ばかげています。空想科学読本みたいな感じです。

スマッシュブラザーズ(後スマブラ)って言うゲーム知ってますか?知らなくてもいいんですが、ピカチュウは知っていますか?
ピカチュウはスマブラで宇宙空間で雷を自分に落雷させています。これを説明していただけませんか?

ついでにピカチュウは体長40です。どれぐらいの範囲から電子を集める必要があるのかわかります?ちなみに雷はまっすぐ落ちます。しかも、一瞬で・・・
出来ますかねぇ?

A 回答 (2件)

1:宇宙空間に向けて、プラズマ状態の粒子ビームを発射します。


2:そのビームに電気を通します。

これで、見かけ上は宇宙から雷が降ってきて自分に当たった、っていう風になるんじゃないかと…
でも、この「雷」は一直線で、「稲妻」型にはなりそうも無いですが。
稲妻に見えるようにするには、もう一工夫する必要がありそうですね。
    • good
    • 0

雷を発生させるだけでしたら、静電気を起こす装置はわりと小型で、40cmぐらいなものです。

名まえを何といったかおもいだせない・・・。理屈は下敷きこすりと同じだけど、くるくるまわって、上の金属球からバチバチ放電しているやつ。科学センターにいけばたいていおいてある・・。

宇宙空間で・・・となると、頭から尻尾に落雷するんじゃないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロケットがまっすぐ上に行くのはなぜ?

風船をふくらませてそのまま手を離すと空気が勢いよく出てその反動で飛んでいきます。コースはめちゃくちゃで、弓矢のようには飛んでいきません。その点、ロケットは、種子島などの打ち上げのニュースなどを見るとあまりふらつかないでゆっくり、まっすぐ発射されているように見えます。あれはなぜでしょうか。
風船に比べてとても大きくて重いので安定性があって特に何もしなくてもちゃんとまっすぐ飛んでいくのでしょうか。それとも実は細かく姿勢を直しているのだけどニュース映像ではそこまで見えないのでしょうか、それとも他に何かあるのでしょうか。知っている方いたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!

>『ロケットがまっすぐ上に行くのはなぜ?』
>その点、ロケットは、種子島などの打ち上げのニュースなどを見ると
>あまりふらつかないでゆっくり、まっすぐ発射されているように見えます。
>あれはなぜでしょうか。

宇宙に行く場合、つまり地球の引力から離れるためには
「最低速度で地球からの離脱速度が、秒速約12キロメートル」

人工衛星のように地球を周回させる打ち上げ速度は、
「最低速度で地球からの離脱速度が、秒速約8キロメートル」と言う、
驚くほどの高速度が必用と計算上分かっています。
中学もしくは高校の物理の時間に学習しませんでしたか?

それでも機体重量が大きいので発射直後は、
一定の速度に達するまで加速が緩やかなのです。
つまり機体が一定の加速度に達するまでゆっくり上昇しているので、その様に見えるのです。

>それとも実は細かく姿勢を直しているのだけど
>ニュース映像ではそこまで見えないのでしょうか、
>それとも他に何かあるのでしょうか。知っている方いたら教えてください。

ロケットは微妙な姿勢制御技術の完成があってこそ完成したのです。
姿勢制御原理の初歩的な理解を得られるよう簡単な説明を試みます。

ロケットは、実に簡単な原理を応用して姿勢を制御しています。
ただし、制御機器としては実に精密な構造で、
その性能は製造国の最高の科学技術を網羅した製品と言っても過言ではありません。

『地球ゴマ』て、ご存知ですか?
以前私も所有していたので探したのですが出てきません。
出てきたら画像を添付しようと考えていたのですが、
下記アドレスで形状とその原理を確認してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%82%B4%E3%83%9E

本来の話題に戻ります。
『ジャイロ効果』と言って、
「独楽が回転しているときは、外部から力が加わらない限り、一定の方向を向く」
この物理法則を利用しているのです。

ロケット搭載した器機(ジャイロスコープ)のスイッチをオンにして、
発進すると機体内部で発進時の固定された方向を常に自動的に一定に示し続けます。

ところが、機体が傾くとその差をジャイロスコープが検出します。
その機体の傾きを自動的にコンピューターが計算し、
ロケットの噴射口の吹き出す方向の角度を微妙に変えて、
随時傾きを修正しながら定められた飛行計画の進行方向に向け、
飛び続けるから直進飛行ができるのです。

ご理解いただけたでしょうか。
この回答が、ご質問者様の問題解消につながり、
尚且つ知識の一端に納められ、後日必要な時にご質問者さまのお役に立てば幸いです。

最後に『お願い』です。
貴重な時間を割いて回答をしています。
この回答でご質問に対する問題が解消できましたら、
速やかにここのルールに従って、
「回答への補足」「回答へのお礼」などと共にポイントを付けて、
次回の質問でも多くの回答をいただけるように、
回答いただいた方々にも感謝を配慮して対処してください。
できれば読後のご意見など感想をいただけるとありがたいですね。

冗長な回答になりました。
誤字脱字などある場合は、機知にてご判断いただきご笑納ください。

なお、回答後の「お礼」「補足」での再質問には、お答えいたしておりません。
その場合は、再度の新規質問でおねがいします。

こんばんは!

>『ロケットがまっすぐ上に行くのはなぜ?』
>その点、ロケットは、種子島などの打ち上げのニュースなどを見ると
>あまりふらつかないでゆっくり、まっすぐ発射されているように見えます。
>あれはなぜでしょうか。

宇宙に行く場合、つまり地球の引力から離れるためには
「最低速度で地球からの離脱速度が、秒速約12キロメートル」

人工衛星のように地球を周回させる打ち上げ速度は、
「最低速度で地球からの離脱速度が、秒速約8キロメートル」と言う、
驚くほどの高速度が必用と...続きを読む

Q【太陽はプラズマで出来ている】プラズマって何ですか? 太陽は雷で出来ているってこと?

【太陽はプラズマで出来ている】プラズマって何ですか?

太陽は雷で出来ているってこと?

Aベストアンサー

参考に。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

Q

雷とはどのような環境になると起こるのでしょうか?またその原理を教えてください。

Aベストアンサー

雷は、地上で熱せられた空気が、
上昇気流となって高空に雲をつくります。
それが入道雲です。
この雲の中では、急激に空気が膨張し、
温度が下がるため、内部に氷の結晶ができます。
この氷の毛布をこすり合わせた結果として、
プラスとマイナスのそれぞれの静電気がたまるのです。
この電気の放電が雷で、多くは雲の合間で放電されます。
地上との間に電位差が大きくなると、地上と雲の間に放電がおこり、
これが落雷なのです。

一回の稲光は、とほうもない電気を放出します。
この放電により稲妻の周囲は摂氏1万度の高温にさらされ、
急激に膨張した空気が爆発。その爆音が、あのゴロゴロいう「雷鳴」なのです。

さて、どのような環境に起こりやすいかですが、
最初に書いた「積乱雲の発生しやすいところ」は落雷がおきやすいでしょう。

Q

最近の雷はすごく激しいですがどうしてですか?
避雷針にはちゃんと落ちているのですか?

Aベストアンサー

地球温暖化やら、ヒートアイランド現象やらで積乱雲が発達しやすくなっているためではないでしょうか。

雷は全てがすべて避雷針に落ちるわけではありません。
避雷針は遠くに落ちた雷を引き寄せる力は持っていません。
避雷針は、建物に落ちて火災になったりするのを防ぐために設置されているものです。

避雷針が設置されている所に雷が落ちれば、電気は地面に流れ、建物や人には何の影響もない確率は高くなります。

しかし、避雷針が設置されていない公園等では高い木によく落ちます。
その木の下で雨宿りをしていると、木を伝わった雷により感電し、最悪死亡します。

木も何も無い堤防等では、しばしば人に雷が落ちます。(この前もそのような出来事がありました)

つまり、雷は落ちた近辺で一番高さが高いものに落ちやすい性質があります。
避雷針がかなり長いのはそのためです。

Q宇宙から見た雷

以前何かのテレビで見た覚えがあるんですが、宇宙側に昇る雷が有った
とおもうのですが、その名前をご存じの方いらっしゃらないでしょうか?
その画像を探しているのですけど絞りにくくてなかなか見つかりません。
ご存じの方いらっしゃったら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

確か、NHK教育の海外ドキュメンタリーでやっていたと思います。
タイトルは「気象の驚異」だったと記憶しています。
名前は「SPRITE(スプライト)」または「妖精」です。

画像の方は・・すみません、なかなか見つかりませんでした(^^;)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報