【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

よく設備資金の返済期間は、
法定耐用年数内と聞きますが、
土地には法定耐用年数がありません。
銀行で融資を受ける際に、最長返済期間は何でしょうか?
事業用の土地資金です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どちらかというと、購入される土地でどのような事業を始めて、その事業から発生する収益がどの程度あるのかという説明資料をお作りになられるべきだと思います。


駐車場をやるのでしたら、何台見込めて、月にいくら収入があがって、その収益で何年かかれば返せるとかが一番わかりやすい例ではないでしょうか。
また、店を作られるのでしたら、どんな店で、商品は何を扱って、道路際だから来場者はこれぐらい見込めて、その収益で何年かかるか、既に持っておられるほかの店で実績があれば説得力は強くなるのではないでしょうか。
その店からだけで返済できないようでしたら、会社本体からどれぐらい出せるので、会社全体で見てほしいということもできるかもしれませんが、説得力は少し弱くなると思います。
    • good
    • 0

事業用の土地は設備資金になります。


私の勤務する金融機関では、設備資金は最長30年です

各金融機関により差はありますが、他行では最長50年という物もあると聞いた事があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の免責分の消費税は不課税?

保険の免責分の消費税について教えてください。

損害保険に入っています。
事故があった場合、免責分5万円のみを当社が負担して、後の全額は保険会社が相手に払ってくれています。

この場合、当社の負担する免責分の消費税は不課税で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

修理代を支払ったのは相手先であり、これは課税取引です。
geronimo99さんの会社が負担する弁償金の一部(免責分)は不課税です。
相手先が受け取る弁償金は不課税です。


人気Q&Aランキング