歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

30代前半の主婦です。家族構成は夫、乳幼児2人の4人家族です。70平米ほどの決して広くない分譲マンションにすんでいます。

最近食器棚を購入したのですが、これについて今すごく後悔しています。

・身長が高く、ただでさえ狭いリビングに圧迫感がある(台所が狭く、リビングにしか置けません…)
・よく考えてみれば食器棚は必要だったか…?
来客もそう多くないし、食品庫を整理することで代用できたのでは?
・リビングに食器棚を置くと、料理中すぐに食器がとれず、余計不便なのでは?

夫とじっくり見て考えて選んだものですが、このようなことに実物が来てから気づいてしまい、より深いシュミレーションが足りなかったと、今更ながら後悔しています。今更処分というわけにもいかず、気持ちの切り替え方を探しています。

今後、子供2人が大きくなったら活躍するものでしょうか。使い道は出て来るでしょうか。

同じような経験お持ちの方、ご意見を下さい。

A 回答 (4件)

食器棚であっても必ず食器を入れなきゃいけないものでもないと思いますので


片付け棚・収納棚として考えれば案外小物などの収納に役立つ可能性はあると思います。
お子様がいらっしゃれば当然のように服や日用品などの収納も必要になってきますものね。
結構都合よいですよ。
お試しあれ。
    • good
    • 0

要らないと感じる物はストレスです


手放しましょう
    • good
    • 0

とりあえず1年使ってみる


そうすると違和感感じなくなる 食器棚にはアートなものを置くとか
    • good
    • 0

ご希望の回答じゃなくて申し訳ないのですが、私ならその食器棚を処分します。


いくら高くても、買ったばかりでも、処分します。

※100万円クラスだったら簡単に処分しないかもしれませんが、
そのクラスなら投げ売りすれば買い手が付くかもしれません。

その食器棚を購入した費用はすでに発生しており、回収できません。
これを埋没費用と言ったり、最近の用語では「サンクコスト」と言ったりします。
埋没してしまっていて回収できないものは、もう考慮しない方がいいのです。
使い続けることで費用を回収できるなら使えばいいですが、
回収できないものを我慢して使い続ける意味はありません。

すでに払ってしまったお金に対して義理を通すために使い続けるというのは、
食器棚のお金も払った、リビングが狭くなった、
買い物をミスした食器棚を見続けるあなたの気持ちがずっとスッキリしない、など、失うものがたくさんあります。

処分してしまえば、あなたが失うものは食器棚のコストだけで、
リビングは広いまま、あなたの気持ちもスッキリ(最初は処分した事実にへこむかもしれませんが、いずれ消えます)です。

気持ちの切り替えというと聞こえはいいですが、
要するに「見て見ぬフリをしたい」ということです。

処分するのは勇気が要りますし、
最初は「なんてバカな買い物をしてしまったんだ」と後悔しますが、
いずれ消えるタイプの後悔です。
食器棚を使い続けるのは消えないタイプの後悔をし続けます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング