Windowsを使っております。
Flash4.0でアルファチャンネル付きのビットマップデータを取り込むと、
黒い部分が透過する・・・。という風に本に書いてありまして、いろいろ
やってみているのですがどうも上手くいきません。

PICTにしても、BMPにしても、Photoshopでアルファチャンネル付きで保存
する際、「この形式では、保存できない・・・が含まれております!」とい
うメッセージが表示され、Flashでその画像をインポートしても、黒い部分
は透過されません。

この部分でお詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これはFlashでなくて画像形式の問題ですね。



bmpだとアルファチャンネルは使えません。
png形式で保存しインポートしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
png形式でやってみたのですが、透過しませんでした。そもそも、Photoshop
のアルファチャンネルの作り方そのものに問題があるのかも知れません。

もう少し勉強します。

お礼日時:2001/07/18 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雲模様の白黒画像をアルファチャンネルとして保存

はじめまして。

手書きの選択範囲などをアルファチャンネルに保存することはできるのですが、とある指南書で、「作成したフィルターによる雲模様(白黒)画像をそのまま新規チャンネルに保存します」とあるのですが、その手順がわかりません。画像全てを選択して、保存してももちろん真っ白なチャンネルができるだけです。アルファチャンネルは白黒諧調による保存ができるので、当然できるのでしょうが・・・目的は、もとの雲模様画像に、アルファチャンネルとして保存した同じ雲模様の選択範囲を読み込んでその範囲にフィルタをかけるといったものです。
どなたかお教え下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

単純に、画像全体をコピーした後、アルファチャンネルにペーストすればOKだと思いますが、

>作成したフィルターによる雲模様(白黒)画像をそのまま新規チャンネルに保存します

の手順は私もわかりません。

QBMPファイルを透過する

あるフリーソフトを使用しています。その画像を任意に変えたいのですが、
bmpしか使えず、気に入ったのを見つけたものの画像が透明なので、画像の
白い部分が壁紙の色になってしまってます。

フリーソフトの説明には「画像は、透過したい色を周りに着色して、必ず
画像の外枠には、その色を着色してください」とあります。

これって何のこと言ってるのでしょう?どのようにすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

出来なかったというと、透過されたままだったということでしょうか?
そのソフトの仕様はよく分かりませんが、周りを囲うように色を塗れば大丈夫かもしれません。
また、どうやら白い部分を全て非透過にしたいのではなく、殻(帽子)の部分だけ非透過にしたいようですね。
でしたら、画像の周囲の余白を全て別の色で塗りつぶしてください。
このとき使う色は画像中にない色を使います。

Qフォトショップのアルファチャンネルについてです。

現在フォトショップを勉強中です。
アルファチャンネルについて、インターネットなどで調べながら”元画像をそのまま変えることなく画像を加工することができる”ということは解りました。ですが実際に使用する際、どのように使えばより便利なのか、実用的な使用方法を教えていただきたいです。
具体的にどのような使い方をするのか、アルファチャンネルを使いこなし「便利だ!」と実感できるのはどのような時か、という実例を教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルファチャンネルはPhotoshopの中心的存在ですね。

>”元画像をそのまま変えることなく画像を加工することができる”
このニュアンスはアルファチャンネルのとらえ方としてはちょっと違う気がします。

アルファチャンネルは砕けた言い方をすると、”選択範囲を保存したもの”でしょうか。
その正体は、8/16/24ビットのグレースケール画像です。

これをフィルターをかけたり、レイヤーマスク、レイヤースタイル、調整レイヤー、切り取り・変形等を行う際のマスクとして使用します。

また、選択範囲に変換することも可能です。

また、アルファチャンネルそのものにもフィルタをかけることができますし、
部分的な選択をすることも可能です。

選択範囲自体もクイックマスクと呼ばれる一時的なアルファチャンネルです。
さらにもう一段階、クイックマスクやチャンネルに対して、選択範囲を設定することも可能です。

実用的な使用法は多岐にわたりますが、単純な例でいえば、
・人物写真で服の選択範囲(アルファチャンネル)を作り、選択範囲にした状態(アルファのサムネイル画像をCtrl(command)+クリック)で調整レイヤーの色相/彩度を適用して色あいを変える。
というようなパターンでしょうか。

使いどころはいろいろですが、それよりも効率的なアルファチャンネルの作り方を考えた方がよいかなとは思います。

アルファチャンネルはPhotoshopの中心的存在ですね。

>”元画像をそのまま変えることなく画像を加工することができる”
このニュアンスはアルファチャンネルのとらえ方としてはちょっと違う気がします。

アルファチャンネルは砕けた言い方をすると、”選択範囲を保存したもの”でしょうか。
その正体は、8/16/24ビットのグレースケール画像です。

これをフィルターをかけたり、レイヤーマスク、レイヤースタイル、調整レイヤー、切り取り・変形等を行う際のマスクとして使用します。

また、選択範囲に変換するこ...続きを読む

QPhotoshopのアルファチャンネルに関して

http://gimon.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/08/lightwave5_7e72.html
上記のページにあるようにLightwaveというソフトウェアを使い、
レンズフレアの画像及び、そのアルファチャンネルを生成することが出来ます。
そしてそれらの画像をAEにより切り抜き合成が出来ると書かれてあります。
手元にはイラレとPhotoshopのCS2バージョンしかないため
Photoshop CS2を使って切り抜き加工をしたところ、
濃い黒と薄い白は選択範囲として認識するのですが、微妙に薄いグレー色などは
認識せず、うまくフレアの部分だけを切り抜きすることが出来ないことが分かりました。
調べてみたところ、photoshopでは出来ないことが分かりました。

ただ、私の使っているバージョンは少し古いわけですが、
CS5であれば、出来るようになっているのでしょうか?

それとAEだとどのバージョン以降であればこのようなことが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

Photoshop プラグイン「Un-Multiply」が、AEのプラグイン「Unmult」と同じ効果があるので、試していませんが使えると思いますよ。

http://www.ayatoweb.com/download.html

レンズフレアの画像からフレアを切り抜くので、アルファチャンネルは不要です。

アルファチャンネルを使って合成するAEの描画モード「ルミナンスプリマルチプライ」は、古いバージョンから搭載されているので、ほとんどのバージョンで出来ます。

Qアルファチャンネル、なかなか理解できません。

フォトショップのアルファチャンネルの機能がなかなか理解できません。
どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

「アルファチャンネル」なんて難しい言葉を意識するから混乱するんですね。
No.1さんの答えが分りやすくていいですね。



まず理解しておきたい事は、
Photoshopの作業の殆どは
「選択範囲を作って」→「そこにフィルター処理や加工を施す」という手順です。

で、その「選択範囲」が、通常は点線で囲われただけで表わされていますが
その選択範囲は、全てが「ここからここまで」というふうに
ハッキリと境界線(点線)で区切られたものばかりではなくて
中にはグラデーション状態で選択されている(したい)ものもあります。
それを具体的に「画像の形と濃淡」で表わしたものが「アルファチャンネル」です。

もう少し詳しく言うと、それがアルファチャンネルそのものと言う訳ではなくて
選択範囲を特定するために利用するデータの保管場所が
「アルファチャンネル」という名称で管理されているものです。
つまり「RGB」や「CMYK」と言う画像の色情報とは別の画面という事です。

画面そのものはグレースケールの画像ですから
作業者が自由に加工できます。そこに対してフィルター処理もかけられます。
ですので「保存できる選択範囲」と言うより
「保存と加工ができる選択範囲」と言ったほうがいいのかもしれません。

最初からもう少し分りやすい名前を付ければ
こんな混乱は無かったんですけどね。



さて、その機能ですが
先にも書きましたが、アルファチャンネル画像の濃淡が
その後に行う画像処理の効果の強さに反映してきます。

画像の真っ黒い部分には効果がかからず、
濃度が薄くなるにしたがって効果が影響してきます。
分りやすい処理例としては
画面全面に、ある特定の色のグラデーションを作成して
そのRGBの中のもっともコントラストの高いチャンネルを複製して
(これがアルファチャンネルになります)「選択範囲」として読み込んで、
そこにそのまま「塗り」を適用すれば
グラデーションの開始色で全面がベタ塗りになりますが
「選択範囲の反転」をしてから「塗り」を行うと
グラデーションの幅が少し変化するだけです。
つまり、画面全体にアルファチャンネルのグラデーションが
その濃度に従って「選択範囲」の効果を与えている事が分かります。

「アルファチャンネル」なんて難しい言葉を意識するから混乱するんですね。
No.1さんの答えが分りやすくていいですね。



まず理解しておきたい事は、
Photoshopの作業の殆どは
「選択範囲を作って」→「そこにフィルター処理や加工を施す」という手順です。

で、その「選択範囲」が、通常は点線で囲われただけで表わされていますが
その選択範囲は、全てが「ここからここまで」というふうに
ハッキリと境界線(点線)で区切られたものばかりではなくて
中にはグラデーション状態で選択されている(...続きを読む

Qビットマップ(bmp)形式で背景を透過にできる?

Photoshop、Illustrator、ペイントのいずれかを使って、ビットマップ(bmp)形式で背景を透過にできますか?

Aベストアンサー

>(bmp)形式で
というのが、保存するファイル形式を指すのであれば、できません。

Qアルファチャンネルについて質問です。

アルファチャンネルについて質問です。

現在、透過PNGについて色々調べていて、分からない事があったので
質問します。

[Q1]
PNGには8bitと24bitの形式がありますが、そこにアルファチャンネルを
追加することで
・8bit形式のものは16bitのPNG画像
・24bit形式のものは32bitのPNG画像
となるのでしょうか?

[Q2]
アルファチャンネル付きのPNG画像のデータサイズ圧縮をする事は可能
なのでしょうか?
圧縮後も透過できる事とします。

以上の2点について解答お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Q1

PNGでは、各画素の持つ色情報は、
・RGB各8bit=合計1画素あたり24bit
・RGB各16bit=合計1画素あたり48bit
・グレイスケール8bit=1画素あたり8bit
・グレイスケール16bit=1画素あたり16bit
などが選べます。アルファチャネル付きの場合は、これにさらにα情報が付加されて、
・RGBA各8bit=合計1画素あたり32bit
・RGBA各16bit=合計1画素あたり64bit
・グレイスケール8bit+アルファ8bit=1画素あたり16bit
・グレイスケール16bit+アルファ16bit=1画素あたり32bit
のようになります。
いわゆる「24bit形式」と呼ばれるのは、このうち「RGB各8bitの1画素24bit」もしくは「RGBA各8bitの1画素32bit」で、画素情報をそのまま圧縮するフォーマットを刺します。

一方、「インデックスカラー」と呼ばれる形式もがあります。これは、画素情報を「色番号」で表現するものです。インデックスモードでは、1画素を8bitで表現します。これが、いわゆる「8bit形式」と呼ばれるものです。

インデックスモードでは、画像データとは別に、カラーパレットと呼ばれる「○番の色は△△である」という「色番号と色情報の対応表」をデータとして保持します。
このパレットに使う色情報としては、「RGBA各16bit=色情報64bit」なんかも使えるのですが、
普通「8bit形式」と呼ぶ場合は、
色情報は「RGB各8bitの1画素24bit」もしくは「RGBA各8bitの1画素32bit」のどちらかを指す場合が多いかと思います。

まとめると、
・8bit形式は、アルファチャネルを追加しても、1画素あたりは8bitのまま
・24bit形式は、アルファチャネルを追加すると、1画素あたりは32bitになる
ということになります。

>Q2
PNG画像は、可逆圧縮を行う画像フォーマットです。
アルファチャネル付の画像であっても、アルファチャネルごとデータは全て圧縮を行いますし、当然圧縮したデータ中にアルファチャネル情報は保持されています。

「アルファチャネル付のPNG画像」はすでに圧縮済なわけですから、
そこからさらに「データサイズ圧縮」することはできません。
(zipファイルを、さらにzipファイルに圧縮しようとしても、サイズはもう小さくならない、というのと同じことです)

ただし、アルファチャネルを付けるかどうか以前の、PNGに関する基礎的な特性として、
・使われている色数が256色以内であり、元の形式が 24bit形式なのであれば、8bit形式にすることでデータサイズが削減できる可能性はあります。
・「フィルタリング処理」設定を適切に行う(圧縮しやすいように前処理にを行う)ことで、ファイルサイズを小さくできる可能性もあります。
(どちらの場合でも、PNGは可逆圧縮であり、情報の劣化はありません)

>Q1

PNGでは、各画素の持つ色情報は、
・RGB各8bit=合計1画素あたり24bit
・RGB各16bit=合計1画素あたり48bit
・グレイスケール8bit=1画素あたり8bit
・グレイスケール16bit=1画素あたり16bit
などが選べます。アルファチャネル付きの場合は、これにさらにα情報が付加されて、
・RGBA各8bit=合計1画素あたり32bit
・RGBA各16bit=合計1画素あたり64bit
・グレイスケール8bit+アルファ8bit=1画素あたり16bit
・グレイスケール16bit+アルファ16bit=1画素あたり32bit
のようになります。
いわゆる「24bit形式」と呼ば...続きを読む

Qフォトショップ(アルファチャンネルについて)

フォトショップで人物の背景を消してお葬式の写真のように背景をグラデエーションにしたいのですがアルファチャンネルなど使い方がよく分かりません。いいサイトがあればおしえてください。

Aベストアンサー

アルファチャンネルは「選択範囲」を保存できます。

例えば背景だけを綺麗に選択しますよね。
で、背景を消したり、グラデーションかけたりして満足いく出来になったら、普通は「選択を解除」してしまいます。
でも、そのあともう一度背景の部分を何か処理したくなった場合・・・もちろんまた選択してもいいのですが、
意外と綺麗に選択範囲するのは面倒なものです(髪の部分など)
でも、アルファチャンネルとして保存しておけば「選択範囲>選択範囲を読み込む」で選択できます。

アルファチャンネルはいくつでも保存できるので、「背景を選択したアルファチャンネル」「顔の部分だけ選択したアルファンネル」それぞれを交互に読み込んで「背景」と「顔」を少しづつ調整していく、ということも出来ます。
(いちいち、「背景選択」>「背景調整」>「背景選択解除」>「顔選択」>「顔調整」>「顔選択解除」>「再び背景選択」・・・・とやってたら面倒!)

もちろん、これらは「顔の部分」だけ切り取って「レイヤー」として重ね、
その「顔レイヤー」を調整してくというやり方もあります。

アルファチャンネルは「選択範囲」を保存できます。

例えば背景だけを綺麗に選択しますよね。
で、背景を消したり、グラデーションかけたりして満足いく出来になったら、普通は「選択を解除」してしまいます。
でも、そのあともう一度背景の部分を何か処理したくなった場合・・・もちろんまた選択してもいいのですが、
意外と綺麗に選択範囲するのは面倒なものです(髪の部分など)
でも、アルファチャンネルとして保存しておけば「選択範囲>選択範囲を読み込む」で選択できます。

アルファチャンネルは...続きを読む

Qアルファチャンネル対応のフリーグラフィックソフト

こんにちは。
WindowsXPでPNG画像を作成しているのですが、
透明度付きPNG画像を作ってみたいと思っています。
そしていろいろ調べてみたら、アルファチャンネルというものがPNGの透明度の操作をしていることが分かりました。
そして、背景などを100%透過させることは出来るようになりました。
しかし、50%透過などのやり方がイマイチ分かりません。
現在、PictBearを使用して画像を加工しておりますが、PictBearでは100%透過させることしか出来ないのでしょうか?
出来ないとしたらフリーソフトでアルファチャンネルの操作が出来るソフトを教えてください。
m(_ _)m

Aベストアンサー

PictBearを使っていないので、PictBearのホームページを見ながら回答させていただきます。
また、文中「アルファチャンネルの操作が出来るソフト」の「アルファチャンネル」はグレースケール(モノクロ?)の情報で、その情報の度合いでマスク処理することにより透明度を変えたいと理解して回答しますが、このたびのご質問のようにしたいのであれば役に立たないかと思っています。
なおアルファチャンネルの情報はオプションでチェックを付けることで保存できるとありましたの下記アドレス(「マスクとアルファチャンネルって何」を参照してください。
http://limeworld.chu.jp/pb_beginner_lecture/lesson12_3.html

上記を踏まえた上で「50%透過などのやり・・・」は半透明のようにしたいと思ったので、下記の「レイヤーを理解しようPart2」(下記アドレス参照)の画面で右に透明度を変えることの出来るバーがあるようですのでそれを移動して数値が50%になるように移動すればよいのかと思います。
http://limeworld.chu.jp/pb_beginner_lecture/lesson01_2.html

的外れであればご容赦を。

PictBearを使っていないので、PictBearのホームページを見ながら回答させていただきます。
また、文中「アルファチャンネルの操作が出来るソフト」の「アルファチャンネル」はグレースケール(モノクロ?)の情報で、その情報の度合いでマスク処理することにより透明度を変えたいと理解して回答しますが、このたびのご質問のようにしたいのであれば役に立たないかと思っています。
なおアルファチャンネルの情報はオプションでチェックを付けることで保存できるとありましたの下記アドレス(「マスクとアルファチ...続きを読む

Qphotoshop アルファチャンネルのコピー&ペースト

2色分解のためRGB画像をCMYKに変更して新規のアルファチャンネルを作ったのですが、これをコピーしてシアンやマゼンタなどのほかのチャンネルにペーストするのは範囲を全て選択して編集からコピーしてという普通の方法ではないのでしょうか?
このようにして2色分解の処理をしているのですが、見本の完成品と違うのです。
どのようにしたらよいのでしょうか?!

Aベストアンサー

>これをコピーしてシアンやマゼンタなどのほかのチャンネルにペースト
アルファチャンネルの内容は他の版に普通にコピペできます。

>このようにして2色分解の処理
「アルファチャンネルからコピペする」事と「2色分解」との関連性が解りません。

>見本の完成品と違う
見本の作成手順や完成画像を見せて貰えれば何か解るかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報