あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

相続の際に、資産がどれだけあるか主導して集める親族が決められていると思うのですが
(主に故人と同居していた家族と思うのですが)
出された金額が本当にそれだけなのか、金額はあっているのか、とかはどうやって皆さん
確認されているのでしょうか?

それとも親族なのでその出された金額には「信用」でオッケーしているってことでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 皆様、大変親身に、そして親切にご回答いただき、ありがとうございます。
    皆様の体験談、とても参考になります。

    心からお礼申し上げます。

    皆様にベストアンサーを差し上げたい気持ちですが
    一番最初にご回答してくれた方に差し上げたいと思います。

    一旦締め切らせていただき、
    また何か質問が出てきましたら相談させていただきたく思います。
    そのときは、また皆様のお力を貸していただければ幸いです。
    ありがとうございました。

      補足日時:2018/07/13 09:36

A 回答 (8件)

預金通帳や株や土地などは隠してても 相続人全員の証明書がいるので どうもできませんが やっかいなのは 現金や貴金属などの現物ですよ。


同居家族が隠したらわかりませんもん。
    • good
    • 2

突然死や事故死よりも病気療養を経て亡くなる場合が多いです。


うちの場合、祖母は脳梗塞により寝たきりになり、7年間後に病院で亡くなりました。
祖母の世話をするという名目で妹が祖母宅に越して来たのですが、一緒に介護する予定の母親(祖母の娘)が乳がんになったことで、仕方なく祖母を病院に預けることになりました。
数年後、母親と祖母が同時期に亡くなり、懇意にしている弁護士に相続に関する手続きを依頼したところ、両者の預金通帳の残高がゼロになっていることが判明しました。
無いものは仕方がないので、遺された土地家屋をそれぞれが相続することになりましたが、妹以外の兄弟は妹に対する不信感がぬぐえませんでした。
未だにいくらあって、誰が何に使ったのか分かりません。
    • good
    • 1

弁護士会照会制度、というのがありまして、


弁護士会を通せば、銀行預金などを調べる
ことが可能です。

不動産はともかく、現金や動産は難しい
ですね。

普段から、関係を密にしていた人が
はるかに有利になります。


ワタシは、暗証番号などを聞き出していました
ので、亡くなったら、銀行に察知される前に
総ておろしてしまいました。

察知されると、口座などは凍結されます。
    • good
    • 1

ウチは 6人兄弟でしたが 全て親と同居していた長男に任せました。


お互い それなりの生活をしていましたので 親の遺産がどうなのかは関心を持ちませんでした。
長男が これこれの銀行にこれだけの貯金があり 6等分して 端数(といっても数十万単位)は長男の手数料や以後の法事の費用として長男が貰うと提案され 誰も異を唱えませんでした。
通帳なんかも見せられず 本当かどうかも知りませんが そんなこと誰も気にせず 単に予想外(一人当たり500万超)の遺産を貰えたことを喜んでいました。
経済的に困っている人がいると 揉めるでしょうな
    • good
    • 2

銀行で確認をします


一般的には通帳とか証券の類を見つけてとなると思いますが
こちらでまだあるかないかわからないですよね

相続の書類には預金や証券の類、という風に書かれていました全財産を
何人で分けるという書き方でしたよ
これから銀行に行くんですがそこで残高証明を出していただき
分けることになります(相続手続き途中のものです)
    • good
    • 1

疑いだしたらキリがないです。



ま、万一後になって追加などがあれば、遺産分割協議は後になって修正もできますからね。

とにかくその場は出てきたものだけで遺産分割協議書の作成です。
    • good
    • 1

もちろんその親族を信用してOKしました。

    • good
    • 1

遺書がありませんでしたので、法定相続人が揃っての遺産分割協議の席で以下を確認しました。



・個人名義の預金通帳
・個人が使用していた財布の中身(現金ということです)
・個人名義の土地と建物のその年の固定資産税納税通知書(ここに記載される評価額)

その協議結果をまとめた同内容の「遺産分割協議書」を法定相続人分作成し、それぞれに各人が署名・捺印(実印を使用)しました。
なお、株式や投資信託や貴金属などがあれば、それも遺産分割協議の対象になりますね。

参考まで。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近死んだ母名義の口座のお金を受け取りたい

母が3月に死にました。配偶者(私から見れば父)はすでに死んでいます。子供は私と姉の二人。どちらも結婚していません。相続人は二人ということです。
 姉が精神障害です。1級だと思います。必要な書類がそろいません。必要な書類と言っても姉が住所、氏名を書いてくれて実印を押して印鑑証明、ただこれだけのことなのですが、姉は面倒だと思うのかこちらの言うことを聞いてくれません。あんなのほっておけばいい、との一点張りです。私と姉に取り分に関してもめ事が生じているというわけでは決してないです。
 私は後見人制度を利用するしかないのかと思い知り合いの医者に事情を少し話したところ、後見人の利用を考える前に、法的にお金を取り戻す方法があるはずだ、弁護士に相談するのがいいと思う、というので近いうちに区の法律相談に行ってこようとは思っています。銀行は相続人全員の印鑑証明は絶対だといいますが、と医者に言うと、銀行は業務としてそういうだろうけど、取り戻す方法があるはずだ、と言います。
 ネットで多少は検索してみたのですがいい解決策なんて見つけることが出来ませんでした。
 私は東京に、姉は地方に住んでいます。何かアドバイス、ありますでしょうか。

母が3月に死にました。配偶者(私から見れば父)はすでに死んでいます。子供は私と姉の二人。どちらも結婚していません。相続人は二人ということです。
 姉が精神障害です。1級だと思います。必要な書類がそろいません。必要な書類と言っても姉が住所、氏名を書いてくれて実印を押して印鑑証明、ただこれだけのことなのですが、姉は面倒だと思うのかこちらの言うことを聞いてくれません。あんなのほっておけばいい、との一点張りです。私と姉に取り分に関してもめ事が生じているというわけでは決してないです。
...続きを読む

Aベストアンサー

「医者に言うと、銀行は業務としてそういうだろうけど、取り戻す方法があるという」
お医者さまは法律の専門家でも銀行業務の専門家でもありませんから、医師として優秀でも、それ以外の事への意見はあてにしない方が良いと思います。

遺産のうち預金は法定相続人の一部の人に全額支払ってしまうと、他の相続人から銀行が損害賠償請求される可能性があります。
銀行側からすれば「法定相続人全員が同意している者への払い出し」はオッケーですが「法定相続人全員が同意してない者への払い出し」などは「アウト」なのです(※)。

「面倒だ」と言われるお姉さまにも困ったものです。
「とにかくハンコをつけばいい!」と強制的に押印させるのも、問題があります。
今回の件だけでなく、今後も「姉という一人の人間の意思決定の結果」を示す必要性は多々あるはずですので、この際成年後見人の選出をされるのが一番だと存じます。
お姉さま自体の財産に関する事も今後は絡んでくるでしょうから、今のままですと、妹であるあなたが巻き込まれるだけで、なんともならない状態になりかねません。

ところで医師は「精神疾患により事理を判断することができない」という診断書を自分で書きたくないだけかもしれません。成年後見人の選出をする際に添付される書類ですから、もしかしたら裁判所に対して自分の名前を出したくない人種なのかもしれません。
これまたお姉さん以上に困った存在です。


現実には被相続人の残した預金額の多寡により対応が違うかもしれません。
預金額1万円について相続人のひとりに全額払い戻してしまったとします。
他の相続人から「なぜ、他の相続人からの同意や、遺産分割協議書の提示がないのに、払い戻しに応じてしまったのか」「損害賠償請求する」とされても、店長クラスが「おれが負担する」として処理ができてしまう可能性があります。
つまり「え~?この金額の払い戻しだと、戸籍や印鑑証明書などの書類代の方が高くついてしまうから、まあええって事にして払ってしまえ」という事がまったくないとは言い切れないということです。
ほとんどの金融機関は内部監査があり、不正あるいは書類不備処理についてはチェックされてます。
そこでは「金額の多寡は関係ない」かもしれません。
1円の処理が違うのを「たかが1円だから良い」というか「たとえ1円でも金融機関としてはしてはならない処理」として扱うか、ということ。

被相続人の預金の払い出しには、相続人全員の同意か遺産分割協議書の提示がなければ応じられないというのは金融機関にとっては当たり前の主張です。
医師がウダウダ意見をいうレベルの話ではないです。

「医者に言うと、銀行は業務としてそういうだろうけど、取り戻す方法があるという」
お医者さまは法律の専門家でも銀行業務の専門家でもありませんから、医師として優秀でも、それ以外の事への意見はあてにしない方が良いと思います。

遺産のうち預金は法定相続人の一部の人に全額支払ってしまうと、他の相続人から銀行が損害賠償請求される可能性があります。
銀行側からすれば「法定相続人全員が同意している者への払い出し」はオッケーですが「法定相続人全員が同意してない者への払い出し」などは「アウト」...続きを読む

Q遺産相続について

初めまして。
遺産相続についてあまり詳しくなく、こちらでご相談させていただきたいと思います。

私の家族構成としては、両親のみで兄弟はいません。
父方のほうは、両親・妹は他界しています。
母方のほうは、母と弟が存命しています。

心配しているのは私の叔父にあたる、母の弟の存在です。
あまり父や母と仲良くなく、既婚ですが借金をしたりお金に困っているようで、私の母にもお金を借りたりしています。

母は弟にあげたくないと言っていますが他界した際には、私と叔父に遺産分配となるのでしょうか?
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

>私と叔父に遺産分配となるので
>しょうか?
なりません。

★叔父さんに相続権が発生することは
ほぼないと言ってよいです。

叔父さんに相続権が発生するのは、
・あなたがまず亡くなって、次に
・お母さんが亡くなった場合です。

★あなたが生きている限り、
★あなたと御両親双方以外に
★相続権は発生しません。

懸念されるのは、逆の場合です。
叔父さんに配偶者、お子さんがいない
場合です。
相続権は、お母さんと叔父さんの
両親がいなければ、お母さんに相続権が
周ってきます。

相続できるなら問題ないんじゃ…と
思われるかもしれませんが、叔父さんが借金を残して、亡くなられると、
★その借金を相続することになるのです。
それを回避するためには、相続放棄を
しなければいけません。家庭裁判所に
申し立てて放棄するのです。
そうすると、次の相続人にオカブが
周ってきます。
あなたも相続人になりえるわけです。

そこまで心配しなくてもよいと
思いますが、一応ご参考まで。

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4132.htm

>私と叔父に遺産分配となるので
>しょうか?
なりません。

★叔父さんに相続権が発生することは
ほぼないと言ってよいです。

叔父さんに相続権が発生するのは、
・あなたがまず亡くなって、次に
・お母さんが亡くなった場合です。

★あなたが生きている限り、
★あなたと御両親双方以外に
★相続権は発生しません。

懸念されるのは、逆の場合です。
叔父さんに配偶者、お子さんがいない
場合です。
相続権は、お母さんと叔父さんの
両親がいなければ、お母さんに相続権が
周ってきます。

相続できるなら問題な...続きを読む

Q夫の遺産相続と夫の兄弟

友人が困っているため、代理で質問させてください。(本人になりきって質問します)

夫が亡くなり、義弟と遺産相続の件でもめています。遺言書はありません。

子どもはおらず、ずっと夫婦二人暮らしでした。義母(夫の母)は存命のため、法的な遺産相続は自分が3分の2、義母が3分の1になると認識していました。
遺産は少しのお金と、今住んでいる家と、以前住んでいた家になります。

今住んでいる家は、夫と私で半分ずつ支払いましたが、名義は夫になっています。

以前住んでいた家も夫の名義になっているのですが、購入の際は、長男である夫は「いずれ両親と同居になるかもしれないから」と夫のお父さんが1/3、お母さんが1/3、夫が1/3と3等分でお金を出しました。
その後、定年を迎える際に便利なところに小さな家を建てて引っ越し、以前住んでいた家はどうしようかと思いながらそのままになっていました。

義母が「遺産のことはよくわからない」と相続を放棄しようとしたところ、義弟が「母がもらう分は、ゆくゆく自分がもらうものだから」と代理で遺産を相続すると言っています。

以前住んでいた家は義弟曰く「2/3を親が出しているから自分に相続する権利がある」とのことで、面倒でもあるので自分はいらないと伝えました。

しかし、今の古いうわもの(築40年の家)がある状態では売るにも売れないので、取り壊して更地にしてからこちらに引き渡すのが当然で、そのまま渡そうとするなんて非常識だと怒っています。

また、今住んでいる家についても、夫が支払った分は自分にも相続する権利があり、さらに家に取り付けたソーラーの売電の権利も自分に相続する権利があると主張してきました。

ちなみに夫が乗っていた車は、夫が亡くなった次の日に義弟が売りに行き、売値はいくらにもならなかったから手間賃だということですべて義弟が持っていきました。

夫が亡くなったばかりでいろいろ考えることもままならず、何が正しくて何が常識なのかよくわかりません。

まとめると問題は

①義弟の相続する権利は義母の権利「1/3」か、義母が放棄した→義弟の立場での法的権利「1/4」か

②以前住んでいた家は更地にしてから義弟に引き渡すべきか

③今住んでいる家も、ソーラーの権利含め義弟に相続権があるのか

になります。
長文ですみません。

ご意見よろしくお願いいたします。

友人が困っているため、代理で質問させてください。(本人になりきって質問します)

夫が亡くなり、義弟と遺産相続の件でもめています。遺言書はありません。

子どもはおらず、ずっと夫婦二人暮らしでした。義母(夫の母)は存命のため、法的な遺産相続は自分が3分の2、義母が3分の1になると認識していました。
遺産は少しのお金と、今住んでいる家と、以前住んでいた家になります。

今住んでいる家は、夫と私で半分ずつ支払いましたが、名義は夫になっています。

以前住んでいた家も夫の名義にな...続きを読む

Aベストアンサー

再度ですが。
「以前住んでいた家も夫の名義になっているのですが、購入の際は、長男である夫は「いずれ両親と同居になるかもしれないから」と夫のお父さんが1/3、お母さんが1/3、夫が1/3と3等分でお金を出しました。」
という点に相続時に問題が起きるわけです。
 実際の出費はCの父AとAの妻BとCが三分の1づつ出費してるのですから、持ち分はA、B、Cの共有で各3分の1なのです。
 しかし不動産登記はCの単独所有になっている点が「もめごとの元」となるわけです。
なぜなら「登記はCだけど、実際にお金を払ったのはAとBとCである」ことが三者で認識されてるからです。
この状態ではCはいかに登記簿で所有権者となっていても、AとBに「俺のものだ」と主張することは、倫理的に無理です(法的には可能、落ち度はAとBにあるからです)。

ここで義弟Dは父A、母Bの共有持ち分があるのだから、それは自分にも相続権があるはずだと主張します。
これには「登記はCなので、相続権はない」という主張で法的には通りますが、倫理的には無理があります。
「だって、父と母が金を出したことをおれは知ってる。共有持ち分にしなかった理由が不明だ」というDの主張にも理由があるからです。

問題解決には、まず不動産登記を「これが正しい」という持ち分に変更します。
C単独所有になっている不動産をA、B、Cの共有持ち分に変更します。登記自体を間違えた錯誤を理由でできるはずです。
その後、Aが死亡していますので、Aの持ち分を相続を原因として所有権移転します。
このときAの相続人である、BとCとD(C、D以外にも兄弟姉妹がいれば、それらの方を含みます)で遺産分割協議をする必要があります。

その後、義母つまりBが死亡した場合には、Bが所有権を持つ不動産をどのように遺産分割するかという話になります。ここではBの子であるCとDが相続人になるわけです。

従って答えは
①義弟の相続する権利は義母の権利「1/3」か、義母が放棄した→義弟の立場での法的権利「1/4」か
②以前住んでいた家は更地にしてから義弟に引き渡すべきか
③今住んでいる家も、ソーラーの権利含め義弟に相続権があるのか
のいずれでもありません。

特に③については、家屋に付属してるソーラーシステムは家屋の所有権者に移動しますので、別個に考えるのは間違いです。

なお質問内容にひとつ「はっきりした方が良い」点があります。
「家の購入費用は三分の1づつ出した」とありますが、土地は誰のものなのでしょうか。
土地と建物を一緒に購入する際に3分の1づつお金を出したのか、土地はもともとAなりBなりが所有していてその上に建てたのでしょうか。

再度ですが。
「以前住んでいた家も夫の名義になっているのですが、購入の際は、長男である夫は「いずれ両親と同居になるかもしれないから」と夫のお父さんが1/3、お母さんが1/3、夫が1/3と3等分でお金を出しました。」
という点に相続時に問題が起きるわけです。
 実際の出費はCの父AとAの妻BとCが三分の1づつ出費してるのですから、持ち分はA、B、Cの共有で各3分の1なのです。
 しかし不動産登記はCの単独所有になっている点が「もめごとの元」となるわけです。
なぜなら「登記はCだけど、実際にお金を払っ...続きを読む

Q遺産分割協議書の作り方を教えてください。

銀行の預金の引き出しが出来ません。遺産分割協議書を提出しないと葬儀費用も出金しませんと言われて困ってます。
通帳と届け印鑑はあります。相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して
長男の子供が2人居ります。 預金の分割協議書はどの様な形式で中身は何を書かなければいけないでしょうか?  また、添付書類は何が居るのでしょうか?
命日は今年の9月920日頃です。
どなたか教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

>相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して長男の子供が2人…

あいまいな表現ですが勝手に整理させてもらうと、

・旅立ったのは太郎 (花子でも良いけど今は仮名)
・太郎は生涯独身のまま旅立った
・太郎の両親、祖父母とも太郎より先に旅立っている
・太郎には兄弟が 4人いてうち3人が健在
・太郎より先に旅立った太郎の兄には子供 2人がいて健在

ということで良いですか。
この場合の法定相続割合は、

・健在な兄弟 3人・・・1/4 ずつ
・兄の子供 2人・・・1/8 ずつ

です。
もちろん、全員が同意するなら誰か 1人が全部、あるいは 2人ぐらいだけで受け取ってもかまいません。
http://minami-s.jp/page009.html

>預金の分割協議書はどの様な形式で中身は…

その銀行にある預金を上記内容で配分するとして、全員が署名捺印するのが基本です。
用紙は銀行指定のものがあればもらってくれば良いし、なければ便せんでもレポート用紙など罫の入った紙であれば何でも良いでしょう。

銀行に出すだけなら、土地や建物など預金以外のことまで書かなくて良いと思いますよ。
http://minami-s.jp/page026.html

とにかく銀行によってはけっこう口うるさいところもありますから、用紙や書き方は銀行で聞くことです。
書く内容は前述のとおりです。

>添付書類は何が居るの…

最低限、

・故人の出生から死亡まですべてが記載された戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明と住民票

は必要です。
ほかにも必要なものがあるかどうか、銀行に聞いて下さい。
銀行は全国一行ではないので、ネットの質問コーナーでそこまで正確なことは言えません。
法務局まで行かなければいけないのかどうかも、銀行で念を押してみて下さい。

相続に関しては某司法書士さんのサイトがわかりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

>相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して長男の子供が2人…

あいまいな表現ですが勝手に整理させてもらうと、

・旅立ったのは太郎 (花子でも良いけど今は仮名)
・太郎は生涯独身のまま旅立った
・太郎の両親、祖父母とも太郎より先に旅立っている
・太郎には兄弟が 4人いてうち3人が健在
・太郎より先に旅立った太郎の兄には子供 2人がいて健在

ということで良いですか。
この場合の法定相続割合は、

・健在な兄弟 3人・・・1/4 ずつ
・兄の子供 2人・・・1/8 ずつ

です。
もち...続きを読む

Q遺産相続について質問させていただきます。 亡くなった母の財産を生前、兄弟の1人が勝手に下ろしたのです

遺産相続について質問させていただきます。
亡くなった母の財産を生前、兄弟の1人が勝手に下ろしたのですが、”お母さんが孫にあげるって言ったから”と兄弟は言いました。証拠は何もありませんが、母は、私ともう1人の兄弟には、”孫にはあげたくない”といつも言ってました。勝手に下ろした兄弟は、いつも母に、'孫に使え'と言っていたのは知ってます。勝手に下ろした分も、遺産分与に入らないのでしょうか…

Aベストアンサー

>勝手に下ろした分も、
>遺産分与に入らないのでしょうか…
もちろん入ります。

兄弟が許しても、相続税がかかるなら、
税務署は許してくれませんよ!

少なくとも過去3年分、母からの子や
孫に渡った財産は遺産相続の対象と
なります。

他にももっと過去に母から子へ
渡った財産は、他の相続人の主張が
あれば、『特別受益』として、
遺産の分与の条件となります。

いかがでしょう?

Q相続について

詳しい方に質問します。

自分には兄弟が3人います。
母は自分が子供のころに亡くなっていて、その15年後に父は再婚しました。

15年前に亡くなった母と父の間には自分と兄の2人がいますが
その後、父と再婚した義理の母の間に1人子供が生まれました。

ここからが本題ですが、

今後、父が亡くなり義理の母も亡くなってしまい、最終的に残された3人の兄弟の
相続の割合はどんな感じになるのでしょうか?

Aベストアンサー

父親が先に亡くなった場合、義母2/1 子ども3人なので1人3/1づつ
その後義母が亡くなった時、普通義母の財産を兄弟で均等に分けるのですが、先妻の子が義母と養子縁組していればいいのですが、していなければ先妻の子と義母との間にはなんの血縁関係もないのですから、財産は全て義母の子どもに相続されます。養子縁組は大切な事ですよ。

Q母の亡くなった後の手続き

質問見て頂きありがとうございます。

母がもう時期、末期がんのため亡くなります。
今日または明日が山だそうです。

そこで泣いてばかりも入られないため、母が亡くなった後の手続き(銀行の通帳の解約処理や役場での遺族年金申請、死亡届の処理等)は、娘である私が行うことが出来る処理でしょうか?
または父がいなくては出来ない処理ですか?

父が憔悴しきっているため、出来れば私がやりたいと思っています。
はじめてのことなので詳しい方おられましたら教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

>銀行の通帳の解約処理や役場での遺族年金申請、死亡届の処理等
銀行口座は解約では無く、相続手続きです。
法定相続人間で分割協議書の作成が必要です。

遺族年金は、誰が受給権がありますか?
お父さんはお母さんに扶養されていたのですか?
一般的な家族構成では妻が死亡しても遺族年金が支給される事は希です。
未支給年金の手続きは必要です、受給権者は配偶者である父です。

戸籍の死亡届は葬儀屋が代行してくれます。

Q父が亡くなりました。 相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。 不動産などは所有しておりませんが

父が亡くなりました。
相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。
不動産などは所有しておりませんが、銀行、郵便局、証券会社などにいくつか口座がございます。

当然、相続手続きをすべきなのでしょうが、母が、めんどくさい手続きはごめんだし、専門家に依頼して高い手数料を払いたくないから、銀行などの口座残金をごっそり引き出して、残高ゼロにすればそれでいい!と言っているのですが、そんな事が許されるのでしょうか?絶対にバレますよね?
相続に関しては、全額母に相続してもらい、私と妹は辞退するつもりですから、相続争いで揉めることはあり得ません。

Aベストアンサー

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き出しなどが可能でしょう。あなた方の署名押印の資料になるわけですが、実印と印鑑証明が必要です。ご年齢や今までの経緯からお持ちでないのであれば、ご用意されたらよいでしょう。さほど大変なものではないと思います。

