ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

現在高校生ですが、将来的に公認会計士になりたいと考えています。公認会計士へのルートを色々調べたのですが、ほぼほぼ予備校などでの学習が必須と知りました。そこで質問なのですが、予備校とは凄く平たく言うと塾の様なものなのでしょうか?できれば公認会計士を目指している方で、現在予備校に通っている方に回答いただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

予備校と言っても塾の様に家から通うもの、家で通信授業を行うものなど、さまざまあるみたいですね。

まずはやっぱり良い大学に入る事、そうしてからとりあえずその近場の予備校の資料など請求してみるといいと思います。資料請求は無料ですからね。
参考にしてみてください。
http://www.crear-ac.co.jp/cpa/
    • good
    • 1

私は専門卒で、私自身は税理士試験組の挫折者ですが、友人が専門学校在学中に会計士試験合格し、現在会計士として活躍していることなどから書かせていただきます。



税理士試験と異なり、会計士試験の受験者には大学生や大卒者が多いことでしょう。
しかし、会計専門職大学院等一部を除き、大学生などであっても、大学内のみの学習機会だけで会計士試験の合格は厳しく、会計士試験の合格者の多くは、専門学校を何かしらの形で活用しているはずです。

予備校という名では聞きませんが、専門学校を会計士試験その他の国家試験の予備校的に利用することは良くある話です。
昼間部の専門学校生だけでなく、夜間や休日を利用するような一定期間のみ専門学校などもあります。

現実的ではないかもしれませんが、私の知人は会計士試験を一度も受験せずに会計士となった方がいます。
その方は、古い会計士制度ではありますが、大学での教授等の経歴により会計士試験を免除されています。
特殊とも思える立派な経歴であることから、司法試験・税理士試験なども免除されるような方です。
商学部と法学部の両方ある大学の教授職等で、会計監査と租税法を中心とした教授だったようです。

高校生ということですが、よくあるのが会計士と税理士の違いを理解せず、税理士<会計士という偏見で選ばれる方もいます。
制度上会計士は無試験で税理士となることができますが、会計士試験のための租税法等の学習で税務が扱えるレベルになるわけでもありません。
開業の会計事務所などをお考えであれば、慎重に検討しましょう。
会計士試験に合格しても監査法人に就職できなければ、ただの会計士試験合格者でしかありません。その場合には税理士登録も認められません。
税理士試験合格者は、税理士事務所等のほか、一般企業の経理経験等でも税理士登録が可能です。
ただ、会計士兼税理士の方が業務範囲を広く持てますし、経営コンサル的な能力もあると私も感じます。

私の友人で会計士になった人は、監査法人の業務の中でM&A業務などで法知識が足らないことを感じ、司法書士試験の学習をしていました。さらに監査法人の系列の税理士法人その他の業務で税務の知識も必要ということで、合格の必要性は制度上なくても、税理士試験の受験もしていましたよ。監査法人の勤務は忙しく、寝る間も惜しんで常に勉強していたようです。会計士や税理士のイメージなどを誤ると、必要以上の苦労もあります。

よく検討されることをおすすめします。
    • good
    • 1

予備校とは凄く平たく言うと塾の様なものなのでしょうか?


  ↑
そうです。
公認会計士に特化した授業を行います。


公認会計士ですが、高校生なのですから
まず、なるべく偏差値の高い大学に入る
ことをお勧めします。

大学に入ってから、公認会計士を目指した
勉強をしましょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング