平成不況とスミスの国富論の内容を理解して、試験時にかかなければいけません。それには、規制緩和を用いて論じるのがいいのでしょうか??教えてください。

A 回答 (1件)

そう。

やはり規制をはずして、市場主義を活発化し、ベンチャーがどんどん設立されるとか、そのダイナミズムによって不況脱出を計るという論理でしょうね。

参考:伊藤元重『市場主義』講談社(↓URL)

参考URL:http://www.yomu.co.jp/sokudoku/page2/9612/2-shij …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLまでつけてくださって、ありがとうございます。平成不況の現状分析を国富論を理解した上で述べたいので、またなにかありましたら、教えていただきたいです。

お礼日時:2001/07/18 10:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA・スミスの『国富論』について

 先日、大学の経済学史の講義において、「スミスが『国富論』において自由な競争を擁護したのは現代の市場原理主義的な効率の観点ではなくて、衡平という観点からである」と教授が言っていたのですがこれはどのような意味でしょうか?
 スミスの『国富論』は自由な競争による効率性によって社会全体の利益が達成されるという市場原理を説いたものではないのでしょうか?
どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スミスの日本語の通名である国富論(詳しくは,諸国民の富の本質と書原因に関する研究)を読めば,先生のおっしゃることは明白になるでしょう.スミスは,前半で富について,そして,価格論,そして,最後のほうで市場万能主義の限界を説いているからです.第5編第1章.
これは,いわゆる「市場の失敗」の先取りです.前で市場原理とといておきながら,すでにその限界をも説いているのは,すごいと思いませんか?厳密には長期ミクロ論に則っていますが,現代のミクロ経済学の大枠です.

スミスは,個人の財産のあり方は,自己の利益に任せるべきだが,
財産を守る経済秩序は,市場には任せられないという政府と公共政策のあり方を論じているからです.教育や交通や安全(警察)など,利潤追求に任せておいては社会は衰えてしまいます.すなわち,衡平というのはもっと道徳的なのです.自由主義「的」経済哲学という叙述の中にスミスが位置づけられていることからも分かると思います.単にスミス=市場原理の解釈はうすぺらくなったしまいます.スミスがグラスゴー大学で倫理を教えていた経歴からも窺い知れます.

Q規制と規制緩和

日本における規制と規制緩和について教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

カテゴリーが「経済」で「規制」と「規制緩和」というお題なんですネ。
想像するにレポートか何かなのかなっていう感じもしますが。
とりあえずは概略として述べてみますネ。
「規制」は「許認可」ということですネ。
大臣権限や地方委譲による都道府県知事権限,或いは政令都市の市長権限といった「業許可」や「品目許可」,或いは「承認」というものが必要とされるものが「規制」です。
様々な独占職業;医師・歯科医師・薬剤師・看護士といった医療関係,弁護士・弁理士・司法書士といった法律関係,不動産鑑定士・土地家屋調査士といった土地関係等の国家資格も一種の規制となります。
こういった規制は必要不可欠なものであると言えるでしょう。
許認可が必要な業種は沢山ありますネ。
これらも一定の施設基準や人的要件を満たすものだけが,その業を行なう許可を受けるものですから,ある程度の規制が必要であろうと思われます。
そうでなければ昨年話題となったネットショップで購入した無承認・無許可医薬品による死亡例のようなことになってしまうのですネ。
規制が強くかかりすぎると,業界の発展は阻害されますネ。
規制が強すぎると外部からの新規参入ができなくなってしまい,消費者には不利益が生じてしまいます。
日本は高度成長期以降,許認可の枠組みの中で,いわば独占の保護を国にしてもらって伸びてきましたネ。
けれども,現在の世界情勢から考えると,不必要な過剰な規制は国際競争力をなくし,国力を弱める原因となっているといえるでしょう。
この数年で多くの法律が大改正されていきます。
多くは規制緩和を主眼においたものであり,業界の再編成を促すような内容となってきますネ。
ただ,規制緩和というのは国民が自らの身は自らが守るということが前提となりますので,今後は多少の混乱が起こることも考えられます。
もう少し,どの分野に対するご質問か等を書かれれば,ご希望の回答が寄せられるかもしれませんネ。
以上kawakawaでした

カテゴリーが「経済」で「規制」と「規制緩和」というお題なんですネ。
想像するにレポートか何かなのかなっていう感じもしますが。
とりあえずは概略として述べてみますネ。
「規制」は「許認可」ということですネ。
大臣権限や地方委譲による都道府県知事権限,或いは政令都市の市長権限といった「業許可」や「品目許可」,或いは「承認」というものが必要とされるものが「規制」です。
様々な独占職業;医師・歯科医師・薬剤師・看護士といった医療関係,弁護士・弁理士・司法書士といった法律関係,不動...続きを読む

Q平成不況とスミスの国富論

平成不況とスミスの国富論の内容を理解して、試験時にかかなければいけません。それには、規制緩和を用いて論じるのがいいのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

そう。やはり規制をはずして、市場主義を活発化し、ベンチャーがどんどん設立されるとか、そのダイナミズムによって不況脱出を計るという論理でしょうね。

参考:伊藤元重『市場主義』講談社(↓URL)

参考URL:http://www.yomu.co.jp/sokudoku/page2/9612/2-shijou.html

Q規制緩和と規制改革

規制緩和と規制改革の違いがわからないです。
ご存知の方教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

規制緩和は、規制されていたものを緩めることです。
規制改革は、実情に合わせて規制の内容を変更することです。ですので、必ずしも緩和されるとは限りません。

たとえば、最近の駐車違反の厳罰化、一般に厳罰といわれていますが規制緩和の部分もあり、住宅街などの地域では、一律の駐車禁止を解除したところもたくさんあります。
しかし、逆に主要道路など、違法駐車影による響が大きいところは、問答無用で取り締まるようになりました。これは規制強化ですね。

両方合わせて、規制改革です。

Q国富論における共感・同情・sympathyの不在について

大学の社会思想の講義において教授が「国富論において市場経済を論じる時にsympathyのことに触れない、言及しないのは何故か?道徳感情論において人間はsympathificな存在だとあれだけ言っておきながら…」と言っていたのですがそれは何故でしょうか?
どなたか手解きしていただけると幸いです

Aベストアンサー

経済「史」は素人でまったく自信がありませんが、

まずは、おそらく数理経済学が全盛になったことと無関係ではないと思います。いわゆる共感がない利己的なアクターからなる経済システムのほうが、一般均衡の解析がはるかに簡単なのです。

もう一つの事情は、これもまた経済学の歴史と関係すると思いますけど、やはり「市場」のプレゼンスでしょうね。社会にはいろいろな人間同士の相互作用がありますけど、とりわけ市場は利己的な人間同士の付き合いであると理解するとうまくいくような場面が支配的だと思います。
市場以外の応用問題に経済学が盛んに用いられるようになってきているのは、ゲーム理論などの発達や Gary Becker などの活躍などによってであり、それほど昔のことではないと理解しています。

したがって、最先端の経済学では、少しずつですが、共感の問題も扱われるようになって来ています。

Q平成不況を乗り切るには?

という設問がテストで出されるんですが、経済はちんぷんかんぷんなんです。
(言い訳ですが、私は理系で経済は選択科目です・・・。)

講義は「資本主義とか何か?」「経済成長:投資乗数理論」
「失業理論」「インフレの理論」等をやりました。
課題は「平成不況を乗り切るには?(1)どういう考えが景気を良くし
失業率を減らすか(2)経済的に日本はどういう課題を抱えているか」
といった感じです。テストまではまだ時間があるので
ご意見、参考となるURLなんでも良いのでお願いします!

Aベストアンサー

時間が有るとのことなので、ヒントを差し上げます。
ご自分の考えで纏めてください。
頑張って!

http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~morisaki/fukyou.htm

http://world-reader.ne.jp/renasci/next/yui-001.html

http://www.daito.ac.jp/~nakamoto/nihon992.html

Qアダムスミスの国富論

国富論を学校のゼミで読みました。(途中まで)
そして、就職活動の面接でこれについて聞かれるのですが
私自身まるで勉強していないのでさっぱりです。

これについて、学んだことや
また、もしも、社会人でしたらどんな風に生かしているか
学生ならどのように生かしていこうとしていくのか
などをどんな些細なことでもよろしいので、是非ご教授ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 丁重なお礼をいただきありがとうございました。補足を要求しただけで質問に答えていませんでした、自信はありませんが、最後に自分なりの回答をお届けします。

 国富論をどんな風に生かしているのか、と言う質問ですが、私はゼミで「資本論」をやりました、ukeaoiさんと同様、最後まで読めませんでした。
 仕事や出世の役に立つことはほとんどありませんが、生き方や、考え方の点では影響を受けたと思っています。

 ukeaoiさんの場合は、国富論ですが、まずなぜ国富論を勉強し始めたのかに戻って考えてみてはどうでしょう。

「人間万事塞翁が馬」と言う故事があるように、何が役に立つのか分からないのが世の中です、生かせるかどうかネガティブに考えるより、何か1つやり遂げることで自分に自信をつけ、いつか何かの役に立つんだと信じていた方が悩まずにすむのではないでしょうか。

 最後に私事を1つ
先日、本棚を整理していて、何十年ぶりかに「資本論」を見つけました、手垢のついた第一巻には、クシャクシャの書き込みや、しおり代わりのバス時刻表が出てきて、大変懐かしく思ったことがありました。ukeaoiさんも、国富論を
大切にしておく事をおすすめします。

 丁重なお礼をいただきありがとうございました。補足を要求しただけで質問に答えていませんでした、自信はありませんが、最後に自分なりの回答をお届けします。

 国富論をどんな風に生かしているのか、と言う質問ですが、私はゼミで「資本論」をやりました、ukeaoiさんと同様、最後まで読めませんでした。
 仕事や出世の役に立つことはほとんどありませんが、生き方や、考え方の点では影響を受けたと思っています。

 ukeaoiさんの場合は、国富論ですが、まずなぜ国富論を勉強し始めたのかに戻って考え...続きを読む

Q平成不況

日本はバブル崩壊後、「平成不況」「失われた10年」とも言われる不況からどのような政策によって日本経済は回復したのですか?

Aベストアンサー

残念ながら日本経済は十分に回復し切っているとは言えません。
なぜならば1994年から続いているGDPデフレータの下落傾向が止まっていないからです。
GDPデフレータが毎年2%程度上昇するようにならないとダメです。
(GDPデフレータは同じ質のモノやサービスの生産で得られる収入の金額を
経済全体で平均して指数化したもの。GDPデフレータの下落傾向は同じ仕事で
得られる収入の金額が経済全体で下落傾向にあることを意味している。)

1990年代初頭のバブル崩壊のときに日本政府と日本銀行は大変なへまをしでかしました。
そのせいで日本はひどい不況に陥りました。
日本銀行のへまはその後も続き、日本は1994年頃からデフレに突入してしまったのです。
もしもデフレに陥らないように素早い金融緩和を実施していたなら
1990年代初頭のバブル崩壊の悪影響は数年で消え去っていたことでしょう。

1990年初頭のバブル崩壊直後の不況を除けば平成不況の原因はバブル崩壊ではありません。
バブル崩壊は資本主義経済では日常茶飯事であり、
バブル崩壊程度のことで十数年も不況になるはずがないのです。
平成不況の原因は経済政策(特に日銀による金融政策)の失敗が原因です。

まだデフレ(GDPデフレータの下落傾向)はおさまっていないので
平成不況はまだ続いていると考えた方が良いです。
デフレになると一時的に景気が回復したように見えても
その回復の仕方は不十分なものになってしまい、
負のショックに合うとすぐに大きく失速してしまいます。

2000年のITバブル崩壊もかなりひどかったのですが、
米国も日本も金融緩和によって乗り切ることに成功しています。
米国も日本もITバブル崩壊で株価が半分程度まで下落しました。

当時のグリーンスパンひきいる米FRB(米国の中央銀行)は
ものすごいスピードで政策金利を下げて
あっとういうまに米国経済失速を終わらせてしまいました。
その結果2000年から2006年にかけての米国実質経済成長率は
年率で2.6%程度の水準を保つことに成功しています。

日本の場合は日銀がデフレ下では極めて合理的なインフレ目標付き量的緩和をこばみ、
ずるずると超過準備高を積み上げる効果に乏しい単なる量的緩和を実施していました。
「数年以内にインフレ率を2~3%に責任を持って引き上げる」のような
具体的な数値と責任が明らかでない金融政策の効果は薄いということがわかっています。
しかしこのことに危機感を感じた財務省が35兆円もの為替介入を実施しました。
円売りドル買い介入で放出された円は半分程度が日銀に自動的に吸収されてしまいましたが、
残りの半分(それだけでもものすごい金額!)の円が市中に放出されたのです。
為替介入経路によって大規模金融緩和(市中に流れるお金の量を増やすこと)が実現されました。
そのおかげで激しいITバブル崩壊から逃れて日本経済は何とか立ち直ったのです。
しかし米国と違って日本はデフレなので2000年から2006年にかけての
実質経済成長率は年率で1.6%台に過ぎません。

