ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

質問です。
ホラー映画が大嫌いな男24歳ですが、ある日自分の叔父さんに「バイオハザード」というガチガチのホラー映画を勧められて、「ねえこれ絶対ホラーでしょー! 嫌だよー勘弁してくれよー」とツッコんだら、

「いやいや、こういう人間ものはホラーではなくサスペンスの分類に入るからホラーではない。ホラーはオバケ。貞子とか」
「関係ないよ! ホラーはホラーなの! 『恐怖』を植え付ける映画! 総じてホラーなの!」
「いやー違うね」
「モウシラネ」

結局観ませんでした。

ホラーにもそういう細かい分類というか分け方とかあるんですか?
「これはホラーだけど、それはホラーじゃねぇ」とか。

ホラーとは?(哲学)

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

そりゃ、いろいろありますよ。


むしろいろいろありすぎて、ガチガチのホラー映画って何? ってくらいです。
でもまあ、観客が恐怖を感じさせることをメインの目的に作られていれば、ホラー映画です。

怖いけど、最後には謎が解けて、実はすべて人間の仕業だったというならサスペンスとかスリラーかな。
恐怖より、緊張感がメインというか。


で、ホラーにもいろいろある。

『バイオハザード』シリーズはCAPCOMによれば「サバイバルホラー」、まあ、「サバイバルアクションホラー」。
個人的にはガチガチのホラー映画とは思わない。
サスペンス的要素もあるのは確かだが、サスペンス映画とは普通は思われてはいない。

『13日の金曜日』などは殺害シーンにおける生々しい描写に特徴のあるスプラッター。

逆に『ザ・リング』や『呪怨』は精神的に追い詰められる恐怖映画で、通称ジャパニーズホラー。

『霊幻道士』は、チャイニーズアクションホラーコメディ。

『エクソシスト』は少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作。

他にもいろんなホラー映画(ドラキュラとか、四谷怪談とか)があるけど、嫌いなんだよね?
この辺にしておきましょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2018/09/09 15:43

サスペンスの部類といっても


サスペンスホラーとか
おばけが出てこなくても
サイコホラーとか…ありますよね。

エスターとか、サイコホラーでもあり、サスペンスホラーでもあります
他にも
ミザリー、ルームメイトなんかも恐怖の対象はお化けじゃなくて人間ですけど
ホラーに入りますね

ただ、そのおっさんはホラーを狭い意味で
オカルト、お化けそういうものに使っているんでしょう。
ようは「心霊もの」=ホラーだと。

それで、正論で論争したくはなりますが
その年のおっさんが今更持論を変えるのが難しいかもしれないし

「ああこのおじさんはホラーはそういう意味で言葉を使ってるんだな」
と割り切って、そのおじさんのホラー=心霊もの、として話を進めたほうが
余計な労力や面倒事は避けられるかもしれませんけどね

「ジャンルの分け方はともかく驚いたり怖かったりするのが嫌」というのもアリでしょうし。

バイオハザードがゲームで出た時には「サバイバルホラー」とか呼ばれてました
サスペンス要素、アクション映画とも言えなくもないですしね
サバイバルホラーという言葉ができたのがそもそもバイオハザードですから
ホラーの一種なのは確かでしょう。

ホラーとは恐怖。
おっしゃる通り

おじさんはオカルトホラー=ホラーだと思ってる

ジャンル分けについてはあなたが正しいかもしれないけど
伝わる気がしない。
おじさんがホラーといったら脳内でオカルトホラーと置き替えるほうが楽かもしれない
程度の話

あなたもぶつかると思ったらホラーを使わず「怖いやつ」とかでいいかもしれない

バイオハザードは怖いというより、アクションとサスペンス、と思ってみてる人もいるかもしれない
そういう人からしたらホラーじゃないのかもしれない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2018/09/09 15:43

おじさんが説明してくれてるじゃない

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2018/09/09 15:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング