【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

アホなことだと自分でも思うのですが、自分が存在するのは、ご先祖がおられるからだ。
人類が誕生してから、自分にはいったいどれくらいの人数のご先祖様がおられるのだろうと、アホなことを考えたのが「キッカケ」です。

例えば、一代さかのぼれば、両親の二人、2代さかのぼれば、2の2乘(祖父、祖母)プラス2(両親)という具合です。

ホモ・サピエンスの誕生は20万年前、一世代30年と仮定して6,666世代のご先祖さまがおられることになると思うのです。では一体何人おられるのだろうか。

通常は三世代から四世代ぐらいしか認識していないと思うのです。
バカげた質問で申し訳無いのですが、、本人はいたって真面目です。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

世界が過去から全て一夫一婦制なら、基本的な考えはあっていると思います。



ただ、一夫多妻の時代(大奥などを見たらわかるかも)や、現代だと子どもが居つつ離婚し、親権は相手がとる。取れなかった方は再婚して子供ができるパターンもゼロではないです。
そうなると離婚した人の子供と、再婚後にできた子供の祖父母と親の半分は共通になりますね。
なので、実数を求めるならいくつかのパターンを用意した上で計算しないと厳しいと思います。

疑問に思って調べようとするのは悪いことでは無いです。ぜひそのままの姿勢を貫いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2018/08/04 09:16

ご質問からそれますが、興味深い話があります。



■すべての現存する人類は母方の家系をたどると、約12-20万年前に生きていた一人の女性(いわゆる「ミトコンドリア・イブ」)にたどりつく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88 …

■南北アメリカ大陸に住んでいるネイティブアメリカンは全員、シベリア南部に住んでいた5人の子孫であることが明らかとなった。

http://pub.maruzen.co.jp/videosoft/Human_Journey/

■アフリカから出たホモサピエンスの中、ヨーローッパ方面に向かった人数は50人ほどであった。

※【ご注意】以前、何かの書籍あるいはインターネットの記事で読んだものですが、回答者の記憶間違いがあるかもしれません。


余談ですが、昨日(金曜日)午後8:30~にNHKラジオ第2放送で、

「ホモ・サピエンスの10万年史と日本人」(1回目)という番組がありました。私はたまたま聞きましたが面白かったです。全9回の放送だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深いお話ありがとうございました。

お礼日時:2018/08/04 12:28

その計算式の考え方は等比級数的に拡大しますね。

 しかし、実際は半分くらいは共通の祖先をもっているわけでをそこを減数していないので実数はグッと減ると思いますよ。

具体的な数値は別途検索していただくとして、その時代の人口の2倍くらいじゃないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2018/08/04 09:17

たった1000年前でも1兆人いるようです


http://www.siruzou.jp/otaku/2634/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2018/08/04 09:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1人の人間の祖先をさかのぼったトータルの数

昔のことですが、「自分個人の祖先を父母、祖父母と遡ると20代前までで100万人?になる」という記事を読んだことがあります。それはどんな数式を使えば解が出るのでしょうか??

例えば、10代前だとどのように計算するのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

>昔のことですが、「自分個人の祖先を父母、祖父母と遡ると20代前までで100万人?になる」という記事を読んだことがあります。

一切の重複が無いと仮定して、祖先全員の人数は
1代前は2の1乗で2
2代前は2の1乗+2の2乗で6
3代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗で14
4代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗+2の4乗で30
5代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗+2の4乗+2の5乗で62
となります。

「2のn乗」との答えは間違いです。「2のn乗」だと「n代前のみの人数」であり「n代前までの祖先全員の人数」ではありません。

n代前までの祖先全員の人数の計算式は「(2のn乗-1)×2」となります。

1代前~40代前まで計算すると
1:2
2:6
3:14
4:30
5:62
6:126
7:254
8:510
9:1022
10:2046
11:4094
12:8190
13:16382
14:32766
15:65534
16:131070
17:262142
18:524286
19:1048574 100万人突破
20:2097150
21:4194302
22:8388606
23:16777214
24:33554430
25:67108862
26:134217726
27:268435454
28:536870910
29:1073741822
30:2147483646
31:4294967294
32:8589934590
33:17179869182
34:34359738366
35:68719476734
36:137438953470
37:274877906942
38:549755813886
39:1099511627774
40:2199023255550
となり、19代目で100万人を超えます。

但し「実際の人数」は、これよりも遥かに少なくなります。

例えば、いとこ同士が結婚した場合には、互いの祖先に同一人物を含むので、祖先の数が計算式よりも減ります。

計算式が使えるのは「夫婦はたった一人しか子供を産まない」という「絶対に有り得ない条件を付けた場合のみ」で、実際には意味の無い計算式です。

つまり「自分個人の祖先を父母、祖父母と遡ると20代前までで100万人?になる」と言うのは「絶対に有り得ない条件を付けた場合のみに言える事で、真っ赤な大嘘」と言う事になります。

>昔のことですが、「自分個人の祖先を父母、祖父母と遡ると20代前までで100万人?になる」という記事を読んだことがあります。

一切の重複が無いと仮定して、祖先全員の人数は
1代前は2の1乗で2
2代前は2の1乗+2の2乗で6
3代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗で14
4代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗+2の4乗で30
5代前は2の1乗+2の2乗+2の3乗+2の4乗+2の5乗で62
となります。

「2のn乗」との答えは間違いです。「2のn乗」だと「n代前のみの人数」...続きを読む


人気Q&Aランキング