最新閲覧日:

テレビで動物の生態を観察する番組を見ていてふと思ったのですが、どうして自然界では交配の相手は同じ種類の動物なのでしょうか?その辺にいる野良犬や野良猫は雑種がほとんどじゃないですか?自然界では雑種だらけになってしまわないんでしょうか?わたくし生物学の知識はほとんど無いに等しいので、できればわかりやすく教えてください。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

犬や猫の種類といわれているものはみんな品種です。


分類学上の種ではありません。

種のわかりやすい区別の方法として交配が出来ないというのも一つの目安となります。しかし自然界でもけっこう頻繁に雑種はうまれています。植物ではよく同属の植物で交配はおこりますし、コハクオナジマイマイとオマジマイマイは雑種がうまれるそうです。

種が分化していく過程で生息域が近い場合生殖隔離が起こって交雑が起こらなくなります。地理隔離によって種が分化した場合に雑種が出来るのです。しかし、地理隔離ではその動物が行き来できないから分化するわけで、やはり雑種はうまれにくいといえます。

この回答への補足

パソコンの調子悪く、お礼が遅れたことを深くお詫び申し上げます。
品種という言葉がわかりやすかったです。なるほど。
ところで白人、黒人、などの人間の肌や髪の色なども品種のちがいということなのでしょうが、なぜ人間には猿等と違って、ものすごく手の長いやつや目のでかいやつがいたりしないんでしょうか?(笑)

補足日時:2001/08/08 19:57
    • good
    • 0

犬ネコを引き合いに出されていますが、犬ネコは家畜化しているので特殊で自然界の動物と同じだと考えないでください。


犬やネコは種としては犬(もしくはネコ)なのですが、人間が原種を交配して作った物がほとんどです。
あなたが言う雑種というのはネコ(犬)の模様が違うネコや、毛の長さが違うネコ同士を交配したものですね。
でも毛の長いネコも、模様が違うネコも、ネコという同一の種なのです。
アメリカン・ショート・ヘアーとシャムが交尾をするという事と、ライオンと豹が交尾をする事とは全然違うのです。

自然の中でも同じ種の間での交配はありますが、一つの環境に一つの種とその亜種が居る事はまれなので起きていないように見えるのです。
自然の中で"雑種化"が起きた例としては最近ニュースで取り上げられていた和歌山県のサルがいます。
この場合、最初にタイワンザルを人間が持ち込んだので純粋に自然の中で起きたとは言い難い部分もあるのですが。

和歌山のサルは今から60年くらい前に台湾から連れてこられた10頭ほどのサルが終戦のドサクサで山に逃げた事が発端です。
その結果、タイワンザルとニホンザルが交尾する機会を得て、ニホンザルとタイワンザルの掛け合わさった亜種が生まれました。
ニホンザルという日本にしかいない希少な種を守るため、この新しい日台友好ザルは殺されそうになっています。
でも自然の中では多くの場合、新しい種と在来の種との間で生存競争を勝ち抜いた方の種だけが残ります。
だから自然界は雑種だらけにはならないんですね。

うまく説明できてないですが・・・
すこし謎は解けましたか?

この回答への補足

パソコンの調子悪く、お礼が遅れたことを深くお詫び申し上げます。
なるほど。雑種は淘汰されていくため雑種だらけにはならないということですか。
でも雑種は強いということを聞いたことがあります。それとは関係ないんでしょうか?

補足日時:2001/08/08 19:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