これからの季節に親子でハイキング! >>

個人事業者です。企業から源泉を徴収される仕事を請け負って、その仕事(仮に10万円の仕事だとします)を別の個人事業者(Bさんとします)に発注し、私が窓口料やBさんの仕事の監修料として、そのうちの1万円をもらうとします。この場合、企業からの支払いはどうしてもらうのがいいのでしょうか?(仕事はBさんがしますが、窓口は私がし、自分が受けた仕事としてチェックまでやります。)
仮に私が源泉を引いた9万円を受け取って、そのうち外注した分の9万円(つまり受取額の全額ですね)をBさんに支払い、Bさんに渡した9万円の払いすぎた源泉分(9千円)を確定申告のときに私が取り戻す、というのがひとつの方法だと思いますが、この場合は、私は実質1万円の仕事のために収入が10万円になってしまいます。これになにか問題はあるでしょうか?
また、ほかにいい方法があれば教えてください。企業から別々に払ってもらう方法もあるのですが、自分が窓口料・監修料をいくらとっているのかを企業にあまり知られたくありません。
どうかご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>企業から源泉を徴収される仕事を請け負って…



材料などは支給で、加工賃のみの「労務費」を受け取っているのですか。

本来、「外注費」として支払われるものは、源泉徴収の対象にはなりません。
できるものなら、材料費を自分持ちにしてもらえば、外注費となり、源泉徴収されずに済みます。
どうしても源泉徴収しなければならないのは、原稿料や講演料など一部の職種に限られています。参考URLの「国税庁タックスアンサー」をご覧になり、発注元の起業と話し合われることをお奨めします。

>実質1万円の仕事のために収入が10万円になってしまいます。これになにか問題は…

その 10万円を 1年間積算した金額が、1千万円、または 5千万円のラインを超えるか超えないかのあたりですと、消費税の取り扱いが違ってきます。

>いくらとっているのかを企業にあまり知られたく…

別の人に下請けさせていることを秘密にしているのですか。
そうではなく、下請けそのものは周知のことなら、間に入った人がいくらかのマージンを取るのは、商慣習として当然のことです。隠す必要はありません。
しかも、1割ちょうどなら、きわめて良心的と言えます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/gensen.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます!

>どうしても源泉徴収しなければならないのは、原稿料や講演料など一部の職種に限られています。

その中に入っているものです。

>その 10万円を 1年間積算した金額が、1千万円、または 5千万円のラインを超えるか超えないかのあたりですと、消費税の取り扱いが違ってきます。

そのラインを超えなければ、とくに問題にはならない、ということですね・・・。

>別の人に下請けさせていることを秘密にしているのですか。
>そうではなく、下請けそのものは周知のことなら、間に入った人がいくらかのマージンを取るのは、商慣習として当然のことです。隠す必要はありません。
しかも、1割ちょうどなら、きわめて良心的と言えます。

いいえ、秘密にはしていません。ただ、まわりには、マージンをとらずに仕事をまわしてくれる人も少なくないので、なんとなく気にしていました。
分かりやすい説明をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/28 00:15

自分はよく大手の会社とそれと同じパターンを


桁違いで、よく処理しています。

まず、自分が窓口なら自分に全て源泉がかかります。

例えば10万円で請求を起こすと1万円引かれて
手元に9万円です。たとえ内訳があなたのパートナー
のBさんと5万円づつでもです。

もしもBさんに5万円で外注しているのなら5万円をそのままBさんに支払います。あなたは4万円の現金と税金のための1万円の計5万円を受け取ったことになります。
ちなみにBさんは自分で5万円の所得の申告をして税金を支払います。

またさらにBさんから仲介の報酬(ここでは2万とします)をもらうのなら、その5万円から2万を受け取ればいいだけです。

あなたの申告は会社からの10万円と報酬分の2万円
で外注経費が5万円。7万の所得です。実際に現金は
6万円ですが、年末調整で1万円は先に国に収めた
形になっているだけのことです。

会社によってはBさんの領収書を振込み後に
求めてくる場合もあります。
その場合はBさんに5万円の領収書を会社名あてに
書いてもらい、あなたがBさんから得た報酬料を
Bさんあてに領収書を書けばいいだけのことです。

ただし、あなたがBさんに外注ではなく、報酬となるとあなたがBさんの源泉徴収をして決まった額を
国に収める必要があります。
    • good
    • 0

仕事の量にもよりますが、一番良いのは法人化して源泉徴収されないようにする事です。

私自身も似たような状況で個人事業をしていますが、確定申告をして税金が返還されるまで事実上の収入があまり無いのはあきらめています。
実際には事務用品、通信費など必要経費や控除があるので、全額かえって来るはずです。(私の場合はですが。)
    • good
    • 0

ご指摘の通り、売上計上して経費等と損益通算されるのがよろしいかと思います。

 ヘンに売上除外すると脱税の疑いをかけられる元になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業の一人親方です。これは外注費?給料?

建設業で請負の仕事を始めました。
個人事業主(一人親方)ですが、規模の大きい現場などは
知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。
長くかかれば半年ほど続けて来てもらい、支払は月末締めの翌月払いで日当×日数分をまとめて払います。
現金での支払いの場合は領収書をもらい、振込みの場合は振込明細をその代わりとしています。
お互いが仕事を手伝ってもらった日数を把握しているので請求書、支払明細はやり交わしていません。(日当は消費税込みの金額です。)
この費用は外注費として計上して良いのでしょうか?
また頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として渡す事もあるのですが(いわば日当+出来高という感じです)それも経費になりますか?

Aベストアンサー

>知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝って…

その 16,000円が純粋に労務費だけなら、税務署は「給与」と判断するでしょう。
給与となれば源泉徴収の必用が出てきますし、消費税は不課税です。

16,000円に道具の持ち込み料や細かい材料代などが含まれているなら、「外注費」でかまいません。
消費税は課税取引になり、源泉徴収義務もありません。

>頑張ってもらって利益が多くでた時には日当と別に10万ほど謝礼?寸志?として…

実態は謝礼や寸志であっても、経理上は外注費の残業分とでも装うほうが利口です。
謝礼だの寸志だのは、税務署からあらぬ詮索を受けるおそれがあります。

Q個人事業 外注 給与について

回答おねがいします。旦那が個人事業主です。 23年度は応援に来ていただいている外注がいました。 元請けから24年度から旦那の応援に来ている外注を自社の従業員として雇用したい(はっきりとはわかりませんが銀行からお金をかりたいらしく従業員に給与を支払っている形をとりたいみたいですそのほうが信用あるから?とのことでした) いままでは旦那・外注の請求書は一緒につくり発行し支払日に旦那の通帳にふりこまれそこから外注さんに振込みで支払っていました。(外注の日当14,000から¥3000円はねて旦那の利益になってます。)これからは旦那・外注の請求書は別々につくり支払い時に旦那の分は通帳にふりこまれ、外注の分は旦那に現金手渡しするそうです。そこから外注のピンハネ?マージン?を取って外注に支払うことになっています。 青色申告するので会計ソフトをつかって記帳なのですが、これからは売掛帳に請求した日に旦那の報酬分だけ記帳支払い時に仕訳しますが外注のピンハネした分はどう処理していけばよいのでしょうか? 元請けが給与を支払っているとゆう形だけってしても大丈夫なのでしょうか・・・ なんだかわけが分からなくなり。。 質問がめちゃくちゃで申し訳ないですが回答おねがいします。

回答おねがいします。旦那が個人事業主です。 23年度は応援に来ていただいている外注がいました。 元請けから24年度から旦那の応援に来ている外注を自社の従業員として雇用したい(はっきりとはわかりませんが銀行からお金をかりたいらしく従業員に給与を支払っている形をとりたいみたいですそのほうが信用あるから?とのことでした) いままでは旦那・外注の請求書は一緒につくり発行し支払日に旦那の通帳にふりこまれそこから外注さんに振込みで支払っていました。(外注の日当14,000から¥3000円はね...続きを読む

Aベストアンサー

元請がAを従業員扱い、Aの給与(源泉を引いた分)旦那に現金手渡し旦那がピンハネする。 ピンハネ分は手数料。 このやりかたはおかしいですか? ]

元請が「外注」と「給与」の区別ができてなくて、夫がAを従業員にしてるが、元請がAに給与を払ってるので、経費にできる。
元請は経費にできるから嬉しいが、それだけだと夫が「面倒なだけ」なので「あんたも少しピンはねしなよ」となってるのでは。

税法的にも問題がありますが、労働法的にも問題があるように思います。

とりあえずは「Aに支払う給与の資金は元請から貰って、Aに支払う際にはいくらか手数料をAから貰う」ことをAが納得していれば良いと思います。
でも、本当にAがそのシステムを理解して「ええですよ」と云ってるかどうかは疑問です。

結構そういうことに口を出すと首になるので、黙ってる人も多いからです。

では。

Q外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加する

外注費を売上に追加するように言われました。これは、どのような意味でしょうか?原価をなぜ売上に追加するように追加できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではないですか。

これは、この注意をした方の言葉使いというか表現が、わかりにくすぎます。
あえて、わかりにくく言ってるのか、言ってる本人が誰かから指示されて伝えてる(伝言ゲームの一員であるというだけ、言われたことを理解しないで人に伝えてる)のどれかでしょう。

売上金額110万円から外注費の100万円を「売り上げ10万円として計上」するのは間違いです。
正解は
売上110万円
外注費100万円
です。

それなのに、あなたは
売上10万円
と処理してたので、
「売上と外注費にその分追加」という言い方をしたのでしょう。

単純に「差し引きして儲けを売り上げに計上したらだめじゃん。売上はいくら、経費(外注費)はいくらって処理するんだよ。」でいいのです。
具体的には、売上に計上されてる10万円に100万円を加える(これを追加というので、訳がわからなくなる原因をわざわざ作ってるのです。110万円が正しいから直すように、と言えばいいのです)。
外注費100万円が計上されてないので、計上するわけです。これまた「追加」というので、訳がわからなくなるのです。記入が漏れているというだけの話です。

簿記原則で「総額主義」があります。
売上は全額あげて、経費は全額あげて、一定期間の集計をして「売り上げー経費=儲け」という計算をするのです。
今回のように110万円の仕事だが、外注に100万円で依頼するから、手元に10万円残るので、、と考えて
「売り上げ10万円」と処理するのは間違いです。
頭の中で計算して「おお!丸投げして進行管理して10万円儲けだぜ」というので、売上を10万円にしてはあかんのですね。

大変失礼ながら、あなたに「外注費を売上に追加する」という言い方をされた方って、他人にものを教える事は非常に苦手な方でしょう。あるいは、あなたに対して憎しみや嫌悪感をもっていて、「自分はきちんと指導したから。わからないのはあんたのせいね。せいぜい、何を間違えてるのか考え悩んで、この仕事に自分は向いてないと思い込んで、やめてくださいね」と思ってるかもしれません。
それほど「わかりにくい」というか「そんなのあり得ないだろ」という説明です。
他の回答者も「意味がつかめない」と述べてます。この方はここで簿記会計の難問でも回答される方です。
この方が「意味不明だぜ」というので、私が「何言ってるのか、じぇんじぇんわからんですわい」と言っても良いのだと自信を持ちました。
そのくらい、あなたに「外注費を売り上げに追加」指示をした方の指示は意味不明です。
外注費の金額を計上して、同額を売り上げに加算する、という言い方ですと、簿記会計に明るい方ですと「それって、差額を売り上げにあげて記帳してる時の指摘じゃないかな」とわかるでしょう。

「売上にあげる金額と外注費にあげる金額が違う」
という指摘を受けてるのですよ。

こういうことでしょうか。
100万円のプロジェクトを行う管理をあなた(貴社)が請け負う。
ただし、請け負った管理業務そのものは外注に出し、その外注費は100万円である。

プロジェクト管理費として請求するのは、110万円。これは外注費100万円に1割足した額。

さて、ここであなたが会計処理する際に、売上は10万円だとしたとします。
理由は110万円ー100万円は10万円だからです。
このような処理をしてて、
「外注費の100万円を売り上げと外注費に追加するように」言われたのではな...続きを読む

Q外注さんの交通費

当社で負担した外注さんの交通費は、
旅費交通費?交際費?
どちらになるのでしょうか?

教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

外注に出しているのですから、そう言う費用も含めた上で支払額を決定します。
別枠で負担される場合でも外注費として、
内書きで「○○(株)交通費負担」とされたら良いでしょう。

Q外注の雇用保険について回答お願いします。 夫が建設業の個人事業主です。従業員は三名です。 外

外注の雇用保険について

回答お願いします。
夫が建設業の個人事業主です。従業員は三名です。
外注として応援に二名来ていただいています。 請求がきて、外注費と処理しています。

この二名の外注は雇用保険に入れるのかと夫から聞かれました。
従業員じゃなくても加入できるとみましたが、よく理解できずにいます。詳しく教えてください。

従業員でないのに雇用保険に加入した場合、社会保険に加入しないといけない義務がででくるのでしょうか? 乱文ですいませんが回答お願いします。

Aベストアンサー

事業主そしてその事業の事務を担当するあなたとしては、知識不足です。

雇用契約ではない、委託契約や請負契約となる外注職人を雇用保険に入れられるわけありません。安易なことをすれば、心配されている社会保険だけでなく、いろいろな問題が発生します。

建設業ということですので、利益が少なくとも売り上げは1000万円を超えたりしませんか?
そうなれば消費税の課税事業者ですよね。簡易課税制度ではない場合には、支払った消費税(経費などの消費税)を預かった消費税(売り上げなどの消費税)を差し引いて納税するはずです。
雇用契約の従業員への給料には消費税がかかりません。しかし、委託や請負の契約である外注の費用は消費税がかかっています。請求時にコミコミであったとしても、逆算して消費税が含まれているという計算をするのです。

もしかしたら、労災保険と勘違いされていませんか?
労災保険と雇用保険は、総称して労働保険として申告を行い、保険料を納めます。
建設業などのした上については、発注元が労災保険をかけることとして計算します。
その結果、ご主人の下で働く外注さんがけがをしても、従業員と同様に労災保険の給付が受けられるのです。しかし、労働保険の申告のなかの雇用保険部分には外注さんなどを含めないで計算することとなります。
さらに言えば、雇用保険の加入はハローワークとなりますが、雇用契約書などの確認がされます。

外注さんを雇用保険に加入させたいのであれば、委託などの契約ではなく、雇用契約で雇う必要があります。さらに、仕事がなくても、最低限の給与を補償しなければなりませんし、切り捨てることも従業員となりますから簡単ではありません。

従業員や下請などを使うには、もっといろいろな勉強を行うか、専門家事務所への顧問契約などをするか、どちらかだと思います。
税金は税理士、人事法務(雇用契約や就業規則、社会保険や労働保険など)は社会保険労務士が専門家となります。税理士が人事法務のアドバイスするのも、社会保険労務士が税務のアドバイスするのも違法となります。両方まとめて相談したいと思われるのであれば、税理士も社会保険労務士もそろっている総合事務所などに依頼されることですね。

