歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

3個のサイコロを同時に投げる時、出た目の積が4の倍数である確率を求める場合、余事象を使わないのであれば

(ア)2か6が2個、他はなんでもいいので
2^2×6
(イ)4が一個と他はなんでもいいので
1×6^2

より24+36/216

だと思ったのですが答えと合わないので、どこがおかしいか教えてください

A 回答 (3件)

(ア)の1例2-6-○ で、2-6-4の場合があり得る


(イ)の1例○-○-4 で、2-6-4の場合があり得る
従ってアイでは同じものを2回数えている場合がある、など精密さに欠けている部分がありますよ!
    • good
    • 0

「2と6、あとは何でもよい」でも4の倍数。


要するに「4の倍数になる組合せ」を網羅できていません。

全部を網羅すると「重複」もあるので要注意。
「偶数が1回以下」という「余事象」を使うのが良いのでしょうね。
    • good
    • 0

重複分はどうかんがえるのかな?


例えば{2・2・6}のような場合
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3個のさいころを同時に投げるとき、目の積が9の倍数になる確率はなんですか?

3個のさいころを同時に投げるとき、目の積が9の倍数になる確率はなんですか?

Aベストアンサー

3の倍数(3か6)が2つ以上でる確率を求めればよい。
3つとも出る確率は、(1/3)^3 =1/27
2つ出る確率は、どのさいころで3の倍数ではない目(1,2,4,5)が出るかで3通りあるので、3x(2/3)x(1/3)^2 =2/9
よって求める確率は、1/27 + 2/9 = 7/27 //

Qさいころの積が6の倍数

大、中、小のさいころがある。
この3個を1回ふったときの目の積が6の倍数になる場合は
何通りあるか。

次のように考えましたが、きっともっとよい数え方があるのでは
ないかと思います。教えてもらえればと思います。
ア、6が含まれる場合。
 (1)6が1個
 (2)6が2個
 (3)6が3個

イ、6が含まれない場合。
 (1)3と(2か4)とその他
 (2)3と3と(2か4)

このような場合分けを考えましたが、アはいいとしても
イは面倒なところがあります。

わかりやすい、すっきりした数え方を教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず、大、中2つのサイコロの場合を考えると
大中の積が
2の倍数 27個
3の倍数 20個
6の倍数 15個
です。(わたしなら6×6の表を書いて数えます)

んで、残りの小が
1,5 大中の積が6の倍数のときOKで 15×2個
2,4         3の倍数      20×2個
3           2の倍数      27個
6   大中の積、36とおりすべてOKで 36個    

よって
15×2+20×2+27+36=133

でどうでしょうか。


人気Q&Aランキング