『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ギターボディのトップにラミネートや印刷、スライスした皮のように薄い木材を貼り付けるのが貼りトラと理解していますが、
2pボディでトップに1cmくらい厚みのある板の場合も貼りトラと呼ぶのでしょうか?

A 回答 (2件)

例えばフルアコやセミアコでは、高級材を薄く切って重ねたラミネートと称する積層材を使っているモノがありますが、それも『貼りトラ』になってしまいますね。



※ラミネート材は、一般には貼りトラとは言いません。あくまでも『ベニヤ板』の構造がラミネート材です。

※またレスポールの様にベニヤよりもずっと厚いものでも、『ラミネートボディ』とギブソン社自身が自称しているケースもあります。
 そもそもギブソン・レスポールは、実はメープルトップ採用には見栄えの為の理由が微塵もなく、トランスルーセント(シースルー)塗装であるチェリーサンバースト/タバコサンバーストが採用される前(ゴールドTOP時代)は、杢が出てないしブックマッチでもないメープル材が、それこそ適当に張られていました。(半分バーズアイが出ていて半分はメープルの木目だけ、などという全く適当な仕様もありました。あまりに適当で見栄えが悪い為にゴールドTOPカラーが開発されたほどです。)
 ギブソンの主張を採用するなら、音響を考慮して木材を複合して作ったボディがラミネートです。

※実のところ、ラミネートと貼りトラには明確な線引きがありません。作ったヒトの自己申告ですかね?
 まぁ一般に貼りトラとは、装飾のためだけにTOPに薄い(音響に影響しないほど薄い)別の素材が貼られたもの、という認識ですが、そもそも塗膜さえ『塗料の種類によって音響が変わる』と主張する連中が多いこの業界で、音響に影響しないほど薄い『装飾シート』が存在するのか?っという疑問もあります。
 結局のところ、作ったヒトとかメーカーが『装飾の為に貼ってある』といえば貼りトラだし、逆に『この薄いシートが高域の振動をうんたらかんたら・・・』などとリクツをコネ出したら、少なくとも貼りトラとは言えないでしょう。

※極論を言うと。
 ストラトの巨大なピックガードは、8点止めと11点止めでトーンが違いますし、更にピックガードを両面テープで接着するとトーンが変わります。ピックガード自体も、初期の薄い1ピースと厚く剛性の高い3ピースでトーンが変わりますし、また素材も最初期のブラスとその後の塩ビ、アクリル等でトーンが変わります。
 とするとストラトも『プラスチックトップのラミネートボディ』ということに?勿論、そういう風には誰も思ってませんよね?しかし一方、ピックガードを豹柄とかシマウマ柄に変えるのは、明らかに音響の為ではなく装飾のためでしょう。
 まぁ、ラミネート/貼りトラの分類基準は、あくまでも作る側の自己申告と使う側が納得するかどうかってことでよろしいのではないかと思います。

>2pボディでトップに1cmくらい厚みのある板の場合

 10㎜もあったら、ヘタしたらそれだけでボディが作れます。間違いなく音響に少なくない影響があるでしょう。
 この場合は貼りトラでなくラミネートボディでよろしいのでは。
    • good
    • 0

そんなこと言ったら、本物の59年製レスポールも貼りトラになっちゃうね。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【エレキギター】ヴォリュームポット経由でアースするのはなぜ?

こんにちは。いつもお世話になっております。

通常、PUのコールド側のコードなどをブリッジへアースする際、
ヴォリュームポットの背中に一旦経由(集約)させてから、
ブリッジへの線をつなぐと思います。
そこでふと思ったのですが、集約させるためだけなら、ポットの背中
じゃなくて別の何か金属の塊(ゼムクリップや安全ピンみたいなモノ)
を利用すれば半田付けがかなり楽になると思うのですが、そんな話
聞いたこともありません。

上記の手抜き配線を行ったとき、なにか電気的なデメリットが
あるのでしょうか?それともポリシーの問題?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
ポットの種類(ケース材質)にもよるので、手放しでお薦めというわけにはいかないんですが…(^^ゞ (たまに、特殊な材質のものもあるので(^^ゞ)

私なんかは、ポットにハンダが乗せにくい時は、ヤスリでポットの金属ケース部のごく一部を『一皮剥いて』、そこに先に薄くハンダを敷きます(つまり、配線を取り付ける前に金属部の一部にハンダの皮膜を作る)。
アース線側も、剥き出した芯線に同じ種類のハンダをあらかじめ「からめて」おいてから、さきにハンダ皮膜を作った部分にハンダ付けすると、割と簡単にハンダ付けできることが多いです。

この方法は、電子部材のハンダ付けとしては、どっちかというと『邪道技』なので、本格的な電子回路工作ではこんなやり方しちゃダメですが(^^ゞ、ギターのアース線配線程度なら、特に問題はないです。

また、何本ものアース線を集約してハンダ付けする時は、先に全部のアース線をひとまとめにして、全部の芯線をまとめてしっかりよじってから、全体にハンダ皮膜を被せてバラけないよう固定した後に、そのかたまりごとにポットにハンダ付けする方がうまくいきます。私はその方法でやってます。
ただ、3~4回はしっかり全体的によじっておかないと、ポットへのハンダ付け時に芯線側のハンダが溶けて、1~2本『脱走』することがありますから、その点はご注意を。

質問とは関係ないですが、私は自分の楽器(私の場合はエレキベースですけど)のキャビティには、薄い銅箔を敷き詰めて、この銅箔の1点にアースポイントを作って、全部のアース線を集約しています。

銅箔を敷き詰めたのは、単なる趣味です(^^ゞ
(楽器に問題はなかったんですが、キャビティ内の導電性塗料の「塗り具合」が、どうも気に入らなかったので(^^ゞ)

この作業をした際、もちろんポットの固定部分も銅箔を敷いてあるので、ポットのボディ部自体もアースに落ちているのは確認したのですが、実際に組み上げてみると、手をノブ(金属製)に振れると「ノイズまで行かないがちょっと微妙」な反応が出たので、もう一度各ポットの金属ケースから銅箔アースポイントにアース線を追加しました。その後はなんともないです。

まぁ、ギター/ベースの機種や配線設計によって、ポットアースがなくとも大丈夫なケースもあるようですが、ポットにアースを取っておかないとダメなケースも多いようですね。
普通はキャビティには導電性塗料が塗られて、そこにもアースが取られていますが、楽器の特殊性で完全に全体がアースを取られた壁面に覆われているわけではない(開口部やプラスチックの蓋だけという部分も多い)ので、ポットにもアースを取っておかないと、ハイインピーダンスのラインが露出してしまうという理屈になるかと思います。

ポットケースのように表面積の広い(熱の拡散の多い)部材にハンダ付けする時は、半田ごても60W級の熱量の大きい奴で「素早く」やる方が良いですけどね。

No.3です。
ポットの種類(ケース材質)にもよるので、手放しでお薦めというわけにはいかないんですが…(^^ゞ (たまに、特殊な材質のものもあるので(^^ゞ)

私なんかは、ポットにハンダが乗せにくい時は、ヤスリでポットの金属ケース部のごく一部を『一皮剥いて』、そこに先に薄くハンダを敷きます(つまり、配線を取り付ける前に金属部の一部にハンダの皮膜を作る)。
アース線側も、剥き出した芯線に同じ種類のハンダをあらかじめ「からめて」おいてから、さきにハンダ皮膜を作った部分にハンダ付けすると...続きを読む


人気Q&Aランキング