【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

・非可逆的阻害剤とは、酵素と共有結合して離れない基質のことである。
・非競合阻害では、Kmは変化せずVmaxは小さくなる。
どっちが正しいですか?

A 回答 (1件)

少なくとも最初のものは正しいです。

ケチをつけるなら非可逆ではなく不可逆でしょう。
二行目は計算してみないと分からないのですぐには分かりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜハロゲンと付加するとより疎水性になるのですか?

一般にハロゲン(F Cl Br)を分子に付加するとより疎水性になると言われていますよね。なぜなのでしょうか?Cl やBrはわからないでもないですが(とても大きな分子かつ電気陰性度は炭素と変わらないので)、F の場合は電気陰性度が高くその分子をより極性にすると思うのですが。。。
なぜなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

1)荷電原子への溶媒和のしにくさ
 炭素に水酸基やアミノ基が結合した場合、炭素だけでなく、酸素や窒素に結合した
 水素も正電荷を帯びることができます。
 一方、ハロゲンは炭素と結合するだけなので、正電荷はまず炭素に乗ります。

 溶媒和を起こす場合、溶媒分子の正電荷部分が溶質の負電荷部分(窒素・酸素・
 ハロゲン)と結合すると同時に、溶媒分子の負電荷部分が溶質の正電荷部分と
 結合する必要があります。

 このとき、水酸基やアミノ基であれば、分子の外側に向けて伸びているので溶媒
 分子は容易に接近できますが、ハロゲンの場合は、ハロゲン自体は分子の外側に
 向いている一方、正電荷を帯びた炭素は水素やアルキル基などに囲まれているため、
 溶媒分子は接近しにくい状態です。
 静電引力は距離の二乗に反比例することから考えれば、この「(ハロゲンの対になる
 正電荷部分の)溶媒和のしにくさ」が、疎水性の一因と推測されます。


2)分子内での双極子の相殺
 ジクロロメタンなど、1つの炭素にハロゲンが結合した場合は、「炭素-ハロゲン」の
 位置関係は、その結合角で固定されて変化のしようがないので、双極子モーメントの
 合力は残ります。
 一方、1,2-ジフルオロエタンのように隣接炭素にハロゲンが結合した場合は、「炭素-
 炭素」の単結合が自由回転できます。
 電気陰性度の高い原子上には、その吸電子力によって負電荷が生じていますので、
 分子内では、互いが電気的反発によって最も離れた位置になろうとします。
 この結果、それぞれの「フッ素-炭素」の分極によって生じた双極子モーメントは
 相殺される形になると考えられます。
 これにより、ハロゲンの電気陰性度が高いにもかかわらず、一般的なハロゲン化
 炭化水素極性溶媒への溶解性は低いものと思います。


  比較的近いため、反発大
  ←――→
 F      F
  \    /
    C―C

  反発が少ない位置に配置=双極子モーメントが相殺される方向と重なる
 F
  \
    C―C
       \
        F
以下のサイトで「パーフルオロアルキル基の特長は、剛直で曲がりにくく」と
あるのも、炭素鎖が屈曲する際に、その内側でフッ素同士が反発するためと
考えられます:
http://www.seimichemical.co.jp/product/fluorine01.html



フッ素系化合物の親和性の低さについては、以前にも回答したことがありますので、
こちらも参考までに:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1710656.html

1)荷電原子への溶媒和のしにくさ
 炭素に水酸基やアミノ基が結合した場合、炭素だけでなく、酸素や窒素に結合した
 水素も正電荷を帯びることができます。
 一方、ハロゲンは炭素と結合するだけなので、正電荷はまず炭素に乗ります。

 溶媒和を起こす場合、溶媒分子の正電荷部分が溶質の負電荷部分(窒素・酸素・
 ハロゲン)と結合すると同時に、溶媒分子の負電荷部分が溶質の正電荷部分と
 結合する必要があります。

 このとき、水酸基やアミノ基であれば、分子の外側に向けて伸びているので溶...続きを読む


人気Q&Aランキング