発泡容器(材質は発砲ポリスチレン=発砲スチロール)製造で使用する冷却水に含まれる物質について調べています。
化学に関しては全く無知であり、どこで調べたらいいかもわからず、困り果てて
おります。
シリカ(SiO2)、硫酸イオン(So42-)、Ca硬度(CaCO3)、全硬度(CaCO3)、塩素イ
オン(Cl-)、ナトリウムイオン(Na+)、PH、電気伝導率
以上の物質が金型(金属)や発泡容器に与える影響に関してご存知の方、
お返事お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

返事が遅れてすいません。

(^^ゞ
>シャワー~という事は、製品、金型の両方に接触するという事ですね。

この場合は、水は乾かさなければいけないので、まず蒸発残留物の問題が生じます。

お題の項目からは、シリカ、全硬度、ナトリウムイオンなどでしょうか。

次に化学的に見た反応性ですね。金型から見ると、材質にもよりますが、腐食の問題があるでしょう。pH、塩素イオン、硫酸イオン、電気伝導度、あと金型の金属によっては、ナトリウムイオン、カルシウムイオンなども影響が出る場合があります。

対製品に関しては、いずれも発砲ポリスチレンに対してあまり反応すると思えません。また、この製品では、それほど精密性を要求されないと思うので、蒸発残留物は、汚れとして嫌われる程度の影響だろうと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

困り度3なのに、ご連絡が遅くなりすみません。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/07/30 22:51

成形直後のプラスチックに水をかけると.変な化学反応がおこることがあります。


一つは.反応末端の活性基が水と反応してしまう場合.特にラジカル重合の関係しているプラスチックでは影響が大きいです。
もう一つは.海面重合をしているプラスチックの場合に.ブラスチックが水と界面活性剤で可溶かしてしまい.CODが上昇する場合があります。
プラスチックが重合するような条件下で成形している場合に.重合が変な方向に進む場合があります。これは.金型に水が残っていて.プラスチックをそぞぎ入れたときに.水が重合を阻害する可能性があります。
最後の可能性として.可塑剤など.成形助剤に対する影響があります。つまり.ステアリン酸鉛が水によって溶け出し.排水に高濃度の鉛が検出避けることが考えられます。

プラスチックと水との反応は.該当プラスチックの製造に関する化学反応式を.反応機構について追跡し.不純物水(多くの場合に反応停止剤としての挙動を示す)との反応を考えれば良いかと思います。
可塑剤などの成形助剤については.それぞれの物質の水との化学反応を考えてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございます。
私にはちと難しい内容なので、時間をかけて勉強させていただきます。

お礼日時:2001/07/30 22:53

こんにちは。

ちょっと質問が漠然としていて答えにくいですので、その水が接触する部分と時間を指定していただけるといいかと思います。

例えば、金型の中の通路を循環する冷却水なのか、製品をシャワーで冷やす冷却水なのか・・・といったような。

この回答への補足

ご連絡ありがとうございます。製品をシャワーで冷やす冷却水です。
時間は30秒ほどでしょうか。

補足日時:2001/07/20 11:34
    • good
    • 0

化学反応関係は.腐食防食学会とか表面処理学会関連の内容を


生物関係の内容は.ぼうきんぼうばく学会の内容を
JOISならは.鋳物とか冶金関係の索引書籍を
みれば.ある程度の内容がわかるでしょう。

電池とか電気化学反応関係の書籍が出回っていますが.ぼうきんぼうばく関係書籍はみかけたことがありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発泡スチロール(発泡ポリスチレン)について

さっそくですが、教えて頂きたいことがあります。
発泡スチロールはポリスチレンを発泡させたものだと勉強したのですが、
ちまたにはたくさんのプラスチック製品があります。
ポリスチレンだと見分けるコツはあるのでしょうか?
お肉や魚のトレイはポリスチレンだと思うのですが。
他にも発泡された緩衝材などたくさんあると思います。
例えば、とうもろこしを原料としている緩衝材はポリスチレンは含まれていないのですか?
贈り物のお皿やカップを包んでいるヒラヒラした白色の緩衝材は
発泡スチロールなのでしょうか?
少なくとも、この二つは気になっています。
お分かりになる方がいましたら、答えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>贈り物のお皿やカップを包んでいるヒラヒラした白色の緩衝材は
>発泡スチロールなのでしょうか?

