主人公の女性が恋に落ちてしまう男性の名前を教えてください。
たしか、くすのきなんとかさんだと思うのですが、、、

A 回答 (1件)

 映画では森雅之が演じており、姓は楠ですが、下の名は与えられていません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

komaya57さん、どうもありがとう。
初めて質問をして、こんなに早く回答いただけると思っていませんでした。ホントに助かりました。

お礼日時:2004/10/28 09:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主人公の名前が”眞人”という小説

はじめまして!
眞人という名前の友人がおります。
彼は、彼の父親が昔読んだ小説の主人公からあやかったそうですが、その小説の題名も作者も分からぬまま他界してしまったそうです。

彼の父親から”山本有三氏”や”石狩川”など、複数の言葉(キーワード?)を聞いた事があるそうですが、今現在、見つかっておりません。

彼はパソコンが使えないので、代わりに質問させて戴きました。
眞人(読み方も分からないそうです)という主人公が登場する小説の作者・題名をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

獅子文六の小説「海軍」の主人公は谷真人(旧字体では谷眞人)といいます。キーワードとは関係ありませんが、参考までに紹介しておきます。

海軍 (小説) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

Q「不に落ちない」か、「負に落ちない」か。

こんにちわ。よろしくお願いします。

「ふにおちない」という言葉を漢字にする場合、
”不に落ちない””負に落ちない”のどちらが正しいのでしょうか。
ネット検索すると両方が使われているようです。
両方とも正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「納得できない」という意味でしたら、「腑に落ちない」だと思います。

QD.H.ロレンスの『恋する女たち』を読んだことがある方、いらっしゃいませんか?

とある本で、ロレンスの『恋する女たち』第16章に「血の誓約」と言われる行為(傷をつけて、その傷口を互いに擦り合う)が描かれているとあったので、『恋する女たち』を手に入れ16章を読んでみたのですが、そんなシーンは全くありませんでした。普通の会話が続く、短い章でした。

その本で、章の場所を間違えて明記しているのか、そもそもこの作品にはそんなシーンは無いのか、ご存知の方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

手元に日本語訳のテキストがないので、英文テキストを探してみました。確かに十六章にその場面があります。

http://ebooks.adelaide.edu.au/l/lawrence/dh/l41w/chap16.html

全体の四分の三くらいのところで、
‘You know how the old German knights used to swear a BLUTBRUDERSCHAFT,’
とバーキンがジェラルドに誘いをかけている部分がありますね。
この BLUTBRUDERSCHAFT 、英語でいうと blood-brotherhood 、日本語でいうと「血の絆」です。

以上参考まで。

参考URL:http://ebooks.adelaide.edu.au/l/lawrence/dh/l41w/chap16.html

Q何かの民話か落語だと思うのですが、何をしても笑わない姫様がいて、殿様だ

何かの民話か落語だと思うのですが、何をしても笑わない姫様がいて、殿様だか王様が、娘を笑わせたものに娘をやろう、とかおふれをだして、----。というのがあったのですが、この話の出典は何ですか。また結末はどうですか。

Aベストアンサー

多分「絵姿女房」と思われます。

物語の内容

ある村に一人の若者がいました。その若者のお嫁さんが物凄い美人で、もう若者はデレデレ。畑仕事にも出ないで毎日お嫁さんの顔ばかり見て過ごすものですから、お嫁さんも困り果て、自分で紙に似顔絵を書いて若者に渡し、「これを私と思って仕事においでなさいな」と言います。若者は大喜びで、畑に持っていきますが、少し働いては紙をジーッ、また働いてはジーッと見てニヤニヤするのを繰り返すばかり、ちっとも仕事がはかどりません。ところがある時強い風が吹き、お嫁さんの絵が飛ばされ、お殿様のいるお城にまで流されていきます。その似顔絵を見たお殿様は「おふれ」を出し、このものを探し出せ、わしの嫁ごにすると言い出します。結局お嫁さんは見つかってしまいお城に無理矢理連れていかれますが、お嫁さんは去り際に「この桃の種を撒いて育ててください。そして3年後にお城に売りに来てください」と若者に告げます。若者はうなだれながらも、お嫁さんの言った通り種を植え、3年後には桃が見事に実をならします。その桃をしょいカゴに入れて若者はお城に向かいます。一方、お城ではこのお嫁さんが来てから一向に笑わないので、お殿様は大弱り。「笑わせた者には褒美をとらす」という「おふれ」を出しますが、誰が何をしても笑わない。そこに若者が「桃はいらんかね~桃はいらんかね~」と大声を出しながらお城に差し掛かります。すると、それを聞いたお嫁さんは急に大声で笑い始めます。お殿様は桃売り(若者)を城に入れ、「奥方の前でやって見せい」と言います。若者はまた「桃はいらんかね~桃はいらんかね~」を始めました。お嫁さんはますます笑います。羨ましくなったお殿様は「これ桃売り。わしとそなたの着物を取り替えろ」と命令し、若者はお殿様の姿に、お殿様は桃売りの姿になり、「桃はいらんかね~」とお嫁さんの前でやって見せます。お嫁さんはもう笑いが止まりません。気を良くしたお殿様はそのままの姿でお城を出て行き、お城の周りを「桃はいらんかね~」と言いながら一周して門の所に帰ってきます。そして門番に「これ門番、門を開けい!」と命令しますが、門番に「何を言うか!この桃売りめが!」と言われて、散々叩かれ、追い出されてしまいました。結局、若者はお殿様になり、お嫁さんと再開。お殿様はお百姓さんになり、似顔絵のお嫁さんの顔を見て毎日を暮らしましたとさ。めでたしえでたし。

違うかなぁ?これが出典の様な気がしますが・・・

多分「絵姿女房」と思われます。

物語の内容

ある村に一人の若者がいました。その若者のお嫁さんが物凄い美人で、もう若者はデレデレ。畑仕事にも出ないで毎日お嫁さんの顔ばかり見て過ごすものですから、お嫁さんも困り果て、自分で紙に似顔絵を書いて若者に渡し、「これを私と思って仕事においでなさいな」と言います。若者は大喜びで、畑に持っていきますが、少し働いては紙をジーッ、また働いてはジーッと見てニヤニヤするのを繰り返すばかり、ちっとも仕事がはかどりません。ところがある時強い風が吹き、...続きを読む

Q昔読んだ本の名前

昔読んだ本で文庫版(新潮文庫?)の「弟子」という題名だったと思います.外国の作家のもので弟子と師匠の心理的相克が主題だったと思いますが現在もう一度読みなおしたいと思っていますのでご存知の方教えてください.

Aベストアンサー

はじめまして。
お探しの本は
ブールジェ著 弟子 岩波文庫
ではないでしょうか?

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003259319/qid=1102663962/sr=1-3/ref=sr_1_8_3/249-3567940-6309902


人気Q&Aランキング

おすすめ情報