【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

藝大の受験を目指していて予備校に通っているのですが、夏期講習が辛くてたまらないです。レギュラー授業とは違い、毎日のように講評会があり(現役生なので講評会は普段は週一程度)、当たり前ですが毎日のように講評されるのが辛いです。
タームの頭に事故に遭ってお休みして、2日目には行ったのですが、他の人より短い制作時間で作った作品をみんなの前に置いて講評されるのが辛くて、もちろん講師には散々に言われ、それをもっともだなあと思いながら家に帰ってから泣いて、朝になっても泣いて疲れて寝てを繰り返しました。3日目は辛くて体も重くて行けず、今日、4日目も行けず…本当に辛くて昨日と今日合わせても卵かけご飯1杯とお菓子少ししか食べられていません。
明日は5日目で今ターム最終日ですが、2日目のように短い制作時間で講評されるのが怖くてどうにも行く気になれずにいます。
私が無駄にした時間は事故の日合わせて24時間、お金は25000円、明日も休んだらさらに無駄にしてしまうし親にも心配をかけてしまうのはわかっているのですが、きっと今の精神状態を見ると明日も休んでしまうでしょう。だってまた短い制作時間になってしまう、と考えるだけで涙が出てきます。
こんなに辛い思いをしてお金も時間もかけてまで美大受験する意味はあるのかわからなくなってしまいました。滑り止めですら受かるかどうかもわからない、浪人してまたお金と時間を無駄にしてしまうかもしれない。
それにこんなに精神的に弱いので美大生になってもすぐにまた病んで飛び降りてしまうんじゃないかと思うと怖くて仕方ないです。

話がそれてしまいました…長文に乱文失礼しました。
今もこれを書きながら泣いています。それでもまだ私は諦めたくはないのです。どうしたら心を強くもてますか。

質問者からの補足コメント

  • 精神的に弱っているので厳しい言い回しは避けていただけると幸いです。厳しいご意見は後々で見ます。

      補足日時:2018/08/02 23:31
  • 心を強くもてる方法を教えてください

      補足日時:2018/08/02 23:31

A 回答 (5件)

心を強く持つというより、前向きになれるかどうか、だと思いますよ。



みんなが2日かけて行う制作期間が1日しか取れなかった。
では、残り1日あれば、こういう作品ができていた、という完成予想図は、もう頭の中にあるんですよね。
その完成予想図と、現状とを比べて、ここが足りないという事が自分では分かっていると。

その状態で講師の講評を受けた時に、自分が予想した通りの講評でしたか?
もし自分が思ってもない視点から講評を受けたなら、仮に2日かけて完成させていても、結果は同じだったでしょう。

時間が足りなかった、もうダメだ、ではなくて。
時間が足りないなりに、やれる事は全部やった。
せめて吸収できる部分は、全て吸収して持って帰る。
そういう前向きな気持ちを持てるかどうか、だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
講評では、自分が足りないなと思った所ひとつ、思いもよらないところひとつといったところでした。
明日、講習に行こうと思います。前向きに頑張りたいです。

お礼日時:2018/08/03 00:50

それだけ図太ければいいんじゃない?

    • good
    • 0

そんなことで、辛くなるのなら、この道に進むのは辞めなさい



芸大に行けば、毎日批評されますから、批評されてなんぼ、それが芸大ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
諦めるのが嫌です。強くなりたいのです。後述のことも重々承知しています。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2018/08/02 23:55

芸大の教授は教員ではなく社長なので、もっときついよ。

「君みたいな下手くそを合格させてすまなかった。足を洗ったほうがいい。」ってのがあったからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
存じております。だからこそ折れないで強い心をもちたいと思い質問しました。失礼ですがここはうんちくを披露する場ではありません。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2018/08/02 23:51

ちょっと厳しい事を書きますが、あなたは藝大を受験して将来どんな仕事につきたいですか?


もし何らか創作する仕事につきたいのなら、制作期間が短いからって、クライアントは待ってくれませんよ?

長い人生、子供が仕事の邪魔をする時もあれば、親が危篤になったり介護をしたりする時もあります。
それでも締切は変わらないし、そういう状況でも結果を出さないと次の仕事が貰えない厳しい世界が、芸術のプロです。

もし、その厳しさと戦う覚悟が持てなければ、藝大はあきらめて、大学の文学部に進学して美術館の学芸員を目指すとか、ギャラリーの店員になるとか、芸術に関係する仕事もたくさんあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
重々承知しています。何か事情があろうとも締め切りが変わらないこと、結果を出さなくてはならないこと。質問にも書きましたが、だからこそここで折れないで強い心をもちたいのです。何の覚悟なしに藝大を受ける馬鹿じゃありません。慰めが欲しくて投稿したわけでもありません。
この意見をいただいてまだ手が震えている弱虫ですが、今は諦めることよりも強くなる努力をしたいです。
もちろん様々ご経験を元にこんな道もあるんだよって示して頂けたのかと思いますが、今はまだ諦められないです。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2018/08/02 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング