【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

広島の原爆の惨状を描いた原民喜の「夏の花」という有名な小説があります。なぜ原爆の惨状を描いた小説が「夏の花」というタイトルなのかよくわかりません。原爆が8月6日に広島に落とされたので、「夏」なのはわかりますが、なぜ「花」なのでしょうか?
調べましたし、小説も読みましたが明確な答えが見つかりません。明解な解答お願いします。

A 回答 (2件)

原題は「原子爆弾」であった。



最初『近代文学』創刊号に掲載される予定であったが、
GHQの検閲を考慮し、題名も一見戦争とは関連性が薄い
「夏の花」と改められた。


私は亡き妻と父母の墓に、なんという名称か分からないが、
黄色の可憐な野趣を帯びた、いかにも夏らしい花を手向けた。
その翌々日、街に呪わしい閃光が走り・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E3%81%AE …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2018/08/03 10:13

読んだことがなく、明確な回答でなくてすみません。



原爆が落とされた時、ぴかっと光ったそうですが
それがまるで花のように見えた、ではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング