出産前後の痔にはご注意!

差額地代説というのが良く分かりません。検索してもほとんどなくて困ってます。一応、検索した中で一番分かり易そうなサイトで、
「リカードは肥沃な土地から順に生産を拡大すると仮定。価格は市場(「一物一価の法則」)により最劣等地の投下労働量によって決定される。すると肥沃な土地には余剰が発生することになり、それが地代を形成する。土地の収穫逓減が理論的基礎にある。」
と説明されていました。しかし、全くと言って良いほど分かりません。どなたか差額地代説について教えてください。

A 回答 (1件)

 わたしもよくわかってるわけではないんですが……


 まず前提として、小作人が地主に地代を払って土地を借り、そこで農作物を作り、それを市場で売って生活している、という状況を想定します。
 小作人の労働力が同じでも、肥沃な土地からはたくさんの収穫が上がります。わかりやすくするために、いちばん痩せた土地でできる作物の市場価格を10、いちばん肥沃な土地でできる作物の市場価格を100としましょう(土地の面積、小作人の数、作物の品質はどちらも同じ)。小作人の生活費は5、小作人の利益は1と仮定します。そうすると、痩せた土地の地代は10-(5+1)=4、肥沃な土地の地代は100-(5+1)=94、となります。このように、小作人の取り分(労働投入量+一般利潤)が決まっていて、それと土地の生産力との差(=超過利潤)が地代になる、というのがいわゆる「差額地代」の考え方です。だから肥沃な土地ほど地代は高くなる、ということですね。
 で、これじゃ稼ぎが少ないからというので、小作人の数つまり労働投入量を倍にしても、収穫は倍になるわけではありません。土地の生産力の限度で頭打ちになりますから、そこから先はいくら小作人の人数を増やしても、一人あたりの収穫量は逆に減っていってしまいます。これが「収穫逓減の法則」ですね。
 リカードとマルクスで少し考え方が違っていたと思うんですが、差額地代論の基本はこんなところだろうと思います。わたしも考え違いがあるかもしれませんが……その場合は、すいません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な解説で、非常に分かり易かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収穫逓減の法則で分からないことがあります

収穫逓減の法則の意味は、土地・労働・資本の投入から得られる収穫は、それらの投入量の増加に従って増えるが、その増え方は徐々に小さくなるというのですが、なぜ、徐々に小さくなるのか教えてください。

Aベストアンサー

彼女に100万円の宝石を誕生日のプレゼントしました。
喜ばれました。
翌年も、100万円の宝石をプレゼントしました。
喜びが少ない…
「今年も100万円の宝石か…」
というような話です。
===
なぜ収穫がすくなるかの理由に関しては、財によって変わります。
上記のプレゼントの例では、収穫物は、彼女のサプライズによって決定されるので、二度目の100万円の宝石は彼女の喜びを、一回目と同等には獲得できません。

Q比較優位の計算

比較優位論を学びましたが、よく分かりませんでした。

生産1単位当たりの労働時間

北 (織物) 50   (穀物) 100
南 (織物) 200  (穀物) 200

だとすると、

特化すべきなのは、北が織物で、南が穀物であり、そうすると、北は25時間の労働時間を、南は約67時間の労働時間を節約できると習いました。


しかし、なぜこういった結果になるのかが、全く分かりません。

よろしければ、どなたか教えていただけないでしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

これだけでは問題は解けません。
北と南にはそれぞれ労働力がどれだけ存在し、特化する前には労働力をそれぞれにどのように配分していたかと言う前提を明らかにすることが必要です。
仮に北も南も織物と穀物をそれぞれ1単位、両国合計で穀物と織物を2単位生産していたとします。その場合必要労時間は50+100+200+200=550時間。それが北が織物に南が穀物に特化し、それぞれが2単位づつ生産するとすれば 50×2+200×2=500時間となり、北のみ50時間の節約になります。

Q教えてください。

マルサスの人口論で、人口は等比級数的に増加し、食糧は幾何級数的に増加する、とあったのですが、具体的に数式化するとどうなるのでしょうか。
等比級数的、というのは、倍々であって、二次関数、幾何級数的とは、1.2.3.4といったように一次関数、ということなのですか?地理で気になったので教えてください。

Aベストアンサー

ことばの定義の問題じゃないかな。その言い方は誤りです

マルサスの人口論では、人口は等比数列的に増加するが、食料は等差数列的にしか増加しないので、そのまま行くと当然食糧不足に陥るが、食糧不足による戦争・病気で多数が死亡し、人口と食料の均衡が回復する、というものです。

これを日本語に約すときに、
人口:等比数列
食料:等差数列 という、言い方をするか、

人口:幾何級数的
食料:算術級数的
というか、いずれかだと思います。

つまり、等比数列的=幾何級数的 ですので、あなたが本か何かで上に書かれたとおりの説明を読んだとしたら、用語法を間違えていることになります。

数式は、ここに書けないので、書いてあるサイトを紹介しておきます。

参考URL:http://nkiso.u-tokai.ac.jp/math/komori/eq/pop.htm

Qマルクスの利潤率低下法則とは?

マルクスの利潤率低下法則とは簡単に言うと、どういう事なのでしょうか?

法則の具体的な内容は以下の通りだそうです。

社会全体の不変資本価値をC 可変資本価値をV 剰余価値をM とすると
この社会の平均利潤率r は

 r = M/C+V = (M/V)/((C/V)+1)

で表される。各生産部門で資本が超過利潤を求めて競争する結果、新技術が導入されるが
これは不変資本部分C の増大へとつながり 資本の有機的構成 C/V を高める。
その結果平均利潤率r は低下することになる。

ここまでは理解できましたが、
M/Vが上昇すれば平均利潤率r は必ずしも低下するとは限らないのでは?
という疑問が残ります。

ですが、マルクスの意向では成り立たないことが以下の式で示されています。

いま生きた労働の支出総計をN=M+V とすると 資本の有機的構成 C/V は次のように書ける。

  C/V = C/N(1+(M/V))

この式が分かりません。
どうやったら C/V が C/N(1+(M/V)) になるのですか?


説明が長くなってしまったのでまとめると、
ピンポイントで分からないのはこの式「C/V = C/N(1+(M/V))」です。
式で躓いたので「マルクスの利潤率低下法則」というのも、まだ分かっていません。

どなたか教えて下さい。お願いします。

 

マルクスの利潤率低下法則とは簡単に言うと、どういう事なのでしょうか?

法則の具体的な内容は以下の通りだそうです。

社会全体の不変資本価値をC 可変資本価値をV 剰余価値をM とすると
この社会の平均利潤率r は

 r = M/C+V = (M/V)/((C/V)+1)

で表される。各生産部門で資本が超過利潤を求めて競争する結果、新技術が導入されるが
これは不変資本部分C の増大へとつながり 資本の有機的構成 C/V を高める。
その結果平均利潤率r は低下することになる。

ここまでは理解できましたが、
M/Vが上昇すれば平...続きを読む

Aベストアンサー

マル経は最終的に教授とケンカをしてしまったので、専門外も良いところですでの、デタラメを言うかもしれませんよ。
と言い訳をしておいて。

> マルクスの利潤率低下法則

まずこれについて。
簡単に言えば、
物をたくさん作る→利益が出る→資本として再投下→更に沢山作る→・・・
というサイクルを続けると、需要と供給のバランスから、必ず段々と利潤率は下がるだろう、というお話です。


> いま生きた労働の支出総計をN=M+V とすると 資本の有機的構成 C/V は次のように書ける。

多分V/Cの方が一般的ではないかなと思いますが。

C/N(1+(M/V))を少し展開しましょう。
1+(M/V) = (V+M)/V = N/V
したがって、生きた労働の支出総計のうち賃金として支払われる部分の割合の逆数になります。
C/Nは、労働と資本の比です。
したがって、生産された価値のうち労働者の寄与分を、更に労働者と資本家であん分、ということになります。
資本の寄与分は資本家が全て持っていきますから、有機的構成の式の右辺は簡単に言えば、生産された価値の配分割合として表わされます。

これがC/Vに一致するというのは、単なる仮定であり近似であるように思います。

マル経は最終的に教授とケンカをしてしまったので、専門外も良いところですでの、デタラメを言うかもしれませんよ。
と言い訳をしておいて。

> マルクスの利潤率低下法則

まずこれについて。
簡単に言えば、
物をたくさん作る→利益が出る→資本として再投下→更に沢山作る→・・・
というサイクルを続けると、需要と供給のバランスから、必ず段々と利潤率は下がるだろう、というお話です。


> いま生きた労働の支出総計をN=M+V とすると 資本の有機的構成 C/V は次のように書ける。

多分V/Cの方が一般的ではな...続きを読む

Qお米一合何グラム、炊いた後は何グラムになる?

一ヶ月に使用するお米の量を計算したいのですが
一人暮らしで家に量りが無いので教えて下さい

(1)お米1合(炊く前)はおそらく180ccだったと思いますが、これってはかると何グラムあるんでしょう?

(2)一合を普通に炊くと、炊いたあとの重さは何グラムになるのでしょうか

できるだけ早く回答していただきたいので、どちらか一方でも回答して頂ける方も含めお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)丁度ご飯を炊くところでしたので、計ってみましたら150gでした。(スライサーですので、多少の誤差はあると思います)

(2)2.3~2.6倍になりますので、1合だと345~390gになると思います。

Qケネ-の経済表について

(1) 何のために書かれたか
(2) どのように重商主義に役立つのか
どちらか一方でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

