4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

何で自衛隊って空母を保有してはいけないんですか?
防衛にもとても重要だと思うんですけど。

gooドクター

A 回答 (8件)

別にいけないという規定はありませんが、建造するとうるさい国がいくつかあるからです。


「いずも型護衛艦」をF-38B搭載可能な実質的「空母」に改造する計画があるとかいう話もありますが。
    • good
    • 0

空母は防衛とは違うから、、、つまり相手国に出ていくためのものだから、、

    • good
    • 0

憲法で、外国に行って戦争をすることが禁じられているわけゆえ、必要以上に航空機を遠くに運ぶ空母は必要ないでしょう。

 でも、同じ理由で以前は保有できないことになっていた空中給油機もすでに導入されたし、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を空母化して、F-35Bを搭載するのが既定路線になってるようゆえ、じきに日本も空母を保有することになるでしょう。
    • good
    • 0

持っていけないという決まりはないですが、専守防衛という立場上、航空機がより遠くに飛べるようになるのは問題視されてしまいます。


基地からそんなに遠くまで飛べないから侵略戦争はできない、という言い訳が成立しなくなってしまいますからね。
(軍事や兵器の知識に疎い人からすれば増槽なんてただの爆弾にしか見えないだろうし空中給油なんて概念すらないと思います)

移動可能な基地ともいえる空母は侵略戦争のイメージと直結してしまう人もいるのだと思います。
    • good
    • 0

ずいぶん前に”プチ空母ブーム”があって、インド、中国、ブラジル、タイなどの国が新造・中古の空母を導入したけど、演習に顔を出せたらマシな方で、殆どが軍港に係留されたままで戦力になっておらず、「象徴としての存在」が一番の(つーか、唯一の)任務になっているのが現状(中国も、購入した空母はまともに運用できないまま、空母国産化のための”教材”になっていた)。



また、艦艇は1隻あれば良いというモノでは無い。重整備のために定期的に長期間のドック入りをさせる必要があるので、複数を配備する必要がある。
日本が”有効に”空母を配備するためには、北を睨む大湊、半島・大陸を警戒する呉(佐世保)、太平洋担当の横須賀あたりの3隻+予備が1~2隻が必要になるだろうな。
で、空母は、操船、武装などの他に、航空管制などの高度なシステムが複雑に入り組んでいるため、維持コストも莫大なものになる。
CVNX(CVN-21、現CVN-78ジェラルド・R・フォード)の計画初期段階の試算では、空母のライフサイクル(50年)のコストは、1隻当たりで
  原子力空母220億ドル:年間4.4億ドル(1ドル110円換算で年間484億円)
  通常動力空母140億ドル:年間2.8億ドル(同308億円)
が必要となる。
有効な戦力とするため複数席配備するとなると、維持するだけで年間1千億円程度・・・その分、他の装備に影響する。

なお、現在、空母を実践力として配備している国は、「紛争当事国」や「世界の警察”気取り”」の国ばかりで、全て国が外征兵器として配備している。
>防衛にもとても重要だと思うんですけど。
具体的に、どのように防衛に役立って、どこらへんが重要なんだろうか?

「専守防衛にそぐわない」というだけで「空母を保有してはいけない」コトは無いんだけど「”なんとなく”あった方が良いんじゃないか」じゃ、説得力の欠片もない。
    • good
    • 0

中国海軍を抑えるのには台湾が一番の不沈空母です。



空母を所有するよりも台湾をバックアップし
中国海軍を第一列島線で食い止める戦略を強めるべきだと思います。

現在、中国海軍は第一列島線を突破を常態化し第二列島線にも到達し始めています。

しかし、台湾が中国に併合され不沈空母台湾である限り、

中国の決め手の沖縄併合、日本侵略。打倒アメリカは達成されないと思います。
是非、台湾の死守に尽力すべきだと思います。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/ …
https://military.china.com/important/11132797/20 …
    • good
    • 0

防衛だけなら、国内の基地から戦闘機を発進させれば


その航続距離で、侵略してくる敵を攻撃するのに充分です。
    • good
    • 0

別に保有しちゃいかんと言う法律はない。


ただ空母を保有すると、結構金食い虫だったりする。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング