ちょっと変わったマニアな作品が集結

先祖代々の家系の家紋が変わるということはあり得るのでしょうか?

祖先の藩主の家紋と先祖代々の家紋が違います。

ですが藩主の大名を従えていた将軍の好んだ家紋が祖先の家紋になっているのです。

藩主の家紋は恐れ多くて、各家庭に家紋を付けるように国民全員に家紋を持てと言われたときに怖くて使えなかったのに、その藩主のさらに上の家紋を採用したってあり得るのですか?

なぜ出身藩主の家紋と我が家の家紋が違うのか不思議です。

今と昔の藩の場所が違うのかなと思って、周りの藩主の家紋を見ても違いました。

これはどういうことでしょう?

A 回答 (1件)

良くあるらしいです。


伊達家上杉家との婚姻の証として「竹に二羽飛雀」を送ります。
破断になって返すように求められましたが拒否。

由緒だけパクリました。
http://kisetsumimiyori.com/dateshigesane/

家紋を頂く例
https://yururito-sengoku.com/sengokumangaituwa/s …

成田家は八幡太郎義家より馬上礼を許された名家ですが、上杉謙信はそれを知らずに打ちのめし
関東軍団の信用を失います。
成田長親はろぼう様として有名です。

明智光秀は清和源氏の出です。
真田守信は陸奥仙台藩士です。

主君より由緒正しい武家は多いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング