贈与税については、過去の投稿でたくさんあったのを見たのですが、ずばりな答えを探す事ができませんでしたので、質問をさせて下さい。

実家の母が私の名義で貯金をしてくれていました。この度家を買うことになり、その貯金を使いたいのですが、いくら名義が私になっていても、やはり贈与とみなされるのですよね・・・。住宅は夫の名義なので、私の母からの贈与は免税とならないと思います。

基本的な事で申し訳ありませんが、お解りになる方よろしくお願い致します。M(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

書き忘れましたが、不動産購入の場合は、資金の出所を調べられます。


あなた名義の預金を使って、全部をご主人の名義とした場合、出所のつじつまが合わなくなり、あなた名義の預金が判ってしまいます。
ここで、貴方に収入が無いのに預金が有ると、その預金の出所が追求されます。
そこで、お母さんが積み立てたことが判った場合に、贈与の問題が発生します。
時効は通常は5年です(場合によっては7年になります)から、5年以上前の分は贈与税の対象となりませんが、最近の5年間分は贈与税の対象となってしまいます。

その点も含めて、検討してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。M(__)m
そうですか、時効という制度があるんですね。とても便利ですね。きっと5年以上前に積み立てたお金だと思います。少し希望の光が見えてきました♪

お礼日時:2001/07/18 23:15

#4の回答の補足です。


回答の中の2の場合ですが、
>あなたのお母さんから夫への贈与もできます.
この場合は、住宅資金の贈与の特例、550万円の非課税枠は使えず、年間110万円の贈与税の非課税のみとなります。
    • good
    • 0

1.貯金については微妙です.貯金通帳をつくた時点でお母さんから、あなたにハンコが渡されていて、あなたが自由に出し入れできると、あなたのもので贈与にならないのです..ただし、毎年贈与税がかからない範囲(以前は年60万円以下いまは110万円以下であること)である事です.ハンコがあなたが自由にならなければ贈与になります.このときにその年毎に贈与税がかからない範囲であれば、無税ですが、超えていると、その年の贈与税を払わなくてはなりません.無申告で税が高くなります. 


2.買う家の名義はあなただけになりませんから、万一のことを考える、夫婦の共有にすることはいかがですか、あなたのお母さんから夫への贈与もできます.
3.回答者のkyaezawaさんの通りにされるか.金額が多すぎて無理ならば、貯金の分が贈与にかからなければ、それととお母さんからの住宅資金援助分と併用してもいいのではないでしょうか. 
4.税法、その通達などをご調べられて、いろんな使い方を考えください.違ったことが見えてきますので.

参考URL:http://www.nta.go.jp/

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
そこでずうずうしく、もう少し質問させて下さい。
母がしてくれていた貯金の形態は定期の証書なのです。ですから、一括になっていて年間いくらずつの贈与なのかは定かではありません。しかも30年間の積み重ねかと思います。印鑑は今年の春に改印をしてしまっています。

皆さんのお話を聞いて、家の名義の件を考えています。ですが550万の無税の範囲内の贈与を受けるとしても、やはり自分の名義になっている貯金は贈与ではなく受けた方が都合が良いのです。それ以外に現金でもらうお金を贈与として申告をしたいと思っていますが・・・。可能でしょうか?

随分と解りづらい文章になってしまっていますが、よろしくお願い致します。

補足日時:2001/07/18 22:49
    • good
    • 0

お母さんが積み立てた貴方名義の預金は、贈与になりますが、住宅資金としての場合は、550万円までは非課税です。



従って、一番すっきりするのは、お母さんから、550万円の範囲内で贈与を受けて、建物をご主人と貴方の共有名義にして登記すればよいでしょう。
持ち分は、お互いに出した金額に比例して決めます。

あなた名義の預金が550万円よりも多い場合は、翌年以降に毎年贈与税の非課税範囲内の、110万円づつ贈与を受ければよいでしょう。

後日、税務署から、建物購入資金の出所を問い合わせる書類が来ますが、貴方の場合は、母からの贈与とすれば問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
そうですね、来年に持ち越すという事もできるのですね。ただ今年中に建物の支払いが発生してくるので、その分のお金もすぐに必要になってしまうかもしれません。もう少し考えてみます。

お礼日時:2001/07/18 21:14

贈与税の基礎控除や住宅取得に伴う特例をご承知の事として申し上げます。



>実家の母が私の名義で貯金をしてくれていました
時効の援用が可能なら考慮することです。悪質でない場合は5年だと思います。

>住宅は夫の名義
不動産の購入者には管轄税務署から「お尋ね」文書がきます。不動産の登記名義に関し、回答と異なる場合は贈与と認定されます。出資に応じた持分登記に戻すことをオススメします。確か「真正なる登記名義人の回復登記」?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
不動産名義の事も書いてしまいましたが、名義の事は、これからゆっくり検討しようと思っています。【時効の援用】ですか。初めて聞く言葉なので調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/07/18 21:10

 贈与税は申告納税です。

申告の際、「実家の母が私の名義で貯金をしてくれていました」ことをわざわざ、税務当局に申告すれば、たしかに納税義務はあります。しかし、申告がなければ、税務当局はたくさんのケースから悪質とはいえない同一名義なのに本人が貯金していないという稀有な例を探し出してくることになります。税務経済の面からそこまで調べるとは考えられません。
 しかし、あなたが貯金から相当部分出したのに、登記で夫が所有権100%でされれば、夫婦間で贈与があったのとみなされるおそれがあります。その税務調査のとき、貯金内容に職員が気付かないとも限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございました。M(__)m
そうですか、申告納税なんですね。やはり名義が本人のであれば、いちいち誰が実際に貯蓄をしたか等は調べないのですね。そうかな?とも思いましたが、住宅購入の際はチェックも厳しくなるのでは・・・と思っていました。まあ、年間で住宅を買うはたくさんいますし、あまりにも怪しくなければ、深く調べられる事はないという事ですね。

お礼日時:2001/07/18 20:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供名義の貯金 子供名義の債券 贈与税は?

子供名義で貯金 子供名義で債権の購入 などしています

それらの口座から テキトーに使ったり 気分で貯金したり 
あまり規則的な運用ではありませんので 年によってまちまちですが

おおかたのところ 子供は 年間150-200万くらいのお金をもらうか債権を購入していることになるかと思います

子供は 贈与税を支払うべきなのでしょうか?
税金の申告は これまでしていません

この先 過去にさかのぼって 追徴課税されますでしょうか?
それは どのような時でしょうか?

また 贈与や相続にともなう節税の対策など アドバイスがありましたら
よろしくお願いいたします

 

 

Aベストアンサー

実質課税の原則といいまして、名義が何であれ、実際にその資産の
運用管理をしている人のものとして扱います。
質問者さんが通帳や印鑑を保持して運用しているので、
その財産は質問者さんのものです。
よってお子さんの贈与税の申告は必要ありません。

また、その財産を子供名義だからと通帳ごとあげてしまうと、
その時点で全額が贈与されたと見なされます。

まあ、その辺の証明関係は面倒くさいのですけどね。
曖昧な点があると税務署は自分に有利なように解釈します。
自分の財産の運用には家族の名義は使わない方が良いですよ。


未成年の子供の名義で贈与税の基礎控除以下の金額で積み立てていても
そうとは見なされない場合もありますのでご注意下さい。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

Q自分の不動産の家賃収入を母名義の口座に。これを自分名義の口座に移すと贈与税?

8年前に父が亡くなり、遺産は預金が2000万、不動産評価額が3000万ほどでした。
当時、不動産登記の手続きをしておりませんし、相続税の申告もしていません。
法定相続人は母と姉妹をあわせて4人なので、相続税は発生していないと思います。

保守的な田舎なので、父の口頭の遺言もあるため不動産は私が相続して登記することに誰も反対しません。
しかし、預金については将来、母の死後に姉妹との間で争いが心配です。

現在、預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです。
当時学生だったので地元の母に任せっきりにしていました。固定資産税の課税台帳では母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています。賃貸契約書の賃貸人だけは全部私名義です。

この預金を私の口座に移しても贈与税が発生しないようにはできませんか?

どなたか、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

>預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです…

「ほとんど」ではなく、あなた名義の不動産から得られて収入額を、実際に証明することはできますか。
できるなら、その収入額から賃貸を管理するためにお母様が要した経費を除いて、あなたの財産であると主張することができます。

これまでお母様名の口座に入っていたことは錯誤であったとして、税務署や市役所にその旨を説明すればよいでしょう。

>母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています…

社会人になった時点で、納税管理人を外せばよかったのですが、国民のすべてが税法に熟知しているわけではありません。
間違いは間違いとして素直に認め、過去の申告も訂正するなどすれば、贈与税は発生しないと思われます。

Q贈与税について 娘名義の貯金

ちょっと疑問に思ったので教えてください。

親が子供名義で貯金(預金)して、子供の成人後、通帳・印鑑を子供に渡すと贈与税が発生すると知りました。
110万以内ならかからないとか???

そんなに多額の貯金は将来を考えても出来てないと思いますが、今娘のために娘名義の口座に貯金しています。

お聞きしたいのは、もしも万が一200万くらいの貯金になっていたとき・・・娘名義の口座でも、親が管理してるなら「親のお金」
これを娘に渡すと贈与税が発生するらしい。

↑と知ったのですが、
たとえば、娘がもらったお年玉などを娘の意思で貯金するようになったら、どういう扱いになるのでしょうか?
親と娘一緒に貯金したら、娘の口座は娘のお金?やっぱり親の管理で親のお金=渡すときは課税?

最終的な使い道は、お嫁に行くときか・・・何か夢を実現したいとか
そんな時期がきたら渡したいと思っているのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ファイナンシャルプランナーです。

贈与に当たるかどうかは、収入があるかどうか、ということです。
収入のない人が、印鑑と通帳を持って、口座を管理していたかどうか、ということは関係ありません。

自分で稼げば、所得税。
遺産を相続すれば、相続税。
お金をもらえば、贈与税。
これが基本です。

例えば、奥様が夫の給料をやりくりして、自分の口座で、200万円をヘソクリして、ある日、200万円の指輪を買ったとします。
税法上は、その時点で、夫から妻へ200万円の贈与があったことになります。
つまり、「夫の依頼によって、妻が妻の口座で夫のお金を管理していた」ということになり、夫が稼いだお金は、妻に贈与しなければ、それは夫のお金なのです。

また、贈与税とは、父、母、祖父、祖母、伯父、伯母……などから10万円ずつ200万円になれば、贈与税はかからないということはありません。
合計金額に贈与税がかかります。

父親から110万円の贈与を受け、同じ年に祖父から1万円のお年玉をもらったら、110万円を超えた1万円に贈与税が課税されます。

実務上は、そんな細かいことは言いませんが、原則は上記の通りです。

ファイナンシャルプランナーです。

贈与に当たるかどうかは、収入があるかどうか、ということです。
収入のない人が、印鑑と通帳を持って、口座を管理していたかどうか、ということは関係ありません。

自分で稼げば、所得税。
遺産を相続すれば、相続税。
お金をもらえば、贈与税。
これが基本です。

例えば、奥様が夫の給料をやりくりして、自分の口座で、200万円をヘソクリして、ある日、200万円の指輪を買ったとします。
税法上は、その時点で、夫から妻へ200万円の贈与があったことに...続きを読む

Q子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてくだ

子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてください。

お世話になります。
子供はまだ幼児で杞憂かもしれませんが子供名義の貯金について教えてください。

毎年夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています。
家庭全体の貯蓄が少ないので万一の時には子供以外の目的に取り崩せるよう学資保険には入らず夫名義の口座に貯めています。
子供用の貯蓄は進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い、増減させつつ最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりでいます。
子の就職時に50万円・結婚資金に150万円・住宅建築資金に300万円にするか、500万円まとめてにするかはわかりませんが、できれば子が20才代で夫が現役のうちに渡したいと思います。