ケネーは元来フランス王室お抱えの医師でしたが、宮殿から眺める農村の退廃ぶりに心を痛め、当時王制が実行していたコルベール主義(フランス版重商主義)を批判するために60歳を過ぎて「経済表」をかきました。ケインズの生まれた町にも名を残すハーヴェィの血液循環の理論を経済における貨幣(人体に血液が流れるのと同じように経済に貨幣が流れると見た!すばらしい!!)に当てはめて、理想王国の実現(つまりコルベール主義は、理想的ではないということ)を経済表によって証明しようとしたのです。いわゆる経済学史のテキストでしたら、たいていは詳しく載っていますので、よかったら手にとって見てください。

Q「分業」の発展について

分業についてのレポートがあるのですが、「分業が人間の歴史にとってどのように発展してきたのか」というのがよく分かりません。分かりやすく解説していただける方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

tomoflyさんは高校生でしょうか。そうだったら『国富論』(アダム・スミス)をちょっとだけ読んでみるのがお勧めです。教科書には本のタイトルしか出てこないかもしれませんが、この本の最初の3章は分業論です。
一国の労働の生産物が富の尺度であり、その生産力を増進させるものが分業であること。
1.分業が技巧の改善、時間の節約、そしてなにより生産機械の発明というさらなる生産力の向上を生むこと。
2.この分業というものが人間の本来の性向に合致し、さらにそれを有用なものとすること。
3.また、この分業自体は市場の広さによって制限されること。
が200年以上前の新知識として語られています。(例として挙げられているのが有名なピン製造の話です)
これらを記述した部分はそれほど難しいわけでもないと思うので、ついでに古典を読む楽しさも見つけていただけるとうれしいのですけど。

Qマンデヴィルの主著『蜂の寓話』について

マンデヴィルの『蜂の寓話』の内容を詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マンデヴィルの『蜂の寓話』は、資本主義社会の元になった理論ですね。
アダム・スミスに影響をあたえました。
蜂の寓話の要約が下記のサイトに載っています。
【消費が人々を豊かにする】
蜂の巣に蜂の大群の詩です。
一部の資本家は物を作り、販売することで利益を得て、
さらにその利益を消費に回すことで、社会全体が豊かになるという話です。
資本家は貧乏人を雇用することで、社会は潤い、貧乏人はいなくなるというわけです。
金を持った者が社会を動かすので、悪徳に溢れてはいるが、世の中は豊かであるということですね。
奢侈擁護論ともいわれています。
【反対運動】
キリスト教徒、道徳家がこの寓話を攻撃しました。
これに反対する人々に対して、反論を「続・蜂の寓話」として発表されています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/sekiokas/Topfile/Economics/mandevil.html

Q比較優位と絶対優位

比較優位と絶対優位の違いについてわかりやすく教えていただきたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

 テレビでもおなじみの伊藤元重、経済学を解りやすく説明している本が沢山あります。その中から「比較優位」についての説明を見つけだしました。以下に引用します。
 いま、アインシュタインが彼の弟子といっしょに仕事をしていたとします。仕事は2種類の作業に分けることができ、ひとつは理論的な構造について考える創造的作業、もうひとつは論文をタイプしたり資料を整理したりする補助的作業であるとします。この2つのどちらの作業も、研究上欠かせないものとします。
 いま、アインシュタインは、どちらの作業に関しても弟子よりも有能であったとします。たとえば、能力を仕事のスピードで測れるとして、アインシュタインは創造的作業に関しては弟子の5倍、補助的作業に関しては弟子の2倍のスピードで仕事を完了することができるとしましょう。この場合、アインシュタインは、作業を全部自分でやってしまって、弟子にはなにも任せないほうがよいのでしょうか。また、弟子はこんなに優秀なアインシュタインと一緒に作業するのでは、アインシュタインに搾取されるばかりなので、ひとりで別に研究したほうがよいのでしょうか。
 もちろん、答えはは否です。アインシュタインも弟子も1日24時間という時間的制約に縛られています。したがって、この時間的制約のもとで最大限の成果をあでようと思ったら、両者が協力して分業したほうがよいのです。この場合、アインシュタインは創造的な仕事をさせれば、補助的な仕事の2.5倍の仕事をするのですから、アインシュタインは創造的な仕事に特化し、それを補うため弟子が保持的な仕事を行えばよいのです。
 このような状況のとき、アインシュタインは創造的仕事に「比較優位」があり、弟子は補助的な仕事に「比較優位」があるといいます。国際貿易における比較優位とは、ここでの2人の人物を国に置き換え、2つの作業を産業に置き換えることでそのままあてはまります。
 『入門 経済学』伊藤元重著 日本評論社 1988. 1. 5

 テレビでもおなじみの伊藤元重、経済学を解りやすく説明している本が沢山あります。その中から「比較優位」についての説明を見つけだしました。以下に引用します。
 いま、アインシュタインが彼の弟子といっしょに仕事をしていたとします。仕事は2種類の作業に分けることができ、ひとつは理論的な構造について考える創造的作業、もうひとつは論文をタイプしたり資料を整理したりする補助的作業であるとします。この2つのどちらの作業も、研究上欠かせないものとします。
 いま、アインシュタインは、ど...続きを読む

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。


人気Q&Aランキング