不況を防いだり、不況を終わらせるためには、金融緩和が必要だとおぼえておけば間違いないです。
http://cruel.org/krugman/ryoma/nopain.html

残念ながら日本経済は十分に回復し切っているとは言えません。
なぜならば1994年から続いているGDPデフレータの下落傾向が止まっていないからです。
GDPデフレータが毎年2%程度上昇するようにならないとダメです。
(GDPデフレータは同じ質のモノやサービスの生産で得られる収入の金額を
経済全体で平均して指数化したもの。GDPデフレータの下落傾向は同じ仕事で
得られる収入の金額が経済全体で下落傾向にあることを意味している。)

1990年代初頭のバブル崩壊のときに日本政府と日本銀行は大変なへまをし...続きを読む

Qアダムスミス 「国富論」について

「労働は違う商品を比べる事が出来る唯一の価値尺度で
ある。」Book 1, chapter5
これを解説しなさいって課題が出たんです。

実は、今、海外の大学にいてこの課題を5枚ペーパーに
書いて提出しないといけないんですが、国富論を英語で読んでるせいもあり、はっきりと理解出来ない上、5枚も何書くの?って感じです・・・

自分なりに理解した範囲だと、
「商品について、その製造に多くの労働が費やされるものは高価であり、わずかの労働で入手できるものは安価ということになる。その結果、違う商品を比較出来る価値尺度は労働である。」
というぐらいです。

でも、これでは4行だし・・・何を付け加えれば、5枚も書けるんでしょうか?

詳しい方がいらっしゃったら、教えて下さい。

ちなみに、この課題は批評ではなく、解説しなさい、という事でした。

Aベストアンサー

やっぱり難しいんですよ、ここで説明するのは。

「唯一」にこだわりすぎると申し訳ないので、再度補足します。

スミスの時代は、重商主義と申しますか、大雑把に言えば、海外の植民地から、金銀を強奪する、それが国家の富と考えられていたのです。

スミスの時代は産業革命の始まりですから、生産力にこそ国の富があると強調したい為、「唯一」と言う表現があったのでしょう、このレベルのレポートで、それ以上は必要ないと思います。

補足を拝見しましたが、ひとまず価格の事は無視して考えて価値と価格は同じと(無茶苦茶ですが)仮定してください。
前回の例で、2着と1着の服の生産が有れば、当然、1着の服しか作れない生産力(労働)は、再生産(生活資料と再生産の為の材料費等)が不可能となり、別の生産に移動せざるを得ないということです、この自由競争の結果、生産力や労働の質がある程度均質化される、その結果として労働の量により価値の多寡が測られる訳です。

それとスミスは、使用価値と交換価値という考え方を提示しているはずですが、そこの部分が関係するかもしれません、原書も訳書も手元に有りませんので、これが限界です。乱文乱筆はご容赦を。

やっぱり難しいんですよ、ここで説明するのは。

「唯一」にこだわりすぎると申し訳ないので、再度補足します。

スミスの時代は、重商主義と申しますか、大雑把に言えば、海外の植民地から、金銀を強奪する、それが国家の富と考えられていたのです。

スミスの時代は産業革命の始まりですから、生産力にこそ国の富があると強調したい為、「唯一」と言う表現があったのでしょう、このレベルのレポートで、それ以上は必要ないと思います。

補足を拝見しましたが、ひとまず価格の事は無視して考えて価値と...続きを読む

Q規制緩和について

規制緩和について調べているのですが、いまいちよく理解できません。
規制緩和とはどんなものなのか、どういった影響ををあたえるのか、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

規制により守られていた業種に、新規参入業者が増え、競争が活発になります。それにより、価格が下がる、サービスがよくなるといった、消費者にとって利便性が上がります。
たとえば航空業界。日本航空、全日空、日本エアシステム(とそれらの関連会社)しかなかったのに、スカイマークやエアドゥといった新規参入企業が現れ、運賃が劇的に下がりましたよね。
今後、住宅に関する規制がかなり緩和されると思います。建築基準法など、海外の同様の法律をクリアしている材料をそのまま使えるようになれば、建築費用が格段に下がるでしょう。すると、老朽家屋の立替などが進むでしょう。そうやって内需を拡大すると景気回復につながると思います。


人気Q&Aランキング