【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

日本と他国との関係について
日本と仲のいい国、仲の悪い国を過去に起こった出来事を交えて教えてください

恥ずかしながら今まで数学や物理しかやってこなかったため、大学生が最低限持つ必要があるような知識がほとんどありません
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

自分で勉強したら?恥ずかしいですね。

    • good
    • 0

反日国は韓国(含む北)、中国です。


韓国(北)は支配されたから。中国は満州を支配されまた本土を攻められたから。

大国に翻弄された国が、その大国に対抗した国を尊敬するなどが多いようです。
反ロシア親日の国→フィンランド、ポーランド、トルコなど(日露戦争)
反中親日の国→モンゴル(中国からの圧力を受けている)など
反米親日の国→メキシコなど(太平洋戦争)

東南アジアで「先進の日本」を手本としり国も多いようだ。

歴史は学んでください。

15世紀末、大航海時代からポルトガル、スペインが中南米を中心に植民地化。
16世紀になるとオランダ、イギリス、フランスらが加わり北米、インド、
東南アジア、アフリカを植民地化。
ならない国はタイ、中国、朝鮮、日本ら一部の国。

日本は明治維新を契機に中央政権の国に変革、軍を整備。
同じころドイツも帝国設立。
遅れて両国は植民地争奪戦に参戦。

こうして矛盾が、本国同士の直接対決、WARⅠ・Ⅱとして勃発。
戦後、植民地はやっと独立に至る(中には独立戦争による処もあり)。

これが「いままでの500年」。
ではこれからの500年はどのような5世紀(であるべき)か。

武力と制圧の500年→平和と友好の500年
支配と収奪の500年→互恵の500年
自国ファーストの500年→知恵と協働の500年
何も認識のない500年→地球温暖化対策への500年

現在地表の41%が砂漠、準砂漠で、拡大中。人為が重要ファクター。
これを食い止めることは重要事項の一つです。
トランプはこういう視点のない「近視眼の大統領」です。20世紀型。
    • good
    • 0

一番の親日国はトルコかな、明治時代にトルコの軍艦が台風で遭難し、近くの村人が救助して手厚く保護をして、国を挙げて無事送還したと言うことがあって今でも親日国です、太平洋戦争の時も日本に対して参戦せず中立を守りました。



タイ王国も皇室との交流の関係で親日国です。

南太平洋の小さな島々の島国も、日本統治時代に教育、文化を教えてもらったせいか親日国が多いです。

メキシコも理由は分かりませんが親日国らしいです。

民間レベルの親日だとかなりの数になると思います。

仲が悪いのは半島の二カ国だけでしょう、中国は親日とは言えないが互いに上手く付き合っていますね。
    • good
    • 0

あまりにも幅広いので、池上彰が出してるような本がお勧めです。


彼は「浅く広く」という意味ではかなりの鉄板です。

ただ、大学生も正直その手の本1冊分の知識もない人は普通に多いですw
    • good
    • 0

それを書くと、教科書で50ページになるぞ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

初心者でも勉強できるようなオススメなサイトありませんか?

お礼日時:2018/07/01 09:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本と関係の良い国、悪い国を教えてください。

日本と関係の良い国、悪い国を教えてください。

単に仲が良い悪い、利害関係、一方的なもの、なんでも構いません。

東アジア・東南アジア以外の国
でお願いします。

Aベストアンサー

 東アジアの3ヶ国以外、日本と関係が悪い国というのは思いつきません。

 まあ、エライさんが行くと卵をぶつけるとかデモをするとかいう人たちもそりゃいますが、国と国、全体としての国民対国民とすれば、その3ヶ国がダメなのと、ロシアが微妙かな。

 ロシアは領土争いして日本を挑発していても、日本ブームだそうです。

 日本では、フランス語の名前がついた店や商品は「高級」と思われているのと同じで、「日本」というと高級なイメージで、さまざまなものに日本語の名前が付いているそうです。「まさむね」とか。

 もちろん、日本料理もブーム。

 ヨーロッパももちろん友好的。

 フランスがジャポニスムの影響を受けて以来、ジャパンフェアのようなものが現地でもう・・・ 二桁の年数が開催されていますし、特筆すべきはフランス人が好きで勝手にやっているということね。

 いまやフランス料理のシェフたらんとする人間は1度は日本に来て日本料理を勉強するのが常識で、会席料理の出し方を習ったり、醤油などが隠し味になっているとのこと。

 過激なラッダイト運動の地イギリスも、昔、外国の労働者にほとんどビザを出さなかった時があったのですが、あのころも日本人は特別待遇でした(ある意味南アと同じ)。いつでもビザが取れた。

 なんでかというと、日本人は工場立ち上げなど、イギリス人にはできないことをやって、必ず帰国したから(他国人はそのままイギリスに居座ってイギリス人労働者の仕事を奪うから不可)。

 日本人を信用しているわけ。いまでもそうですね。

 サーチナだったかレコードチャイナに出ていたんじゃなかかったかと思うのですが、中国人のブログにこういうのがありました。

 中国人ビジネスマンがアフリカのどこに行ってもアフリカ人はこういう、「我々と中国人は友人、我々と日本人は夫婦」。中国はアフリカに多大な援助をしているのに、なぜだ!

 よって、アフリカは日本に対して友好的。

 アフガニスタンやトルコは、昔日本がロシアに勝ったということで非常に友好的且つ敬意を払ってくれているそうです。

 特に、今も部族間で争っているアフガニスタンは、以前ロシアに蹂躙されアメリカに利用されたことを怒っていて、両国の言うことは聞かない。けど、アメリカと戦って苦しめ、ロシアと戦って勝った日本人なら聞くというので、日本のなんとかさんが、アフガニスタンで各部族の仲介をして、お互いにいちにのさんで武器を捨てさせる活動をしているそうです。

 「世界一受けたい授業」だったかな、その「なんとか」さんが出てそう言っていましたね。

 また、昔日本が統治したパラオの国旗は、日本の国旗の意匠をもらったものだそうですし、今なお一部の州では日本語が公用語の1つだそうですよ。


 まあそういうエピソードには事欠きませんから、日本と関係が悪い国は「東アジア3ヶ国+ロシア」だけ、と言って良いと思います。
 

 東アジアの3ヶ国以外、日本と関係が悪い国というのは思いつきません。

 まあ、エライさんが行くと卵をぶつけるとかデモをするとかいう人たちもそりゃいますが、国と国、全体としての国民対国民とすれば、その3ヶ国がダメなのと、ロシアが微妙かな。

 ロシアは領土争いして日本を挑発していても、日本ブームだそうです。

 日本では、フランス語の名前がついた店や商品は「高級」と思われているのと同じで、「日本」というと高級なイメージで、さまざまなものに日本語の名前が付いているそうです。「まさむ...続きを読む


人気Q&Aランキング