【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

マニュアル車でクラッチがスカスカになってしまいギアがどこにも入らなくてなってしまいました、何が原因でしょうか

A 回答 (9件)

ギアーが入らないと言われると、


アイドリング時、シフトレバーがNの位置以外物理的にどこにも入らないのか、あるいはシフトレバー自体はちゃんと動かせるがクラッチを繋いでも車が反応しないのか、ご質問者様のお車の症状はどちらでしょうか。

前者なら油圧系統(ワイヤー式ならワイヤー)、後者ならクラッチカバーのダイアフラムスプリングが割れたのですね。どちらもクラッチペダルはスカスカに感じます。
    • good
    • 0

よくある原因をあげます。

当然ながら、その他の場合もあります。

◆油圧式の場合
クラッチ配管の液漏れ
マスターシリンダ、レリーズシリンダのカップ(ピストンシール)不良

◆ワイヤー式の場合
ワイヤーはずれ
ワイヤー切れ

◆共通
レリーズフォークの折損やはずれ


とりあえず確認すること
クラッチリザーブタンクのフルード量
下回りにフルードが漏れているか
見た目に漏れや破損があるか
    • good
    • 1

ペダルとミッションの間の動作を伝える部分がダメになった、というのが一般的です。



通常は油圧かワイヤーで繋がっています。

油圧の場合はフルードの不足(油漏れの結果)、シリンダーカップの抜け、等が多いです。
ワイヤー式はワイヤーの破断やワイヤーのアウターチューブの支持部の破損が多いです。

いずれにせよ部品交換が必要なケースがほとんどになります。
    • good
    • 0

昔、クラッチを踏んだら、バシーンと音がして、スカスカになりました。

2に入れたままで、セルを回して、トロトロ走りながら、クルマ屋さんまで、行きました。
    • good
    • 0

クラッチが切れないのでしょうー。


オペレーチングの液漏れやワイヤー切れなど
    • good
    • 0

スカスカになってクラッチが切れない。


力が他に伝わっていないからです。
例 ワイヤーや連結棒でつないでいるときは、それが切れたら、そんな感じですね。
    • good
    • 0

クラッチの油圧シリンダーからのオイル漏れのトラブルがよくありますね。


クラッチレリーズキットという部品です。
ここは、ほとんど整備されない場所なので、オイル漏れを防ぐゴムのパッキンが古くなって劣化すると
オイル漏れが発生する場所です。
すこしずつ漏れて、オイルがなくなってスカスカになったわけですね。
ポンネットあけて、クラッチのオイルが入ってるタンクをみてください。
おそらく、オイルがスッカラカンになっているはずです。
    • good
    • 1

油圧式ならマスターシリンダーかレリーズシリンダーの液漏れのどちらかです。


ボンネットを開けてブレーキマスターの隣に有るクラッチマスターの液量を見て
下さい。液量がLowレベルより下になっていたら確実に漏れているのでO/Hが必要
になります。いずれにしても自分では出来ないでしょうから修理工場へ持ち込んで
修理してもらいましょう。
    • good
    • 4

作動油漏れ?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMT車のギアが突然入らなくなりました。

これまで何の異常もなかったのですが、さっき運転中に突然MT車のギアが入らなくなってしまいました。
クラッチペダルをめいっぱい踏んでも一速やRに入りません。エンジンを切ると簡単に入るので、とりあえずそれで一速に入れてエンジンをかけ、後はダブルクラッチのように?回転数を合わせて無理やりシフトアップすれば入る状態です。
あと、クラッチペダルを踏んだときに何か引っかかっているような違和感があります。
メカに弱いですが、やっぱり故障したのでしょうか。ディーラーまで持っていくのも大変ですが、上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。
ちなみに車種はアクセラ15Fです。

Aベストアンサー

>やっぱり故障したのでしょうか。

故障です。
しかし、クラッチ(ディスク)板など重要で高価な部品の故障ではありません。

>上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。

そのままの状態で走ると危険ですし、交差点では、非常に危ないです。
また、クラッチ本体を痛める可能性があります。

私も(他車種ですが)同じ経験があります。
私の場合、交換部品が無かったので3日ほど代車で過ごしました。
部品代・工賃・税込みで、1万円でお釣りがきました。(値引き有り)

通常だと、クラッチデスク、クラッチプレッシャープレート、クラッチレーリーズベアリング、パイロットベアリング、レリーズレバーの交換です。
私の場合、クラッチプレッシャー関係が原因だったようです。

Qクラッチが切れない

本日1時間ほど車を運転後、車庫に入れようとしたら突然ペダルを奥まで踏んでもクラッチが切れなくなりエンストしました。

クラッチオイルが漏れたのかと思いましたが、特に減っていませんでした。

他にどのような原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

クラッチ板の異常か、クラッチオイルのチューブの中にエアーが入ってしまったためではないでしょうか?以前私の時にはエアー抜きをして一時的には直りましたが、すぐまた切れなくなりました。根本から直すには4万円位と言われました。

Qクラッチを踏むとエンスト

先日クラッチを踏んでもスカスカで、クラッチが切れなくなりました。クラッチが切れないため、ギヤチェンジができないので、ギヤを入れてからエンジンをかけてなんとか動かして多少走行しました。クラッチワイヤーを締めなおしてクラッチは切ることが出来るようになったのですが、クラッチを踏むとシャーという音がしてエンストしてしまいます。発進しようとしてクラッチを踏むとエンストしてしまいます。原因はクラッチ板がダメになってしまったのでしょうか?その場合、修理費用はどのくらいかかるものでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クラッチ板ではなく、レリーズベアリングが逝ってしまっている状態。
ベアリングとしての機能が既に無く、クラッチを踏むと回転しているクラッチカバーを回転しなくなったレリーズベアリング(鉄の塊)で押し付けているので、これが抵抗となりエンジンが止まる。
先の方の通り、クラッチディスク・クラッチカバー・レリーズベアリングの3点(若しくはパイロットベアリングでの4点)セット交換でしょうね。

費用は・・・車種によりけり(場合によってはエンジン下ろさないと交換できない車種もありますので)。

Qクラッチペダルが戻らない

180sxに乗ってるものなんですが、最近クラッチペダルの戻りが悪いんです

具体的には、クラッチペダルを踏む→何かにひっかかているみたいになる→足で戻すって感じです

しかしクラッチペダルの方をみると何もひっかかていないんです

なにが悪いのかわからないので説明お願いします

https://www.youtube.com/watch?v=nI3w85L-hug

Aベストアンサー

油圧式だったら、クラッチのマスターシリンダーに何か不具合がある可能性もあります。
その場合にはマスターシリンダーをASSY交換するかオーバーホールすると直ります。
あとはホースなども液漏れがないか確認してみましょう。
参考までに。

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qクラッチのエアについて

クラッチのフルードにエアが噛んだまま走行をすると、車にどんな症状があらわれますか?

Aベストアンサー

エアの混入箇所にもよりますが・・・・

レリーズシリンダー(クラッチフォークを動かして
クラッチディスクを引き離すためのシリンダー)の
中に入ったエアであれば、エア抜きバルブを緩めて
排出させない限り、ペダルを踏んだ時の初期タッチが、
遊びではなく、妙にスポンジーな感じがするはずです。

そのままですとクラッチの切れが完全では無いため、
シフト操作に引っ掛かりが発生したり、クラッチを
繋ぐ時にジャダー(断続的な振動)が発生します。
さらに放置すれば、極端にディスクの磨耗を早めます。

また、熱によって気泡体積が変化してしまうため、
クラッチミートのペダル位置が安定しないため、
微妙なクラッチペダルワークをすることが出来ません。

気泡内に水分があると、クラッチオイルの劣化を
早めることがありますので、オイルごとの交換をして
入れ替えてしまった方が良いかも知れません。

Qバックギアになかなか入らない! (MT車)

三菱GTO初期型に乗っています。

最近中古で購入したのですが、バックギアになかなか入らなくて非常に困っています。
1~5速はスコスコ、スムーズに入るのですが、バックギアに入らないときは気合でも入りません。。

気まぐれなのか、入るときはスコッとはいるのですが、入らないときは

ゆっくり入れる×
素早く入れる×
何回か連続で入れようとしてみる×
ニュートラルでクラッチを繋いで再度挑戦×
少し前進して再挑戦×

この前立体駐車場で本当に困りました。。
周りの方はMTのギアが入らなくてピンチ状況をわかってくれないみたいで、クラクションが飛んできます…

ミッションオイルはザーレンの物に最近交換しています(デフオイル等も)

なかなかバックギアに入らないときは、なにかコツ等あるのでしょうか…?

Aベストアンサー

ミッション車は初めてですか?
GTOに限らず良くあることです。

1、一旦ローに入れる。
2、バックに入れる。
3、スコーンと入る(笑)
です。

これでもだめなら…オーバーホールしてください。
って言うか、クラッチ踏んでおられますよね??(爆)

QKei(5MT)のシフトが渋い・クラッチが重い…トラブルの前兆ですか???

11年式 スズキ Kei ターボS 4WD 5MTに乗っています。
走行距離78000kmです。最近クラッチが重くなっているように感じます。
以前、代車で別の軽を借りたときに、その軽さに驚きました。
このときはフロントガラスリペアで出したんですが、店員さんも「クラッチ重いっすねぇ!!強化クラッチでも入ってますか??」
って言うくらいでした(6年間毎日乗り続けていたので、私自身はクラッチが特別重いとは感じなかった)。

これはトラブルの前兆でしょうか?
ちなみにシフト自体も、低速域で引っかかり感が強く感じます。
スズキスポーツからクイックシフトが出ていますが、これらに交換することで、改善は期待できるんでしょうか?

補足
次回車検はちょうど1年先です。

Aベストアンサー

クラッチディスクが減るとクラッチは重くなります。ディスクが新品の時はクラッチカバーのダイアフラムスプリングがおおよそディスク面に対して水平についています。ディスクが減ってくるとダイアフラムスプリングが起きて来て踏み込むのに重くなります。
更に内部は無給油なのですでに油切れの状態ですので踏み込むのに重くなっています。
そしてディスクのスプライン部などは雨が降って空気中の湿度が高くなれば錆びますので動きが悪くなりクラッチの切れも悪くなります。
クラッチが減ればクラッチの遊びも少なくなりますので遊びの量を見て判断することも出来ます。
クラッチの交換をした方が良いかを一度専門家に診て貰う事をお勧めします。

Qエンジン内部での冷却水漏れ

が起こるとどういう症状がでますか。極端に冷却水が減るというかほとんどわからないほどの漏れの場合について教えてください。

Aベストアンサー

>ほとんどわからないほどの漏れの場合について教えてください。

ほんの微量と言う事でよろしいのでしょうか?

エンジンにもよりますが、シリンダー内だとまったく問題無く動くエンジンもあれば、エンジンの吹けが悪くなったり、振動が多くなったり、ラジエターに吹き替えしたりしてオーバーヒート起したり、最悪エンジンが掛からなくなるエンジンもありますね。
これがオイル通路に漏れると、オイルが白濁して最悪エンジン焼き付きが起こります。

これは車によってケースバイケースなので、何か異常を感じたら早めにディーラー等に持ち込んで点検して貰うのが一番良いですね。

QMT車のクラッチフルードの交換は?

ふと思ったのですが、車のクラッチは油圧ですよね。だとするとの話なのです。ブレーキフルードは車検毎ぐらいに交換しますが、クラッチフルードって交換した事無いです。これが、バイクならブレーキより頻繁にクラッチフルード交換してました。ブレーキフルードより酷使しますから。
 それとも、油圧じゃなくて、機械的なリンクパーツ?
どなたかご教示お願いします。

Aベストアンサー

クルマ屋ですが・・・
使用頻度がブレーキよりも多いとは、よく気が付きましたね!
なぜ、キチンとフルードの交換をせずに、車検等の作業を済ませるか?ですが
オイル漏れの修理の際は「マスターASSY」で交換とインナーパーツのみ交換と2通りの方法が有ります。勿論マスターごと交換のほうが、インナーパーツ交換より「不安要因」が無くてイイのです。だから丸ごと交換と言う修理方法を採ります。で、丸ごと交換するならトコトン壊れてからでイイ!というので、途中でのメンテを省くやり方が主流になってます。
熱がどうのとか圧力が、など関係無いですね!先を見越した場合の「都合」です。ブレーキと違い、走行中のトラブル発生でもまず「事故など危険度」は低いでしょ?ですから壊れるまでほったらかし・・・なんです。

例を上げるとAE8#などでは非常に狭い足元に、上半身を突っ込んでの作業なのでイッパツ解消!と行きたいのに「インナー交換のみ」で修理を済ませると(まあ、シリンダーの傷からダメかも?とは思いつつですが)すぐ又「オイル漏れ」なんて気が重いですからねェ・・・
クラッチマスターがエンジンルームにある場合は、ペダル操作するとまるで「呼吸してるみたい」にカップの周りの空気(ホコリ、湿気入り)を吸っては吐きを繰り返してます、そしてインナーのゴムカップも削れてくるので、これもまた溜まって来るといったワケで、たいてい点検する頃にはヘドロが溜まってますね。(W)
オペレーション機構ですが、自由度が広いので油圧式が主流です。昔は大衆車位まではワイヤーを使ってましたけど、今では軽4くらいしか見られませんね。
蛇足・もし走行中にクラッチフルードが漏れ出したら・・・コンビニでサラダ油を買って、注ぎ足して下さい。熱にもまあまあだし性質的にもOK、他の液体よりも「後修理」に影響しませんから!

クルマ屋ですが・・・
使用頻度がブレーキよりも多いとは、よく気が付きましたね!
なぜ、キチンとフルードの交換をせずに、車検等の作業を済ませるか?ですが
オイル漏れの修理の際は「マスターASSY」で交換とインナーパーツのみ交換と2通りの方法が有ります。勿論マスターごと交換のほうが、インナーパーツ交換より「不安要因」が無くてイイのです。だから丸ごと交換と言う修理方法を採ります。で、丸ごと交換するならトコトン壊れてからでイイ!というので、途中でのメンテを省くやり方が主流になって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング