マンガでよめる痔のこと・薬のこと

私は、現在大学の4年生です。
現在は一般の大学で教育学を学んでいますが、小さい頃
からやっていた音楽をもっと専門的に学びたいと思うよ
うになり、これから勉強して大学院で作曲を学びたいと
思っています。
とはいえ音大はちょっと無理か、ということで東京学芸
大と大阪教育大を考えているのですが、私ははっきり言
って無知な上に音楽もド素人ですので、正直なところを
いろいろ教えてください。

現在抱えている疑問は、
・両大学院の作曲の試験の難易度はどれくらいか
・両大学院を出た後、どのような就職があるか
(例えばどこかの教育大の音楽教育専攻での教鞭を取る
 ことなどは可能でしょうか)
・音楽界に於いて両大学院の位置付けはどのようなものか

他にも何か留意点・ご指摘等ありましたら、どのような
事でも結構ですので教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私は大教大卒でも学芸大卒でもありませんが、国立(こくりつ)大学の教育学部音楽科を卒業し、現在大学院に通っているものです。

難易度についてお答えすることはできませんが、2番目と3番目の質問に答えさせていただきます。

 大学院の修士課程を出ただけでは、大学の先生になるのは無理です。博士課程まで行かなければなりません。
 また、教育学部音楽科大学院修士課程を出た人は、中学・高校教師か、一般就職をする人が多く、プロになるのは難しいです。
 教育学部で博士課程まで行くのは、多くの人が音楽教育学、音楽学の人で、実技の人はめったにおらず、博士課程を卒業した人は短大の講師や、大学の講師になる人が多いです。
 なぜなら、音楽大学とは違い、教育学部では修士論文、博士論文を書くのがメインであって、実技はその次に考えられるからです。
 音楽教育を研究したい人なら、教育学部はお勧めですが、作曲や実技で大学の先生になりたいのでしたら、芸大や音大に行くべきだと思います。
 うちの大学では、ほんとうに音楽(実技・作曲)を勉強したい人は、大学4年で卒業した後に、もう一度センター試験から受けなおして、東京芸大に1年から入学したり、芸大の大学院に行ったりしています。

 音楽界においての両大学院の位置づけはあまり高いものではないと思います。もちろん、音楽教育について学ぶのであれば、東日本では学芸大、西日本では広大と言われていますが、作曲となると・・・っていう感じです。
 
 
 いろいろと厳しいこと書いてしまってごめんなさい。
 教育学部音楽科の大学院を受けるときは、西洋音楽史、日本音楽、民俗音楽、音楽教育などさまざまな分野から問題が出されると思います。
 作曲も勉強しながら、ほかの事も一から勉強するのは大変でしょうけど、がんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は作曲家を目指しているわけではなくて、作曲の教授法について研究できたら、と思っています。
丁寧なコメントで、とても参考になりました。

お礼日時:2004/10/28 17:01

学芸大の卒業生です。


学芸大は教員養成大学ですので、その点をお忘れ無く。
大学院も、専門を高めることはできますが、教育学修士ですからね。
教育方法を研究する場ですよ。

この回答への補足

ありがとうございます。
上にも書きましたが、私は作曲家を目指しているわけではなくて、作曲の教授法について研究できたら、と思っています。
ただ両大学院がとても音楽に関して専門的だったので、教育学とは違う路線上にあるように感じたことからいろいろな方向を考えてしまいました。
では、「音楽科教育コース」ではなく「音楽科コース」でも同様に教育法について学ぶ場だと考えていいのでしょうか?

補足日時:2004/10/28 17:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京学芸大学に合格するのは難しいですか?

