ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリエステルの物性について比較中です。
引張強度・せん断強度・耐薬品性はどれが一番強いかについて知りたいんです。
あと2時間後(7月18日 午後8時)に上司に返事をしなければいけないので知っている方教えて下さいませ。自分でも調査中です。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

引張強度のデータはありました。

(単位:kg/cm2)

ポリプロピレン:3265
ポリエステル:380
ポリエチレン:165

PEは比重が「0.92」なのでLD-PEのようです。
出所はここです。↓

参考URL:http://minerva.ohnolab.arch.t-kougei.ac.jp/Mater …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考URL教えていただいてありがとうございました。今回3種類の比較検討ということだったんですが、「そんな都合のいいことインターネットで調べられるんかいな?」と思っていましたが・・・・あるんですね。表にしてあるとわかりやすくて字だけの報告書よりずっといいですよね。おかげでなんとかなりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 19:50

引張強さ[kgf/mm]


ポリエチレン低密度LDPE:0.42~1.61
ポリエチレン高密度HDPE:2.18~3.87
ポリプロピレン非変性PP:3.0~3.8
飽和ポリエステル樹脂PET:5.9~7.3

せん断強度はデータなし。

対薬品性(PETのデータなし)
強アルカリにPBTは侵される。ほかは影響無~抵抗。
酸化性酸にLDPE、PP、PBTは侵される。HDPEはわずか侵される。
PBTは一般溶剤に不溶、LDPEは60℃以下、HDPEは80℃以下、PPは195~204℃以下で耐える。

以上化学便覧基礎編改訂3版, 丸善(1984)より。

結論として、引張り強さのもっとも強いものはポリエステルPET、耐薬品性は一般にPPが強い。PBTは強アルカリに弱い(エステル結合の切断が起こる)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧に教えていただいてありがとうございます。具体的な説明で科学に弱い私でも少し理解することができました。(でもエステル結合って何?というレベルですが)すみません、文章そのままいただきます、一部。もっと科学勉強しないといけないかもしれないです。
本当にありがとうございました、助かりました。

お礼日時:2001/07/18 19:57

急いでおられるようなのでわかる範囲で。

耐薬品性しかわかりませんが、ポリエステルはアルカリにはかなり弱いはずです。酸にも弱いかもしれません。ポリプロピレンは酸には強くありませんが、アルカリには強いです。ポリエチレンは酸、アルカリに強そうですが、強度は弱いかもしれません。どれも有機溶媒に対しては強くないと思います。耐薬品性で言えばテフロン繊維が使えるなら最も強いと思います。値段が高いですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

急な質問に対し返信ありがとうございました。実際、薬品に対して使用するのではなく海中に使用するものの検討だったので最初「耐薬品」について聞かれたときには???でした。
本当に情報ありがとうございました。おかげで助かりました。

お礼日時:2001/07/18 19:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐薬品性の輪ゴム

一般的な天然ゴムを使った輪ゴムに
耐薬品性を加えたものを探しています。

薬品にどぶ漬けするのでなく、
揮発したアルカリ内に治具固定で使います。
輪ゴムでもいいのですが、熱ですぐに切れてしまうので
もうちょっとがんばってくれる輪ゴムを探してます。

金属が使えないのですが、
インシュロックや型材で押えると
治具の構成を変更しなくてはならず
困っています。

ご教示願います。

Aベストアンサー

物性値を御調べになれば、シリコンゴムなどが最適だと思います。

シリコン製の輪ゴムが販売されています。

ただし、天然ゴムのような弾力性は期待しないでください。

参考URL:http://www.abistudio.com/sempre/shop/zoom_168037/

Q引張応力とせん断応力の合成応力?

物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?
引張応力とせん断応力を合成した応力が存在し,それが許容応力以下かを調べる必要があるのでしょうか?
その場合は,計算方法も教えて欲しいです.

Aベストアンサー

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する」は同義語ではありません。

一般的な許容応力法の検討では、

3次元物体には、3方向(x、y、z)の材軸が存在します。この物体に3方向の軸力と剪断力が同時に作用する場合、この物体に生じる最大応力は、
σmax=√(σx^2+σy^2+σz^2+3τ^2)
で求めることができます。

もし、同時に剪断力を受ける物体が細長い物体で、1方向(x方向)にのみ引張りが生じているならば、
σy=σz=0
となって、
σmax=√(σx^2+3τ^2)
で計算することができます。この最大応力が許容応力を超えないことを確かめます。

多少、簡単に書きすぎたかもしれませんが、基本的な流れとしては、合っていると思います。
また、破壊についても基本的な考え方は同じですが、式の表現方法が多少異なり、より詳細な表現がされ、比較の対象が「許容応力」ではなく「降伏応力」になります。

詳しくは、応力テンソル、ミーゼス、トレスカなどのキーワードをgooなどで検索すると詳しい説明のあるサイトを見ることができます。

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する...続きを読む

Qポリプロピレンの冷凍

自由研究で、いろいろな液体を凍らせて凍る時間や溶ける時間を調べたいのですが、手元にあるポリプロピレン製のプラスチックカップに液体を入れ、ラップをしたものを冷凍庫に入れても大丈夫でしょうか?回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

大丈夫

Q150℃での引張試験と室温での引張試験の降伏応力の違いについて

今私はAl-Mg-Scを用いて引張試験を行っています。
試料は亜時効材と過時効材を使用しています。
150℃の雰囲気温度をつくり引張試験をおこなっているのですが,得られたひずみ応力曲線から出した降伏応力は室温で引っ張ったときの降伏応力に比べて高い値がでると考えられますか? みなさんの考えをお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

150度の雰囲気でしたらほとんど変わりはないと思います。
それが350度以上になりますと変化があります。
殆どの金属の常態化されるのは350度を境界にしてると僕は思いますが皆さんの回答を待っています。
http://www.ostec.or.jp/nmc/TOP/11(H15.2).pdf

参考URL:http://www.jilm.or.jp/taikai/第105回秋期大会講演プログラム.xls

Qせん断加工の加工荷重

せん断加工の加工荷重は

P=板厚×加工長さ×0.8×引張強度

ということですが、
0.8はどういう原理、意味で掛けられるのですか??

どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

せん断加工力P[kgf]=加工周長L[mm]×板厚t[mm]×せん断抵抗S[kgf/mm2]
です。

せん断抵抗(S)が分かっていない時には、材料の引張強さTsの80%値で代用します。通常、金属材料ではせん断抵抗は概ね引っ張り強度の60~80%に相当するので、最大域である80%値を代用値として使ってもとりあえず問題ないということ。

ただし、例えばパンチ加工の場合はパンチとダイの形状の工夫で加工力はもっと小さくもできます。先端角やクリアランスなどのパラメータの違いで、加工力や仕上がりのカエリの大きさが変化するんですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報