生命保険に入りすぎているので、の見直しをしようと思っています。アドバイスをお願いします。

夫 34歳(会社員)
私 34歳 (会社員)(仕事はやめる可能性があります)
子供 1歳 (2-3年以内にもう一人出産希望)

現在夫の生命保険が多額なので、見直しをしようとしています。
契約内容は
第一生命 定期保険特約付終身保険 約1万円/月(1994年契約 死亡保険100万、定期保険特約(10年満期)2400万、その他入院等の特約付き)特定疾病保障定期保険 約3600円/月(保険金額1000万円)

プルデンシャル 修正払込方式5-10終身保険(1995年契約 死亡保険2500万円 入院特約付)支払額は5年目まで約1万6千円、5-10年目 約26000円/月、11-32年目約3万3千円/月、それ以降 約3万円/月)60歳までの払込保険料は1700万、解約返戻金は770万です。

県民共済 2000円/月(死亡保障400万等)

そのほか、把握していないのですが、アメリカンファミリーのガン保険にもはいっています。

ちなみに私は県民共済(死亡保障400万)のみです。

また住宅ローンがあるので、そのための保険(団信というのでしたでしょうか)にもはいっています。

以上のような現状です。
知り合いに勧められるままに加入していましたが、死亡保障を2000万から2500万程度、入院特約を5000円/日、程度あればいいのかしら?と思い始め、第一生命かプルデンシャルのどちらかをやめるか、それぞれを減額するか、もしくは別のものに入りなおすか、、どの方法がいいのか迷っています。

アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

結構、多くの保険に加入されているようですね?私の意見としては、第一生命とプルデンシャル生命と県民共済は解約した方が良いかと思います。

できれば、一つの保険会社に集約すべきだと思いますよ。いざという時に、保険金を申請しなければならない時に、とても煩雑になるからです。
私は、定期付き終身保険はオススメできません。理由の一つとして、定期の部分を変えたい時に融通が利かないからです。もう一人お産みになるのでしたら、保障額をアップする必要が出てきますから、なおさらオススメできません。
私としては、アカウント型保険が良いのではないかと思います。このタイプは、積立と保障を明確化しています。例をあげるなら、明治生命のライフ・アカウントL.A.、住友生命のライブ・ワン、朝日生命の保険王があります。このタイプの保険の特色は、一年ごとに見直しをすることができることです。一年ごとに見直すことが可能になることで、保障を常に見直すことが可能です。また、利率変動型保険であるため、今後、景気が良くなったら予定利率が上昇します。逆に、景気が悪くなった場合、予定利率は下がりますが、最低利率は保障されています。
ここでは説明しきれないので、一つオススメの本を紹介しておきます。主婦の友社発行の『人生で2番目に高い買い物の本』です。これを読めば、アカウント型保険の仕組みがわかると思いますよ。
    • good
    • 0

保険を整理しようとする前に、しておかなければならないことがあります。



1)現在加入している保険の内容を理解すること
●現在の死亡保障額(いつまでの保障なのか)
●プルデンシャルの終身保険(単体終身ではないハズです)の特約部分に
 何がついているのか
●第一生命の「定期付終身保険」の保険料の月額はずっと変わらないか)
●保険料が更新するたびに上がっても支払い続けることが可能か
●県民共済の保障はいつまでか(医療部分)

2)万一の時に、今必要な保障額をつかむこと
●住まい……団信加入なので、家賃は心配はない
●生活費……会社から死亡弔慰金が出ると思われます
    ……国から出る遺族年金があります
●養育費……母子家庭を保護するための国の援助金制度があります
●その他……健康保険料は支払う必要があるが、病院での支払いは免除

といった点を考慮して、死亡保険金額の設定をします。
もっと、分かりやすくいえば、月にいくらあれば生活をしていけるのか
を計算すれば、出ますよね。

3)提案
●死亡保障……お子さんが成人するまでを一番保障を厚くしたいので、
       末子が22歳ぐらいまでに保険期間を決めて「収入保障保険」
●医療保障……最近では、ご主人(主契約者)が亡くなられた時、保険料払込免除
       という保険があります。もちろん、一番医療費が必要とされる
       65歳以降もカバーしているもので、「終身医療保険」
●がん保険……医療保険と同様、終身タイプで保険料払込免除の保険を選択
       最近では、悪性腫瘍時も払込免除適用のものもあります。
       上皮内癌にも対応、診断給付金(複数回)
●生存保険……死亡のリスクだけではなく、「生へのリスク」という観点から、
       老後資金をしっかりと貯めておくべきです。
       (払い込んだ総額よりも、戻ってくるお金の方が上回っている
        ことが、絶対条件です。)

<アドバイス>
保険料が更新するたびに上がるものよりも、ずっと変わらないものの方が
いいですね。加入した保険に対して、一体総額でいくら払うのか?
また、万一のことなく、過ごせた時、いくら返ってくるのか?を確認して
ください。(掛け捨て部分と積み立て部分の内訳を理解すること)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見直しにあたっての考え方がとてもよくわかりました
ありがとうございました
もう一度よく資料をみながら、考えて見ます。

お礼日時:2001/07/29 23:45

to32さんの発言が少々気になったので記入させて頂きました。



>終身の医療保険を家族型で加入する理由は、今加入すれば、
>第二子は、自動的に保障されます。そして、ご主人が先に亡く
>なられた後は、奥様の保障は残り、保険料の負担はなくなりま
>す。ただし、お子さんの保障は成人する間でです。
>ガンが心配なら、ガン保険も終身で夫婦型に加入してください。

 多くの会社でご主人(主契約)が亡くなると、特約である奥さんや家族の保障も消滅します。この時点で奥さんが加入し直せない事も考えられますから、多くの会社で夫婦型のお勧めはできないと考えられます。
ただ、ア○コ社等一部の会社には、保険料払込免除で奥様の保障が残る特典があります。この意味からして、夫婦型で加入して良い会社悪い会社があるという事になります。
 AFLACの払込は続くものの、奥様の保障が継続できる点はある意味優れているのではないでしょうか。(もっとも、他社の方が契約者別で契約しても割安な事もありますが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。夫婦型に入るか、については、よく内容を確認することが大切なのですね。
ご助言ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 00:04

本当にたくさん加入していますね。


保険料の負担額が変わらない。
退職後の負担はなくす。ことを前提に説明します。

荒っぽいですが、終身保障以外すべて解約をして考えます。
死亡保障は、お子さんが成人するまでの間をカバーする掛捨ての保険に加入。
医療保険は、終身医療保険に家族型で加入、お子さんがすべて成人された時点で夫婦型に変更する。
できれば、掛捨てで奥さんにも少額でもいいので死亡保障に加入する。

理由と内容
死亡保障は、収入保障等を60歳満期保険料負担60歳までの内容で加入する。必要額は、奥さんが生活に必要と思う金額(公的保障や死亡退職金等を計算してください。)
終身の医療保険を家族型で加入する理由は、今加入すれば、第二子は、自動的に保障されます。そして、ご主人が先に亡くなられた後は、奥様の保障は残り、保険料の負担はなくなります。ただし、お子さんの保障は成人する間でです。
ガンが心配なら、ガン保険も終身で夫婦型に加入してください。
わたしは、ア○リカンのガンは、勧めません、なぜなら保険料の負担が終身・残された奥様に保険料負担がある・保障額が少なくなる。しかし、保険料の負担額は少ないのがいいですれど。

いくつかの代理店の方に相談をされればどうでしょうか。保険会社の社員の場合は、会社の方針で内容を決められますが、代理店の場合は、その方個人ごとの方針で販売されますので いろんな内容を説明してくれると思います。
一度、今後の生活設計をくみたててください。どんなことが起こるであろうか・いくら必要か・いくら入ってくるか。その不足分を補う保険ですから、不足分がわからないと どのような保険に加入しても不満が残ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。
いろいろ難しいので、やはり、代理店の人に一度相談してみようと思います。
なお、お礼が遅くなってしまい、もうしわけありませんでした。

お礼日時:2001/07/30 00:00

 終身保険にそれだけの保障が必要でしょうか?


 終身保険は、一生涯続く保障です。今は保障が必要でも40年先は?と考えたらそんなには必要がないと思います。終身保険を考えるときは大体、葬式・墓石・49日・生活を立て直す資金ぐらい考えておけば十分です。
 今現在お子さんが小さく保障が必要ですので、お子さんが大きくなるまでの期間の保障を考えるのがいいでしょう。その期間は、掛け捨ての安いものでカバーできると思います。入院保障は、人間誰でもいつまで生きるか分からないもの、生きてるうちは入院する可能性はあると思いますので、できれば終身保障のある医療保険を選びましょう。80歳で保障がなくなってしまっては、80歳以上生きたらどうするの?とならないようにしましょう。
 2~3年後に、もう一人とお考えなら妊娠したときにその分だけ増額しましょう。ただし、不要な保障は必要ないですが、保険は健康なうちにしか加入できないことを頭に入れておきましょう。
 将来設計を思い描いてみた方がいいかもしれません。
 保険料が高いから、入りすぎてるは、間違いの元!内容がご家庭に合っているかが重要です。
 出来れば知識のある代理店の方などに相談できると、手っ取り早いのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

代理店の人に相談してみようと思います。ありがとうございました。
また、私事により、お礼が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/07/29 23:56

 こんにちわ。


 見直しをする前提は、あなたのご主人の保険が必要な保障額を満たしているか、これらの保険が合っているかです。
 必要な保障額は、お子さんがまた増えれば変わってきますが、多額の保障額がいらない場合も多々あります。一例として、遺族年金や会社の死亡退職金規程、貯蓄などを考慮に入れると2000万~3000万位の保障額で必要十分な方もおります。これは、人によってマチマチですので、まずは必要な保障の検討をお勧めします。ちなみに、なんの根拠もなく、家族3人なら5000万は必要、8000万は必要、などと言われるままに契約している方も見掛けますが、高額の保障を提示してくる人には注意が必要です。
 第一生命のものは予定利率が3.75%の時期のものですね。必要な保障の兼ね合いから不要との判断なら、全て解約、特約のみ解約し、終身100万を残してみるのもお勧めです。純粋に貯蓄として考えても、現在の銀行金利等と比較するとお得ではないでしょうか。
 プルデンシャルの終身は他に何か特約が付いてますか?払込に対して解約返戻金が少なすぎます。通常は払込満了時には払込額以上の解約返戻金があるものです。質問の通りとするとよその終身保険の方がいいかもしれません。(変額ではないですか?)
 県民共済は65歳位で同じ条件での継続ができなくなくなります。(シニアプラン的なものも最近出してますが。)やはり60以降の方が入院等のリスクが上がりますから、肝心なときに無くなってる可能性があります。あくまでも補助的に考えた方がいいと思います。(割安ですので上乗せという考えで。)
 アメリカンファミリーのガン保険が他社より絶対的に優れているかというと、決してそんな事はありません。種々のガンを想定して、10数社のガン保険で一番多く保険金が出る会社を検証したところ、あまり会社による大きな違いは見られませんでしたが、再発を条件に試算すると、AFLACでは不利な結果が出てます。
 見直しとして、プルデンシャルの終身を残して、あとは単体の終身医療保険に加入する、というのでいいのではとも思います。内容がイマイチはっきりしてないので絶対とは言えませんが。

 あと、保険だけに頼らない方法も出来るので有れば検討してみてはどうでしょうか。例えば、プルデンシャルの例だと2500万円の保障に1700万円払い込むわけですよね。これを、割安な定期保険に置き換えて、浮いた金額を投信等で運用するのです。60歳までに2500万以上に増やせればこれの方が合理的でもあります。極論すると、運用期間中に万が一があると困るので、運用期間中を掛け捨ての定期保険でカバーし、保障額以上の金額を運用して増やすという方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスをいただき、とても助かりました。ありがとうございます。
プルデンシャルのは、証書にはそのとおり書いてあるのですが、、変額ってなんですか?初歩の質問ですみません。

お礼日時:2001/07/29 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGEエジソン生命かプルデンシャル生命収入保障保険はどちらがいい?

今現在、主人が日本生命の定期月終身保険に加入しています。年齢は36歳です。ただ、保障が、49歳までの更新しかできないため、子供がまだ6.4.1歳ですので、以前から不安に思っていたのですがいい保険が無く、とりあえず必要な分だけに、減額したりしていました。今回終身800万円を金利がいいときのために、ニッセイで、残して、
医療保障と、定期部分の保障を変えようと検討しています。

医療はいろいろと調べたところ、1日7000円の、安田ひまわり生命のワハハに入ろうと思ってます。癌は、アメリカンファミリーに入ってるので、癌特約はつけません。
あと、悩んでいるのが、GEエジソン生命かプルデンシャル生命の収入保障保険なのです。今までの漢字生保は、見直しが基本で、そのときの商品に変えさせようと、
高い保険を持ってきます。なので完成度が低い保険しかないと思いました。
減額すればいいといいますが、減額をその都度するのは、手間ですし、そのたびに勇気も入ります。また、主人のはんこや、手書きが必要になります。
なので、収入保証と言うような、年齢とともに、金額が下がっていく保険に入ろうと思ってます。他に、長男の育英年金付きの学資保険が、今現在で計算すると、1400万円ほどになり、年金保険にも入ってます。また、養老保険も、あと5年ほどあります。なので、プルデンシャルの、60歳まで、800円プラス、月12万円づつ払われると言う保険に入るか、エジソン生命の60歳まで、年180づつ支払われる保険に入ろうと思ってます。
プルの方は、はじめ、1億ほどの保険が必要だといってきましたが、サラリーマンなのでそんなには必要ではないと思いました。ただ、組み合わせができると言うのは魅力です。エジソンは、ノンスモーク特約があって、月で2000円近く安くなります。どちらがお薦めでしょうか。宜しくお願いいたします。

今現在、主人が日本生命の定期月終身保険に加入しています。年齢は36歳です。ただ、保障が、49歳までの更新しかできないため、子供がまだ6.4.1歳ですので、以前から不安に思っていたのですがいい保険が無く、とりあえず必要な分だけに、減額したりしていました。今回終身800万円を金利がいいときのために、ニッセイで、残して、
医療保障と、定期部分の保障を変えようと検討しています。

医療はいろいろと調べたところ、1日7000円の、安田ひまわり生命のワハハに入ろうと思ってます。癌は、ア...続きを読む

Aベストアンサー

>
今回終身800万円を金利がいいときのために、ニッセイで、残して、
医療保障と、定期部分の保障を変えようと検討しています。

この選択は正しいです。
その後の選択内容については、保険会社と商品を選ぶ以前の問題として、何がいつまで、どういう形で必要か整理する必要があります。

しいて言えばどちらの担当者もレベルが低いのの私はその担当者とは契約しないでしょう。

公的年金からもどれくらい支給されるかも計算してもらっているでしょうか。
何千万円も支給されるので、その分は自分で加入する必要はありません。

一般のサラリーマンで持ち家があれば現在で3000から4000万円の保証になるように収入保証特約を付けて満期はお子様の経済的に自立する年齢に1.2年余裕を見て設計し、終身は余裕があるなら、率の良いもので増額した方が良いでしょう。

医療保険も日数には注意しておいた方が良いと思います。
私の親戚で高齢になってから11か月入院後亡くなったとかを経験しました。

高額療養給付金があるので、月に1病院で63600円を越えた分の99%は戻ります。高収入の方は異なります。
入院日額は5000円で360日以上の終身保証にして収入とかでどうしても不安であれば掛け捨ての入院保障を組み合わせた方が一生涯の保証をしっかり付けて働いているときの保証も割安になります。

健康保険の話もしていないようであれば、担当者のレベルは高くないです。
健康保険と公的保証を正確に説明できる人はごくわずかしかいません。

がんについても、がんの死亡率・罹患率などが下記の国立がんセンターのアドレスで見るとわかると思いますが、罹患率と死亡率率からは約10人に6人ががんにかかり3人が亡くなり3人が助かりますが、当然再発もかんがえられます。
加入時期にもよりますが、再発でも診断給付金のでるタイプのほうが保険料も安く
なる場合もあります。

商品と保険料を選ぶのは良いのですが、肝心ほ保証の中身を良く考えて下さい。

ホームページやメールで相談している所もあります。

払い込み終了するまでの保険料も一度計算してみて下さい。
今の日本生命の入院保証も払い込み終了時に高額な入院保障の保険料について書いてあるはずです。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/statistics/2001/figures_j.html

>
今回終身800万円を金利がいいときのために、ニッセイで、残して、
医療保障と、定期部分の保障を変えようと検討しています。

この選択は正しいです。
その後の選択内容については、保険会社と商品を選ぶ以前の問題として、何がいつまで、どういう形で必要か整理する必要があります。

しいて言えばどちらの担当者もレベルが低いのの私はその担当者とは契約しないでしょう。

公的年金からもどれくらい支給されるかも計算してもらっているでしょうか。
何千万円も支給されるので、その分は自分で...続きを読む

Q日本生命が、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)を1000万以下へ契約変更させない事への対応方法は

現在ニッセイの終身保険(主契約)に入っています。

この契約には無駄な掛け捨ての特約が多いので、それらを外して主契約だけ、または主契約と医療保障だけにしようとニッセイに話しをしたのですが、担当者が上司に相談したのでしょう。何日も経ってから、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)が1000万以下への契約変更は出来ないと言われ、更新時なら出来るとの事でした。

そこで約款に書いてあるのかと尋ねた所、確かにそれらしい事は書いてありました。ですが1000万という数字は明記されていません。

しかし、そのように会社で決められているからと言って、掛け捨ての無駄な特約の保険料を支払い続けたくはありません。

全てを解約しようかとも考えていますが、このような場合どうしたらよいでしょうか。特約を解約する手立てはないものでしょうか。

Aベストアンサー

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します。
(払い済み保険に変更したあとの終身保険・保障額(保険金額)が、100万円以上(?)あるいは300万円以上(?)となれば、変更可能だとおもいます。保険会社にご確認を。)

各保険会社とも、これ以上保険金額を下げられない、という最低限度額はあるようです。
ただ、大手生保のほうが最低限度額が高いように思います。
rokutaro36さんがご紹介してくれたサイト http://www.nissay.co.jp/okofficial/keiyaku/gengaku/gengaku.pdf によれば、日本生命の定期保険(商品名:ニッセイ定期保険 EX)は、保険金・減額限度額は1000万円までのようです。

一方、契約時の最低保険金額ではありますが、オリックス生命の定期保険(商品名:ファインセーブ)http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm であれば、最低保険金額は"100万円"のようです。

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します...続きを読む

Q月掛け金1000円くらいで死亡保障が300万円くらいで金払いが良い保険会社

保険に入ろうと思っている23歳の男です。

とりあえず上の条件を希望したいのですが何か良い保険などありませんか?

回答おねがいします。

Aベストアンサー

オリックスダイレクトで、300万円なら月513円です。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/teiki/index.htm

Q生命保険、死亡保障金額について

保険に詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

主人の生命保険が来月更新を迎えます。(次回更新は10年後)
そこで内容を見直しており、10年後の死亡保障金額を
2600万円にするか1600万円にするか迷っております。
先々かかるお金などを考えてもいるのですがいまいちピンとこず、
詳しい方のご意見を頂戴したいと思います。


【家族構成】 夫(35歳)・妻(34歳)・長男(4歳)・長女(0歳)
【住宅ローン】 完済
【教育についての考え】 長男・長女とも大学へ進学させてやりたい(公立高校→私立大学)
【現在の貯蓄額】 400~500万円


2人目が産まれてこれからお金がもっと必要になりますし、
毎月余裕のある生活をしているわけでもないので出来れば保険料は抑えたい所です。
ただ、万が一の事を思うと削りすぎる事にも不安を覚えています。

他社への乗り換えも考えましたが、
現在主人の父の関係で保険契約をしているので保険会社の変更はしづらいです。
迷っている2タイプの保険内容は、10年経っても死亡保障額に変動がないもの(2600万円)と
毎年死亡保障額が下がっていくもの(2600万円→1600万円)の2タイプです。
10年後の死亡保障額を2600万円にするか1600万円にするかのどちらかで
月々の保険料はそれにより2000円の差があります。

上記の家族構成等の内容で、死亡保障額が1600万円というのはやはり心許ないでしょうか?
10年後には長男が14歳、長女が10歳でまだまだ教育費がかかります。
2600万円にしておいた方が安心かと思いつつも、
現在支払っている保険金額より4000円の増額になるので即決できずにいます。
(1600万円にしても現在より2000円の増額、2600万円にすれば現在より4000円の増額になります)

上記内容の家族構成等では、一般的に死亡保障はどれくらい必要なものでしょうか?
無知でお恥ずかしいのですが、アドバイス等宜しくお願い致します。

保険に詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

主人の生命保険が来月更新を迎えます。(次回更新は10年後)
そこで内容を見直しており、10年後の死亡保障金額を
2600万円にするか1600万円にするか迷っております。
先々かかるお金などを考えてもいるのですがいまいちピンとこず、
詳しい方のご意見を頂戴したいと思います。


【家族構成】 夫(35歳)・妻(34歳)・長男(4歳)・長女(0歳)
【住宅ローン】 完済
【教育についての考え】 長男・長女とも大学へ進学させてやりたい(公立高校→私立大学...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

保険を考えるときの基本は、
何の為に、どのような保障が必要か、
ということをはっきりとさせることです。
死亡保険ならば、死亡したとき、遺族にはいくらが必要か、
ということを「必要保障額」を計算することです。

必要保障額を計算するときの基本は、
キャッシュフロー表を作成することです。
「キャッシュフロー表 家計」で検索すればヒットします。

キャッシュフロー表が完成したら、シミュレーションをします。
夫様の収入を遺族年金にして、
死亡退職金、葬儀代を計算に入れます。
生活費から夫様の分を引きます。
などなどの操作をすれば、万一のときのシミュレーションとなります。
このときのマイナスが、必要保障額です。

まずは、この計算をすることです。
ちゃんとした保険担当者ならば、計算してくれますが、
保険会社が提供するソフトではなく、EXCELなどの表計算ソフトで
オリジナルで作成してくれる担当者を探すことです。
人は、価値観でお金を使いますから、
平均ではなく、質問者様のお金の使い方が重要だからです。

(Q)現在主人の父の関係で保険契約をしているので保険会社の変更はしづらいです。
(A)ならば、この保険は、最低の金額して、
必要な保障額を他の保険会社で確保することを考えては
いかがですか?
もちろん、その保険会社の担当者は、上記のような計算を
きちんとしてくれる人でなければなりません。

生命保険専門のFPです。

保険を考えるときの基本は、
何の為に、どのような保障が必要か、
ということをはっきりとさせることです。
死亡保険ならば、死亡したとき、遺族にはいくらが必要か、
ということを「必要保障額」を計算することです。

必要保障額を計算するときの基本は、
キャッシュフロー表を作成することです。
「キャッシュフロー表 家計」で検索すればヒットします。

キャッシュフロー表が完成したら、シミュレーションをします。
夫様の収入を遺族年金にして、
死亡退職金、葬儀代を計算に入...続きを読む

Q生命保険(死亡保障)のみに加入する場合

生命保険(死亡保障)のみに加入する場合
どこの保険会社がオススメでしょうか?

30台前半、自営業の男です。
もうすぐ妻が初めての出産予定です。

損保ジャパンDIY生命 は毎年
見直しができるようで気になってはいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

golf90 さん

申し訳ございません。先程の回答(回答No.3)で一部誤りがありました。

誤:「相続税は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」、奥様とお子さん1人が相続人であれば、6000万円までは少なくとも課税されません。」

正:「相続税は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」、奥様とお子さん1人が相続人であれば、7000万円までは少なくとも課税されません。」


もし、お時間があれば、保険のことについてもう少し考えてみませんか。
保険営業員は、自分に都合の良いことしか言いません。自分の儲けが大きい保険を勧めがちです。golf90 さんの都合とは関係なしに。

葬儀代等を準備する資金のために終身保険500万円程度を用意したら、という提案に対して、「貯蓄が1000万円あるなら、終身保険なんて必要ないのではないか」と感じることができるgolf90 さんであれば、保険の考え方さえわかれば、保険営業員の言いなりになどならないでしょう。
golf90 さんご自身に必要な保険に加入することができるでしょう。


保険の基本を知るサイト

 やさしく解説しています。見てみてください。
 ○知るぽると
 -わが家の味方「生命保険」
  http://www.saveinfo.or.jp/life/hoken/seiho/index.html
 
保険について知るコラム

 生命保険の具体的な商品選びをする前に、生命保険との付き合い方を考えてみませんか。

 ○生命保険の“はてな?”にズバっと回答 ~講師:後田亨~
 (月刊チャージャー)
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/lifeinsurance/

 ○「保険のカラクリ」-後田 亨-asahi.com
  http://www.asahi.com/health/seiho/karakuri.html

 ○「後悔しない生命保険」-藤井泰輔- asahi.com
  http://www.asahi.com/health/seiho/jikiden.html

golf90 さん

申し訳ございません。先程の回答(回答No.3)で一部誤りがありました。

誤:「相続税は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」、奥様とお子さん1人が相続人であれば、6000万円までは少なくとも課税されません。」

正:「相続税は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」、奥様とお子さん1人が相続人であれば、7000万円までは少なくとも課税されません。」


もし、お時間があれば、保険のことについてもう少し考えてみませんか。
保険営業員は、自分に都合の良いことしか言いません。自分の儲けが大...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報