6月の終わり、留守中に上の階の不注意で漏水被害に遭いました。原因は洗濯機のホースが排水溝から外れていたことにあるようです。
フローリングやクロスの張り替え工事は9月に、日程は2週間に及びました。しかしこの4ヶ月、上の方ときちんと話しができたのはわずか一度。この事で大変なストレスと怒りを感じております。というのも、工事については賃貸で住んでいる私にとって大きな問題ではないのです。工事前の状態でも生活に全く支障はなかったですし、逆にフローリングの色やクロスの種類の確認や、鑑定事務所の立ち会い、家具の撤去、ホテル住まいなど、労力と気疲れを負いました。
大掛かりな工事でしたが、私にとっては大事なものが漏水の被害に遭った事の方が重大でした。大切な人からの贈り物のソファ、1ヶ月前に誕生日プレゼントとしてもらった電化製品、また、旅行が好きで、ちょうど帰国したばかりだったその頃、テーブルの上には旅行の購入したものが置いてありました。それらは値段的には全く高いものではありません。美術館や博物館が好きな私は、そもそもそこを目的として旅行に行きました。購入したポスターやポストカードなど数十点。私は以前よりこれらのものを収集しており、趣味でもあります。
自分の不注意でいつ加害者の立場になるか分かりません。そう思い、誠意ある対応と謝罪をいただければ穏便に早く終えてしまおうと考えていました。しかし、2ヶ月以上たっても様子伺いも全くなく、こちらから保険会社を聞き工事日程を決め、加害者は工事にあたっての挨拶(隣人含む)も全くありませんでした。保険会社名を尋ねた時は「まだ保険屋さん連絡ないんだ?」と他人事のようでした。9月末に工事が完了し、保険会社に『私』の物などへの賠償はどうなってるのかと尋ねると、購入した金額分でしか払えないとのこと。しかし私としては納得できません。
この場合どうしたらいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足ありがとうございます。



状況がわかりました。

まず、付加価値分の請求はまず無理と思われます。
客観的に見ることができる付加価値であれば認める(支払う)ことはありますが、個人にとっての付加価値は主観的で損害額の算定ができないからです。
たとえば、同じような事故で今では絶版のアイドル歌手の写真集が濡損した場合、この絶版のアイドル写真集が一般の古本屋などに並んでいればその相場がわかります。その相場が定価より高くても支払われることが多いです。
しかし、その人しか持っていないアイドルの写真の場合は客観的に価格を見積もることはできないので支払われることはありません。
それに近いものが今回のケースです。
ですからポスターやカードであれば、レシートやネットで販売価格がわかればそれを限度に支払われます。

旅費の費用についても認められることはないでしょう。
あくまで物の損害であり、旅行の損害ではないという考えです。

付加価値の件にもいえるのですが、この手の事故の場合、このようなことを請求する被害者はとても多いのです。つまり、保険会社は慣れているのです。
また、このような請求は司法の場でも認められることはないようです。
実際、今回の事故の損害賠償請求が認められるかは訴訟に持ち込んでみないとわかりませんが、20万円や30万円の損害で訴訟に持ち込んでも、被害者側の費用倒れになることもわかっているのでどんなに騒いでものらりくらり状態です。

どうしても、納得のいく方向に持って行きたいのであれば、直接本人に支払ってもらう方法があります。
自動車保険では保険会社が示談交渉をやってくれますので、被害者は加害者との話し合いはほとんどが保険会社を通してですが、今回のような個人賠償保険の場合、保険会社は示談をすることは無い場合がほとんどです。いまはあくまでサービスとして被害者の方とお話していると思われます。(例外もありますので相手の保険会社に確認してみて下さい)鑑定会社が損害の範囲を確認してますので保険会社は支払いを増やすことは難しいですが、最終的な示談相手は加害者本人です。ですから、本人に請求してもよいのです。示談の方法がどうであっても両者が納得できればそれでいいのです。金額が20万円で決定すれば、37000円を保険会社が支払い、差額を本人からもらい、その場で示談書にサインすることで決着はできます。
20万で交渉を始めて、10万で決着もいいでしょう。また、あきらめて37000円でもかまいません。

monkey_girlさんのお気持ちは痛いほどよくわかります。
実際、交通事故にしても漏水事故にしてもほとんどの被害者の方はすべてに満足をして示談をするということは無いに等しいです。事件や事故の解決に法律は満足に答えを出してくれるものではないんです。
あくまで示談は交渉であり、納得できる事柄をどこまで通せるか、、、ということなんです。

私は「形あるものいつかは壊れる」と思っています。
monkey_girlさんのような良心的な被害者の方を怒らせる加害者がゆるせませんが、冷静に落ち着いて交渉してください。相手への嫌味も落ち着いて言うほうが効き目がありますよ。
    • good
    • 3

お困りの様子がありありと伺えますが、法律カテゴリか


損害保険カテゴリで質問しなおすことをお勧めします。

monkey_girlさんにアドバイスとしては、きっと上階の方が
同じポスターを「ほら、これ返せば良いのでしょう」と
突き返してきたら、更に納得できないのではないでしょうか。
そういう意味では、誠実な謝罪のみを求める方向で交渉する
のが良いと思います。

きれいなものをたくさん集めるのは楽しいですし、安らぎ
ますよね。
これからもっともっと良いものが見つかりますよ。

ですから、無くなってしまった物への心残りはほどほどに
なさって、新しいものを探すのも、楽しいと思いますよ。
    • good
    • 4

中途半端な情報ですいません、予め。



確かその品物に対する特別な思い入れが認められれば、損害賠償請求の裁判を起こした際、それ以上の金額を要求できます。“大切な人からのプレゼント”とかです。確かそういう法律があったハズ…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々のレスポンスありがとうございます。

今はどんな情報でも、本当にありがたく思います。
いただいた情報をとっかかりにし、これから調べてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/30 00:51

加害者の対応はひどいですね。



>9月末に工事が完了し、保険会社に『私』の物などへの賠償はどうなってるのかと尋ねると、購入した金額分でしか払えないとのこと。しかし私としては納得できません。

ということですが、慰謝料みたいな形で金銭を要求したいのですが?
それとも相手の誠意ある謝罪がほしいのですか?

よろしければ教えてください。

この回答への補足

納得できないのは、私にとってそれらは付加価値がああり、そこでしか購入できないものであるということがあります。仮に500円で買ったものだからといって、実際500円で手放せるものでもないからなんです。また、上の階の方からもこちらの心情を察して対応し下さったような経緯も全くみられなかったことも、加えて不満となり、納得できない気持ちを支えているのだと思います。
最初は謝罪と使用できなくなった家電製品の賠償だけででいいと思っていました。
3週間前の加害者との話しで、被害にあったもの、工事にあたって不便な生活をしたことなど、これまでの状況を話しました。保険会社の方は最終の支払金額のお話をするような過程に入っていましたが、私としては、加害者が被害者の心痛を積極的に理解しようとする姿勢は全くみられないことに大変憤りを感じており、加害者に「お金云々よりも、私にとってこれら大切なものを、まずどうにかもう一度手に入れてもらえるような努力をしてもらいたい。それから賠償金額の話しだと思う。結果を求めているのではなく、そのプロセスを被害者の立場を考えて大事にしてもらいたい。方法は問わない、購入先やそれらのものを直接貸し出してもよい。ここまでも時間がかかったし、全ての対応が遅く、いい気持ちをしていない。どうかその気持ちをわかっていただきたい。」と伝えたのです。
加害者は「今すぐにそんなことを言われても、どうしたらいいか分からない。考える。」と言って帰りました。
それから一週間後、保険会社の方が来て「あなたの要求は非現実的。一般的に考えて欲しい。加害者は困り果てており、探しても見つからないようだ。」とのこと。
私は被害一覧をリストで渡したましたが、「ポスター・購入先Glasgow」のように書いてあるだけなので、一体加害者は何を探したのだろうと思いました。どこの美術館・誰の作品、というのは書きましたがそれ以上のことは書いてありません。また、「どう対応するか考えさせて欲しい」と帰ってからこちらには連絡なし。どんな対応をしてくれるのかと私は返事を待っていました。何を探したのか全くこちらも検討もつかない上、保険会社には「非現実的で無茶な要求」と言われる始末。またしても大きなストレスを感じました。
私が「ポスターなど画像をとって美術館に問い合わせることはできないんでしょうか?」と聞いたら、「どうやったらいいか教えてあげて下さい」と言われました。「加害者は被害者のところには来にくいでしょう。」とも。呆れましたが、「取りにきてもらったらお渡しできますので。」と伝えました。
翌日ポスターを取りに来ましたが、「借りていきます」と一言だけ言って帰りました。その後2週間たっても連絡がなかったので、しびれを切らした私は昨夜自ら出向き、「どんな対応をして下さっているのか、現在の状況を教えていただきたい」と言いましたが、まだ途中段階だし、長野にある美術館に問い合わせている(←どうして長野かは不明)まだ分からない、と言われました。
納得のいかない対応の連続(4ヶ月も!)で、心が晴れる日はありません。
こちらは「話し合いの際は第三者の方に入ってもらってもいいし、長引かせるのは苦痛なので、目処を決めて早急に対応していただきたい。何か不明な点などがあれば、直接こちらに聞いてもらいたい。」と伝えました。
こんな人に心情を察してくれるような血の通った態度で接してもらうことの期待は無駄かな思い始めています。
現在、保険会社より賠償金額は37000円できています。
このような経緯の末、当初は謝罪と使用できなくなった電化製品の賠償でと考えていましたが、心情的に気持ちが晴れません。
私は被害にあったものをもう一度買いにスコットランドとチェコに行こうかと考えています。
その費用を賠償金額(慰謝料)として請求しようかと考えています。これはとてつもない不当な請求金額でしょうか?旅行中はレシートやパンフ類まで殆ど持ち帰り、帰国後ファイルしておりますが、この時の旅行総費用、約20万になります。

補足日時:2004/10/30 00:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だらだらと長い補足ですみません。。。

早々のレスポンス、ありがとうございます。
補足でも書きましたが、これまでの経緯により、謝罪と保険会社から提示してきている金額では納得できない心情です。

慰謝料として、すべて込みで現地で再度購入するための費用相当20万を考えていますが、どうでしょうか。
よろしければアドバイスお願い致します。

お礼日時:2004/10/30 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漏水事故の加害者?

10階建てのマンションに住んでいます。7階に住む友人が6階の部屋へ漏水事故が起きたと、管理会社から連絡を受け、原因を調べたら床下の配管に穴が開いて水が漏れた。配管の所有者はあなたなので、加害者ですとのこと。幸い、被害は保険で直るとのことで、保険金請求書に署名捺印を欲しいと言われたとのこと。お金云々ではなく、点検口もない床下の配管が原因の経年劣化事故で、その配管の所有者だからと言われても、通常点検もできないのに、自分に過失があるのか大いに不満だと漏らしています。管理会社によれれば、通常は15年で寿命で、リフォームして床下の配管も交換すべきとのこと。リフォームをすることがまるで義務のような言われ方だったようです。マンションは築18年です。
私もひとごとではないので、詳しい方、教えてください。自分で水を零したわけでもないのに、こういう場合、過失として責任を問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

床下の配管が原因の水漏れの場合、配管が共用部分にあたるのか、専有部分にあたるのかが、責任の所在において重要な問題です。
枝管は専有部分だという説明が別の方でありましたが、区分所有法に
そのような条文はどこにもありません。解釈の問題で昔はそのように
解釈されていたケースが多いのですが、最近の判例はそうでは
ありません。「最高裁平成 12 年 3 月 21 日判決」によれば、床下の配水管がコンクリートに埋まっている状況など、点検が不可能な場合は共用部分と
して認められています。
最新の考え方からいえば、床下などの見えない部分の配管は共用部分という
考え方が主流ですよ。
ですから、質問者さんの主張はすごく当たり前のことで、管理会社の指摘
こそが愚の骨頂といえるでしょう。
床下の配管は、専有部分だから自分で点検して、一定の時期が来たらリフォームすべきなどというアドバイスは正直驚きです。常識的に考えても配管の
取替えは主管などと一緒に修繕の時期に、修繕積立金でもって行うべきで
しょうね。
無知な管理会社が、共用部分の保険で結果的に処理しているにもかかわらず
あなたにも責任がある的なことを勝手に言っているだけではないでしょうか。
今回の場合は、結果的に保険でまかなわれているので、実害がなく、特に
裁判沙汰にする必要もないでしょうが、
床下の配管の水漏れが必ず、上の階の所有者の責任ということが常識だった
ら、誰も分譲マンションなんて買わないですよね。

床下の配管が原因の水漏れの場合、配管が共用部分にあたるのか、専有部分にあたるのかが、責任の所在において重要な問題です。
枝管は専有部分だという説明が別の方でありましたが、区分所有法に
そのような条文はどこにもありません。解釈の問題で昔はそのように
解釈されていたケースが多いのですが、最近の判例はそうでは
ありません。「最高裁平成 12 年 3 月 21 日判決」によれば、床下の配水管がコンクリートに埋まっている状況など、点検が不可能な場合は共用部分と
して認められています。
最新の考...続きを読む

Q漏水事故の加害者 保険に未加入(長文です)

築17年の分譲マンションで、漏水事故を起こしてしまいました。所有者は義母で、火災保険以外は未加入です。階下の方も未加入だそうです。

原因は台所の配水管の劣化によるもので、階下のお宅の天井を何箇所か落下させてしまいました。管理会社を通してその事実が知らされ、風呂場や洗面所など数箇所の床下に穴を開けたりして、数回の調査でようやくその原因が見つかりました。

ここは専有部で劣化という事もあり、調査や修繕費用などが自己負担という事には納得しています。問題は、階下の方への保障額はいくらぐらいになるのかが知りたいのです。見積もりはまだですが、天井や壁のリフォームを希望されてるようです。
もちろん、実際に見てみないと答えようがないとは思いますが、もし過去の事例などをご存知の方がいたら教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。

ちなみに、私個人は、保険に入っていない事自体が無謀で、もし迷惑料なども請求されたら何百万でも何千万でも加害者である私たちが支払うべきだと思っています。ただ、義母や主人は道義的な部分で、そう思っていないようです。

原因不明の当初は、階下の方の被害分は保険会社判断で保険が下りれば、それでまかなう予定だ(未加入と知っているので、マンションで入っている保険の事なのかは分かりませんが)と管理会社が話していたので、それはどうなったのか?と。ただ、今は保険の件を何度聞いても「加害者であるうちの全額負担」と言われています。

築17年の分譲マンションで、漏水事故を起こしてしまいました。所有者は義母で、火災保険以外は未加入です。階下の方も未加入だそうです。

原因は台所の配水管の劣化によるもので、階下のお宅の天井を何箇所か落下させてしまいました。管理会社を通してその事実が知らされ、風呂場や洗面所など数箇所の床下に穴を開けたりして、数回の調査でようやくその原因が見つかりました。

ここは専有部で劣化という事もあり、調査や修繕費用などが自己負担という事には納得しています。問題は、階下の方への保障額はい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

設備業者として、漏水事故は多数経験してきました。その中で、こじれ易いのがdo51os32さんのような場合です。

今更ですが、個人賠償保険に加入の場合、御自宅および下階での漏水原因の調査に掛かった費用は保険でまかなえます。また、下階への賠償に関しては、車の保険と同じで、加害者に過失がないと出ない形のものが大半を占めています(pinponpinponさんのおっしゃる方法で保険を使えた例もままありました)。
また、管理組合の保険を本来ならば使用できないのですが、使用したのも見たことがあります。

現在では、マンション保険と言われるものの中で、個人賠償に漏水事故特約をつけたものも、商品化されております。

do51os32さんの場合、実費で問う言うことになった場合、取りあえずは、設備業者として以下のことに気をつけられたら良いと考えます。

下階の人から、
(1)被害目録(明細)を出してもらう。
(2)それが、妥当かどうかを相手と打ち合わせる。
(3)物品の購入に関しては、面倒でもこちらで行う。
番大事かと思いますが、
(4)内装復旧業者は、自分で手配し見積をとる。
(5)現場調査・見積りには面倒でも立ち会うこと。
(6)その際、使用材料のカタログ(壁紙・天井材等)を持参してもらい、 現状復旧程度のもので見てもらう。
(7)下階にそれを確認してもらい、示談書を作成するのを忘れずに。
(4)(5)と(7)が一番大事ですよ。

悪い言いかになりますが、被害者に任せておいたら、すごい請求額になる場合が多いです。
損害賠償・復旧工事ですが、相手方はリフォーム的な感覚となってしまう場合が多いようです。

はじめまして。

設備業者として、漏水事故は多数経験してきました。その中で、こじれ易いのがdo51os32さんのような場合です。

今更ですが、個人賠償保険に加入の場合、御自宅および下階での漏水原因の調査に掛かった費用は保険でまかなえます。また、下階への賠償に関しては、車の保険と同じで、加害者に過失がないと出ない形のものが大半を占めています(pinponpinponさんのおっしゃる方法で保険を使えた例もままありました)。
また、管理組合の保険を本来ならば使用できないのですが、使用したのも見た...続きを読む

Q漏水工事の費用は妥当でしょうか

両親の家のトイレの外(屋外)で水漏れがありました。

最初の見積が、はつり工(外部、トイレ内) 65,000、調査及び修理配管工(材工共) 35,000、既設便器取外、取付工 15,000、トイレタイル復旧工(下地共) 55,000、諸経費 25,000、他 15,000 で21万円でした。

実際の工事を行うと、水漏れは屋外だけで漏れていたので、既設便器取外、取付工およびトイレタイル復旧工は不要でした。しかしながら、屋外の配管工事として、屋外と1階のトイレ、屋外と2階のトイレの配管工事をやり直したようです。

その金額として、当初の調査及び修理配管工(材工共)が、35,000 から 90,000 に増えて請求書が来ました。

約3倍弱になっているので、詳細の見積を取り直すと、90,000 の内訳は下記のようになりました。

給水管 3,000、コア抜工(2カ所) 6,000、配管工 50,000、調査費 26,000、モルタル復旧費 5,000

当初の 35,000 の詳細見積がないのですが、上記金額は妥当でしょうか。

両親は70才前後なので、工事をしてもらったから払うと言っていますが、当初からかなり増えているので疑問に持っています。

なお、漏れている箇所を特定するのに、何度か屋外の配管回りを掘り返したようです。

よろしくお願いいたします。

両親の家のトイレの外(屋外)で水漏れがありました。

最初の見積が、はつり工(外部、トイレ内) 65,000、調査及び修理配管工(材工共) 35,000、既設便器取外、取付工 15,000、トイレタイル復旧工(下地共) 55,000、諸経費 25,000、他 15,000 で21万円でした。

実際の工事を行うと、水漏れは屋外だけで漏れていたので、既設便器取外、取付工およびトイレタイル復旧工は不要でした。しかしながら、屋外の配管工事として、屋外と1階のトイレ、屋外と2階のトイレの配管工事をやり直したようです。

その金額として...続きを読む

Aベストアンサー

漏水修理は非常に見積りに換算し難い工事です。何処で漏れているかわからないわけですから、どうしても工事結果による清算になってしまいます。説明では工事の詳細が今ひとつ分かりませんが、給水管 3,000、コア抜工(2カ所) 6,000、配管工 50,000、調査費 26,000、モルタル復旧費 5,000 だと二人で二日~二日半かかっていれば、まあまあ妥当だと思います。

Q天井漏水工事の方法

分譲賃貸マンションですが、ひと月前に玄関天井から水漏れがあり、現在もビニールシートが張ったままです。

管理会社曰く、上階は管理が違うため、上階住人の電話番号が分からず、連絡をくれるよう手紙を投函したが連絡が来ない。大抵こういう場合は、連絡は来ないのが普通。と言って、やる気がありません。

しかし水漏れは、上階住人が帰省中に起きたので、実は、上階とは関係ないと思うのです。うちのコンクリートに、防水加工的な修繕でもすれば解決するようにも素人ながら思うのですが、詳しい方の知恵を貸して下さい。

また、上階住人が、賃貸ではない場合、こちらが退去したとしても、上階の現場確認が出来ない訳ですから、このまま壁紙を貼って、後住者が入る事になるのが普通なのでしょうか。だとしたら酷い話ですね。

こういう事は、訴える場所はないからね~、と笑って対応されるのもまた、気持ちを逆なでされる要因ですが、今の状況で、何とか修繕工事を進めて貰うにはどういう交渉が良いのでしょうか。専門家や経験者の方の意見を希望します。

恣意的な回答はご遠慮下さい。

Aベストアンサー

1-管理会社の対応が「悪過ぎ」ますので、管理会社担当者に「この部屋の持ち主に直接連絡しても良いか?なぜなら、持ち主の財産を杜撰な管理会社の対応でダメにしたくない」からだ。
私は「善良なる借主としての義務を果たしている」が、管理会社の対応が遅すぎる・・と管理会社担当者に連絡をする。(期限を切って管理会社からの書面連絡を待つ)
2-期限日を過ぎても連絡が無い場合「直接持ち主に詳細を連絡」(契約書に記載されていると思います
3-被害者持ち主と「組合・理事長」と漏水事故の対応協議をお願いし
4-協議結果を「管理会社にも書面で」通知して貰う
5-階上の加害者住人と被害者持ち主と組合理事長と3者で「対応を検討して貰う」(早急に)
6-漏水事故に対する検討・協議結果を「管理会社・貴方」に書面で通知して貰う
7-漏水箇所の原因究明・修理工事・原状復帰となります

工事代金については5の段階で「組合積立費用か階上の加害者の加入保険で対応となるはずです」

実際に被害に遭遇しているのは貴方です。
持ち主も被害者です。
管理会社はその部屋の持ち主から「委託を受けて」「管理代行」をしているだけです。
持ち主と借り手との「パイプ役」が「機能していない」のですから

まずは「管理会社担当者に最上述の言葉を話して下さい。(ダメならばFAXでも良いと思います)

最後にくれぐれも「書面でのやり取りを」必ずお願いします(日時・担当者名入りで)

後々、「言った言わない」の問題が発生した場合、書面で有れば「残ります」ので。

1-管理会社の対応が「悪過ぎ」ますので、管理会社担当者に「この部屋の持ち主に直接連絡しても良いか?なぜなら、持ち主の財産を杜撰な管理会社の対応でダメにしたくない」からだ。
私は「善良なる借主としての義務を果たしている」が、管理会社の対応が遅すぎる・・と管理会社担当者に連絡をする。(期限を切って管理会社からの書面連絡を待つ)
2-期限日を過ぎても連絡が無い場合「直接持ち主に詳細を連絡」(契約書に記載されていると思います
3-被害者持ち主と「組合・理事長」と漏水事故の対応協議をお...続きを読む

Q漏水? 水道管の工事

水道局から漏水の可能性を指摘され(4000円程度→9000円の請求がきました)、紹介された業者に漏水調査をしてもらいました。4時間をかけて、結局、明確な漏水の箇所が分かりませんでした。
調査箇所・内容は、下記です。
・家中の水道やトイレなどの水周りを点検
・床下収納から、地下の状況を点検
・湿気のある箇所などの点検
・外にある水道(3箇所)←水道周辺の土を掘り返して、地中の調査、水漏れ音の確認。
・外にある水道(2階の止水栓?)
・庭を掘って、水道管の調査
以上のことを行いましたが、結局、明確には分かりませんでした。
ただ、コンクリートで固めた通路&階段の下を通る管が、破損している
のではないか?とのことでした。(地中の水道管をコンクリートと土の2付近で分断させ、パイロットが動くか試しました。)
これも、100%断定できるわけではなく、その可能性があるとのこと。

家は、急な坂の中腹にあり、長方形の土地に、8段程度の階段&通路があります。そのコンクリートの下を水道管が通っています。
ちょうど仕事を退職したこともあり、2ヶ月前に比較したら、倍以上の洗濯や掃除などをしていたので、水量が倍になったことも考えられます。またここのところの長雨などの影響で、漏水ではなく、湧き水などの可能性もあるのでは?っと思うのですが・・

結局、コンクリートを剥がして、水道管を補修する程の工事(500万円以上かかるらしい)は無理なので、水道管を25メートル程度、地上にむき出しにし、付け替えるしかないのではないかとのこと。料金は見積もり中ですが、この工事を行うべきか迷っています。アドバイス下さい。

水道局から漏水の可能性を指摘され(4000円程度→9000円の請求がきました)、紹介された業者に漏水調査をしてもらいました。4時間をかけて、結局、明確な漏水の箇所が分かりませんでした。
調査箇所・内容は、下記です。
・家中の水道やトイレなどの水周りを点検
・床下収納から、地下の状況を点検
・湿気のある箇所などの点検
・外にある水道(3箇所)←水道周辺の土を掘り返して、地中の調査、水漏れ音の確認。
・外にある水道(2階の止水栓?)
・庭を掘って、水道管の調査
以上のことを行いましたが、結...続きを読む

Aベストアンサー

水道会社に勤務している者です。

検針する方は前回との差が大きい時に親切心で教えてくれます。
で、水道は水道局に登録している業者しか工事などできないので登録業者を紹介してくれたんだと思いますが…。

まずその業者は点検する一番初めにすべての水廻りの蛇口(止水)をしめて、メーターが廻っているか確認したのでしょうか??

蛇口をしめているのにメーターが廻っていたら漏水です。
どこかで宅内か本管からの引き込み付近かで漏水しているのでしょう。
漏水している箇所が宅内なら自費ですが、道路上(私有地除く)だと水道局が負担して工事してくれます。

もう一度、違う業者に見てもらうのが良いかもと思います。
その際は水道局にて、始めに見てもらった業者と仲良くない(知り合いじゃない)業者を紹介してもらった方が良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報