海底に転がっているマンガンノジュールは一体どうやってできるのでしょうか?何か、生物の殻や鮫の歯、また軽石などを核にしてその周りにマンガンなどが凝結していくということはわかったのですが、そのマンガンノジュールを構成している物質が海底からのものなのか、それとも海水に溶けているものが直接マンガンノジュールへと移行していくのか、などわからないことだらけです。また、周囲の堆積物に比べて生長速度が遅いのに常に地面の上に転がっているということもよくわかりません。この2点の質問に対して回答をお願いします。またどちらか一方の質問に対しての回答でも結構です。
 また、この質問に対しての詳しい文献・ホームページなどありましたらぜひ教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。

私も確かなことは知りませんが、面白いHPを見つけました。↓

参考URL:http://www.hello.co.jp/~gooda-ma/mangan.htm#1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/07/19 15:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁波を使って水蒸気を凝結させることが可能ですか?

以前TV番組で、電磁波を使って雲を発生させるところを見ました。百聞は一見にしかず、で・・・正直、驚きました。

その実験は、よく見る落雷の実験装置のような大規模な放電装置の下に水槽を置き、その中に雲を生成させるというものです。

しかし・・・
よく考えると、絵的には雲が発生したのですが、実験の条件に関する細かな説明はなかったように思います。

本当に高電圧の(電磁波)によって水蒸気を凝結させることが可能でしょうか? 

Aベストアンサー

すこし遠回りになりますが、「霧箱」という装置があります。

宇宙から降ってくる宇宙線は目に見えませんが、この霧箱を使うと、宇宙線が通ったところに霧ができるので、どこを通ったかがわかるしくみです。

落雷の実験ほど大がかりな用意はいりませんが、原理は同じですね。

科学技術館のサイトにあるSLN実験室で「霧箱を作ろう」が見られますよ。

参考URL:http://www.jsf.or.jp/sln/labo.html

Qパルスレーザー堆積法

今度大学の研究で、パルスレーザー堆積法を用いてガラスに色のついた薄膜を成形したいと考えてます。何か良いターゲットとか知りませんか?予想でもいいし、アドバイスでも嬉しいので、ぜひ教えて下さい。一応、赤、青、緑が目標です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

酸化チタンの薄膜は微妙な虹色が出せるんで有名です。
透過光ではなく、反射光で色を出せれば
いいのなら、酸化チタンに格子定数の近い
金属薄膜を先につけておいて、その上に
酸化チタンをつければいいと思います。

 通常はビルのネームプレート
みたいに、金属の上に酸化チタンの
薄膜を作って、微妙な色あいを
出すのに使います。

Q金とパラジウムを基板にスパッタ堆積したいのですが・・・。

タイトルのとおり、金とパラジウムを基板にスパッタして堆積させたいのですが、一般的に用いられるSiO2の基板などは貴金属との接着がよくありませんので間にクロムを挟むのが通常です。ですが私は間に何も挟まないで直接基板に金・パラジウムを堆積させたいのです。そこで直接堆積できるような貴金属と接着性が良いような基板はないものかと困っています。サファイア基板などはどうなんでしょうか?どなたか詳しい方お教え下さいますととてもありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般に、熱膨張係数(熱膨張率を温度差で割ったもの)は、金属の方がセラミックスよりも数倍程度大きいです。すなわち、熱膨張している特定の温度から室温に冷却すると、金属の方がより収縮します。
さて、スパッタリングにおいて、SiO2(クオーツ?)などの基板にエネルギーの大きい(温度の高い)金属のクラスター(スパッタ粒子)を堆積させると、クラスターが冷えて固化する際に収縮します。一方、セラミックス基材は、熱膨張係数が小さいため、あまり収縮しません。したがって、この金属とセラミックスの熱膨張係数の差ため、金属のスパッタ皮膜にはひずみが残り、密着性は悪いものになります。
一般に、密着性を上げる対策としては、ご質問のように金属を間に挟むことなどが行われるのですが、基材に直接スパッタする場合は以下の戦略的アイデアが適用できると思います。

1.熱膨張係数のより大きな基板を用いる。
(SiO2よりもアルミナ(サファイヤ)の方が、熱膨張係数が大きいので密着性を上げるのに有効です。また、可能ならば金属製基材に切り替えてください) 
2.基材を加熱しながらスパッタリングを行う。
(基材を冷却する際の収縮を大きくすることで、金属皮膜との収縮率差を小さくする)
3.基材の表面を荒らす。
(スパッタ皮膜は、ボンバードメントと言って、基材表面に衝突するクラスターとの高温反応が部分的に起こる場合がありますが、基本的には、スパッタ皮膜の密着性は、物理的な噛み合い(アンカー効果)によるものです。より、表面を荒らすことで、密着性を改善することができます)

   

一般に、熱膨張係数(熱膨張率を温度差で割ったもの)は、金属の方がセラミックスよりも数倍程度大きいです。すなわち、熱膨張している特定の温度から室温に冷却すると、金属の方がより収縮します。
さて、スパッタリングにおいて、SiO2(クオーツ?)などの基板にエネルギーの大きい(温度の高い)金属のクラスター(スパッタ粒子)を堆積させると、クラスターが冷えて固化する際に収縮します。一方、セラミックス基材は、熱膨張係数が小さいため、あまり収縮しません。したがって、この金属とセラミックスの熱...続きを読む

Q福島原発1号機の燃料プールに天井の建築材が堆積

↓ここの詳細写真の最後のものに1号機の俯瞰写真あり。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/269.html
↓原発模式図
http://ameblo.jp/earlygirl/entry-10828704987.html

上記2つを比較すると、1号機の天井部分の建築材が燃料プールに堆積しているように
思えます。
燃料プールに天井材が堆積するとどうなりますか?
3号機より悪い状況じゃないでしょうか。
蒸気が出ていないのは、水漏れで水が失われたからではないでしょうか?

Aベストアンサー

>燃料プールに天井材が堆積するとどうなりますか?

 プールを覆ってしまう

>蒸気が出ていないのは、水漏れで水が失われたからではないでしょうか?

 そうかもしれないけど
冷えていたとしたら蒸気出ませんよ

QSTO・アルミナの微細加工(ウエットエッチング、スパッタ堆積)

SrTiO3・アルミナの基板にウエットエッチングで微細加工を行なおうと試みているのですが、フッ酸等の溶液を使ったSTOの加工ではエッチング面が荒れてしまい、燐酸等を使ったアルミナの加工に対しては室温では殆ど反応がなく高温ではレジストの耐性が取れずに困っています。段差の目標は1μm前後です。最近は、スパッタ法によりアルミナの膜を蒸着させる事で微細構造を作れるかどうかも考えています。
どんなことでも構いませんので、何かアドバイスがありましたらご教授頂けると助かります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

レスが付かないようなので、素人ですが少し・・・

アルミナ基板は多結晶の焼結体ですから、粒界があるかぎり、ウエットのエッチングでは表面はある程度荒れてしまうのでは無いでしょうか?
結晶粒の小さいアルミナ基板って言うのは探せば有るかもしれませんが程度問題ではないでしょうか。
かといって、単結晶であるサファイア基板が使えるのか、そのエッチング性はどうなのかは良く判りません。

スパッタで膜を付けるという点については、ドライエッチングの速度とアルミナ膜を付ける時のスパッタレートのどっちが速いのかってそういう問題と考えていいのでしょうかね?

なんか、いい加減なレスでゴメンなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報