【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

全商簿記2級の当座預金出納帳と仕入帳の転記がどっちが借方でどっちが貸方に転記するのかがわかりません…。

A 回答 (2件)

はぁ~??



・(当座)預金出納帳
 金が入ってきたら「借方」(売掛金の入金など)
 金を支払ったら「貸方」(仕入れ代金の支払いなど)

・仕入帳
 物[商品]を仕入れたら「借方」
    • good
    • 0

基本中の基本じゃないですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 割引手形と当座預金出納帳

日商簿記2級商業簿記を勉強中です。帳簿組織の練習問題(例)で、
借方(当座預金)¥9500  貸方(割引手形)¥10000
  (手形売却損)¥500   とあったとします。
*特殊仕訳帳として「当座預金出納帳」「受取手形記入帳」他を使用。
この場合「当座預金出納帳」の記載はどうなるのでしょう。
普通仕訳帳にも記載して、二重転記回避も考慮することになりますか?
また、「現金出納帳」を「現出帳」と略しても大丈夫でしょうか?
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 そのように取引を擬制して二重転記を回避する方法もありますね。これも正解になるでしょう。
 ただ,この方法は取引が忠実に表されていない(例えば現出帳や普通仕訳帳を見たとき,いくらの割引手形について売却損500円が生じたのかという事がわからない)ので,僕は
(当座預金)9,500  (割引手形)10,000
(手形売却損)500
この形を崩さないで記入することをおすすめしたいです。

 また
(当座預金)10,000  (割引手形)10,000
(手形売却損)500   (当座預金)500
と擬制し,当出帳だけで済ませる方法もあります。これでもOKです。


人気Q&Aランキング