イギリスがアジアで植民地政策をとった歴史について
(1)何故行ったのか?
(2)どのような政策を行ったか?
(3)植民地政策をとった結果、どうなったか?
イギリスの歴史と共に詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あまり自信はないのですが。


(1)基本的には紡績機械発明等の産業革命により大量生産が可能となり、そのための原料の安い仕入先と大量の製品の売りさばき先を確保するためだと私は理解しています。例えばその効果は大恐慌時にイギリス等がとったブロック経済で遺憾なく発揮されたのではないでしょうか。
(2)よく判りませんが、学校ではセポイの反乱等を習いました。
(3)植民地政策の結果は現在だと思います。植民地政策に後れをとったドイツ・日本等は先発のイギリス・フランス等に対して植民地の確保のために世界大戦になった面もあると思います。また太平洋戦争中にチャンドラ・ボーズが戦争によるイギリスの影響後退により、日本国内でインド独立を画策したことも知られています。
戦後、インドは独立しましたね。結果として第2次大戦後、所謂植民地政策というのは、民族独立の気運の高まりとともに、経済的にも得策でなくなり、ほとんど消滅したのではないでしょうか?先進国の中では、過去の植民地政策により、現在でも苦しんでいる国もあると思います。
歴史はいろんな面から見る必要があると思います。上記はほんの一面に過ぎないので、いろんな角度から検討されることをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民主党の政策、施策で評価できるところ

民主党の政策、施策であなたが評価しているところはどこですか?
私のが評価するのは、、

子ども手当、事業仕分け、政策背番号制、日米FTA、この4つです。

この4つの施策に限っては政権交代してよかったと思います。
事業仕分け以外は、実現するのは難しいと思いますが。


“民主党に評価できるところなんて一切ない。早く解散しろ”
“幼稚な外交政策によって日米同盟の重要性を再認識させてくれた”

というような意見があるのは容易に想像できますが、完全否定や、皮肉などの回答はご遠慮ください。


“脱官僚、生活重視の政策に期待しています”

のような具体性に欠ける回答もご遠慮ください。できるだけ具体的にお願いします。

Aベストアンサー

鳩山由紀夫首相は2日、国会内で講演し、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)について「契約であっても国民が望まないものを強引に押しつけるのはいかがなものか。国民が柔軟であれば、私どもも柔軟であるべきだ」

私はこの言葉を非常に評価しております。

マニフェストや政策集に国民ウケの良い政策を並べ
財源不足を指摘されるとムダを省くことで財源は確保できると主張していました。
予算の多くは子供手当てに充てられます。
政権交代後、事業仕分けによりムダが最大で1.7兆円削減されました。
まだマニフェスト達成のためには大幅に足りません。
そのうえ各界から批判と陳情され削減幅は縮小に向かっています。
本当にムダだったのでしょうか?事業仕分けの意義も薄れます。
事業仕分けでムダとされた中にはいろいろ反発があり、スパコンは
学会の反発に対し明確な反論ができず、凍結を撤回。
首相の発言より先に、菅国家戦略局担当大臣から『柔軟』な発言がありました。
普天間問題では各大臣がそれぞれ『柔軟』な発言をしています。
前政権ではブレた。と表現され批判されていましたが
与党となった今では柔軟な発想でその場しのぎの発言を繰り返しています。

脱官僚というのも言葉だけ。
事業仕分けは評価する人は多いですが内容は官僚のボロ勝ち。
天下りした人達は胸をなでおろしたことでしょう。
民主党マニフェスト(4ページ)に​
・ムダづかいをなくすための政策
・今の仕組みを改め、新しい財源を生み出します
この方針がわかりやすく書かれています。
人件費等で1.1兆円
庁費等、委託費、施設費、補助金、で6.1兆円
人件費に関しては議員の定数削減や公務員の手当て三昧には未着手。
天下り団体をいじることで大幅に削減できるようで、今回の事業仕分けに
いろいろ盛り込んでいたようです。結果はがっかりでした。
削減してはいけないものを削減して、削減すべきところは放置。
官僚が守るところは守った。そのためのシワ寄せが研究開発費など。
結局、マニフェストにあげたムダの削減額には遠く及びません。
しかも本丸とされる部分は今回の事業仕分けに入っていません。
世の中にアピールした割りに減ってない事実は数字で表されています。
何を根拠に財源不足にならないと説明したのでしょう。
世間一般ではこういう事柄を詐欺といいます。

FTAについてもFTAを締結するとマニフェストに盛り込んだら
農政がわかっていない。日本の農業が崩壊すると反発にあい
FTA締結を推進する。翌日にあっさり方針転換。
と思えばFTAから農産物を除外すると表明。
日米のFTAについての基本がわかってない。
農業分野の関税撤廃を押し付けられているんですよ。日本が。
しかも反発、反論にあい1週間のうちに二転三転。
農政のスペシャリストがいないのでしょうか。まったく評価できません。
外交もわかってないですね。
対等な日米関係ということなら貿易の不均衡はどうなると思いますか?
アメリカはどこの国に対して貿易赤字があり、日本はどの国に貿易黒字があると思いますか?
対等ということになると、FTAの締結はさけられません。
農業分野を外すなんて日本の都合を言ったらなんのためのFTA?
喧嘩売ってる?とアメリカがお怒りになられます。
ただでも普天間で外交問題に発展しているのに。
民主党はアメリカと戦争でもするおつもりなのでしょうか。

以上、ながながと書きましたが、首相がマニフェストに書いたことは
柔軟に対応すると仰っています。
発言を普通に捉えると、マニフェストに書いてあることはやりません。
なので私はとても評価しています。
財源不足だの、できっこないと批判されたのがようやく理解できたようです。

肯定的に評価して欲しいようなので、できるだけ具体的に書いてみました。
質問文に評価できるところとありますが、No1さんの言うとおりで
評価できる段階ではありません。
それと良い評価を聞きたいようですが、評価するということは
悪いことがあればそれが評価なんですが。悪い評価って聞きません?
完全否定や皮肉も評価なんですよ。

ご参考程度に。

http://www.youtube.com/watch?v=m1DEkJ9qht8&feature=player_embedded

鳩山由紀夫首相は2日、国会内で講演し、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)について「契約であっても国民が望まないものを強引に押しつけるのはいかがなものか。国民が柔軟であれば、私どもも柔軟であるべきだ」

私はこの言葉を非常に評価しております。

マニフェストや政策集に国民ウケの良い政策を並べ
財源不足を指摘されるとムダを省くことで財源は確保できると主張していました。
予算の多くは子供手当てに充てられます。
政権交代後、事業仕分けによりムダが最大で1.7兆円削減されました。
...続きを読む

Qアフリカの植民地政策とアジアの植民地政策の違いは?

アフリカのほとんどはイギリス、フランスが植民地にしていますが、この両国はどのようにアフリカを植民地支配して行ったのですか?武力で圧倒したのですか?また、アジアもアフリカと同様、ほとんどが白人の支配下に置かれましたが、アフリカ植民地化と同じように行われましたか? やっぱり有色人種ってだめだったんだなあと思っています。

Aベストアンサー

支配する側の心は何も変わっておらず、本質的な違いは何もない・・・と捉えるべきだと思います。
やり方が変わったというか、進歩したという見方が正しいと思います。

 白人の植民地に対する非人道的な身の毛もよだつような残虐行為は、我々日本人やアジア人の普通の人には到底理解できないと思います。
 彼らは、最初は現地人を皆殺しにして欲しいものを全て奪い去っていますが、それでは永続的に奪い続けることができないことに気づいて、現地の人間を奴隷化して奪い続けます。しかし、これだと現地に駐在した本国人が現地人の恨みを買って、現地人の反逆などによって殺されることが増えたため、当初は締め付けを厳しくしていましたがそれでも抑えることができず・・・。
 ここにきて、狡猾なイギリス・フランスは本国人が恨まれることなく、永続的に収奪しつづける手法を思いつきます。それは、現地人のなかで支配階級(民族)と被支配階級(民族)を作り、現地人どおしで恨み争い続ける仕組みをつくることです。そして、被支配階級には一切教育を受けさせず被支配階級が反逆する芽を摘み取っています。

 今の世界の大きな問題の多くは、イギリス・フランスを中心とした白人が創り出していますが、彼らの子孫は過去の国家的犯罪行為に対して謝罪することもなく、深く反省することもありません。

何故?
多くの日本人には理解できないことだと思います。

理由は簡単です。それは彼らが信奉する宗教にあります。
彼らの心は、昔も今も全く変わっていません。
懺悔すれば、過去の行為は全て許されるので、反省できない構造になっています。

 それに対して我々アジア人は、ヨーローッパの過酷な気象環境とは比べられないぐらい豊かな環境の中で生きているため、心がとてもまともです。頭脳は教育によっていくらでも高められます。
 日本も過去に植民地政策を推し進めており、そのことによって多くの現地人を苦しめた事実については反省しなければならないと思いますが、日本の植民地政策はイギリス・フランスのそれとは全く違っていたということだけは、我々子孫の義務としてキチンと知る必要があると思います。

 「大東亜共栄圏」とは、その言葉どおりで日本人と同等にしたかったのです。
そのため、現地のインフラ整備や現地のすべての子供たちに対する教育に力を入れています。

 この思想にも欠陥があり、やり方も間違っていたと思いますが、上記のような祖先の崇高な思いだけは引き継いでいく義務があると思います。

支配する側の心は何も変わっておらず、本質的な違いは何もない・・・と捉えるべきだと思います。
やり方が変わったというか、進歩したという見方が正しいと思います。

 白人の植民地に対する非人道的な身の毛もよだつような残虐行為は、我々日本人やアジア人の普通の人には到底理解できないと思います。
 彼らは、最初は現地人を皆殺しにして欲しいものを全て奪い去っていますが、それでは永続的に奪い続けることができないことに気づいて、現地の人間を奴隷化して奪い続けます。しかし、これだと現地に駐在し...続きを読む

Q社会政策と社会福祉事業のちがい

 勉強会のテーマとして「社会政策・社会福祉政策・公共一般施策の違いは?」というのを今調べているんですが、よくわかりません。
なんとなく、違いがあるのはわかるんだけど、どう違うのか、どう説明していいのかわかりません。すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

社会政策とは、労働問題、労使関係、社会保障、社会福祉、生活問題などに対する政策です。
広義としての「社会福祉」は、私達が生活する上で必要となる、社会的、経済的、健康的、教育的ニーズに対する援助であり、具体的には、社会保障、雇用保障、医療、教育、住宅保障などがあげられます。言い換えれば、国民の福祉を目指す諸施策の総称です。
一方、狭義としての「社会福祉」については、社会福祉事業法(1951年制定)で規定されているように、生活保護法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法などですすめられているサービスなどを指します。
社会福祉制度を、社会保障(狭義)をはじめとして公衆衛生や医療、教育等の社会サービス全般を意味する公共一般施策や労働政策に代表される社会政策に関連する施策とする考え方があります。
すなわち、これは、社会福祉が市民生活を維持し発展させる目的で準備された公共一般施策および社会政策の現実にある限界を整備するため、相互に交渉し、補充し合う関係にあるとした捉え方です。.
このような理解に立って社会福祉を認識することにより、社会福祉制度の社会的な位置づけを把握することができるのではないでしょうか。
 
 

参考URL:http://student.med.akita-u.ac.jp/www4/singo/reports/publicrepo_a.html

社会政策とは、労働問題、労使関係、社会保障、社会福祉、生活問題などに対する政策です。
広義としての「社会福祉」は、私達が生活する上で必要となる、社会的、経済的、健康的、教育的ニーズに対する援助であり、具体的には、社会保障、雇用保障、医療、教育、住宅保障などがあげられます。言い換えれば、国民の福祉を目指す諸施策の総称です。
一方、狭義としての「社会福祉」については、社会福祉事業法(1951年制定)で規定されているように、生活保護法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法などです...続きを読む

Qイギリス経済と植民地政策の変化

アメリカ独立戦争とフランス革命を経験した
イギリス経済と植民地政策はどのように変化
したのか教えていただきたいです。゜(PД`q。)゜。

Aベストアンサー

 イギリス経済の重商主義モデルの変更点を考えれば分かりやすいと思います。

 前半期は、いわゆるイベリア半島の国と同じように、資源を輸入してその交易の利益を国富にする形態です。
 プランテーション的なケースが典型的で、銀の大量移入による価格革命によって、欧州経済は大変化します。

 中期には、アヘン・茶の三角貿易のように、植民地市場を消費・生産の両面から利用するタイプです。
 前半期は、植民地は交易品の生産基地の意味しかなかったのに比べて、中期には、植民地を生産・消費の両面で利用できるようになります。

 後期には、南アフリカ(ブーア)のように植民地支配しながら、周辺諸国経済を間接的に支配する形式になります。
 これは特定の植民地を期点にその周辺地域を搾取・収奪する方法です。

 さて、イギリス・フランスとも本当の意味での植民地は少ないケースが多いです。
 なにせ、植民活動とは、自国の国民を定住させる・植民地の人民を自国に定住させる・・のが言葉としての本義ですから・・・

 さて、アメリカ独立戦争・フランス革命を契機にするのは、植民地経済を税制で収奪することの限界を見出したことにあります。
 つまり、植民地の政治に深く介入することは国際的干渉を誘発しやすく取り扱いが難しいということでしょう。

 ただ、植民地経営は、当時地域の地政環境・気候環境・国際関係によって大きく変化するので、変化は多様です。

 そして、植民地経営において常に問題になるのが、海賊問題でして、公海賊である私掠船などをはじめ、植民地経営のリスクは無視できないものだったことは忘れるべきではないでしょうね・・・・・

 イギリス経済の重商主義モデルの変更点を考えれば分かりやすいと思います。

 前半期は、いわゆるイベリア半島の国と同じように、資源を輸入してその交易の利益を国富にする形態です。
 プランテーション的なケースが典型的で、銀の大量移入による価格革命によって、欧州経済は大変化します。

 中期には、アヘン・茶の三角貿易のように、植民地市場を消費・生産の両面から利用するタイプです。
 前半期は、植民地は交易品の生産基地の意味しかなかったのに比べて、中期には、植民地を生産・消費の両...続きを読む

Q日本の植民地政策について、どう評価されているのでしょう?

戦後70年の節目の年で、極東3カ国とわが国で、認識の違いによる軋轢が指摘されています。まあ慰安婦とか南京とか、歴史の反省とかですが。

ふと思ったのですが、当時の日本の植民地政策は、今日現在から見てどう評価されているのでしょうか

インフラ整備や教育の普及、労働の価値観の輸出など、そういうサイトでは素晴らしかったというような意見を多く見つけます。
逆に、韓国などは恥辱・日本のせいで塗炭の苦しみを味わったと感じているみたいですよね。
無論、当地の住民感情などが大きな部分であるのは分かるのですが、では具体的に何をどれほど行い、現在にその政策はどのような影響を及ぼしているのか、学問的な立場からはどのような研究がなされているのでしょうか?

知りたいのは

当時の日本政府の植民地政策と、諸外国の政策の違いはあったのか?

内地並み(朝鮮や台湾でしょうか?)と南洋庁の政策の違い(インフラに対する投資額の違いなど)

当時の情勢から考えて、行われた施策は善政寄りか悪政よりか

などです。
できれば全体的に分かりやすい入門書のようなものも教えて頂けると嬉しいです。
できるだけ、政策評価的な側面からの情報が欲しいと思います。

よろしくお願いします。

戦後70年の節目の年で、極東3カ国とわが国で、認識の違いによる軋轢が指摘されています。まあ慰安婦とか南京とか、歴史の反省とかですが。

ふと思ったのですが、当時の日本の植民地政策は、今日現在から見てどう評価されているのでしょうか

インフラ整備や教育の普及、労働の価値観の輸出など、そういうサイトでは素晴らしかったというような意見を多く見つけます。
逆に、韓国などは恥辱・日本のせいで塗炭の苦しみを味わったと感じているみたいですよね。
無論、当地の住民感情などが大きな部分で...続きを読む

Aベストアンサー

政策については詳細を個別に語るには字数が足りないません。
知りたい場合は、別に質問を立てていただきたいと思います。

また、このような質問は過去に何度もでています。
そして、日本が開発したのは自分の利益の為に過ぎないという意見もありました。
確かに、日本の統治の目的には発展させて協力して欧米に対抗する意図もあったと思います。
しかし、それを以て、それが投資先の利益にならなかった とする主張は、悪意による歪曲であり論点のすり替えだと思います。
これについては、欧米の植民地支配がもたらした利益(そんなものがあればですが)と比較して考察する必要があると思います。
私は、これらをせずに日本だけを批判する人の知識と国籍に疑問を持ちます。

それに日本は「植民地統治」とやらで利益など全く出していません。
特に朝鮮は大赤字でした。

併合時の総督府の予算(1911年)は5,200万円の内1,200万円は日本政府の補助金でした。
更にその内の1,000万円は日本で調達した公債でした。
この補助金は終戦まで続いています。

↑の為に日本は東北地方の開発が遅れ、それが現代にも影響しています。
当時の日本人からも非難する意見が出ています。

【日韓共鳴二千年史】(邦字新聞 名越ニ荒之助 韓国発行)
《 韓国人の安寧と幸福、その生活の向上を図るため、母国日本の財政負担は三年間に3,000円に達している。日本及び日本人を益することを少しもやらないで、韓国及び韓国人のために図りてあまりにも忠実である。飽くまで韓国の主権を尊重するため、中央の各部大臣や地方長官はすべて韓国人を任用し、日本人はその下働きになっているに過ぎない。利権は韓国人のみに与えて、日本人には荒蕪地開発の第一号を与えただけではないか。なおその上、韓国通の大陸浪人を追放するなど、日本及び日本人から孤立した政策を採ってきた伊藤総監の心事那辺にあるやを疑わしめるものがある。》


質問の主旨は↓でよいのでしょうか

A:「欧米の植民地政策」の「日本が統治した地域で行った政策」の違い。
B:「日本が統治した地域で行った政策」への外国の評価。


Aですが、以下の違いがあります。
A1:日本→開発型(目的 最終的に統治地域を自立させる)
A2:欧米→搾取型(目的 分断統治と愚民化による搾取)

「植民地」については誤解されていますがの本来の定義は↓です。

A3【太平洋戦争】(「植民地」の定義と「アジアの反日」の正体 私の回答はNo5)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8877786.html

↑によれば、日本が行った統治政策が本来の植民地(植民地にはしていませんが)であり、欧米はそれを名目にした搾取に過ぎません。


また質問者様の「教科書的に抑えた知識」ですが↓と同じものでしょうか。

A4【第二次世界大戦の韓国の立場は・・・】(日韓併合の経緯と統治の内容と反日の理由 私の回答はNo4)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8778348.html&isShow=open


台湾統治の経緯と内容は↓をご覧ください。

【台湾はなぜ親日なのですか?】(私の回答はNo6)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8678529.html



A2ですが、欧米は植民地に↓の政策を行っていました。(A3で華僑が白人の協力した政策です)

A5【分割統治】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E5%89%B2%E7%B5%B1%E6%B2%BB
(ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる)

https://www.youtube.com/watch?v=K70rm_-e-OA
《4:05 オランダ本国の財政状態を改善する為、東インドに導入されたのが「強制栽培制度」である。
これは、現地に指定の農作物を強制的に栽培させ、植民地政府が独占的に買い上げるというものであった。
東インド植民政府は、これら農産物をヨーロッパなどへ転売して莫大な利益を上げていた。

5:45人民を文盲のままにして各地の土侯(サルタン)を使って間接統治した。
アンボン人、ミナハサ人、バタック人を訓練し、キリスト教に改宗させて優遇し、警察官や軍人として登用。
そして、オランダとの混血児を作り中間階級として使い、民族の分断を策した。
社会の流通経済は華僑にやらせ、経済搾取による憤怒と憎悪は華僑に集まるように仕向けた。
インドネシア人の団結を怖れによる一切の集会や団体行動を禁止した。
3人のインドネシア人が立ち話をすることすら許されず、禁を犯せば反乱罪で処罰された。
インドネシアの統一を阻止するべく、全国各地で用いられていた320の種族語をそのままにして、一つの共通語に統一する企ては絶対に許さなかった。》


【インドネシアを救った将軍 今村均とは?】
http://matome.naver.jp/odai/2142527417076610101
《インドネシアの歴史教科書(中学三年用)
「日本の占領は、後に大きな影響を及ぼす様な利点を残した。第一にオランダ語と英語が禁止されたのでインドネシア語が成長し、使用が広まった。日本軍政の三年半に培われたインドネシア語は驚異的発展を遂げた。第二に日本は青年達に軍事教練を課して、竹槍・木銃によるものだったとはいえ、厳しい規律を教え込み、勇敢に戦う事や耐え忍ぶ事を訓練した。第三に職場からオランダ人が全ていなくなり、日本はインドネシア人に高い地位を与えて、我々に高い能力や大きい責任を要求する重要な仕事を任せた。」》



Bについては、↓があります。

【The doomed empire : Japan in colonial Korea / M.J. Rhee著】
《出版者 Aldershot : Ashgate 1997年刊(翻訳/重村智計・拓殖大学国際開発学部教授)》
(178頁より
「搾取と抑圧の下、ひたすら犠牲を強いられた暗黒の36年」という植民地史観が今なお日本や韓国では根強い。それどころか、決して疑義を差し挟んではならない絶対の真実にすらなっている。
だが、日本の植民地経営は世界史的にみてどうだったのか。
コロニアリズムというキーワードをもとに理論的、実践的にこの問題に取り組んだのが、在米の韓国人女性研究者、クリスティン・リー氏である。
リー氏はイデオロギーに振り回され学問的方法論に依らないこれまでの研究を厳しく批判する。

私はアメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れることができません。
「日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題をいまさらどうして研究するのか」
米国の名門ラトガース大学のダン・ローデン教授は、私が博士論文の主題について日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。
「文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか。スペインやアメリカ、イギリスは日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しようとはしなかった。当時の朝鮮半島の人々は、文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。日本の植民地主義を経ずに、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか」
私は、この発言に怒りが込み上げ懸命に反論しようとしたが、頭の中が真っ白になり感情だけが高ぶったのを覚えています。
そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなるとの不安が一瞬心をよぎりました。
論文の相談をした別の経済学専攻の教授は、「植民地化された国家の中で韓国と台湾ほどに発展した国家はない。
アメリカやイギリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか」とまで言うのでした。)

ドーハム・スティーブンソン(アメリカ人の朝鮮外交顧問)
(朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財を略奪している.
その上、人民はあまりにも愚昧である。これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。)


また、日本人と原住民との間の差別も欧米程酷いものではありませんでした。
(全くなかったとは言いませんが)

↓は1930年代の京城(朝鮮)の三越のカフェです。

政策については詳細を個別に語るには字数が足りないません。
知りたい場合は、別に質問を立てていただきたいと思います。

また、このような質問は過去に何度もでています。
そして、日本が開発したのは自分の利益の為に過ぎないという意見もありました。
確かに、日本の統治の目的には発展させて協力して欧米に対抗する意図もあったと思います。
しかし、それを以て、それが投資先の利益にならなかった とする主張は、悪意による歪曲であり論点のすり替えだと思います。
これについては、欧米の植民地支...続きを読む

Q世界史(近現代) 従属植民地化と半植民地化の違いについて

今、学校で世界史をやっているのですが、18世紀後半頃からの帝国主義が広まったあたりの話で、

従属植民地化

半植民地化

の違いがよく分かりません。

分かりやすい説明をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

従属・植民地化
これは、アフリカや中東で使う言葉
半植民地化
これは、中国に関して言う言葉

従属・植民地化 なり 半植民地化 という「やり方」とかがあったわけでなく、「現在のこの状態や、過去のある時点のああいった状態を、ひと言でまとめると、どうなるかね?」という事で作られるのが「歴史的言辞」となります。なので、教科書でさらっと書いてあるほど明確ではありません。

従属・植民地化をアフリカ・中東で使うのは、エジプトのようにトルコの宗主権を取り上げて保護国化したところもあれば、南アフリカのようにイギリス人植民者がけっこうあったところなど、諸々のレベルがあるのを、強引に一つにまとめて言っちゃっているからです。

中国の場合、イギリス領香港とかいう例外はありますが、基本的には、「不割譲条約」なり、鉄道施設権なり、完全には植民地になっていない状態をまとめて「半植民地」と言っています。
※ 不割譲条約とは、福建省に関しては、日本の合意なく、他国に領土を割譲するべからずとか、揚子江流域に関しては、イギリスに合意なく、他国に領土を割譲するべからずという、「植民地予約券」みたいな条約です。

従属・植民地化
これは、アフリカや中東で使う言葉
半植民地化
これは、中国に関して言う言葉

従属・植民地化 なり 半植民地化 という「やり方」とかがあったわけでなく、「現在のこの状態や、過去のある時点のああいった状態を、ひと言でまとめると、どうなるかね?」という事で作られるのが「歴史的言辞」となります。なので、教科書でさらっと書いてあるほど明確ではありません。

従属・植民地化をアフリカ・中東で使うのは、エジプトのようにトルコの宗主権を取り上げて保護国化したところもあれ...続きを読む

Q障害者施策について詳しいかたいましたら教えてください。

障害者施策について詳しいかたいましたら教えてください。

どういう制度なのでしょうか?
また障害者プランと障害者施策は一緒ですか?

Aベストアンサー

障害者施策とは、昭和45年に定められた障害者基本法に則って国及び地方公共団体等がその責務によって行なう、障害者の自立及び社会参加の支援等に係る総合的及び計画的な一連の施策を言います。
したがって、まずは障害者基本法を知ることが大事だと思います。

障害者基本法
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kihonhou/s45-84.html

この法律により、昭和57年に「障害者対策に関する長期計画」が、平成4年に「障害者対策に関する新長期計画」(障害者基本法に基づく「障害者基本計画」)が策定されました。
「障害者プラン」は、この「障害者基本計画」を具体化させるための内容を定めたもので、平成7年に策定されました。ノーマライゼーション7か年戦略と言い、平成14年度末でその役割を終えています。
その後は、平成14年に「新・障害者基本計画」(重点施策実施5か年計画)が策定され、平成15年度から平成19年度まで実施されました。
これはさらに、平成19年に「新・重点施策実施5か年計画」として更新され、現在進行中です(平成20年度~平成24年度)。

障害者施策の流れ
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/wakugumi.html
http://www8.cao.go.jp/shougai/ayumi.html

この流れの中で、障害者自立支援法が定められました。
障害者施策を具体化させるための方法が網羅された、障害者基本法に次いで超重要な法律だと言ってよいでしょう。

障害者自立支援法(あらまし)
http://www.wam.jp/shienhou_guide/index.html

障害者施策は、障害者基本法により、国の中央障害者施策推進協議会及び障害者施策推進本部という機関が推進させることになっています。
但し、政権交代により民主党政権になった後、障害者施策推進本部は「障がい者制度改革推進本部」という名称に変わりました。その性格・目的も変わっています。障害を持つ当事者が多数参加している(同本部の下にある「障がい者制度改革推進会議」に参加)、ということが、いままでとは大きく異なる最大の特徴です。
障がい者制度改革推進本部は、悪法として名高いと言われている障害者自立支援法を廃止し、それに代わる総合的な新法を定めるとともに、障害者施策全体を総合的・抜本的に見直すことを目的としています。

中央障害者施策推進協議会
http://www8.cao.go.jp/shougai/kyougi/index.html

障がい者制度改革推進本部
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/kaikaku.html

その他、障害者施策に関することを知りたいときには、以下のサイトがたいへん参考になると思います。
前者のサイト(内閣府)は、障害者施策全体を概略的・理念的に知りたいときに。
後者のサイト(厚生労働省)は、障害者施策のメニューひとつひとつをより具体的に知りたいときに活用して下さい。

内閣府 共生社会政策統括官(障害者施策)
http://www8.cao.go.jp/shougai/index.html

厚生労働省(障害者福祉)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/index.html

なお、より専門的なこととなると、行政資料を集めた以下のサイトがあります。
どちらかというと専門職向けなので、すぐには必要とされないかもしれませんが、このサイトにはたいへん大事なことばかり載っています。

独立行政法人 福祉医療機構「WAM NET」(障害者福祉)
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb15GS60.nsf/vcl/List?open

障害者施策とは、昭和45年に定められた障害者基本法に則って国及び地方公共団体等がその責務によって行なう、障害者の自立及び社会参加の支援等に係る総合的及び計画的な一連の施策を言います。
したがって、まずは障害者基本法を知ることが大事だと思います。

障害者基本法
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kihonhou/s45-84.html

この法律により、昭和57年に「障害者対策に関する長期計画」が、平成4年に「障害者対策に関する新長期計画」(障害者基本法に基づく「障害者基本計画」)が策定されま...続きを読む

Q植民地政策

こんにちは。
欧米人は世界を植民地にしたため、統治政策のようなものがありかつ学問かしているのだろうとお思われます。日本で普通に生きているとそうしたものにあたりません。
アメリカの植民地みたいなこの国を考える上で統治政策について学ぶことが重要だと考えました。
欧米人の植民地支配の統治政策。どうやってアフリカや東南アジアや南米などを統治してきたのか少し専門的に知りたいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

国の差よりも、時代と経済の差です。
欧米人でも時代によってものすごく違います。
そもそも、16世紀の欧米の植民地政策と、日本の20世紀の植民地政策を比較するのはアンフェアであり、武士道にもとります。16世紀の欧米の植民地政策と比較すべきは、同じく16世紀の豊臣秀吉の朝鮮侵略です。

16世紀は、欧米でも日本でも、「富は奪う物」という意識が強いですから、その植民地政策は過酷なモノになりやすいです。
しかし、産業革命以降、「富は生産するモノ」ですから、だんだんとインフラ整備や教育も行われるようになります。港や鉄道が無いと、資源も商品も運べませんし、学力ゼロでは工場で高度な作業はこなせません。
さらに、20世紀になってアメリカから、「大衆大量消費社会」になってくると、自動車・家電製品を作る労働者と自動車家電製品を買う消費者が必要になってきます。さらに高度な教育と、国の独立も必要になってきます。アメリカはフィリピンを1944年に独立させる計画を立てましたが、日本との戦争で延期になりました。

「白人に植民地にされるぅ。奴隷にされるぅ。」という低レベルな本を読む前に、トヨタが奴隷を必要としているか?マイクロソフトが植民地を必要としているか?考えていただければ幸いです。

国の差よりも、時代と経済の差です。
欧米人でも時代によってものすごく違います。
そもそも、16世紀の欧米の植民地政策と、日本の20世紀の植民地政策を比較するのはアンフェアであり、武士道にもとります。16世紀の欧米の植民地政策と比較すべきは、同じく16世紀の豊臣秀吉の朝鮮侵略です。

16世紀は、欧米でも日本でも、「富は奪う物」という意識が強いですから、その植民地政策は過酷なモノになりやすいです。
しかし、産業革命以降、「富は生産するモノ」ですから、だんだんとインフラ整備や教育も...続きを読む

Qもし貴方が総理なら如何なる経済施策を

貴方が総理大臣で有るなら、この不況に対し如何なる施策を行いますか?
機構改革等抽象的な事ではなく、より具体的な施策をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

皆さんのお答えを拝見させて頂くと、非常に常識的なご意見なのでかなり独創的な提案をさせて頂きます。
消費の画期的増大策:やはり低購買層及び若年層の消費拡大が1番であり
1.若年労働者への大胆な融資制度として、2000万程度を0.5%以下で貸し付ける。
<ポイントとして>
(1)勤労者に限る、定職及び融資金による起業者
(2)自己破産を認めない生涯返済義務化(健康保険等リンクさせた不正融資、逃亡厳禁)
(3)国債等による若年者将来負担に対する還元
2.年金のアップによる高齢者生活不安の解消
<ポイントとして>
(1)医療費を含め十分に余裕のある給付
(2)給付者遺産の増税(高齢者の遺産は扶養・保護責任を負わない場合基本的に公庫)
(3)将来不安による貯蓄を無くし消費させる
こんなところでどうですか?
ビジョンとしては「生活を豊かにする消費の創造」です。

Q植民地政策

植民地政策について詳しく知りたいです。
植民地に対して、あるいは植民地化するには何をするのか。
著書も一般向けのものと、専門的なものでお勧めあれば教えて下さい。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

イギリスによるアメリカの植民地政策
イギリスによるインドの植民地政策

全然別物なので、一緒くたには出来ない。

もうすこし範囲を狭めたほうが良いかと思います


人気Q&Aランキング