昨年、従業員持ち株会の募集があり月1万円ずつ購入し始めました。
ところが、未公開会社なのに2年前、1株5万円だったものが現在1株50万に設定されており
古い人が次々退職し持ち株を売却、持ち株会がその支払いをできず運営が困難になりました。
その説明が社内で行われ不安を感じほとんどが持ち株会を脱退したため、換金する収入もなく
「株」だけが取り残された状態です。公開の予定も全く立たない状態ですが、なんとか拠出した
お金を取り戻す手段はないのでしょうか? ちなみに私は1株(50万)まで達していません。
5万円時代に買って早く辞めた人だけ儲かるなんて悔しいです・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いろいろなケースがあると思うのですが、私の知っている範囲内で少々。


従業員持株会は大きく2種類あって、将来の上場をめざして証券会社が
従業員持株会の運営までやってくれるものと、永年勤続の功労として、
特に上場する予定のない会社が賞与的意味合いから会社で持株会を
作って従業員に付与(または安価で購入)するものがあります。

前者の場合は出資金を証券会社が管理しますので、まだ、株式購入に
至っていない場合は、退会請求を出せば出資金は返還されます。
おそらく今回は後者の場合と考えますが、持株会の規定はどうなってます
でしょうか、特に脱会の場合の規定も定められいるはずです。

株券保有者だけが、脱会時に換金できるのに、積立者(まだ購入に至らない)が
返還できないのは不自然ですが、後者の場合いい加減な設立趣旨(愛社精神等)
で規定も不備のまま設立された持株会にはだいたいこのケースが多いです。

1株50万と設定されているというのであれば、その算出根拠も含めて
規定にはなんと書いてあるでしょうか。5万で購入した人たちが50万で売却した
資金は話からすると持株会が買取ったようですが、普通は社長か経営陣が買い取る
と思うのですが、それも規定次第になります。
規定を盾に返還請求をすることもできますが、自分が従業員という立場から
すれぱ、たとえ法的に正当であっても後の処遇を考えれば、無理な事もあります。
あとは同じような処遇の社員達と持株会総会(あると思うのですが)で、その
不平等な実態を経営陣に訴えるほかありません。

私も経験しましたが、古参幹部が持ち株会からどんどん脱退する様子ですと、
数年以内に、倒産するケースもあります。(もちろんケースによりますが・・・)
出資金は返還されたが、失業したというのでは、話になりませんから
総合的に判断された方がいいと思います。まずは規定を調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

join様 アドバイス有難うございます。 
多分、当社は株式公開を目指し、持ち株の口座も証券会社が管理していた
とのことで前者だとわかりました。 1株50万となったのは昨年類似会社と
比較した際に、その会社が57万とかだったらしくまだ未公開にも関わらず
持ち株の株価を引き上げたとのこと。 で、古い方がどんどん辞めたから
持ち株会の持ち金はなくなってしまったんですね。 もう誰も拠出はしなくなって
しまったので、持ち株会には○○株と○万円しか残ってないとの説明を受けました

joinさんのおっしゃる通り、倒産の可能性もあると思いますので規定などを良く
読み、辞職覚悟で返還請求の方法を考えてみたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/07/22 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券アナリストを勉強中です。

証券アナリストを勉強中です。

テキストに、

"イールドカーブが右上がりのときは割引債の利回りが最も高く、クーポンレートが高い債券ほど利回りが低くなる。
イールドカーブが右下がりのときは割引債の利回りが最も低く、クーポンレートが高い債券ほど利回りが高くなる。"

とあります。

例題を解くと確かにこうなるのですが、どうしてこうなるのか直感的に理解できません。勉強仲間に簡潔に教えにはどの様に説明すればよろしいでしょうか?

一応テキストには、

"クーポンの高い債券ほど利回り上昇による価格低下の影響を強く受けるからである"

等の記載がありますが、私の頭の中で「利回りの上昇により価格低下が起こり利回りが上昇する???」みたいな卵が先か鶏が先かのようなロジックになってしまい訳がわからなくなってしまいます。

Aベストアンサー

まずは、「イールドカーブが右上がりのときは割引債の利回りが最も高く、クーポンレートが高い債券ほど利回りが低くなる。」の部分ですが、順イールドカーブの時で純粋期待仮説で金利が動くのならば、長期的には金利が上がるって事になります。
つまり、利付債を買った人はクーポン部分を将来高い金利で運用できると言う事になりますが、ゼロクーポン債では全て債券価格に金利部分が織り込まれてクーポンが0%なので、金利上昇の恩恵を受ける事はできません。
だから、ゼロクーポン債の方が利付債よりも最終利回りが高くならないと割に合わないのです。

「イールドカーブが右下がりのときは割引債の利回りが最も低く、クーポンレートが高い債券ほど利回りが高くなる。」
これは上記とは逆になります。
これは将来、金利が下がると市場関係者が判断した時に起こる場合については、ゼロクーポン債は仮に金利が下落しても高い利回りは確定します。
しかし、利付債は金利部分の再投資利回りが下がる訳ですから、再投資利回りまで考えると利付債の方が不利になります。
だから、市場はこれを織り込んで利付債の方がゼロクーポン債よりも最終利回りが高くなければ割に合わないのです。
逆イールドカーブは金利上昇が一時的な場面でも起こりますので、短期金利が大きく上昇しても長期金利が上がらない場合も有ります。
純粋期待仮説やイールドカーブについては通信テキスト第7回債券分析P29金利の期間構造を読んでみてください(これは私がかっぱらってきたので別に証券アナリストでも何でもない単なるインデックス投資家です)。

「クーポンの高い債券ほど利回り上昇による価格低下の影響を強く受けるからである」
これは良く分かりませんので、ページ数を教えてほしいのですが、一般的な傾向として次の事が言えます。
条件が同じならば(最終利回り、期間)、ゼロクーポン債の修正デュレーションはパー発行の利付債の修正デュレーションよりも高くなります。
つまり条件が同じで最終利回り、期間が同じならば、クーポンレートの低い債券の方が価格変動は大きくなります。

テキストは持っていますが私は単なるインデックス投資家ですし間違っているかも知れませんので、最終的な判断は自己責任でお願いします。
分からない時は必ず証券アナリスト協会のHPから質問をしてみましょう。

まずは、「イールドカーブが右上がりのときは割引債の利回りが最も高く、クーポンレートが高い債券ほど利回りが低くなる。」の部分ですが、順イールドカーブの時で純粋期待仮説で金利が動くのならば、長期的には金利が上がるって事になります。
つまり、利付債を買った人はクーポン部分を将来高い金利で運用できると言う事になりますが、ゼロクーポン債では全て債券価格に金利部分が織り込まれてクーポンが0%なので、金利上昇の恩恵を受ける事はできません。
だから、ゼロクーポン債の方が利付債よりも最終利回...続きを読む

Q株に無知の私が勉強の為に5万円で株を始めたいのですが教えていただけますか?

株に無知の私が勉強の為に5万円で株を始めたいのですがどのように選び、買ったりするのか教えていただけますか?
全くわからないので一から十を教えて下さい。

Aベストアンサー

先ず7638シーマ当りどうでしょうか。
業績回復銘柄


64円(10株単位) (3・16)

Qゼロクーポンについて

ゼロクーポンの購入を考えてます。
ですが、いろいろとわからないことがあるので、教えていただきたいのです。

1 どこで買えるのか?
2 いくらから買える?
3 過去の利回りと、今の利回りの調べかた

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1:大手証券会社で買えます。
私の場合、野村證券で買っていますが、他の証券会社でも販売していると思いますので、調べてみてください。

2:例えば、満期まで25年7ヶ月あるアメリカ国債ゼロクーポンを額面1000ドルを購入すると・・・
為替を1$=112円と仮定し、単価を34.90と仮定。
購入金額=単価/100x額面金額x為替レート
=34.90/100x1000$x112円/$=39088円
一般に、満期に近いゼロクーポン債ほど、単価が100に近くなるので、好きな期間のゼロクーポン債を買いたいのなら、112000円(為替112円の場合)+外国証券口座管理料(年3150円、3年7560円)あれば良いのでは!

3:下記URLで単価と利回りが分かるので、これを参考にしてください。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/bond/f_secondary/index.html

QNTTドコモ、自己株約168万株を16万6000円で公開買付

8/3時点で18万2000円。
株主にとって何が利益になるんですか?
買付期間中、18万2000円(取引値)では売ることはできなくなるのですか?
売らずに保管しておくのがベストということでしょうか?

Aベストアンサー

日経の8/3朝刊に解説記事がありますのでそちらを読んでいただくのがベストかと思いますが以下。

法人株主は、今回の方法での売却益について税金上のメリットがあるので市場価格以下で売っても、市場で売る以上に利益がでます。

個人株主にとっては、株式の保有比率があがること(ドコモが消却するのが前提ですが)になりますので株価の上昇が期待できます。

買付期間中も普段通り市場で売買することができます。

Q債券の利回り計算について

債券のデュレーションを勉強しているところですが、全くの初心者なのでよろしくお願いいたします。
≪事例≫
(1)100万円をクーポン1%で3年の債券で運用・・・利回り1%
(2)100万円をクーポン2%で5年の債券で運用・・・利回り2%
そこで、上記を合計(200万円)した利回りを求めたいのですが、当方の説明資料では、1.62%となっています。

この利回りが何故1.62%になるのか、算出する計算式と理論を説明して頂けると助かります。初歩的な質問です申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際にいくつかのパターンについてIRRで出た答えと、知人がお考えになった計算式の答えを比較してみて下さい。
結果は一目瞭然となるはずです。債券のデュレーションを勉強中とのことですが、いろんな本や解説書などを読み進むに連れて、事はそれほど単純ではないことにきっとお気づきになると思います。頑張ってください。

Q社員持ち株会から株を引き出した後の配当

#2285612で質問/アドバイスをいただいたものです。

持ち株会から引き出した株券を8月中に現金化したいと考え質問させていただいたのですが、結局、持ち株会の規則で9月半ばまで売却は不可能と判明しました。

そこで教えて欲しいのですが
「株券取得後、9/30の配当日以降に売却すれば、中間配当を受け取れると考えて良いのでしょうか」

株式の発行元である会社は、9/30が中間配当日であり半期で9円の配当が予想されます。
売却して得た現金を9/25付で住宅ローンの繰上げ返済に充当しようと考えているのですが、もう数日待てば配当が得られるのならば、繰上げ返済を1月遅らせた方が良いのかなと迷っている次第です。
アドバイスをいただければと思います。
株には素人なので説明不足な点があるかと思いますが、ご指摘いただければ補足説明いたします。

Aベストアンサー

 御質問の通り、配当の権利付確定日まで保有していれば配当は受けられます。
 その日付は受渡日ベースですから、今年だと確か26日に保有していれば良かった筈です。

 但し、通常株価には配当も織り込まれていますから、外部要因が全く無ければ確定日の翌日には株価は理論上配当分だけ下落します。
 しかも、その配当金をもらえるのは約3か月後になります。

 ですから、必要があるのであればその前に売却なさった方が宜しいでしょう。

Q配当利回りが分かるサイトはないですか?

国内株について。

配当利回りの%をまとめたサイトってないでしょうか?

また、楽天証券のマーケットスピードで、配当利回りの
%ってわからないのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

マーケットスピードのほうはわかりませんが、
Yahoo!ファイナンスにも配当利回りランキングのページがあります。
以下のURLをご参照ください。
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=8&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2097%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037%2c%2019%2c%2029%2c%2039%2c%2049%2c%2089%2c%2099%2c%20A9&ca=1&tm=day&

今はやはり不動産業が総じて高い利回りになっているようですね。

Q会社の持ち株会のたんす株について

会社の持ち株会がありまして、このたびタンス株とし株券が着ました。

これより、証券会社に送りまして売買の手続きに移ります。
会社から1枚の紙(取得額などが書いてある。)もらいましたが、もしこの紙がなかったらどういう取得額になるのでしょうか?

また、ないと手続きできませんか?

Aベストアンサー

>会社から1枚の紙(取得額などが書いてある。)もらいましたが、もしこの紙がなかったらどういう取得額になるのでしょうか?

みなし取得価格の制度もあるけど期間制限もあるし取得額を決めるのは難しいと思う。
最悪は0円かな。

>また、ないと手続きできませんか?

取得額が0円なら手続きは出来るでしょう。
会社からの一枚の紙を大事にしてくださいね。

Q個人年金の代わりにゼロクーポン債を購入

個人年金の代わりにゼロクーポン債の購入を考えています。

償還まで20年前後の銘柄であれば、今は単価が40~45くらいで購入できるので、仮に為替が半分になってもプラスになると考えています。

ただそのことを別のサイトで質問したら「今は利回りが低いから、やめた方がいい」といわれました。

ゼロクーポン債なら、償還日まで持っていれば、例えば40で買ったものは100になりますから、利回りは関係ないと思っていたのですが、この考え方は間違っているでしょうか

投資に関しては全くの素人であるので、お詳しい方のご意見を頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

利回りは重要ですよ。

償還時に100ドル還ってくる償還期間20年のゼロクーポン債の販売時の価格が40だと年利回りは約4.7%です。(40の複利4.7%×20年≒100)

一方、償還時に100ドル還ってくる償還期間20年のゼロクーポン債の年利回りは約8.4%だと販売時の価格が20です。(20の複利8.4%×20年≒100)

Q店頭公開目前です。持ち株会に入るべき?ストックオプションって?売るには会社辞めないといけないの?

 わが社は来年の店頭公開を目指してがんばっており、社員は一口1000円から出資可能で持ち株会に入ることができます(給料から天引き)。

わが社の期待値や有望性はというと悪くはないと思いますし、それなりの評価はあるみたいです。ずばり知りたいのは買った方がいいのかどうかです。

ストックオプションというものもよく聞きます。また、持ち株会は会社を辞めないと売れないという話も聞きます。Yahooの場合ではとてつもなく稼いだ人もいるそうです。

ポイントとしては、店頭公開時に一株いくらの値が付き、売るとどれほどの利益が得られるものなのかという点です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の業績が良いのなら、買いです。
自分の友人場合一年半前に店頭公開して、約80万分が約700万(現状)になりました(会社の業績は良い=仕事はハード)。うらやましが、仕事はHARD。

ただ、最近はIPO人気も終わっているので、先ほども書きましたが業績や今後の展開なのどに間違いがないかが問題です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報