『住宅』カテゴリーにも掲示してありますが、解答がなかなか無いのでこちらにも掲示します。

脱臭やシックハウス予防用に、『床下に備長炭を敷き詰めてます』なんていうことを最近良く耳にしたりすることがありますが、良く考えてみると炭は可燃物ですよね。
また、着火し難くて、着火後は相当の火力で、なおかつ消えにくいなんて特徴もあります。難燃性に調製してあるものなら問題ないのでしょうが。

店舗とかの、不特定多数の人が利用する場所に使ってあるのをTVで見たこともあります。

消防法とか、建築関連の法律に抵触することは無いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=105897
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指定可燃物の表示は屋内ではダメですか?

どなたか、詳しい方、よろしくお願いします。

当社はプラスチック成形をしており、合成樹脂材料(250トン)で指定可燃物の届けを出しております。

先日ISO14001の審査員に指摘されました。
社内に指定可燃物の種類と量を表示しているのですが、
「屋外に向けて表示しなければ、いざ火事の時に消防隊員に伝わらない。」
「条例がどうなっているか調べてください」
と言われました。

何年も屋内で指摘されていなかったのですが、法律上、ダメなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも危険物の管轄は消防であり、「指定可燃物」に関する消防法第九条の四の『その他指定可燃物に類する物品の貯蔵及び取扱いの技術上の基準は、市町村条例でこれを定める。 』とあるので、届けを出した消防に表示法についても確認をするのが一番詳しく確実ではありませんか。

消防法 - e-gov
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html

『第九条の四  危険物についてその危険性を勘案して政令で定める数量(以下「指定数量」という。)未満の危険物及びわら製品、木毛その他の物品で火災が発生した場合にその拡大が速やかであり、又は消火の活動が著しく困難となるものとして政令で定めるもの(以下「指定可燃物」という。)その他指定可燃物に類する物品の貯蔵及び取扱いの技術上の基準は、市町村条例でこれを定める。
○2  指定数量未満の危険物及び指定可燃物その他指定可燃物に類する物品を貯蔵し、又は取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準(第十七条第一項の消防用設備等の技術上の基準を除く。)は、市町村条例で定める。 』


消防法における指定可燃物について 【OKWave】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2286936.html

この時点では、第九条の三 という条のナンバリングだったようですが。

そもそも危険物の管轄は消防であり、「指定可燃物」に関する消防法第九条の四の『その他指定可燃物に類する物品の貯蔵及び取扱いの技術上の基準は、市町村条例でこれを定める。 』とあるので、届けを出した消防に表示法についても確認をするのが一番詳しく確実ではありませんか。

消防法 - e-gov
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html

『第九条の四  危険物についてその危険性を勘案して政令で定める数量(以下「指定数量」という。)未満の危険物及びわら製品、木毛その他の物品で火災が発生し...続きを読む

Q消防法の指定可燃物について

こんにちは
使用している成形材料が消防法の指定可燃物に該当するかどうかを確認するのにMSDSに記載されている「適用法令」を基に判断してもいいものでしょうか?
自治体の条例等も関係するかとは思いますが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
適用法令に明確に書かれていない指定可燃物類は、所轄消防署予防課の判断に従う必要があります。
地域によって、微妙な解釈の違いがあります。
所轄消防署予防課に電話を入れて問い合わせましょう。
ご参考まで

Q指定可燃物貯蔵工場の消防用設備に関して

たとえば、指定可燃物を貯蔵している1500m2の工場があるとします。工場内に古紙600,000kgあるとすれば消防の設備を何をどれだけ設置しなくてはならないか教えてください。

Aベストアンサー

延床面積1500m2とのことでので消防設備は下記の通り
消火器具
漏電火災警報器
自動火災報知機
屋内消火栓設備
動力消防ポンプ
誘導灯
可燃物の貯蔵の部分
全 部 消火器具
倍率500倍以上自動火災報知機
倍率750倍以上屋内消火栓設備
倍率1000倍以上水噴霧消火設備又はスプリンクラー設備
ご参考まで

Q下請法に抵触しますか?

ある大企業(以下A社)からの受託加工を請け負っています。
一部私たちの加工以外に協力工場へ依頼している工程があるのですが、
この協力工場が生産できなくなってしまいました。
その為、他の協力工場へ移管する予定ですが、単価が倍近く上がってしまいます。
他にお願いできるところがありません。

そのことを発注先であるA社に連絡して、4M申請を行わなくてはならない。
これは理解しています。

今の価格では大赤字になってしまい、私たちも赤字のまま生産しなくてはならなく困ると申し入れましたが、
「現在、量産品であり価格が上がることは認められない」
「価格変更はA社に起因することではないので、私たちの企業努力で何として欲しい」
とのことです。

受発注形式はWEB-EDIで受信確認していますが、納期は回答できない状況ですので回答していません、

このような状況で、私たちで出来る精一杯の見積りを提示しようと考えています。
恐らく価格は認められない、今までの価格で行って欲しいと付き返されることが予想されます。

このような状況で、A社は私たちが赤字で行うことを知りながら、
今までの価格でやりなさいと言って来る事は下請法に抵触するのでしょうか?

ある大企業(以下A社)からの受託加工を請け負っています。
一部私たちの加工以外に協力工場へ依頼している工程があるのですが、
この協力工場が生産できなくなってしまいました。
その為、他の協力工場へ移管する予定ですが、単価が倍近く上がってしまいます。
他にお願いできるところがありません。

そのことを発注先であるA社に連絡して、4M申請を行わなくてはならない。
これは理解しています。

今の価格では大赤字になってしまい、私たちも赤字のまま生産しなくてはならなく困ると申し入れま...続きを読む

Aベストアンサー

下請法に定める資本金要件や取引要件などを満たすことを前提にコメントすれば、下請法抵触を問うのは非常に難しいでしょうね。

はじめに、「赤字で行うことを知りながら」とのことですが、この点については残念ながら、「後発的事情により赤字となってしまうことが見込まれても、なお契約を履行するかどうか」は御社の経営判断によるところであり、A社には無関係の事情です。そのため、それのみを根拠として違法とするのは、自己の事情を他人に押し付けることに他ならず、法的には認め難いものといわざるを得ません。

したがって、それ以外の理由に基づき下請法違反を問えないかどうかを検討することになります。

この点、まず、価格を上げないことは減額とは異なりますから、4条1項3号違反にはなりません。

その他にも、お書きの内容に基づく限り、次に挙げるものを除き、違反が見られません。

かろうじて違法性を問えそうなのは、4条1項5号の「買いたたき」です。ただ、「協力工場が生産できなくなってしまいました」という、発注先にとって専ら外部要因によるときは、同号の「買いたたき」とは言い難いものと思います。

そうすると、お書きのケースで下請法違反を問うのは、残念ながら、非常に難しいものがあります。

参考URL:
http://www.jftc.go.jp/sitauke/index.html
http://www.jftc.go.jp/sitauke/19textbook.pdf

下請法に定める資本金要件や取引要件などを満たすことを前提にコメントすれば、下請法抵触を問うのは非常に難しいでしょうね。

はじめに、「赤字で行うことを知りながら」とのことですが、この点については残念ながら、「後発的事情により赤字となってしまうことが見込まれても、なお契約を履行するかどうか」は御社の経営判断によるところであり、A社には無関係の事情です。そのため、それのみを根拠として違法とするのは、自己の事情を他人に押し付けることに他ならず、法的には認め難いものといわざるを得...続きを読む

Q指定可燃物について

指定可燃物について教えてください。
木材で約100㎥あったとするとおおよその地域では基準の5倍を超えるので届出が必要になってくると思います。
基準値の5倍を超えた木材を保管するためには必要な倉庫の設備等は
あるのでしょうか?
困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

参照URLを見てください。

1メートル以上距離をとればよいようです。
屋内の場合は不燃性材料で区切ること。

参考URL:http://www.m-kouiki.or.jp/reiki_int20-4-1/reiki_honbun/ab30001021.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報