冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

お手紙を書く際に、
相手への使う言葉として、
敬愛する〇〇
親愛なる〇〇
等と使う場合、
やはり敬愛は尊敬と愛情が含まれ、
親愛は親しみ、愛情が含まれ
敬愛は、年上の尊敬を意味する時に使う
親愛は親しみを込めて使うと言う形でいいのでしょうか?
よろしくお願いします

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

今の時代に、



「敬愛する〇〇」、「親愛なる〇〇」などと書くのは "気取った" あるいは "おどけた" 表現としてだけでしょう。

ですから、

》 敬愛は、年上の尊敬を意味する時に使う
》 親愛は親しみを込めて使うと言う形でいいのでしょうか?

―は、どちらも違うと思います。※明治・大正の時代なら普通の表現だったかもしれませんが、今の時代ではそんな書き方はしません。医者の仲間同士のやりとりではありそうですが(笑)。
    • good
    • 0

英文の場合


Dearは親愛なる○○で
書き出しますが…
日本の場合
その様な書き出しは、
一般的でありませんよね
年配の方への手紙は、
簡単な季節の挨拶文から
書き始めますよね

言葉の解釈としては、
正しいと思います
どんな手紙か、
わかりませんが…
敬愛とは使わず、
尊敬と表現しますよね
あくまで一般論ですから
もちろん自由ですよ
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング