人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

江戸時代の海岸線の地図を探しています。
(現代の正確な地図上に大体の位置を記したもの)
範囲は都心のみで可。
市販されている書籍でもURLでもどちらでもいいです。

半年くらい前のなにかのテレビでチラッとみて、
当時海だったところは引っ越さないほうがいい
という話で興味を持ちました。
(具体的に引っ越す話はまだ先で興味の部分が大きいです。)

検索サイトで少し探してみたのですが、私の技術では見つけられませんでした。
(当時の海岸線にある神社というのが結構あるというのがわかりそれは面白かったです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この地図でいかがでしょうか?


現代との重ね合わせはありませんが、地名が助けになるのではと思います。
http://www.mid-tokyo.com/18/aboutthis.html

最後の方に、この地図にかかわる参考文献情報もあります。


ただ、太田道灌の時代まで遡れば、湾に面したほとんどの土地は住むのには適していない土地だったようです。
地図上は地面でも、湿地の部分も多かったようですから。
その湿地帯も埋め立てて形成されていますので、その部分も危険といえば危険でしょう。

ちょっと横になりますが、昔からの地名で土地の状況はある程度わかりますので、チェックの際には、そこも考慮されては?

「谷」  この前の台風の時にも、「渋谷」は水が溜まっていましたね。周囲の道路の名前が坂ばかりな場合は、そこは谷底の可能性もあります。

あと、「淵」「沼」「池」「汐」はいわずもがな、サンズイの漢字の土地は埋め立てられた可能性が高いでしょう。
また、「島」「堀」は周囲を河で囲まれている場合が多いです。

この回答への補足

このサイトは素晴らしいですね。
期待していた地図よりも詳しいものが見れました。
ご指摘の参考文献情報も私にとって有益です。
それ以外にも興味深い図版や文章が沢山ありました。
いいURLを紹介して頂いてありがとうございました。

補足日時:2004/10/29 21:30
    • good
    • 1

「江戸明治東京重ね地図」というDVDがあります。


本屋で興味を持っただけなので、使った事はありません。

「切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 古地図ライブラリー別冊」は、書籍で見開きで江戸と現在を比較できるようです。

江戸東京博物館のロビーに江戸時代の地図が床に書かれていたと思います。現在のどの辺かだいたい想像がつきました。

 転居予定の区の図書館に行けば、その区の歴史に関するコーナがあるので、いろいろな情報が得られるのではないでしょうか?

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901441 …

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
前者のDVD-ROMの前の版を発売当初に買ってました。
(明治の入ってないやつ。)
切絵は江戸時代も後期になるので、そこがずっと陸だったか江戸時代に埋め立てたのかは判断できません。
江戸東京博物館のあのでかい地図は私もみたことがあります。興味深かったですが、今回の目的には適いません。
おっしゃるとおり詳細にしらべればいろいろわかってくると思うのですが、江戸時代に埋め立てた部分がどこか、ぱっと(たとえば山手線全体くらいのエリアを一目で)見れる地図がないか、というのが今回の質問の意図です。
#4以降の回答がつかなければ良回答なしで締め切るかもしれません。ごめんなさい。

補足日時:2004/10/28 17:08
    • good
    • 0

 おはようございます。



 都心の地図ということでしたら、京橋図書館で中央区の地図の各時代をセットにして販売しているようです。ただ、江戸時代といっても、初期には海だった土地が埋め立てられてできた場所ですから江戸時代後期の地図ということになると思います。

参考URL:http://www.library.city.chuo.tokyo.jp/books.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
もともと陸だったところはどこか知りたいので
江戸後期の図より、江戸初期の海の図が知りたいのです。
超都心の中央区というよりは
山手線全体くらいの範囲を求めています。

補足日時:2004/10/28 17:04
    • good
    • 0

 簡単な地図でしたら・・・



参考URL:http://www.bunkazai.city.hofu.yamaguchi.jp/6kins …

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
まさにこのレベルの地図を求めてましたので
締め切って良回答つけようかなと思いました。
…が、これって山口県防府市の地図ですね…。
質問文に記しましたとおり、
欲しいのは都心部(現在の東京都区部中心)なんです。
こういう感じで東京の地図、どこかにないですかねぇ。

補足日時:2004/10/28 17:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今の東京の土地は昔はどのくらいが海だったのですか?

TVで今の東京の土地の多くは、特に湾岸に近いところや、今では東京湾からもかなり離れているところでも、昔は海だったと聞きました。
特に江戸時代?くらいに埋め立てられたと紹介されていましたが、

今の東京で何区あたりが元は海で埋め立てられた土地なのでしょうか?
教えてください。(うる覚えですが、TVでは港区とか、葛飾区とかも江戸時代以前は全部海だった、ような気がします。間違っていたらすみません。)

あと、その大々的な埋め立て事業はいつ行われていたのかとかも教えてください。
もしリンクなど知っていらっしゃったら貼って頂けると嬉しいです。。
お願いします。。<m(__)m>

Aベストアンサー

東京湾の埋め立ては、家康の江戸入府(1590年)直後から始まっていますが、最初は江戸城の築城工事に伴う堀の掘削土で埋め立てが行われました。当時江戸城の東側は海に面しており、この時に埋め立てられたのが今の丸の内、八重洲地域です。 その後1603年から江戸城北部の台地を切り崩して、日比谷入り江の南部一帯が埋め立てられました。 今の日本橋、京橋、新橋、築地地区です。 大体今の国道15号線がそれまでの海岸線でした。 因みに江戸が大都市に変身するとともに、多くの生活ごみが排出されるようになりましたが、1655年に江戸市中でのごみ処理例が出され、今まで適当に捨てられていたごみを、全て墨田区左岸河口の永代島に集めるようになりました。 その後の江戸湾の大々的な埋め立ては、その永代島に集められたごみが使われるようになったとのことです。

Q江戸時代の埋立地の造り方

江戸時代の埋立地ってどうやって造ったのですか?土?どこから?運搬方法は?

Aベストアンサー

No.1です。 江戸時代の江戸湾埋め立てについて詳しい資料が見つかりました。 江戸湾の埋め立ては、家康の江戸入府(1590年)直後から始まっていますが、最初は江戸城の築城工事に伴う堀の掘削土で埋め立てが行われました。 この時に埋め立てられたのが今の丸の内、八重洲地域です。 その後1603年から江戸城北部の台地を切り崩して、日比谷入り江の南部一帯が埋め立てられました。 今の日本橋、京橋、新橋、築地地区です。 土砂の運搬は距離も近いゆえ、荷車なんかに積んで運ばれたはずです。 そして江戸が大都市に変身するとともに、多くの生活ごみが排出されるようになりましたが、1655年に江戸市中でのごみ処理例が出され、今まで適当に捨てられていたごみを、全て墨田区左岸河口の永代島に集めるようになりました。 その後の江戸湾の大々的な埋め立ては、その永代島に集められたごみが使われるようになったとのことです。

http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf113-4/p534-538.pdf#search='江戸時代 東京湾 埋め立て'


人気Q&Aランキング