『2ヶ国語は教室で達成できるか』というエッセイで次のような文章がありました。うまく訳せないのでお願いします。
Achieving functional bilingualism in the classroom requires a fairly high degree of FL aptitude.(FL=foreign language class) We take aptitude to be an inverse function of time required to achieve a set criterion.

A 回答 (3件)

再び済みません。

No.2を以下に差換えてみたいです。

教室での二ヶ国語使用が実際的に有意義なものとなるためには、その前提としてクラス(教師+生徒の全成員の総体)そのものにかなり高度な「FL適性(外国語授業に対する適性)」がなければならない。

(ところで、FL適性に限らないが)適性というものは一般に、なんらかの評価基準を与えた場合にそれを達成するために要した時間の逆数で推定可能である、と我々は考えている。(=早く達成できるほど、クラスとしての適性がある)。

*「二度目のaptitudeの前には、なにも限定詞が無い」という事実に拘って考えていたら、上の訳の線もあるなぁと思われてきました。
*即ち、先生だけでなく、生徒の適性/潜在能力をも含んだ「全員としてのクラスの aptitude」 の話をしているものと考えてみました。
*先生だけが二ヶ国語流暢でも、生徒が母語以外全然解さないなら、そこで素晴らしい二ヶ国語使用をして授業をしても、あまり実質的な意味があるとはいない、だろうし…。
*そこで、クラス全体の aptitude が非常に重要になってくるし、それを測る尺度としてのFL aptitude測定も大事になってくる。二ヶ国語使用を、やって本当に意味があるかどうかを、予測するために。
*二回目のaptitudeは無限定詞なので、抽象名詞を一般的に使っていると見て、「一般に能力というものは」と訳してみましたが。
*aptitudeの訳は、クラス全体のものとなるように、また、指導によって伸びたりするように、才能でなく、「適性」としました。(No.1のご回答を参考にしました)
*このあとに実際にクラス全体に課題を与えてその時間を計り…と文が続くのでしょうか、などと思いました。
*No.1のご回答を参考にさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 12:09

教室という場所で実際に意味のある二ヶ国語を用いた授業を実施するには、かなり高度な外国語授業の才能が必要である。



この才能は、設定されたある評価基準を達成するのにかかる時間に反比例する関数である、と我々は考えている。(=早く達成できるほど、才能がある)。

*質問文のWe take aptitude のaptitudeの前に the がないですが、転記ミスではないですよね。不思議に思いました。

*逆関数a inverse functionというのは数学用語では反比例とは別の意味と思いましたが、筆者は単に反比例inverse proportionのことを言おうとしているのだと推察しました。
    • good
    • 0

Achieving functional bilingualism in the classroom requires a fairly high degree of FL aptitude.


教室における機能的な二カ国語使用を達成するには、かなり高い程度のFL適性が要求される。

(FL=foreign language class)
(FL=外国語クラス)

We take aptitude to be an inverse function of time required to achieve a set criterion.
私たちはセット基準を達成するのに必要とされる時間の逆関数になれるような適性が要る。

…こんな感じですか。
2文目は
「目標基準値を達成するのにかかる時間が一定以内に収まるように、基準が高ければその所要時間の逆数になるような適性を求める」
といった意味かと思います。自信ありませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