ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリエステルの物性について比較中です。
引張強度・せん断強度・耐薬品性はどれが一番強いかについて知りたいんです。
あと2時間後(7月18日 午後8時)に上司に返事をしなければいけないので知っている方教えて下さいませ。自分でも調査中です。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

引張強度のデータはありました。

(単位:kg/cm2)

ポリプロピレン:3265
ポリエステル:380
ポリエチレン:165

PEは比重が「0.92」なのでLD-PEのようです。
出所はここです。↓

参考URL:http://minerva.ohnolab.arch.t-kougei.ac.jp/Mater …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考URL教えていただいてありがとうございました。今回3種類の比較検討ということだったんですが、「そんな都合のいいことインターネットで調べられるんかいな?」と思っていましたが・・・・あるんですね。表にしてあるとわかりやすくて字だけの報告書よりずっといいですよね。おかげでなんとかなりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 19:50

引張強さ[kgf/mm]


ポリエチレン低密度LDPE:0.42~1.61
ポリエチレン高密度HDPE:2.18~3.87
ポリプロピレン非変性PP:3.0~3.8
飽和ポリエステル樹脂PET:5.9~7.3

せん断強度はデータなし。

対薬品性(PETのデータなし)
強アルカリにPBTは侵される。ほかは影響無~抵抗。
酸化性酸にLDPE、PP、PBTは侵される。HDPEはわずか侵される。
PBTは一般溶剤に不溶、LDPEは60℃以下、HDPEは80℃以下、PPは195~204℃以下で耐える。

以上化学便覧基礎編改訂3版, 丸善(1984)より。

結論として、引張り強さのもっとも強いものはポリエステルPET、耐薬品性は一般にPPが強い。PBTは強アルカリに弱い(エステル結合の切断が起こる)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧に教えていただいてありがとうございます。具体的な説明で科学に弱い私でも少し理解することができました。(でもエステル結合って何?というレベルですが)すみません、文章そのままいただきます、一部。もっと科学勉強しないといけないかもしれないです。
本当にありがとうございました、助かりました。

お礼日時:2001/07/18 19:57

急いでおられるようなのでわかる範囲で。

耐薬品性しかわかりませんが、ポリエステルはアルカリにはかなり弱いはずです。酸にも弱いかもしれません。ポリプロピレンは酸には強くありませんが、アルカリには強いです。ポリエチレンは酸、アルカリに強そうですが、強度は弱いかもしれません。どれも有機溶媒に対しては強くないと思います。耐薬品性で言えばテフロン繊維が使えるなら最も強いと思います。値段が高いですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

急な質問に対し返信ありがとうございました。実際、薬品に対して使用するのではなく海中に使用するものの検討だったので最初「耐薬品」について聞かれたときには???でした。
本当に情報ありがとうございました。おかげで助かりました。

お礼日時:2001/07/18 19:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリプロピレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。

ポリプロピレン板、もしくはポリエチレン板の厚み1mmくらいで600×600mm以上の透明を探しています。
ホームセンターで見かけるアクリルサンデーのPPクラフトシートはラインが入っていて使えません。
ネット通販の、はざい屋さんでは透明な物は取り扱いがないです。
ネットでだいぶ調べたのですが見つけることができませんでした。
上記のサイズで1枚から販売してくれるお店や、ネット通販の店をご存知でしたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクリルで良ければ、以下製品シールより

アクリルサンデー板
透明度抜群アクリル樹脂板
色番 「IR001強化透明」
サイズ 600×1100mm
厚み 1mm
素材 アクリル樹脂
特徴 長期屋外でも劣化しない、ガラスより軽く強い、透明板は透明度抜群
比重 1.19
使用温度 -60~80℃
燃焼性 可燃性
お客様専用フリーダイヤル 0120-005-998

此は全面透明で筋や線など入っていません、ホームセンターで購入しました、無ければこの色番で取り寄せて貰えます、お値段は約¥2600程でした。

Q耐薬品性の輪ゴム

一般的な天然ゴムを使った輪ゴムに
耐薬品性を加えたものを探しています。

薬品にどぶ漬けするのでなく、
揮発したアルカリ内に治具固定で使います。
輪ゴムでもいいのですが、熱ですぐに切れてしまうので
もうちょっとがんばってくれる輪ゴムを探してます。

金属が使えないのですが、
インシュロックや型材で押えると
治具の構成を変更しなくてはならず
困っています。

ご教示願います。

Aベストアンサー

物性値を御調べになれば、シリコンゴムなどが最適だと思います。

シリコン製の輪ゴムが販売されています。

ただし、天然ゴムのような弾力性は期待しないでください。

参考URL:http://www.abistudio.com/sempre/shop/zoom_168037/

Qポリエチレンと飽和脂肪酸

化学式を見る限り、ポリエチレンの分子の一番端のHをCOOHに置き換えるだけで、肉などの油に含まれる飽和脂肪酸の分子になるように思うのですが、ポリエチレンから食用油を作ったり、食用油からポリエチレンを作ったりできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ポリエチレンから食用油
これはあまりお薦めいたしません。奇数炭素を持つカルボン酸は代謝系に乗り難いです。
また、C-C単結合は「燃焼」ぐらい大きなエネルギーがかからないと切れません。掛けるとトロトロと末端から燃えちゃいます。
>食用油からポリエチレン
こちらの方はポリエチレンではないですが、三十年くらい前から不飽和脂肪酸とエチレンの「メタセシス」で末端不飽和の炭素鎖を作る工業プロセスがあります。

Q引張応力とせん断応力の合成応力?

物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?
引張応力とせん断応力を合成した応力が存在し,それが許容応力以下かを調べる必要があるのでしょうか?
その場合は,計算方法も教えて欲しいです.

Aベストアンサー

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する」は同義語ではありません。

一般的な許容応力法の検討では、

3次元物体には、3方向(x、y、z)の材軸が存在します。この物体に3方向の軸力と剪断力が同時に作用する場合、この物体に生じる最大応力は、
σmax=√(σx^2+σy^2+σz^2+3τ^2)
で求めることができます。

もし、同時に剪断力を受ける物体が細長い物体で、1方向(x方向)にのみ引張りが生じているならば、
σy=σz=0
となって、
σmax=√(σx^2+3τ^2)
で計算することができます。この最大応力が許容応力を超えないことを確かめます。

多少、簡単に書きすぎたかもしれませんが、基本的な流れとしては、合っていると思います。
また、破壊についても基本的な考え方は同じですが、式の表現方法が多少異なり、より詳細な表現がされ、比較の対象が「許容応力」ではなく「降伏応力」になります。

詳しくは、応力テンソル、ミーゼス、トレスカなどのキーワードをgooなどで検索すると詳しい説明のあるサイトを見ることができます。

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する...続きを読む

Qポリエチレンと塩ビは反応しますか? ポリエチレンの袋を塩ビの可塑剤が溶

ポリエチレンと塩ビは反応しますか? ポリエチレンの袋を塩ビの可塑剤が溶かすってことは無いと思うんですが、ポリエチレンの袋を可塑剤が透過するってことはありますよね?

Aベストアンサー

1)ポリエチレン(PE) と ポリビニルクロリド(PVC)は100C位までは固体で、反応しません。でも
200C以上では、PEの熱分解から、PVC の融解も伴い、反応します。
2)PVCの可塑剤(色々あるでしょうが)はPEの袋を50C以下ではとかしません。HDPE の袋なら80C
位までOKです。
3)PEはバリヤー性が少ないポリマーなので、可塑剤を透過させます。温度依存性があり、40Cの方が20Cより、透過度はずっとおおきいです。袋に可塑剤を少し入れて封じ手おくと臭いがします。
4)PVC=塩ビ

Qポリプロピレンの冷凍

自由研究で、いろいろな液体を凍らせて凍る時間や溶ける時間を調べたいのですが、手元にあるポリプロピレン製のプラスチックカップに液体を入れ、ラップをしたものを冷凍庫に入れても大丈夫でしょうか?回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

大丈夫

Qバッグの底板

バッグの底板のようなものを探しています。
プラスチックのようなもので、
ある程度、曲げに強くカッター等で
加工できるものです。
円筒状の布バケツを自立させるために
内側に円筒状にしてガイドにしたいのですが
DIYショップでも見つけれません。
ネット上では硬質スチロールとか、
ポリエチレンという名前のようですが
WEB上で販売しているところがあれば
教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

恐らくベルポーレンで良いかと思いますヨ。
*よくバッグの底芯として使われます。
 規格サイズ1枚:100×100c位

厚みは1mm(前後もある)でしたら加工も難しくないでしょう。ちょっと滑りますケド。

しかしWEB上で販売してる所が見つけられません・・・
要はバッグ等の材料の1部ですのであなたが東京の方ならば浅草橋・蔵前近辺にそれらを扱う店があるんですけどね。
あとは例えばハンズやユザワヤとか。

あまりお力添えにならず失礼しました。

Q150℃での引張試験と室温での引張試験の降伏応力の違いについて

今私はAl-Mg-Scを用いて引張試験を行っています。
試料は亜時効材と過時効材を使用しています。
150℃の雰囲気温度をつくり引張試験をおこなっているのですが,得られたひずみ応力曲線から出した降伏応力は室温で引っ張ったときの降伏応力に比べて高い値がでると考えられますか? みなさんの考えをお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

150度の雰囲気でしたらほとんど変わりはないと思います。
それが350度以上になりますと変化があります。
殆どの金属の常態化されるのは350度を境界にしてると僕は思いますが皆さんの回答を待っています。
http://www.ostec.or.jp/nmc/TOP/11(H15.2).pdf

参考URL:http://www.jilm.or.jp/taikai/第105回秋期大会講演プログラム.xls

Qポリエチレン結晶化度

ポリエチレンの結晶化度をDSC測定で求める場合,ΔHを100%結晶状態のポリエチレンのΔHで割るかと思います.この100%結晶状態のΔHの値はポリエチレンの分子量やその他の違いによって変わるものなのでしょうか?例えば100%結晶状態のLDPEのΔHと同じく100%結晶状態のUHMWPEのΔHは異なるでしょうか?できれば理由もあわせてご教授いただけると助かります.

Aベストアンサー

私は高分子結晶の専門家でないのですが,わかる範囲で・・・
結晶性高分子の結晶部分が示す現実の融点は,その分子構造,分子量,熱履歴などによって大きく左右されます。
文献に載っているいわゆるΔHはたいてい,平衡融点を示す結晶の融解熱を指すもので,いくつかの条件を振って測定した結果を外挿して得られる値だと思います。理想的な状態です。
それに対して実際のDSCで得られる融点は,たとえ昇温速度を非常に遅くして冷結晶化過程を十分に通過させたとしても,できあがる結晶は不完全です。
冷結晶化のあとに測定される融点は平衡融点よりも低くなり(つまりΔHが小さく,ときには1/3にもなります),上記の文献値ΔHが当てはまらなくなります。
ですので,DSCの融解面積から文献値ΔHを用いて結晶化度を出すのは,それだけの大きな誤差を含む可能性があると考えるべきです。
やはり広角X線回折測定の方がよいと思います。
しかしDSCでももっと良い方法があるのかも知れませんが,室温付近の物性を調べるのに熱履歴を与えてしまうDSCを使うのはどうでしょうね?
また,このあたりについては「熱分析」関連の書籍が参考になるとか。

私は高分子結晶の専門家でないのですが,わかる範囲で・・・
結晶性高分子の結晶部分が示す現実の融点は,その分子構造,分子量,熱履歴などによって大きく左右されます。
文献に載っているいわゆるΔHはたいてい,平衡融点を示す結晶の融解熱を指すもので,いくつかの条件を振って測定した結果を外挿して得られる値だと思います。理想的な状態です。
それに対して実際のDSCで得られる融点は,たとえ昇温速度を非常に遅くして冷結晶化過程を十分に通過させたとしても,できあがる結晶は不完全です。
冷結晶化の...続きを読む

Qせん断加工の加工荷重

せん断加工の加工荷重は

P=板厚×加工長さ×0.8×引張強度

ということですが、
0.8はどういう原理、意味で掛けられるのですか??

どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

せん断加工力P[kgf]=加工周長L[mm]×板厚t[mm]×せん断抵抗S[kgf/mm2]
です。

せん断抵抗(S)が分かっていない時には、材料の引張強さTsの80%値で代用します。通常、金属材料ではせん断抵抗は概ね引っ張り強度の60~80%に相当するので、最大域である80%値を代用値として使ってもとりあえず問題ないということ。

ただし、例えばパンチ加工の場合はパンチとダイの形状の工夫で加工力はもっと小さくもできます。先端角やクリアランスなどのパラメータの違いで、加工力や仕上がりのカエリの大きさが変化するんですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング