大学で教員免許を取得し、大学院で決まった単位を取得すると、教員免許が専修免許になるときいたのですが、学部を卒業して得られる免許と何が違うのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 専修免許は、旧の免許状でいうと、高校1級免許状ということになります。

学部卒で取得できる高校の免許状は、旧の2級免許状です。
 違いは、高校の校長試験を受ける際、専修免許があるほうが有利(小中学校の場合は、1種免許が必須のようです)、初任給が高い。といった程度だと思います。給料の面では、大学院に進んでいるのですから、学部卒と比べ、年齢が上になるわけですから、当然のことといえるでしょう。
    • good
    • 0

大学院で所定の24単位を取得すると、学部で取得した1種教員免許状が専修教員免許状に書き換えられます。

4年生大学の場合、大抵取れるのは1種免許状のみですよね(学部卒で取れる高校教員免許状は1種免許状しかありませんが)。ですから、1種→専修の書き換えになるということです。
違いはekuboさんのおっしゃる通りですが、専修免許状を大学院で取ってもあまり意味はないでしょう(学部卒で即就職しても、いずれはキャリアを積み重ねるだけで取れるのですから)。専修免許状を取るために大学院へ通学するのは、考え物です。

分かりにくかったら、補足下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q70歳以上の健康保険

70歳以上の人が病院にかかる場合の健康保険ですが、老人保険になり例えば市町村の健康保険に加入する必要はなくなるのでしょうか?老人2人だけ(無職)で70以上の場合はどのような保険に加入することになるのでしょうか?
またこれとは別に例えば子と同居する場合は子供の会社の健康保険の扶養者として健康保険に加入することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象になっている方は除きます。
(一定の障害がある満65歳以上)

老人保健の対象となっても健康保険は加入しなくてはなりません。
老人保健の場合は本人負担分(1割または2割)を除いて全て老人保健の負担になりますが、
その老人保健制度の財源(老人医療費)は、3:7の割合で公費(税金)と保険者(健康保険)
が負担しています。

前期高齢者の場合は、引き続き健康保険法が適用されます。
高齢受給者証と健康保険証を窓口で提示して一部負担金(1割または2割)を支払います。

お子様と同居の場合の加入保険に関しては、選択の余地があります。
家族と同居していても、高齢者を単体世帯にする(世帯分離)ケースも増えているようです。
税金や保険料の算出など様々な要因があると思いますが、介護保険が世帯単位で負担能力を判断
するため、というのも大きい様です。
(世帯分離によって世帯収入額が減り、負担額が下がるため。)

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象...続きを読む

Q教員免許を取っていない者が大学院で教員免許を取得することは可能ですか?

この度は宜しくお願いいたします。

私は学部時代に教職課程を取っておらず、
一種の教員免許を取っていませんでした。

来年、大学院に進学しようと思っておりますが、
そこで学部時代に取れなかった教員免許を取ろうと
思っているんです。

率直にご質問させていただきます。
大学院以前に教員免許を持っていない私が
大学院に入って教員免許を取得することは可能ですか?

宜しくお願いいたします。

ちなみに、学部時代は数学と情報系の学部で
大学院も同じく数学と情報系の院を目指しております。

Aベストアンサー

原則論として言えば、YESです。ただ、大学のシステムにもよりますが、かなり難しい(ほとんど不可能な)話だろうとは思います。
1.教員免許を取得するためには、その教科(数学なら数学)の教科教育法の講義・演習の他に、心理学・教育学などの単位を取得する必要があります。これらの講義や演習は、大学院の科目の中には(教育系の大学院を除いて)入っていないはずです。したがって、学部の授業に参加することになります。学部の授業に、大学院生が正規に参加でき、しかも単位認定がされるのかどうか、というのはそれぞれの大学のシステムの問題ですから、この点は確認するしかありません。
2.仮に認められたとして、院の授業料とは別に、金がかかるはずです。
おそらく、科目履修生として学部生と一緒に講義・演習を受講することになるでしょう。ただ聞くだけではなく、正式に単位として認定して貰うためには、正規の手続きが必要で、そのためには金がかかるはずだ、ということです。
3.物理的に可能かどうか。非教育系大学の場合、心理学・教育学等の講義は非常勤講師による、週2回程度の開設という場合が多い。そうすると、その開設時間に合わせて時間を作ることができるでしょうか。自分の院の授業が当然優先となるはずですから、時間が重なってしまったら物理的に受講ができません。
4.それでも2年間で全ての単位を取得することは難しい。仮に高校の数学の免許を取得するとした場合でも、最低限必要な単位を2年間で取得することは、上記の開設状況を考えると難しいでしょう。さらに、教員免許の取得のためには教育実習という難問があります。院の2年目のマスター論文を書く時期に、2~3週間、完全に大学を空けることができるのかどうか。

教員免許取得を最優先して、留年も覚悟、ということならもちろん可能でしょうが、そうでなければ、通信教育等で取得した方が合理的です。その場合でも、教育実習だけはどうしても外せません。

原則論として言えば、YESです。ただ、大学のシステムにもよりますが、かなり難しい(ほとんど不可能な)話だろうとは思います。
1.教員免許を取得するためには、その教科(数学なら数学)の教科教育法の講義・演習の他に、心理学・教育学などの単位を取得する必要があります。これらの講義や演習は、大学院の科目の中には(教育系の大学院を除いて)入っていないはずです。したがって、学部の授業に参加することになります。学部の授業に、大学院生が正規に参加でき、しかも単位認定がされるのかどうか、という...続きを読む

Q給料から天引きされる「健康保険、厚生年金保険額」について

21年1月から給料が大幅カットになりました。
等級で言うなれば、「3等級」ほどダウンしました。
しかし
以前の減給される前の「健康保険料・厚生年金保険料」が
給料よりそのまま天引きされています。
手取りにすると「1万円」近く違います
経理に問合せると
「6月か7月まで」以前の給料の額分でしか出来ないと言われました。
・そうなのですか?
・天引きされて多く払いすぎた保険料は戻ってくるのですか?
・戻るなら会社から払い戻しになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカットの場合、
格付(何級何号給という位置)は変わらなくても単価が変わった、
というのであれば、それは「固定的賃金の変動」です。

一方、この単価に変化がないのにもかかわらず、
残業がまったくゼロになったために総支給額が増減した、というなら、
それは「固定的賃金の変動」にはなりませんので、要注意です。

「固定的賃金の変動」があったとき、その月を「1」として、
その翌月「2」、翌々月「3」と、3か月の総支給額を見てゆき、
それを3で割って、平均額を算出します。
但し、各月の支払基礎日数(給与計算の基礎となる出勤日数)が
17日以上であることが条件です。

算出された平均額を、標準報酬額表にあてはめたとき、
それまでと2階級以上の差が生じていたときは、
「4」か月目にあたる月の保険料から改定されなければなりません。

但し、固定給の部分の増減の方向(減った・増えたという方向)と、
階級・標準報酬額の増減の方向(下がった・上がった)とは、
同じ向きとなることが大前提で、
固定給の増減にもかかわらず階級に2階級以上の動きがないときには、
改定はされない、ということになっています。
この点は意外と知られていないので、
固定給が増減したのに保険料が変わらないじゃないか、という
誤解のもとになっているようです。

改定される場合、これを随時改定といい、
事業主は月額変更届を社会保険事務所等に出します。

ということで、単なる残業ゼロによる賃金カットなのか、
それとも、固定給の単価ダウンによるカットなのかを認識した上で、
固定給の単価がダウン、かつ、標準報酬額の階級もダウンし、
さらに、そのダウンが標準報酬額表で2階級以上のダウンのときに、
初めて、保険料も下がります。

1月の賃金カットが、実際の給与支給額に反映されたのは、
何月に実際に支払われた分からですか?
固定的賃金の変動、とは、実際に支払われた月で見ます。
たとえば、
「1月にカットが決まったけれども、反映は3月に支払われた分から」
というのであれば、3月が「固定的賃金の変動」の月で、
3・4・5月と3か月を見てゆき、6月の保険料から反映します。
但し、その月の分の保険料は翌月に実際に支払う給与で天引き、という
法令上の決まりがあるので、
実際の天引きへの反映は、7月に実際に支払われる分からです。
もしや、そうはなっていませんか?
そうであるのなら、会社側の説明は妥当です。

しかし、それ以外の実・支払月からの反映だった、というのならば、
質問者さんの会社の事務処理は、どこか間違っています。
随時改定をしていない(悪意ある意図的なもの?)ということが
懸念されるので、よく確認して下さい。

なお、改定されるべきものをしなかったために保険料を払いすぎた、
というようであれば、
事業主は社会保険事務所等に過誤訂正の報告をして、
取りすぎた保険料を被保険者(働いている人)に払い戻すか、
あるいは、その後に天引きする保険料との間で精算する、
ということをしなければいけない、ということになっていますので、
どちらにしても、間違いがあったのであれば、戻ってきます。
(こちら側は、社会保険事務所等にも強く要求できます。)

年末調整とは、全くの無関係。
すっかり混同してしまっている回答がありますが、誤りです。
そちらは源泉所得税(天引きされる所得税)の調整が目的ですから、
取られすぎ保険料を精算する、などという性質のものではありません。
 

一般に、会社でのお給料は、
号俸と言われる「基本給」(例:総合職の何級何号級)のところで、
まず、月額いくらいくらと「固定的」に決まっていますよね。
給料表などがあるはずなので、それによって格付されているものです。
そして、さらに、毎月毎月、通勤定期代などを反映した通勤手当や、
扶養家族の状況を反映した扶養手当(家族手当)などが、
「月々で決まり切った金額」として支給されていますよね。

これらの「月々の決まり切った金額」のことを
「固定的賃金」と言います。

給与のカッ...続きを読む

Q専修免許用の教員免許単位

大学院で取得した専門教職の単位は
高等学校の一種免許取得にも
併用できるのでしょうか?
どなたかお願いいたします。

Aベストアンサー

大学院で開講されている科目ですよね。

大学院で開講されている科目は一種免許取得には使用できません。基本的に大学院はの1種免許状を取得するための教育機関ではありません。したがって大学院での開講科目は一種免許状を取得するために開講されているものではありません。

最近、大学院で一種免許を取得できるコースがふえていますよね。上越教育大、鳴門教育大、兵庫教育大、最近では愛知教育大もはじめました。これらは大学院の修業年限を2年から3年にした上で(長期履修生といいます)、あいた時間に学部の科目を聴講することにより1種免許を取得するようにしたものです。

Q住民税、健康保険の給料天引きのしくみは?

最近3ヶ月だけ仕事をしました。
で、給料明細票を貰いました。ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税は年末調整なのでこれはよしです。

健康保険料はどうなのですか?
(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?または前年度(期間不明ですが)の収入から出た保険料を市役所とかで知るのですか?
(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?

住民税はどうなのでしょう?
(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?

雇用保険料も聞きたいです。
(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
実際、給料計算の仕事をされている方お願いいたします。

Aベストアンサー

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標準報酬月額という金額を定めて、その標準報酬月額に応じた保険料を徴収する仕組みです。
標準報酬月額は、採用時決定、定時決定(4~6月支給給与の平均値)、随時改定(直前3ヶ月平均が2等級以上変更&基礎的賃金変更がある)にて決定します。
わかりやすく言うと就職したときにまず決めて、それ以降は毎年一回見直すということです。

>(2)初月は半月の働きで保険料も減っていました日割り計算なのでしょうか?
いえ、月単位です。通常保険料が減っているということは考えられません。

>住民税はどうなのでしょう?
>(3)市役所で決定している税額を聞くのですか?
住民税は特別徴収といい、役所で決定した税額を会社に通知します。そしてそれを会社が天引きします。

>雇用保険料も聞きたいです。
>(4)月ごとに金額が違います。支払い予定給料を安定所?の保険料早見表なんかで照らし合わせて毎月出すのですか?

雇用保険の料率が決まっていて毎月の支払金額から算出します。

>間違えた場合なんかはいずれ判って訂正されるのでしょうか?
大抵はそうです。気がつかないこともあるかもしれません。

>ふと思ったのですが天引き金額は会社がどうやって給料までに調べて個人の明細に載せるのかの流れを知りたくなりました。

所得税の源泉徴収税は、源泉徴収税額表というものを使い、支給する給与金額などから求めます。具体的なやり方は、
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm

です。コンピュータで求めるやり方も同時にあります。

>(1)現時点の支払う給料を、保険組合の保険料の早見表みたいなのに当てはめて税額を出し、天引くのですか?

少々複雑です。基本的にはその人毎に標...続きを読む

Q卒業後に数学教員免許を大学院or特別教職課程で取得

こんにちは。
現在、数学の中高教員免許を大学院、または特別教職課程のどちらで取得するか悩んでいます。
私は、去年四年制大学の数学科を卒業した者です。
大学では教職に関する科目をいくつか履修したのですが、教育実習や介護等体験などはせず、教員免許を取得しないまま卒業しました。
しかし、教員免許を取得したいと考えるようになり、工学院大学の教職特別過程(一年間で教員免許が取得できる過程)を受講するか、または大学院に進学し2年間のうちに数学の教員免許を取得するか悩んでいます。
将来教員の職に就くにあたり、修士号を取得しておくことが良いのでしょうか?また、私は私学の教員を希望しています。

何かアドアイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

高校教員の理系科目なら修士卒が一般化してきてますので
可能なら卒業したほうが良いでしょう。
私立はどうか知りませんが、公立では同じ能力なら修士卒を取るというところが多いはずです。

Q70歳以上の保険制度

70歳以上の人は通常定年退職後で、国保に加入すると思うのですが、
もし、健康保険制度(社保)がある会社に再就職した場合は
社会保険に加入するのでしょうか?

その人が、75歳になった時も継続勤務していた時は
そのまま社会保険なのか、後期高齢者医療に切り替わるのか、
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前期高齢者(65歳以上75歳未満)になっても、国民健康保険の被保険者にならない限りは、75歳を迎える前までは健康保険に入れるので、再就職後は健康保険に加入して、引き続き、健康保険から療養の給付を受けます。
また、このときに、75歳を迎えたときには、健康保険から抜けて、各自で後期高齢者医療制度に加入する必要があります。独立した制度だからです。
要するに、75歳を迎える直前までならば被用者保険(健康保険[組合健保や協会けんぽ]のことです)に入れるので、このようなしくみになります。

Q教員免許の単位取得後の他大学への編入・入学

今在学している大学で高等学校教諭一種免許状-地理歴史の単位を取得し終わってから
他の大学へ編入もしくは入り直すことを考えているのですが、
その場合編入・入学先の大学を卒業するときに
ちゃんと高等学校教諭一種免許状-地理歴史の教員免許を取得できるのでしょうか?

編入・入学を希望している大学では高等学校教諭一種免許状-地理歴史は取得できないので不安なのですが。

Aベストアンサー

教育実習等、免許状必要要件はすべて習得済みと言うことですね?
でしたら、ご自分でも直接教育委員会宛申請できますよ。問い合わせれば、必要書類をいただけると思いますが・・・。

Q高額療養費の70歳以上とは具体的にいつから?

高額療養費の自己負担限度額を考えるときに、70歳以上と未満に分かれますが、70歳以上とは具体的にいつからでしょうか?

例えば、今年の5月20日に70歳の誕生日を迎えた場合6月分の診療費から高額療養費70歳以上に該当するのでしょうか?高齢受給者証は6月から使えるようなのでこれと同じように70歳に達した日の翌月からでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費は、70歳以上でも70歳未満であっても健康保険制度から給付されるものですが、70歳以上の高齢受給者と70歳未満ではその給付の基準が異なってきます。

70歳以上の高額療養費の基準が適用されるのは、70歳になる誕生日の翌月(1日が誕生日の方は当月)の診療分から、高齢受給者としての高額療養費が適用されます。

Q教員免許取得に係る免許法(単位について)

こんにちは
中学校の免許を1から大学の単位取得で取得希望
しておりますが
教職に関する科目で取得すべき単位表の下に
注意で
++++++++++++++++++++++++++++
*以下の(1)~(5)の科目については,他の学校の免許状取得のための単位を,中学校教諭免許状のそれぞれの単位にあてることができる。
(1) 「教職の意義等に関する科目」2単位まで
(2) 「教育の基礎理論に関する科 目」・6単位(4単位)まで
(3) 「生徒指導,教育相談,及び進路指導等に関する科目」・・・2単位まで
(4) 「総合演習」・2単位まで
(5) 「教育実習」・3単位まで
 というのがあったのですが
どういう意味なのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたの場合、他の学校というのは、幼稚園、小学校、高等学校のことです。
中学校の課程認定を受けていない大学で修得済みの単位があれば、(1)~(5)の科目については必要単位として計算してよいということです。

(中学校の課程認定を受けている他大学で修得済みの単位については、(1)~(5)と関係なく、ほとんど全部が必要単位として認められるはずです。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報