ただ、総額によっては、相続税の申告が必要となります。申告が不要な場合であっても、税務署が相続税がかかりそうな人の遺族に問い合わせなどを行うことでしょう。
遺産の目録とともに金額の集計を行い、相続税の心配が必要であれば、その部分だけは税理士依頼が必要かもしれません。
実際の名義等の相続手続きではありませんが、税務申告放置後追徴などとなれば、本来おさめるべき税額以上に加算された税負担を強いられることとなります。
また、配偶者であるお母様のみの相続ですので、相続税のかかるような遺産であっても、配偶者控除などで税負担は事実上ないかもしれません。ただ税負担がなくとも申告したうえで控除を受けて初めて税負担がなくなるものもありますので、総額次第でとお考えください。

状況次第では、あなた方お子さんたちが相続しないのであれば、正式な手続きである裁判所での相続放棄手続きを行うこともよいと思います。裁判所と言っても手続きのようなものですので、弁護士などはなくとも可能なはずです。申立実費も一人当たり数千円あれば足りることでしょう。
申立てが認められれば、審判書などが得られますので、それと戸籍謄本等によりお母様だけが相続人である証明も可能ですからね。この場合には、印鑑証明は不要だったと思います。
私の知人は法律手続きなどの素人ですが、インターネットで簡単に調べて必要書類を持ち、裁判所で教わりながら申立てを行い認められていましたからね。

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き...続きを読む

Q相続のことで質問させていただきます。 先日、父親が他界しました。 私は長男です。 通夜葬儀、死後の手

相続のことで質問させていただきます。

先日、父親が他界しました。
私は長男です。
通夜葬儀、死後の手続き等色々と済ませて
相続のことも今後考えていかなければいけません。
相続対象としては、
私から見て母親、結婚して外に出た妹、
父と養子縁組してる妻、そして私です。

父親の残した預金は一億円くらいです。
控除含めて計算して、
どのくらいの額が相続税として
徴収されてしまうものでしょうか?
参考までに試算頂きたいです。

Aベストアンサー

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万+600万×法定相続人4人
=5400万
が控除され、
1億-5400万=4600万
が課税対象となります。

法定相続どおりに課税分を配分すると
母4600万×1/2=2300万
子4600万×1/6=767万(の3人分)
で、相続税は、
母2300万×15%-50万=295万
子767万×10%≒77万(の3人分)
となり、
合計の相続税は、
★295万+77万×3人≒525万
となります。

母は軽減の特例で0
子の3人が税額の約半分262万を
3分割して、ひとりあたり
★約87万ずつ納税となります。

全体の相続税525万は、
相続財産の配分割合により、
相続税の配分割合も決まります。
母の分はどの場合でも0です。

相続財産は預金(の1億)だけでは
ありません。
不動産、動産をお父さんの財産、
一切合財で、評価額が決まります。
ですから、
1億+αになることが想定されます。

また、奥さんを養子とすることで、
基礎控除が増えて多少節税には
なっていますが、相続財産の配分は
別の話になります。

法定相続人全員で協議して、
遺産分割協議書を作成して
全員で合意して下さい。

もめて協議が難航して、
相続税の申告期限までに
相続税の申告ができないと
お母さんの相続税軽減が
受けられないので注意
して下さい。

以上、いかがでしょう?

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万...続きを読む

Q同居している認知症の母の財産を妹が私に渡さなくて、困っています。母と一緒に銀行に行って、再発行の手続

同居している認知症の母の財産を妹が私に渡さなくて、困っています。母と一緒に銀行に行って、再発行の手続きをするのは、罪でしょうか?

Aベストアンサー

認知症だと確定していて
銀行に連れて行き、手続きするのは
銀行でNGが出ることがあります。
認知症で口座が凍結される場合もあります。
もしすんなりできても
後からもめるのは十分考えられます。
妹と逆の立場で考えてみて!
もし妹が認知症で判断できない親を連れて銀行で再発行し
お金が引き出された場合、強要されたと思ったら?
わかりますよね。面倒な事になるのです。

認知症の親には、成年後見制度を利用したほうがいいと思います。
ただ、親族以外の第三者、弁護士、司法書士にすると当然お金がかかります。
適任であるかどうかは裁判所が判断します。
http://www.courts.go.jp/koukenp/koukenp1/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング