株価E=R1/(1+r) + R2/(1+r)2+・・・
      ↑      ↑    ↑
小さい1です 小さい2です 2乗の2です

この上の式についての解説をお願いします。  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

期待配当(収益)の現在割引価値を株価とみなす式です。



R1,R2,... は未来の第1期配当、第2期配当、...を表します。
配当の代わりに収益とすることもあります(配当されなかった収益
も株主のものだから)。もちろん、予想値にすぎません。

r は金利(利率)です。ここでは固定金利を使っています。金利1%なら
ば r = 0.01 のようにします。

式の説明に入ります。
1年後に100万円もらう権利があるとして、現在この権利に値段を
つけるといくらにするのがふさわしいでしょうか。金利は1%とします。
100万円でしょうか。でも100万円を預金していれば、1年後に
利子がついて101万になったはずなので、損してしまいます。。
答えは99万99円です。この金額を預金すると1年後に100万円に
なり、上記の権利を買った場合と損得はなくなります。
これが未来の価値を現在のものに直す方法、「割引」の考え方です。
算出方法は以下の通りです。
1,000,000/(1+0.01)=990,099 (小数点以下は無視)

この「割引」を未来の配当に適用したのが質問の式です。
R1/(1+r)
の部分は1年後に受け取る配当を現在の価値に直したものです。

R2/(1+r)^2
の部分は複利の考え方を使っています(ここでは1年複利とします)。
複利計算の場合、金利1%で100万円の預金は2年後にいくらにな
るでしょうか。
答えは102万、ではなく102万100円です。1年目に得た利子に
対しても、2年目の金利がつくからです。
これを逆に考えると2年分「割引」するためには (1+r) で2回割って
やればよいことになります。

これを3年目、4年目...と続けたものが質問の式です。
つまり、未来に得られる全ての配当を「割引」して現在の価値に直した
ものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q効用関数のかき方、u(x1,x2)=max(x1,x2)+min(x1,x2)

効用関数のかき方を教えていただきたいです。

もしも、

u(x1,x2)=max(x1,x2)+min(x1,x2)

の場合、効用関数はどのようにして描けるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

x1>x2, x1<x2 または x1=x2 のケースが考えられる。

u(x1,x2)=x1+x2 として効用関数を描いてもいいのでは???

QY=C+S+T

国民所得(分配面):Y=C+S+Tと表せるのは、企業が生み出した剰余価値は雇用者・役員・政府に分配され、企業の内部留保を仮定していないということでしょうか?
或いは、企業の内部留保はSとしてカウントされるのでしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。

Ws+Ps=Sですので、Ws+Ps=S=Iです。

つまりは、政府部門と貿易部門を考えない場合、『貯蓄は投資の原資である』と言う当たり前のことを言っているわけです。
政府部門を加えて考えると、財政赤字が出れば赤字分は貯蓄から補われますし、財政黒字が出れば黒字分は貯蓄が増加したのと同じことと言えます。

補足
これを応用して考えれば、投資を増やすためには以下の三つの手段が存在することが分かります。

1.政府部門と海外部門を除いた場合
貯蓄を増やす(≒消費を減らす)
2.政府部門を考えた場合
財政赤字を減らす、財政黒字を増やす
(歳出削減or増税)
3.海外部門を加えた場合
海外から輸入する
(経常赤字、所得赤字、貿易赤字など)

これを現実に当てはめて考えるとすごい勉強になります。
途上国が発展するにはどうにかして投資を増やし資本蓄積を進めなければいけません。それが産業政策というヤツです。
つまり、途上国の政府は投資を増やす政策を行う必要があります。

明治政府が行った殖産興業は2です。
つまり、政府が税を取ってそれを直接投資することによって資本蓄積を進めようとしたわけです。
戦後の政府が行った企業への補助金も2です。
つまり、政府が税をとってそれを企業に渡すことによって投資を進めたわけです。
他にも、明治政府はイギリスからお金を借りていました。これは3にあたります。国内だけではお金が足りないので海外から借りて投資を増やしていたわけです。

戦後政府が低為替政策を進めていたのは1に当たります。
つまり、円を安く留めることは日本人の実質賃金を抑えると言うことです。賃金を抑えれば消費が抑えられますからその分投資が増えます。
ガソリン税を取って道路を整備したのは2に当たります。
税を取ることで消費を押さえ、その分の余剰の財を使い道路を整備(投資を推進)したわけです。

また、投資より貯蓄が過剰になった場合、これとは逆のことも言えます。
この場合、民間の貯蓄過剰は政府部門か海外部門が吸収しなければいけません。
つまり、日本の多額の財政赤字(G-T)と貿易黒字(X-M)は、民間の貯蓄過剰(S-I)を吸収した結果だということです。
数式にすれば
(S-I)=(G-T)+(X-M)
ということです。