これは、発泡ポリエチレンだと思います。あれは柔らかい。ポリスチレンはパカパカ割れる。(燃やして見れば一発でわかるのですが・・)

↓で紹介されている見分け方に加え、油性マジックでとけます。

トレイのみわけは、さいきんであればリサイクルマーク(三角形の矢印)に「6」とかいてあります。

「とうもろこし原料」、というのは、実物を見ていないのですが、「デンプン」で出来ている、ということなんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.s-kasahara.co.jp/gousei/gou_62.htm

Q炭酸カルシウム(CaCO3)と二酸化珪素(SiO2)

水に溶けている炭酸カルシウム(CaCO3)と二酸化珪素(SiO2)が沈澱して固結すると
どうなりますか?

Aベストアンサー

純粋な二酸化ケイ素(石英)はほとんど水に溶けません。炭酸カルシウムは少量(タンクや便器にこびりつく)溶けます。
ですから。乾固しても別々の結晶になるだけです。
ただ、二酸化ケイ素が水酸化ケイ素の状態になっているとすれば多少のケイ酸カルシウムが出来るでしょう。
さらに熔融点まで温度を上げればケイ酸カルシウムと酸化カルシウムになるでしょう。

Q水の硬度について(なぜMgをCaCO3に換算できるか)

水の硬度についての質問です。

硬度は「水1リットル中に含まれるカルシウム・マグネシウムの量(ミリグラム)を、炭酸カルシウム (CaCO3) の量に換算する。」と定義されているようです。

硬度 (mg/L) =[カルシウム量 (mg/L)×2.496] + [マグネシウム量 (mg/L)×4.119]

と、一般的に書かれていると思います。

カルシウムは炭酸カルシウムだと仮定して
CaCO3(100.1)÷Ca(40.1)=2.496
の数値を導いているのだと思いますが、

「CaCO3(100.1)÷Mg(24.3)=4.119」の式が理解できません。

CaCO3を構成する成分にMgは関係ないので、なぜこの式が成り立つかわかりません。

ご存じの方、この式が成り立つ理由を教えていただければ嬉しいです。
ヒントでも構いません。

Aベストアンサー

専門ではありませんので推測で書きます。
化学の分野では物質の量をモルを用いて表します。モルは数を問題にしています。

水の硬度を考える場合も基本はモルなんだろうと思います。
Mg2+の数とCa2+の数の合計が仮に100個あったとすると50,50でも20,80でも硬度は同じと考えていると思います。

1L中に含まれているCa2+の量をag、Mg2+の量をbgとします。Ca2+はCaCO3の形だけで含まれているとは限らないでしょうから一度Ca2+の形で量を考えているのでしょう。Mg2+についても同様です。
合計のモル数は
a/40.1+b/24.3
です。
これだけのイオンがあれば全てCa2+であっても同じと見ています。

これでもいいのですが測定に対応させやすいようにまた硬度のイメージが取りやすいように「Ca2+がCaCO3の形で存在しているとしたらいくらになっているか」の量で示すとします。上の式に100.1をかけると出てきます。
(a/40.1+b/24.3)×100.1
この式は質問の中の式と同じです。

Qイオン性物質と分子性物質

僕は中高一貫の学校の中1なんですけど、化学が苦手です。(明日がテストなんです)

イオン性物質と分子性物質の区別がつきません。
どうやって区別をするのですか?
イオン性物質には分子が無いんですか?

組成式や分子式や示性式というのは何ですか?     
1つの物質を何通りかの方法で表現して意味があるのですか?

最後に分子性物質の立体構造をどうやって考えたら良いのですか?

中1にもわかるような説明をお願いします。

Aベストアンサー

>中高一貫の学校の中1
ということで.姪程度(農業高等学校程度)の中学入試を潜り抜けた程度の知識があるとします。

>イオン性物質と分子性物質の区別
構成している原子の種類によって区別します。子細は.図書館で酸塩基関連書籍を読んでください。

>オン性物質には分子が無いんですか?
厳密にはあります。というか.イオン性ぶしつと文しせいぶしつの中間に位置するいくつかの化合物がありますが.中学校では教えていません。
イオン性ぶしつすべてにおいて分子は程度の差はあれ存在します。ただし.存在数が少ないので.ほとんどイオン性ぶしつとして取り扱っています。

>組成式や分子式や示性式というのは何ですか?     
化学でぶしつをあらわす記号を分類したものです。

>1つの物質を何通りかの方法で表現して意味があるのですか?
1つのぶしつの特定の特性を特に強く表記する場合に.意味を持ちます。たとえば.せっけんの状態を示すときに2りょう体としてかんがえるか.膜として考えるか.全体の固まり(バルクといいますが.多分この言葉は習ってないと思います)であらわすか.で色々な式を使い分けます。そのうちのいくつかです。

>最後に分子性物質の立体構造をどうやって考えたら良いのですか?
何に使うか.で分かれます。ペーパークラフトで考えるか.ドングリ人形でかんがえるか.知恵の輪としてかんがえるか.最近は.スポンジボールで考える人もいます(名称は方言です)。
面構造で考えるペーパークラフト.固定した電子軌道で考えるドングリ人形.ある程度移動する金属製チェーンのつながりと考える知恵の輪.自由気侭に移動する電子雲としとて考えるスポンジボール.等使い方次第です。

今度化学と教育誌(高等学校化学系教員むけ雑誌)が.学割が効くようになったので.読んでみると良いでしょう。姪と同程度の中学1年の知識ならば.楽に読めるはずです。
参考アドレスを適当にさ迷って.http://www.csj.jp/なんとかにたどり着くと.どこかに申し込みホームがあります。

参考URL:http://com.nifty.com/forum/FCHEM/top.go

>中高一貫の学校の中1
ということで.姪程度(農業高等学校程度)の中学入試を潜り抜けた程度の知識があるとします。

>イオン性物質と分子性物質の区別
構成している原子の種類によって区別します。子細は.図書館で酸塩基関連書籍を読んでください。

>オン性物質には分子が無いんですか?
厳密にはあります。というか.イオン性ぶしつと文しせいぶしつの中間に位置するいくつかの化合物がありますが.中学校では教えていません。
イオン性ぶしつすべてにおいて分子は程度の差はあれ存在します。た...続きを読む

Q分子性物質とイオン性物質の見分け方が分かりません

HClは分子性物質
NH4Clはイオン性物質と問題で出ているんですが違いがわかりません。


自分の中では

HClは H+ とCl-で分けれて
NH4Clも NH4+ と Cl-で分けれると思い どちらもイオン性物質かと
思ったらどうやら違うようなので見分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

>HClは H+ とCl-で分けれて
NH4Clも NH4+ と Cl-で分けれると思い どちらもイオン性物質かと

分子性物質かイオン性物質であるかは純物質で考えています。
HClは水中でイオンに別れますが純物質ではイオンに別れて存在しているのではありません。H-Clという共有結合でできた分子です。電子式で希ガスの電子配置が実現することを確かめて下さい。もしイオン結合性の物質であればNaClと同じように多数の正、負のイオンが電気的な中性を保つような形で集まった塊で存在することになります。塩酸の入った瓶のふたを取ると刺激臭のある気体が出てきます。こういう気体の発生はイオン結合性物質では起こらないことです。

ときどき、NH4ClをNH4-Clとした表現を書いているサイトを見ることがあります。でもこの結合がこの表現の通りであればNから結合の手が5本出ていないといけないことになります。Nの周りにある結合に使われている電子の数は10個になってしまいます。

NH3+H2O⇔NH4^++OH^-
でイオンになっています。中和反応で塩を作るのですからイオンのまま(NH4^+)です。
NH4Clだけではなくて(NH4)2SO4でも同じです。
また、アンモニアでなくてアミノ基(  )-NH2の場合でも事情は同じです。(  )-NH3Clであればイオンです。

>HClは H+ とCl-で分けれて
NH4Clも NH4+ と Cl-で分けれると思い どちらもイオン性物質かと

分子性物質かイオン性物質であるかは純物質で考えています。
HClは水中でイオンに別れますが純物質ではイオンに別れて存在しているのではありません。H-Clという共有結合でできた分子です。電子式で希ガスの電子配置が実現することを確かめて下さい。もしイオン結合性の物質であればNaClと同じように多数の正、負のイオンが電気的な中性を保つような形で集まった塊で存在することになります。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報