【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

参考書に載っていたんですけど
これって大事ですか?

あまり聞いたことないんですけど。

「参考書に載っていたんですけど これって大」の質問画像

A 回答 (15件中1~10件)

文脈判断というより、往来・発着や計画・約束の近い未来を、英文で表現する際に主として進行形を使うと覚えておく必要があると思われます。



もちろん、そんな理屈を頭に叩き込むよりは適切な英文を例文として、運用できるように覚えておくといいでしょう。

日常会話として使われる英文を複数覚えておけば、英文和訳の際に不自然な日本語になるのも避けられるし、一石二鳥です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですね!ありがとうございます!

お礼日時:2018/08/04 11:29

返信ありがとうございます。



現在進行形は、私立中学校入試問題で、小学生が私立を受験する為に学ぶ事です。

英語講師をしていた経験があるので、時代は関係ないと思います。公立高校受験にしても基礎なので、重要か?と聞かれれば重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在進行形は分かるのですが、
それで未来をあらわすことも
出来るということを始めて
知ったので質問しました。

お礼日時:2018/08/07 09:16

進行形との見分け方は時を表すフレーズが入ってるかどうかだと思います。



Mr. Baker is leaving for Boston [this evening].

この文章であれば "this evening" とあるので今起きていることではなく「今夜」近い未来に起きることと判断できます。

We are meeting our uncle [tomorrow].

この文章も同じく [tomorrow] とあるので「明日」と言う近い未来に起きることだと判断できます。

なので基本的に近い未来を表すフレーズとセット、もしくは文脈内でしか使えないのでそれなりにわかりやすいと思いますよ。

また頻繁に使われる表現ですので覚えて損はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!^ - ^

お礼日時:2018/08/07 01:05

大事だと思います。


Willは不確定の未来でbe~ingは確定の未来だと区別することで長文のイメージも掴みやすいし和訳問題も解きやすくなると思います。
    • good
    • 1

ごめんね。

高飛車に聞こえるかも知れないけど、中学校の入試の参考書でしょうか?

重要かどうか?より、これが使えない、もしくは教えないと、分からないので、あれば、英語は諦めてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

未来の話なのに、それを現在進行形で表すのって 中学で習うんですか?、、、

お礼日時:2018/08/06 23:56

ネイティブのやり取りではよく使います。

知っていて損は無いでしょう。学校のテストでは、担当の先生に聞いてみるのが正解です。一般的に重要であってもその先生がそう思ってなければテストに出さないでしよう。入試の事は分かりません。
    • good
    • 0

No.5,7,9です。


参考書の説明や皆さんの回答でこのパターンの重要性と意味は理解できたと思いますので、私が挙げた例文により更に理解できることはありません。

ただ「理解している」ということと「いつでも使え、いつ出てきても意味がわかる」との間には相当の距離があります。後者の様に身につけたいなら、お示ししたパターントレーニングが有名な方法の1つです。単純に「この形の表現方法が今わかればよい」と言うことであれば、忘れて下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

一例ということですね!

実践してみようと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2018/08/04 19:08

No.7です。



「この例文で何が理解できるのか」の意味を教えて下さい。
特に、例文とは元の参考書の例文と私の挙げた例文のどちらでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ko-papaさんが 挙げてくれた例文です!
何度もありがとうございます。

お礼日時:2018/08/04 15:19

現在進行形といいますが、非常に重要です。



Mr.Baker leaves for Boston this evening.

これと

Mr.Baker is leaving for Boston this evening.

とは、時制のうえでかなり違います。 日本語に時制がないので難しいですが、最初に書いた例文のほうが、be + ~ing より、現在に近いです。be + ~ing は、現在よりも少し先の未来です。
    • good
    • 2

No.5です。



理屈で言えば、例に挙げられた言葉を進行形で使いたいシチュエーションってあまりないと思います。

ただ、NO.6の方がおっしゃるように、パターンで頭に入ってるのが普通です。そうするためには、海外の非ネイティブのための英語教育で一般的なパターンプラクティスが良いでしょう。具体的には、例えば、leaving for Boston を
・going to Tokyo
・coming to the party
・arriving at the office
・meeting us
・seeing you
と置き換えた文を、何回か読むことを3日でもやれば馴染んできます。気分で、場所や相手を変えたり、否定形や疑問形のバリエーションを混ぜると更に良いと思います。サラッと書きましたが「口に出して読む」ことがとーーーっても重要です。特に日本語訳ではなくその文が表す状況設定のイラストや動画をイメージしながら。朝夕に駅と家の間を歩いている間にでもどうぞ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この例文で何が理解できるのか
よくわからないので
教えてください(;_;)

詳しくありがとうございます。

お礼日時:2018/08/04 14:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング