専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

減法を加法に直す方法を簡単に教えてください。

A 回答 (2件)

(+2)-(-3)


→ (+2)+(+3)

マイナスが2つ並んでいた場合どちらもプラスに変えます。

(+2)-(+3)
→(+2)+(-3)

マイナス、プラスのように異なる符号が並んでいた場合前の符号をプラスに変えると後ろの符号がマイナスに変わります
    • good
    • 38

5-1=5+(-1)

    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減法を加法に直す

減法を加法に直す

中学生に質問されたことです。

(-4)-(+7)=(-4)+(-7)

のように、減法は加法に直して計算しますが、彼はこれが腑に落ちないようです。
私は数直線や温度、借金を例に説明しましたが、「?」という感じです。

どなたか良い例を御存知でないでしょうか?あるいは中学1年の数学の教科書にはどのように書かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

すごく大事なところなので、丁寧に教えたいところですね。

北をプラス、南をマイナスと考えて

-(+7) = -1 × (+7) = -7
出発点から毎分-1kmの速さで+7分歩けば
(1分1kmの速さで南に7分歩けば)、
出発点から-7kmの場所(南に7kmの場所)にいる。

+(-7) = +1 × (-7) = -7
出発点から毎分+1kmの速さで-7分歩けば、-7kmの場所(南に7km)にいる。
(1分1kmの速さで北に向かっているとき、今から7分前は南に7kmの場所にいた)

ついでに、
-(-7) = (-1)×(-7) = +7
1分-1kmの速さで南に向かっているとき、今から-7分後は北に7kmの場所にいる。
(1分1kmの速さで南に向かっているとき、今から7分前は北に7kmの場所にいた)

Q加法と減法の混じった計算 のやり方

加法と減法の混じった計算のやり方を
・分かりやすく
・かんたん
に教えてください!
教科書を読んでも、よく分からなくて・・・
おねがいしいます。

Aベストアンサー

例(+5)-(+2)+(-9)-(-4)

まず、(+5)-(+2)の計算の仕方を説明します。

ここでひっかかってしまうのは-(+2)だと思います。

-(+2)は…(-1)×2の略です。

そのまま計算すると、-2になると思います。

そして5-2をすると3になります。

今度は(-9)-(-4)をやってみましょう。

-(-4)というものも(-1)×(-4)の略です。

-マイナスを2つかけるので+4になります。

それが出たら、(-9)+4になります。

()をはずして-9+4になり、-5になります。

最初からして3-5、-2になります。

式…(+5)-(+2)+(-9)-(-4)
  =5-2-9+4
  =5+4-2-9
  =9-11
  =-2

                 です。

Q加法、減法について教えてください


加法(-3)+(+2)=-1
減法(-3)-(+2)=-5

上記の計算式で加法の答えが『-1』になるのは理解できます。
しかい減法の答えなぜ『-5』になるのかが腑に落ちません。

減法を加法に変えて計算する方法は符号を変えるだけなので
丸暗記すれば式は解けますが、減法の答えが『-5』になるわけを理解したいのです。

私からすると減法の答えも『-1』に思えます。

どなたか分かりやすく教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

正の数・負の数はそんなに理解し難い概念なのかなぁ~
自分にとっては分数の方がよっぽど難しかったけど・・・

図のように数直線で考えてみてください。
足すとプラスの方に移動して、引くとマイナスの方に移動します。
(-3)-(+2)は-3に2を引くのと同じ事です。
つまり、-3の位置からマイナスの方向に2移動すればよいのです。
そうすると-5になる事が分かります。


人気Q&Aランキング