進研模試で偏差値55の高2です。
以前から質問させていただいているのですが、あと1年と数ヶ月でセンター9割レベルまで達するのは難しいと聞きました。
合格するには85%、最低80%はセンターで得点しなくてはいけません。

目指しているのはB類英語で配点は、
センター
国語200
数学200
英語300
世B100
倫理100
生物100
二次
英語500
の1500点満点です。
定員は9人となっています。

英語だけは偏差値70なのですが難しいでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

平成19年度と20年度の合格最低点は、1180点、1122点でした。
最高点は1264、1270なので100点かそこらのレンジにひしめいている
ことになります。

http://www.u-gakugei.ac.jp/~nyushika/univ/jgakubu-tokuten-hl-h19.pdf
http://www.u-gakugei.ac.jp/~nyushika/univ/jgakubu-tokuten-hl-h20.pdf

『1200点』を目安としましょうか。トータル8割、かなり高いハードルです。
二次は相当に問題が平易だということです。普通は二次に必要な得点は
6~7割程度です。

しかし何にせよ「二次8割」という「ほぼ事実」を頭に入れておくべきでしょう。

次に「センター8割」について。科目ごとにざっくり目標を立てましょう。
私があなたならこうします。数学と国語で310点。得意な英語は9割。
理科社会は三つ合計で85%確保。数学は自信がなさそうなので
150点くらいが限界と見込み、国語でカバーする予定。

これで310+270+255=835点です。英語に少し傾斜がついていて
あなたには3点ほど有利に働きそうです。「数・国」、「英語」、「理・社」、
この三つのグループでそれぞれあなたには不安要素がいくつもあります。
「8割死守」にはまだ35点の「遊び」があるので、それをこれから「どれだけ
目減りさせずに持ちこたえるか」という目標に読み替えて頑張ることになります。

学習を進めるうちに下方修正を余儀なくされ、これを使い切ってしまうと、
「二次9割で逆転」など急に現実味のないアクロバティックな話になるので、
数学や理科がちんぷんかんぷんだったり国語のリカバー力が足りなかったり、
総合8割にはどうやっても遠く及ばないと見込みが立ってしまったら、その
時点で学芸大は(現役では)あきらめるのが賢明かもしれません。

それとは別に、二次の8割攻略を検討することになります。これはあなたが
綿密に立てたという英語の「学習計画」を実行してみて、それからですね。

先に過去問を解いてみてもいいでしょう。何の模試であれ70あれば、今
歯が立たないことはないはずです。問題の性質、難度から本番での8割は
とても無理だと判断する時期がきたら、センターの目標を上方修正することに
なります。それも無理だと感じたら、やはり志望校変更か、ということになるでしょう。

定員が少ない学部学科は、どうしてもセンターの動向に左右されます。
9人の枠の学科に志望を絞り込まずに、いくつか候補を考えておくのが
いいと思います。

などと、えらそうなことを書いていますが、私は志望大学の二次で、
配点はおろか「どんな教科が課されるのか」を知ったのですら
高三の夏以降です。部活を除けば漫然と高校生活を送っていたので、
全く何も知りませんでした。だから「当時こうやってうまくいった」ことではなく、
「今ならこうする」というシミュレーションに過ぎないことをお断りしておきます。

「耳ダンボ」になって身動き取れなくなるのが一番ダメです。届くか
どうかを考える前に、まずその方向に走り出し、走りながら考えましょう。

平成19年度と20年度の合格最低点は、1180点、1122点でした。
最高点は1264、1270なので100点かそこらのレンジにひしめいている
ことになります。

http://www.u-gakugei.ac.jp/~nyushika/univ/jgakubu-tokuten-hl-h19.pdf
http://www.u-gakugei.ac.jp/~nyushika/univ/jgakubu-tokuten-hl-h20.pdf

『1200点』を目安としましょうか。トータル8割、かなり高いハードルです。
二次は相当に問題が平易だということです。普通は二次に必要な得点は
6~7割程度です。

しかし何にせよ「二次8割」とい...続きを読む

Q教育実習時期について、怒られました

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期ということだけが発表されており、いつから開始されるかは未定とのことでした。

実習高校の教育実習期間は、一年前の時に内諾書をもらいに行く段階で、6月と9月のどちらかを選べるといわれていたのですが、私は卒業論文に支障が出ると困ると思ったことに加えて、当初の予定では就職活動は4月ごろに内定が出て終了しているはずだったので、教育実習に影響はないと思い、6月を選びました。

3月中に、私の担当の先生の方に電話をかけ、
企業の採用開始時期が地震の影響で6月にずれ込んでしまい、教育実習とかぶってしまったのですがどうしたらいいかと相談しました。

その時に、できたら後日直接お伺いして、直接お話をしたいと考えていました。

すると、教科主任の先生の電話を代わられました。

その際、私はもし可能であれば、大変申し訳ないのですが教育実習の期間を9月に変えてもらえないかとお伺いしました。

失礼にあたるのはわかっていましたが、教職免許も今まで頑張ってきた分しっかり取りたいと考えていたので、お願いしました。

わたしとしては、企業と高校に、早い段階からアプローチしておいたほうが迷惑が掛からないのではないかと考えた結果でした。

その電話先でかなり怒られましたが、職員会議にかけるので、連絡を待っていてほしいと言われました。

しかし、いつまで待っても一向に連絡が来ないのでこちらから問い合わせてみたところ、
再び電話口でかなり怒られ、実習期間は9月に変更してもらえたのですが、
後日高校に来る日時を指定され、一方的に電話を切られました。

怒られた内容は、一回目も二回目もだいたい同じようなものでした。

教育実習は本来、高校のボランティアで行っているもので、実習生の都合にいちいち対応していられない

このような場合キャンセルするのが当然なのに、普通は変更は認められていない

先生になる気もないのに中途半端な姿勢で臨まれては迷惑

だいたい電話一本で済ませようとするのがおかしい

企業にもお願いしたところずらしてもらえても実習期間内でした。

私は初めの電話は、相談のつもりで電話をしました。
地震で、どうしたらいいのか全く分かりませんでしたが、相談できるところもなかったので電話をしました。

そこで主任の先生に突然電話相手が代わり、時期の変更などを聞いてみたところ話が進みました。

直接行くつもりでしたが電話だけで話がすんでしました。

連絡を待つように言われたのでかけなおしてみたところ怒られましたが、
私はキャンセルしたほうが迷惑になるのではないかと考えていたので、時期の変更意外に思いつきませんでした。地震という非常時だったので、何か措置を引いてくれるのではと、少し期待していました。

教員になるつもりはありませんが、
途中まで本気で先生になりたいと思ってきました。しかし在学中にやりたいことが見つかったので、民間企業を志望する結果となりました。
しかし今まで大変な教職課程を受講してきた身として、しっかりと免許を取りたい、という気持ちがありました。

電話一本で済ませるつもりもなかったのでとても不本意でした。

加えて高校の時の先生に怒られるというのは、とても精神的ダメージが大きく、来週に実習校に呼び出されたわけですが、とても気が重いです。

私が悪いのはわかります。
周りの友人は、この非常時なんだから高校が地震に合わせた対応をしてくれてもいいんじゃないかと言ってくれますが、本来ならば、実習期間の変更はとても失礼です。

しかし怒られている内容がなんだか腑に落ちなくてもやもやしています。
なんだか気持ちがまったく伝わっていなくて残念な気持ちになりました。

それに職員会議にかけられた以上、先生方の周知の事実なので、実習中の風当りはとてもきついのではないかと思います。

私の取った行動は間違えだったのでしょうか。
大学には相談機関がないので、いまとてもつらいです。

またこれからどうしたらいいのか、とても気持ちが落ち込んでいます。
実習に行きたくないですが、これ以上迷惑もかけられません。

来週高校に行くと思うと気が重いです。
なにかアドバイスがあればおねがいします。

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期とい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権です。
教育実習を迎え入れる高校も、あなたを学生としてではなく
「ちゃんとした社会人になれるか」という観点で見ています。
こういう場合に「そうだね、じゃあしょうがないよね~」という対応だったら
むしろあなたを社会人として見ていないということですから
「そういうナアナアの対応には憤慨してもいい」というくらいの気持ちで
これからはやっていかなければなりませんね。

高校側はあなたに本当に良い勉強をさせてくれたと思います。
これが社会人の一発目の洗礼だと真摯に受け止めて
言い訳はせず、非は認め、一生懸命実習には取り組む
それしかないと思います。
あなたの実習期間を見て、高校の先生方もまた色々考えられることがあるでしょう。
大丈夫ですよ。

どうか頑張ってください。

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権で...続きを読む

Q教職大学院の現状は?

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょうか?

自分は今のところ大学卒で教職に就くことを目指していますが、正直なところ
教育学部ではないのでどうしても現場での指導経験が不足してしまいます。
そのため、自分が学校の教壇に立って指導する姿が想像できません。

そう考える反面、教職に就けば結局は実践の連続なのだから教職大学院ではなく
教育学研究科(または専門学部の教科教育学研究科)に進学して、何か問題が
起きてもブレない理論と分析力を身に付けるのも良いのではないかとも考えます。

現在、教職大学院はどのような評価がなされているのですか?
意見を聞かせてください。

将来、教職に就きたいと考えている大学生です。

教職大学院の存在は前々から知っていたのですが、インターネットの情報を
見ているとその評価は高くなく、存在意義も疑われているほどのようです。
教員採用試験に落ちた人が行くといった認識もされているようで、文部科学省が
力を入れている割には一向にその価値が認められていないように思えます。

従来の教育学研究科とは違い、教職大学院はより実践的(現場重視)なカリキュラム
が組まれているようですが、それでもやはり現場での経験には勝てないでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


 北米・・アメリカ、カナダですと大学にはご存じのように医学部、法学部がありません。医師、弁護士になりたければ、とにかく四年制大学を卒業してその後メディカルスクール、ロースクールへ入学して、卒業後それぞれの認定試験に合格すると医師、弁護士になれるという高等教育制度になっています。日本では医科大学院は実現せず、法科大学院だけが実現しました。

 で、教員になるためにも同じ過程を辿る必要があるんですね。4年制学部卒業後、修士課程にあたる教員養成課程に進み、卒業して国家試験に合格すると「教員免許」が与えられます。
 日本の教員に較べると就学期間が長く、かつ免許の取得は国家試験に合格しなければならない、という厳しさです。教職大学院はこれをモデルにしたものと思います。

 で、4年間の大学教育+ちょっとの教職科目の追加取得と2週間の実習だけで「教員免許」が取れてしまう日本は「教員免許」の重さが吹けば飛ぶようなものです。しかし、それを補ってきたのが「教員採用試験」の狭き門ではないかと思います。じっさい、40人以上を一斉授業で面倒見るという日本の教員についての評価は「Amazing」と言われることが多いようですよ。

 国民性、教育制度の歴史、文化その他の違いがありますんで単純比較も危険ですが、日本ではそれでも教師は「よく機能している」と思います。

 ダラダラとなりましたね。とにかく自分の能力は自分で高めるのが基本。次に教職員大学が期待するリーダーとしての教諭などというものは、どうにも日本では機能しないだろう。そして、だいたいそのような教育機関の講師が、「元校長」「指導主事」という行政職員、生徒を相手にしたことがない大学教授、というのが大学院に対してあまり期待しない、という私の意見の根幹にあります。退職した元教師だったら期待できるのですが。

 

おはようございます。#1です

>このような教職大学院以外の大学院、つまり本来の教育学系の大学院を修了することについてはどう思いますか?

 うーん、ご自分が教える教科の内容をより深く学ぶ、というのなら意義はあると思います。ですが、一生が勉強という職業ですからねえ・・毎日勉強していれば必要な知識は手に入るのではないかなと思います。大学教育を経てきたものにとって、教える内容といえばまさに取るに足りないものですよね。一方でもっと具体的な教授法、問題対処法等々は必要と思っています。


...続きを読む


人気Q&Aランキング