家計が落ち着く時期を見て子名義の口座を開設し出入金に使おうと考えています。
その際はネット銀行ではなく、通帳を使う普通の銀行のほうが良いでしょうか。

はっきりと確認出来ていないのですが、現在私の祖父母(子から見て曾祖父母)が毎月5万円前後の貯蓄をしてくれる他に、先10年程度で300万円になる学資保険(夫か私名義)の掛金を支払ってくれるとの申出があります。
毎年贈与税を申告するほどの額ではありませんが、最終的に500万円(あるいはそれ以上)を子に渡すと課税の対象になると考えられますので、この様な貯蓄の仕方をする場合に税金面で注意することがあれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてください。

お世話になります。
子供はまだ幼児で杞憂かもしれませんが子供名義の貯金について教えてください。

毎年夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています。
家庭全体の貯蓄が少ないので万一の時には子供以外の目的に取り崩せるよう学資保険には入らず夫名義の口座に貯めています。
子供用の貯蓄は進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い、増減させつつ最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりでいま...続きを読む

Aベストアンサー

>夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています…

何のためにですか。

>進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い…

親は子を扶養する義務があるのですから、必用なときに親の貯金から出せばよいのです。
安易に子ども名義の口座を作ると、贈与税の問題が出てきます。

>最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりで…

単に現金をポンと渡せば、これは立派な贈与です。


>子の就職時に50万円・結婚資金に150万円…

就職時にスーツを買ってやるなどのことは親として当然のことですが、特に用途を限定せず現金を渡せば、贈与と見なされます。
結婚でも同じです。

>住宅建築資金に300万円にするか…

これは間違いなく贈与です。
現時点では、住宅資金限定で 1,500万まで無税の特例がありますが、何十年も先まで有効という保証はどこにもありません。

>できれば子が20才代で夫が現役のうちに渡したいと思います…

甘やかせすぎ。
親としては教育さえしっかりさせておけば良いのです。
学校を出たら自立することを考えさせなければなりません。

>家計が落ち着く時期を見て子名義の口座を開設し出入金に使おうと…

通帳と判子を親が握っている限り、親の財産のままです。
大きくなって通帳と判子を渡したとき、あるいは引き出した現金を渡したときに贈与が成立します。

>その際はネット銀行ではなく、通帳を使う普通の銀行のほうが良い…

それはどちらでも同じです。

>祖父母(子から見て曾祖父母)が毎月5万円前後の貯蓄をしてくれる他…

これも通帳と判子を曾祖父母が握っている限り、曾祖父母の財産のままです。

>先10年程度で300万円になる学資保険(夫か私名義)の掛金を支払ってくれるとの申出があります…

これは祖父母から孫娘 (or孫娘の婿) への贈与になります。

>この様な貯蓄の仕方をする場合に税金面で注意することがあれば教えてください…

親の名義で貯金をしていき、学費や就職時の最小限の費用などはその都度支払うこととし、まとまった現金をポンと渡そうなんてことは考えないことです。

>夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています…

何のためにですか。

>進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い…

親は子を扶養する義務があるのですから、必用なときに親の貯金から出せばよいのです。
安易に子ども名義の口座を作ると、贈与税の問題が出てきます。

>最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりで…

単に現金をポンと渡せば、これは立派な贈与です。


>子の就職時に50万円・結婚資金に150万円…

就職時にスーツを買ってやるなどのことは親として当然のことで...続きを読む

Q家を建て直し妻の母と同居。贈与税、共有名義について

建て直し総額約3500万円。
そのうち1400万円が母から出ます。
既になくなっている妻の父・弟の遺産+妻の母の預金を出してくれます。
また、妻が1100万円(父、弟の遺産700万円+妻の預金400万円)出します。
残りの1000万円は住宅ローンを組みます。

贈与税はどのようになりますか?
名義はどうしたらいいですか?

ローンの審査は通っています。
着工2013年8月、入居12月の予定です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に考えると妻の母14/35 、妻11/35、住宅ローンの返済者10/35の持ち分すれば全く問題はありません。
贈与税は一切かかりません。

後は、直系尊属から住宅取得等資金の贈与の非課税枠を使えば、妻の母の持ち分を減らし妻の持ち分を贈与税の支払い無く増やすことができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm


妻の母が65歳以上なら相続時精算制度を使えば、母の持ち分を全て妻にする事は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報