『2ヶ国語は教室で達成できるか』というエッセイで次のような文章がありました。うまく訳せないのでお願いします。
Achieving functional bilingualism in the classroom requires a fairly high degree of FL aptitude.(FL=foreign language class) We take aptitude to be an inverse function of time required to achieve a set criterion.

A 回答 (3件)

再び済みません。

No.2を以下に差換えてみたいです。

教室での二ヶ国語使用が実際的に有意義なものとなるためには、その前提としてクラス(教師+生徒の全成員の総体)そのものにかなり高度な「FL適性(外国語授業に対する適性)」がなければならない。

(ところで、FL適性に限らないが)適性というものは一般に、なんらかの評価基準を与えた場合にそれを達成するために要した時間の逆数で推定可能である、と我々は考えている。(=早く達成できるほど、クラスとしての適性がある)。

*「二度目のaptitudeの前には、なにも限定詞が無い」という事実に拘って考えていたら、上の訳の線もあるなぁと思われてきました。
*即ち、先生だけでなく、生徒の適性/潜在能力をも含んだ「全員としてのクラスの aptitude」 の話をしているものと考えてみました。
*先生だけが二ヶ国語流暢でも、生徒が母語以外全然解さないなら、そこで素晴らしい二ヶ国語使用をして授業をしても、あまり実質的な意味があるとはいない、だろうし…。
*そこで、クラス全体の aptitude が非常に重要になってくるし、それを測る尺度としてのFL aptitude測定も大事になってくる。二ヶ国語使用を、やって本当に意味があるかどうかを、予測するために。
*二回目のaptitudeは無限定詞なので、抽象名詞を一般的に使っていると見て、「一般に能力というものは」と訳してみましたが。
*aptitudeの訳は、クラス全体のものとなるように、また、指導によって伸びたりするように、才能でなく、「適性」としました。(No.1のご回答を参考にしました)
*このあとに実際にクラス全体に課題を与えてその時間を計り…と文が続くのでしょうか、などと思いました。
*No.1のご回答を参考にさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 12:09

教室という場所で実際に意味のある二ヶ国語を用いた授業を実施するには、かなり高度な外国語授業の才能が必要である。



この才能は、設定されたある評価基準を達成するのにかかる時間に反比例する関数である、と我々は考えている。(=早く達成できるほど、才能がある)。

*質問文のWe take aptitude のaptitudeの前に the がないですが、転記ミスではないですよね。不思議に思いました。

*逆関数a inverse functionというのは数学用語では反比例とは別の意味と思いましたが、筆者は単に反比例inverse proportionのことを言おうとしているのだと推察しました。
    • good
    • 0

Achieving functional bilingualism in the classroom requires a fairly high degree of FL aptitude.


教室における機能的な二カ国語使用を達成するには、かなり高い程度のFL適性が要求される。

(FL=foreign language class)
(FL=外国語クラス)

We take aptitude to be an inverse function of time required to achieve a set criterion.
私たちはセット基準を達成するのに必要とされる時間の逆関数になれるような適性が要る。

…こんな感じですか。
2文目は
「目標基準値を達成するのにかかる時間が一定以内に収まるように、基準が高ければその所要時間の逆数になるような適性を求める」
といった意味かと思います。自信ありませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave a high opinion of her の of

はどういう意味の of なのかわかりません。a opinion of her own のofとは違うような気がするのですが。

Aベストアンサー

NO.2です。

前回書き忘れましたが、have a high opinion of~は、「~を高く評価する」という意味の慣用表現ですので、今回の場合は、このまま of~の形で用いたほうが良いと思います(ただし、aboutの用例も見られます)。

my opinion of herの形でしたら、my opinion about、on、concerningなどが可能です。

Qa lot of / a large number of 使い分け

a lot of / a large number of 使い分け
a lot of と a large number of はどう違うのでしょうか、教えて下さい。
また似たような意味だとすればどのように使い分けるのでしょうか。

Aベストアンサー

 「a lot of」が「informal」な状況(くだけた会話など)で用いられるのに対して、「a large number of」は「formal」な状況(公の場での演説や公式の文書など)で用いられます。

 また、「a lot of」の後には可算名詞でも不可算名詞でも置くことができますが、「a large number」の後には可算名詞しか置けないことも相違点として挙げらます。不可算名詞を「formal」な状況で用いる場合には「a large amount of」を用います。

(1) a lot of problemes → a large number of problems
(2) a lot of money → a large amount of money

 ご参考になれば・・・。

QOf these foreign-born childrenのofの意味

下記の文の「Of these foreign-born children」のofの用途は「~については、...」のような「about」に近い意味で使用されているのでしょうか?

they say thirteen percent of the adopted children in the United States were born in another country. Of these foreign-born children, one-sixth are from Europe. One-third are from Latin America. And almost half are from Asia.

Aベストアンサー

倒置法により基本型から文の一部が入れ替わっていることに注目してください。

原文(倒置形):Of these foreign-born children, one-sixth are from Europe.

基本型:One-sixth of these foreign-born children are from Europe.

原文にある別のセンテンス、they say thirteen percent of the adopted children in the United States were born in another country.の中にあるthirteen percent of the adopted children in the United States(アメリカの養子の内13%が・・・)のofと同じofです。問題の次に続くセンテンスでは、「(アメリカに住む養子の内13%に相当するという)それらの海外生まれの子供の内、1/6が・・・」という点を強調する為に倒置法を使っています。つまり1/6という数字の分母に当たる統計の母体が「アメリカに住む全ての養子」ではなく、前のセンテンスで指摘したばかりの「全米の養子の13%に当たる海外生まれの里子」であることを間違いなく伝えようとした為の表現です。

倒置法により基本型から文の一部が入れ替わっていることに注目してください。

原文(倒置形):Of these foreign-born children, one-sixth are from Europe.

基本型:One-sixth of these foreign-born children are from Europe.

原文にある別のセンテンス、they say thirteen percent of the adopted children in the United States were born in another country.の中にあるthirteen percent of the adopted children in the United States(アメリカの養子の内13%が・・・)のofと同じofです。問...続きを読む

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

Qstudent fees & renting out classrooms to evening institutes

The school's revenue comes mainly from its student fees, with a small amount coming from renting out classrooms to evening institutes.

学校の総収入の大部分は、生徒からの授業料に依存しており、夜間学校への教室の貸し出しによる収入は僅かである。

上記の文章ですが、

The school's revenue comes mainly from its student fees.
Also it (The school's revenue) comes with a small amount coming from renting out classrooms to evening institutes.

という事かと理解します。

ここで生徒からの授業料は "students' fees" では誤りでしょうか。

evening institutes {夜間学校}は なぜ複数系でなければならないでしょうか。
多数の 夜間学校への教室の貸し出しがあるという事でしょうか。

教えて下さい。

The school's revenue comes mainly from its student fees, with a small amount coming from renting out classrooms to evening institutes.

学校の総収入の大部分は、生徒からの授業料に依存しており、夜間学校への教室の貸し出しによる収入は僅かである。

上記の文章ですが、

The school's revenue comes mainly from its student fees.
Also it (The school's revenue) comes with a small amount coming from renting out classrooms to evening institutes.

という事かと理解します。

こ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

日本語訳ですが、「~夜間学校への教室の貸し出しによる収入は僅かである。」とされていますが、"僅かである" というよりは、「主な収入の糸口は学費からであり、また夜間学校からも小額の収入がある」というような雰囲気だと思いますよ。

>evening institutes {夜間学校}は なぜ複数系でなければならないでしょうか

夜間学校を日本語訳で考えると、「看護学校」や「予備校」などのように団体や、学校としての大きなまとまりとして考えてしまいますが、同じ夜間学校でも「夜間クラス」や、「夜間授業」などのように具体的な意味を持つ場合もあります。「~from renting out classrooms~」とあるように教室が複数形の状態です。恐らくいくつかの教室が使われているのだと思いますので、「夜間学校」というまとまりとして考えるよりは、「夜間クラス」のような感じで受け止めるといいのではないでしょうか?ですから、「(複数の)教室を夜間クラスへ貸し出している」という雰囲気ではないでしょうか?もちろん"evening institute" という形でも表現する事も多々ありますよ。

>"students' fees" では誤りでしょうか。

間違いではないです。日本語で「~の費用」や「~の会費」などと言っているのと同じ事です。ただし使用する頻度は少ないです。"student fee" で「授業料」というひとつの単語(名詞)として覚えてしまった方が良いと思いますよ。

何かあればご質問ください。

こんにちは。

日本語訳ですが、「~夜間学校への教室の貸し出しによる収入は僅かである。」とされていますが、"僅かである" というよりは、「主な収入の糸口は学費からであり、また夜間学校からも小額の収入がある」というような雰囲気だと思いますよ。

>evening institutes {夜間学校}は なぜ複数系でなければならないでしょうか

夜間学校を日本語訳で考えると、「看護学校」や「予備校」などのように団体や、学校としての大きなまとまりとして考えてしまいますが、同じ夜間学校でも「夜間クラス」や...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報