人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

過酸化水素水に酸化マンガンⅣを加えるときは通常、酸化マンガンⅣは触媒としてはたらきますが、
酸性条件下で
過酸化水素→還元剤
酸化マンガンⅣ→酸化剤
として反応することはないのでしょう
か?

A 回答 (1件)

>酸化マンガンⅣ→酸化剤


硫酸酸性なら起こり得ます。ご存知の様に過マンガン酸カリは酸性条件ではマンガン(Ⅱ)にまで還元されますが、中性、アルカリ性では二酸化マンガンになります。ですから原理的に酸性度が高ければ二酸化マンガンは過酸化水素を酸化できます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

加熱などしなくても起こるということなのでしょうか?
つまり、触媒として酸化マンガンⅣを加えるときに硫酸も加えたら、別の反応が起こるということですね。

お礼日時:2018/07/03 07:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化マンガンの役割

過酸化水素水を酸化マンガンを触媒に用いて反応させると、酸素と水ができるというのを習いましたが、
どうして、酸化マンガンを入れただけでこのような反応が起こるのでしょうか??触媒の役割がわからず、困っています。反応を促進する、だけではどうも納得できません。どなたか教えてくれませんでしょうか。お願いいたします。高2です。

Aベストアンサー

化学反応が起こるには、活性化状態というエネルギーの山を越えなければなりません。過酸化水素は放っておいてもゆっくりゆっくり分解が進んでいます。
活性化状態になる分子がすくないためです。

酸化マンガン(IV)の表面で過酸化水素が活性化状態になりやすいのです。活性化状態になる分子が増えるとどっと反応が進みます。
簡単ですがこの考え方でいかがでしょうか。

Q過酸化水素、酸化マンガン、塩酸

高校の生物の教師です。
酵素と無機触媒の違いとして、過酸化水素に肝臓片や酸化マンガンを加え比較する実験はほとんどの生物の教科書に出ています。さらに溶液を酸性や塩基性にしてから同様の実験をします。さて、ここからが質問です。
溶液を酸性にするため3%過酸化水素(2ml)と10%塩酸(2ml)を試験管に入れ、そこに肝臓片や酸化マンガンを入れます。結果は生物の教科書通りなのですが、酸化マンガンを入れたほうの溶液が黄色っぽくなります。以前から気になっていたのですが、これは、どのような理由からなのでしょうか。塩酸のかわりに蒸留水を用いたときには色の変化はありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 酸化マンガンを入れたほうの溶液が黄色っぽくなります。

可能性として、
 1)発生直後の酸素により、塩酸中のHClが酸化されてCl2が発生
 2)酸化マンガン(IV)に不純物として含まれる鉄などの溶出
の2つが頭に浮かびましたが、前者と考えるには濃度が低そうなのと、
独特の臭気に気づくとか、気分を悪くする生徒が出た、といったことに
なりそうですので(汗)、恐らく後者かと思います。

鉄がどの程度あるか、の確認は、分析ならフェナントロリンで発色
(比色分析)になるかと思いますが、簡易的な確認法となると・・・(汗)
(今回の場合、「鉄(III)イオンによるか酸化水素水の分解」では
 確認できませんし・・・)


人気Q&Aランキング