私は独学で、税務も人事もきっちりやっています。
結構日々勉強といった感じですね。

事業主そしてその事業の事務を担当するあなたとしては、知識不足です。

雇用契約ではない、委託契約や請負契約となる外注職人を雇用保険に入れられるわけありません。安易なことをすれば、心配されている社会保険だけでなく、いろいろな問題が発生します。

建設業ということですので、利益が少なくとも売り上げは1000万円を超えたりしませんか?
そうなれば消費税の課税事業者ですよね。簡易課税制度ではない場合には、支払った消費税(経費などの消費税)を預かった消費税(売り上げなどの消費税)を差し引...続きを読む

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Q年末に来て外注費が支払えない、、、

個人経営しているものです。
外注さんの工事費を月末に支払わなければなりません。この外注さんに手伝ってもらった仕事の代金は今日集金できましたが、そのほかの当てにしていた会社が破産し。たくさんの支払いがどうにもできなくなってしまいました。外注さんからの請求が60万でも、今現在支払えそうな金額が35万程度しかありません。待ってくださいといっても、来月に残額全部とはできなそうな様子です。こういった場合どうしたらよいのでしょうか。
主人は、自分の生活費も家賃も支払わず外注さんに回せというのですが(仕事の立場上わかるのですが)、家賃も滞りぎみで、不動産屋さんに説明して待ってもらっている以上、こっちも後回しにはできない状況です。
もう。どうしたらよいのかわからず、困っています。
アドバイスをぞうかお願いいたします。
今年 取引先3社に破産をかけられ、私名義で消費者金融から借り入れをしておりもう、借りるあてもなくなってしまいました。どうか、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は社員3人の会社の事務員をしています。
会社の経理も担当しています。
辛いお気持ちお察し致します(>_<)
うちの会社も取引先の都合で代金の回収が遅れるような事が多々あります。
他の人も言われていますが、今回のような場合外注の会社の支払いを遅らすことが懸命だと思われます。
例えば10万か20万お支払いして、あとを家賃や生活費に当てるようににしてみては…
どんな会社でもお金が入らない時は、支払いを遅らせています。
小さな会社でなくてもです。
会社を存続するにあたっては大切なことです。
旦那さんは家族の事をどう思っているのでしょうか?
仕事も大切ですが家族の生活はもっと大切です。
loco0107さんは消費者金融でお金を借りているとありますが、それは会社や旦那さんの為ですよね。
なのに旦那さんは外注の会社の事だけですか!
なんかすごく悲しいです。
私なら実家に帰ります。一人でやってよ!って感じです。
最良の方法はわかりませんが、このような感じで会社をやっていくと今度は自分の所が破産します。
loco0107さん自身が一番大切です。
この先のことについてよーく考えてみてください。

こんにちは。
私は社員3人の会社の事務員をしています。
会社の経理も担当しています。
辛いお気持ちお察し致します(>_<)
うちの会社も取引先の都合で代金の回収が遅れるような事が多々あります。
他の人も言われていますが、今回のような場合外注の会社の支払いを遅らすことが懸命だと思われます。
例えば10万か20万お支払いして、あとを家賃や生活費に当てるようににしてみては…
どんな会社でもお金が入らない時は、支払いを遅らせています。
小さな会社でなくてもです。
会社を存続するにあたっ...続きを読む

Q外注さんからの請求書について

当社は金属部品加工をしています。
注文を受け社内で間に合わないものは外注に出しています。

基本的な流れは、品物を外注に持っていくとき、当社で納品書を発行し、外注で品物を加工し終わって当社に持ち帰ってくる時に外注が納品書にハンコを押す。
戻ってきた納品書の内容をPCに入力する。(この内容は仕入実績に反映される)

当社は月末締めなので締めたら仕入実績表を印刷して(納品書の内容が一覧になったもの)外注からきた請求書と中身が一致するか確認し、支払う。
っていう流れなんですが。

今まではずっと請求内訳書っていうものがあって、外注からの請求書には必ず内訳書がついていて、加工した内容がのってたんです。
(請求内訳書→当社が発行した納品書は注文書と請求内訳書で3枚つづりになっていたので、納品書とまったく中身が同じもの)
今度からシステムが変わり納品書1枚だけになり、今回から請求内訳書をなくなったたんです。
もちろん納品書と仕入実績はあります。

そしたら上司が「今までは請求書に内訳書がついてたから加工内容がわかったけど、今回は内訳書がないからわからないよ。請求書1枚だけじゃまずいよ。監査にひっかかるかもしれない」と言い出しまして。
※上司が言う請求書1枚だけとは→請求書の鏡のこと(税抜金額、消費税、合計金額、会社名、社印等が書いてあるもの)

加工内容なんて納品書か仕入実績表見ればいいんじゃないのか?どうしてわざわざ請求書にくっつけないとだめなんだ?
と疑問に思いました。

請求書に加工内容のわかるものがくっついてないとだめなんでしょうか?支払うのに問題があるのでしょうか?
仕入実績表と納品書とすべて確認して内容と金額は合っているのに。
困っています。説明が難しくてわけわからないかもしれませんが、よろしくお願いします。

当社は金属部品加工をしています。
注文を受け社内で間に合わないものは外注に出しています。

基本的な流れは、品物を外注に持っていくとき、当社で納品書を発行し、外注で品物を加工し終わって当社に持ち帰ってくる時に外注が納品書にハンコを押す。
戻ってきた納品書の内容をPCに入力する。(この内容は仕入実績に反映される)

当社は月末締めなので締めたら仕入実績表を印刷して(納品書の内容が一覧になったもの)外注からきた請求書と中身が一致するか確認し、支払う。
っていう流れなんですが。

...続きを読む

Aベストアンサー

>今度からシステムが変わり納品書1枚だけになり…

このあたりから根本的に考え方が違うようです。1枚だけ作成するなら「注文伝票」です。
加工し終えたとき返却する伝票を一緒に作らなくなったのなら、被外注者に書くように言えばよいだけです。納品書はあくまでも納品する者が発行します。

>加工内容なんて納品書か仕入実績表見ればいいんじゃ…

納品書は、納品の都度発行するもの。請求書は、納品と同時に毎日発行するわけではありませんから、請求明細の添付が必要です。どんぶり勘定で支払ったりしたら、監査に引っかかって当然です。
納品書や仕入実績表と、明細の付いた請求書とを照合して、間違いがないことを確認して支払いとなります。

>仕入実績表と納品書とすべて確認して内容と金額は合っているのに…

これは、単に請求書の合計金額が合っているに過ぎません。あなたが思っている内訳と、請求者が思っている内訳とが異なることも考えられなくはありません。
お金の支払いというものは、後日のトラブルを防ぐために、慎重の上にも慎重を期すべきです。

Q外注へ支払い証明書の提出と税務署への提出について

外注さんが10名いまして
支払い証明書を要求してくるかたはいません。
その場合、年間支払い額が
5名ほどは5万円未満で、残りの5名は100万円程度です。

税務署に提出しなければならないのでしょうか?
また個人にも支払い証明書を要求された場合されない場合に関わらず発行しなければいけないものなのでしょうか?

極力出さなくていいものは出したくないため、
教えていただければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>原稿作成してもらった場合の原稿料だった場合は
>源泉徴収票の提出は必須なんですね。

いいえ、この場合も、源泉徴収票ではなく、支払調書となります。

>本人と税務署に提出するんでしょうか?

原稿料であれば、最初に掲げた2番目のサイトの「(7) (1)から(6)以外の報酬、料金等」に該当しますので、5万円を超えるものについては税務署に提出しなければなりませんが、5万円以下であれば提出の必要はない事となります。
最初に書いたように、本人に対しては提出義務はありませんが、依頼を受けたら発行してあげたら良いと思います。

>また項目の中で
>入れなければいけない項目があれば
>教えてください。
>・名前、住所など必須項目を教えていただければと思います。
>よろしくお願い致します。

これも最初の2番目に掲げたサイトに、記載例と記載要領が書いてありますので、そちらをご覧下さい。
基本的には、全ての箇所を埋める事となります。

Q外注費の処理の仕方(個人事業、青色申告)

個人事業(WEB制作)で青色申告しています。

ある仕事の中で、一部だけを外注さんにお願いする場合があり、外注さんへの報酬の支払いは、納品月の翌月末に振込みます。(外注さんから当方への請求書は納品月に発行されます。)

前回の確定申告の時まで、私は請求書の発行月は気にしないで、外注さんに報酬を振り込んだ日(つまり請求書発行月の翌月末日)に、外注工賃の経費(預金取引)として帳簿につけていました。

なんとなく疑問をもたずにそうしてきたのですが、これで問題ないのでしょうか?

ふと今回思ったことなのですが、外注さんから請求書が発行された月に、買い掛け金とか、仕入高とかの科目を使って何らかの処理をしておかなければならないのでしょうか?
(結果的にはやってもやらなくても同じ事かとは思うのですが)

「外注費」が「仕入れ」なのか?という点もよく分かりません。(業種柄、商品を仕入れる商売ではないため、これまで仕入れという科目を使った事がなかったので、仕入れという科目をどう使ってよいものかも全くつかめていません。)

個人的には、これまで通りの方法で処理していければ面倒がなくて嬉しいのですが…、もし何か問題があるようであれば、どうすべきなのか教えて頂ければ幸いです。

個人事業(WEB制作)で青色申告しています。

ある仕事の中で、一部だけを外注さんにお願いする場合があり、外注さんへの報酬の支払いは、納品月の翌月末に振込みます。(外注さんから当方への請求書は納品月に発行されます。)

前回の確定申告の時まで、私は請求書の発行月は気にしないで、外注さんに報酬を振り込んだ日(つまり請求書発行月の翌月末日)に、外注工賃の経費(預金取引)として帳簿につけていました。

なんとなく疑問をもたずにそうしてきたのですが、これで問題ないのでしょうか?

ふ...続きを読む

Aベストアンサー

法人ですが、内容は個人に近い会社の経理です。(簿記の専門知識はあまりありませんが)
うちも商品売買ではなく、請負仕事がほとんどです。音源編集やCD制作納品といったこともしてまして、外注することも多々あります。
うちの場合は外注先から請求書が届いた時点で、請求書の日付で
外注費/買掛金 として計上してます。
うちも月末締め・翌月払いですが、支払い日に
買掛金/現金or普通預金(振込の場合) にしてます。

うちの解釈としては請け負った仕事をこなす為に発生した経費(たとえば請け負った仕事中に派遣した人件費やCD制作の際のジャケット作成代(デザイン会社)、納品用のCDR購入代金(一般電機小売店やネットショップ)など)はすべて外注費扱いとしてます。
厳密にいえば違うのでしょうが、今までこの仕訳で普通に青色申告出来てます。

ただ、外注内容によっては消費税の発生しない場合(人件費は給料としての意味合いが大きい場合もあるので)もあり、一概には言えませんが。

業務内容が一般的でないと仕分けも迷うことが多くて苦労しますね。
頑張ってください。(*^^*)

法人ですが、内容は個人に近い会社の経理です。(簿記の専門知識はあまりありませんが)
うちも商品売買ではなく、請負仕事がほとんどです。音源編集やCD制作納品といったこともしてまして、外注することも多々あります。
うちの場合は外注先から請求書が届いた時点で、請求書の日付で
外注費/買掛金 として計上してます。
うちも月末締め・翌月払いですが、支払い日に
買掛金/現金or普通預金(振込の場合) にしてます。

うちの解釈としては請け負った仕事をこなす為に発生した経費(たとえば請け負った...続きを読む


人気Q&Aランキング