その通りです。

Ws+Ps=Sですので、Ws+Ps=S=Iです。

つまりは、政府部門と貿易部門を考えない場合、『貯蓄は投資の原資である』と言う当たり前のことを言っているわけです。
政府部門を加えて考えると、財政赤字が出れば赤字分は貯蓄から補われますし、財政黒字が出れば黒字分は貯蓄が増加したのと同じことと言えます。

補足
これを応用して考えれば、投資を増やすためには以下の三つの手段が存在することが分かります。

1.政府部門と海外部門を除いた場合
貯蓄を増やす(≒消費を減...続きを読む

Q株価のニュースでの解説について質問です。

株価のニュースでの解説について質問です。
「景気の先行きに対する懸念から…」などと
買い控え(時にはその逆)の原因が述べられますが
中には違う理由で買い控えた人もいると思います
(例えば副業の関係でデイトレできなかった人が
世界中に1人もいなかったとは言えないでしょう)し
ニュース記事を作成した人が知らない理由であることも
あると思うのですが、どうしてこんなに
断定的に理由を説明できるのでしょうか?

犯罪等のニュースでは「刃物のようなもの」と
かなり濁すのにとても不思議です。

Aベストアンサー

「景気の先行きに対する懸念から」売られたとしても、売れたと言う事は買った人がいるわけです。
買った人から言わせれば懸念は無かったと言うことになりますね。
株価の変動に対する理由は、「円高が進行したため」「雇用統計の発表を控えて低調に推移した」「FRBの議長声明を待っている」などいくらでも作れます。
つまり理由は後付です。ニュースで流れる原稿は、各放送局の経済記者が書いていますので、放送局によってもバラつきがあります。
株価の変動原因は、さまざまな要因が複雑に絡み合っており、それらの思惑によって動いています。
とても1つの原因だけとは思えません。株価が上がったり下がったりした要因が分かる人など誰もいないですね。担当記者が適当に書いているだけです。

Q(x^4+x+1)^8=   X^4の係数をもとめよ・・・

(x^4+x+1)^8=   X^4の係数をもとめよ・・・

 高校数学で、出てきた問題です。
 私の考えでは、 8C2 × 6C2 = 420 となりました。
 
 ・・・ただ、420の係数というのは、ありえない気がしました。
 なぜなら 問題の項は3つとも、その係数が1だからです。

 8C2 × 6C2 ・・・ この考え方そのものが間違っているのか。
 それでは、どのように解けばよいのか・・・
 これを知りたいと思いました。

 どなたか・・よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 x^4,x,1の掛け算で x^4を作るためには次の2つしかありません。
  x^4を1回と 1を7回掛ける: 8C1=8
  xを4回と 1を4回掛ける:  8C4=70

 従って、答えはANo.1さんと同様に 7+80=78 になります。

 ちなみに、Maximaを使って (x^4+x+1)^8 を展開すると次のようになり、x^4の係数が78であることが確認できます。

  (x^4+x+1)^8 = x^32+8*x^29+8*x^28+28*x^26+56*x^25+28*x^24+56*x^23+168*x^22+168*x^21+126*x^20+
280*x^19+420*x^18+336*x^17+350*x^16+560*x^15+588*x^14+448*x^13+476*x^12+568*x^11+476*
x^10+336*x^9+309*x^8+288*x^7+196*x^6+112*x^5+78*x^4+56*x^3+28*x^2+8*x+1

Qミクロ経済のワルラスとマーシャルの市場の安定性について質問したいのですが、需要関数が、D=-1/2p

ミクロ経済のワルラスとマーシャルの市場の安定性について質問したいのですが、需要関数が、D=-1/2p+20の場合、ワルラスとマーシャルの傾きを知りたいのですがわかる方いますか?

Aベストアンサー

D = (-1/2)p + 20を「本来の」需要曲線と呼び、 これをpについて解いたP = -2D + 40を逆需要曲線と呼ぶと、ワルラスの安定条件は

本来の需要曲線の傾きー本来の供給曲線の傾き<0

であり、マーシャルの安定条件は

逆需要曲線の傾きー逆供給曲線の傾き<0

で与えられます。したがって、あなたの質問に対する答えとしては
「ワルラスの傾き」は-1/2であり、「マーシャルの傾き」は-2ということになる。
需要あるいは供給曲線をpを縦軸にとり、DあるいはSを横軸にとって描く慣習はマーシャルの「経済学原理」からはじまった。したがって、需要(供給)曲線といわれるものは、「本来の」需要(供給)曲線をそのまま描いたものでなく、逆需要(逆供給)曲線を描いたものと言えます。マーシャルの安定条件は、図に描かれた通常の需給曲線の傾きを使えばよいということになる。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報