アメリカやヨーロッパ、アジアなど、海外の株をオンラインで取引したいと考えています。お薦めのところなどがありましたら教えてください。

また、例えば中国やロシアの企業の場合、政治的にも購入できる株が限定されると思うのですがどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

下記が、外国株を売買できる、オンライントレードの主要なところです、参考にしてください。


中国やロシア株については、判りかねます。

DLJディレクトSFG証券
http://www.dljdirect-sfg.co.jp/

リテラ・クレア証券(旧・今川三澤屋證券)
http://imagawa.webbroker.ne.jp/

グローバルネットレード証券 http://www.globalnetrade.co.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

配当金や株主優待などの特典もどういう扱いになるのか御指南ください

Aベストアンサー

持ち株×0.5になります=0.5株

っのは無いので・・・・
良くあるパターンは・・お金で交付されます ので株券が無くなります

Qロシア株取引

ロシア株を売買したいのですが、手数料・使い勝手などお勧めの証券会社はどこですか?

Aベストアンサー

ロシア株の取扱は・・・

・ユナイテッドワールド証券
http://www.uwg.co.jp/

・アルジゲート証券
http://www.arujigate.co.jp/

以上、参考になれば幸いです。

Q株を始めようと思い今色々勉強しております。初歩的な質問で恐縮ですが例えばyahooファイナンスなどで

株を始めようと思い今色々勉強しております。初歩的な質問で恐縮ですが例えばyahooファイナンスなどで掲載されております業種一覧というものはいわゆる東証一部の業種だけなのでしょうか?それとも掲載されてない業種やジャンル等はあるようなものなのでしょうか?例えばyahooファイナンス以外の同じようなサービスが存在すると思いますがそのサービス別に取扱っている業種が異なるものなのでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.jpx.co.jp/glossary/ka/112.html
業種については上記の日本取引所グループのサイトに記載されています。

質問に回答すると
東証一部だけではない
掲載されていない業種、ジャンルはない、というかどれかにあてはめている。←必ずしも実態的にはその業種にあてはまらないように思える銘柄もあります。
サービス別に取り扱っている業種が異なるといったことはない。

これは別にヤフーファイナンスで勝手に分類しているものではないということですね。

Qプチ株やミニ株の取引

プチ株やミニ株では、何故指値注文ができないのでしょうか?
指値注文ができるならもっと投資する人が増えると思いますが・・・

Aベストアンサー

ミニ株など単元未満株は証券会社が注文をまとめて、翌日に買っている為です。
たとえば100株単位の場合で、10株の注文が3人からあったとします。そうすると翌日100株を購入して、10株づつ3人に売ります。
残った70株は証券会社が買う事になります。
証券取引所からは単元株でなければ購入できないので、このように注文をまとまて購入して分配する方法が取られています。
私はこのように理解しています。もし間違っていればすいません。

Q株の信用取引残高には、あらゆる主体が行う信用取引が含まれる?

信用取引の残高(東証信用取引銘柄別残高、日証金残高など)には、個人投資家が証券会社を通じて行った信用取引だけでなく、機関投資家などの行うすべての信用取引が含まれているのでしょうか?

信用売り残・貸株残が0にも関わらず、空売りとしか思えない売り物がどさどさ出てくる場面に遭遇する度に不思議に思っています。

検索してみたところ、過去に同じ趣旨の質問がありましたが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2405177.html
初心者の私には、このページだけではよくわからなかったので、どうかご教授のほど、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

東証が発表する信用取引残高、内訳は制度信用残高(言わば既製服)と一般信用取引(同じくイージー・オーダー)とになります。
どちらも、機関投資家はコスト的に合わず、ほとんど利用していないものと考えます。
これとは別に、日本には、1998年12月の証券取引法の改正に伴い、有価証券の貸借取引が証券会社の付帯業務となり、株券貸借取引市場が整備されました。
これにより、証券会社が、生損保等の機関投資家・事業会社・別の証券会社から株券を借りてきて、投資家に貸し出すことが可能となりました。
証券会社は貸し借りの仲介役を務めます。
証券会社と投資家の間で、消費貸借契約(現金担保付株券消費貸借取引契約)を結びます、証券会社は、投資家が希望する銘柄の株券を上記の機関投資家・事業会社・別の証券会社などから借りてきます、投資家は、借りる株券の時価以上の現金を担保として差し入れます、この差し入れた現金には利息が付き、投資家は利息が手に入ります。
また、株券の返済条件など自由度が高く、利便性があります。
つまり、この株券貸借市場を利用することによって、先物との裁定取引ばかりでなく、多様な売買手法をとることができます。
例えば、つなぎ売りとか、機関投資家がある事情から株式を手放すことができない、しかし、この値上がり益は確保しておきたいとか?
CB、MSCBの転換株との利鞘確保のためとか?
この株券貸借市場に、借り手として参加できるのは機関投資家に限られています。もちろん、証券会社自身も借り手として参加できます。
尚、1998年から空売り規制が強化されています。(が、本当にこの規制、機能しているのかにゃ?)

従って、ご質問者の、
>信用売り残・貸株残が0にも関わらず、空売りとしか思えない売り物がどさどさ出てくる場面に遭遇する

となり申す。^^

東証が発表する信用取引残高、内訳は制度信用残高(言わば既製服)と一般信用取引(同じくイージー・オーダー)とになります。
どちらも、機関投資家はコスト的に合わず、ほとんど利用していないものと考えます。
これとは別に、日本には、1998年12月の証券取引法の改正に伴い、有価証券の貸借取引が証券会社の付帯業務となり、株券貸借取引市場が整備されました。
これにより、証券会社が、生損保等の機関投資家・事業会社・別の証券会社から株券を借りてきて、投資家に貸し出すことが可能となりました。
証...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報