gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

子どもの頃から疑問に思っていることなんですが、
「九分九厘」というのは「ほとんど全て」という意味ですよね。
ところで小数点以下第一位は「割」ですよね。
0.99ならほとんど全てですが、
0.099というのは一割にも満たないことになるんですが…。
どうしてこういう言い方をするんでしょうか?
「九割九分」と言うべきなんじゃないかと思うんですけど…。
いつも細かいことに拘ってすみません!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3さんが正解です。

(#1さんも間違いではないですが)

「分」は
歩合の単位としては、「割」の下で"1/100"の意味
になりますが、それとは別に
"1/10" の意味もあるためです。
これは尺貫法が元になってます。

「分」を1/10の意味で使っている言葉としては
質問の「九分九厘」、#3さんが例に挙げられた「五分五分」のほか、「腹八分目」とかがありますね。
“条件を満たして、不足がないさま”を「十分(じゅうぶん)」というのも、
十分=(1/10)×10=1
ということから来ています。(そういう意味で#1さんも正解な訳です)

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D6 …
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
あ、そういえば五分五分とか腹八分目と言いますよね。
そーかあ、つまり、私が疑問を抱いたことはスタートからしてズレていることなんですね。
納得しました。
でも、どうして同じ言葉を当てはめたんでしょうねぇ。
日本語を習得しようとする外国人だけでなく、
後世の人間(もしかして私だけ?)が混乱してしまうのに…。

お礼日時:2004/11/01 22:11

五分五分で5割です。


4分六分とかも使います。

何割とかとは別の言葉です。(パーセント論)
これに対し、これは何対何と言う確立論です。

9分9厘とは99%では無く、ほとんど間違い無い。こう言う使い方をしますね。^^
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
はい、私が疑問を抱いていたことは、元々別物だったということなんですね。
よく分かりました。

お礼日時:2004/11/01 22:21

江戸時代の数学書、


『塵劫記』吉田光由著 を見てみて下さい。
岩波文庫でも出ています。

とてもおもしろいです。
小数の単位から、大数の単位まで色々のってますよ。 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答というか、面白そうな本のご紹介をありがとうございました。
そういう本にはとても興味があるので探してみようと思います。

お礼日時:2004/11/01 22:18

#1です。


#4さんのフォロー通りです(^^;
     
「九分九厘」で使われているのは、
数の単位で『小数の数詞』です。
    
分 = 10の-1乗
厘 = 10の-2乗
毛 = 10の-3乗
     
つまり九分九厘は99%という意味になります。
            

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1744330 …
    • good
    • 6

自分の考えですが…


確立が半々のことを五分五分というように本来「分」も小数点第一位を表し、
2割3分4厘だと2割 + 「1割」の3分4厘 = 2.34割 = 0.234
になるのだと思っています。
    • good
    • 9

自分の理解では



 「9割九分九厘」= 99.9% 
   を縮めて言っているのが 通常の言い方に変化したと理解してきます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
なるほど、本来というか正確には「9割9部9厘」と言うべきところ、
最初の「9割」が脱落してしまったのではないかということですね。
そうかもしれませんね。長ったらしく言うのは面倒ですから、
長い歴史の中で省略されたかもしれないというのは納得できます。

お礼日時:2004/11/01 22:01

『十分』に一厘だけ足りない


 
この状況を表した言葉だからです。
       

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0516230 …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q九分九厘

「これで、ほぼきまり。」という意味で
”九分九厘”ってつかいますよね。

でも、九分九厘って9.9%ですよね。
おかしくないでしょうか?

この”分・厘”は割合を表す”割・分・厘”とは
違う物なんですか?

何か違和感を感じるんですが…
どなたか説明お願いします。

Aベストアンサー

 先ほどの文に補足します。もともとあった、「分」「厘」「毛」の体系に江戸時代に「割」が紛れ込んできたため、比率や割合で表わすときに混用されているそうです。「割」が使われていれば「分」はその10分の一を表しますが、「割」がなければ、利息の様に慣習化されているものを除いて、原則どおり、全体の10分の一を表わしていると思います。したがって、「九分九厘」は「九割九分」でもいいわけです。

参考URL:http://www.yomiuri-you.com/you_c/e_life/mame/020324b.html

Q「九分九厘」の由来

ほぼ間違いないことを「九分九厘間違いない」と言いますね。辞書で調べてみると、「十分のうち一厘を残して九分九厘」というようなことが説明されていました。

一部のサイトで、「九部九厘なら一割にも満たない、9.9% のことである。すなわち『九分九厘間違いない』とは、『ほぼ間違い』の意味である」というような解釈がつけられています。それはまったくの勘違いであろうと思うのですが、ではなぜ「全体を十分」とみなしているのか、その由来を知りたくなりました。

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

1未満の単位を分や厘で表します。
99%に値しますよね。

下記を参考に。

参考URL:http://www.ccsr.u-tokyo.ac.jp/~fuyuki/worry/lang/ratio.shtml

Q「五割八分三 厘」の意味は?

野球に関する文章に「五割八分三厘」を書かれていますが、
どういういみでしょうか?ご存知の方、教えてください。

原文は下記です。
-------------------
去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO.1選手と確信でき、打撃では、県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

Aベストアンサー

仮に、1試合に3打席づつ立つと、4試合で12打席。

その12打席で、ヒット4本(1または2または3塁打)と、本塁打3本を打ったとします。

打率は「ヒット、ホームランの本数を、立った打席の数で割った数値」ですから「7÷12=0.5833333…」になります。

0.1=1割
0.01=1分
0.001=1厘
なので
0.583=0.5+0.08+0.003
ですから
0.5=5割
0.08=8分
0.003=3厘
で「打率は5割8分3厘」です。

Qくぅくぅお腹が・・・

『くぅくぅお腹が鳴りました』って元々は誰が何処で言ったセリフだったか教えてください。

Aベストアンサー

Fateの桜ルートの10日目の幕間-悪夢(1)ですね。
そのシーンの桜のセリフを抜き出すと以下の文です。

ひたひたと散歩する。
ゆらゆらの頭はからっぽで、
きちきちした目的なんてうわのそら。

ぶるぶると震えてゴーゴー。
からからの手足は紙風船みたいに、
ころころ地面を転がっていく。

ふわふわ飛ぶのはきちんと大人になってから。

ごうごう。
ごうごう。
ごうごう。

蟲惑した覚えはありません。
怖くなったので帰りましょう。

てくてく彼らは追ってきます。
きんきんうるさく響くので、
くうくうお腹がなりました。

飼育箱の夢を見る。

今夜。

虫を潰した。

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q割と分

(もしかしたらすでに同様の質問があるかもしれませんが。)

「五分五分の勝負やな。」「九分九厘まちがいあれへんわ。」
「腹八分目ぐらいにひかえなあかん」など、ふだん「分」という言葉は
10分の1に意味に使われます。

しかし、野球の打率では「三割バッター」、スーパーやディスカウントの
広告では「2割引」など「割」が10分の1にあたり、「分」がそのため100分の1に桁がおちています。

小学生のころ通っていたそろばんの壁には桁の単位のいろいろな名前が載っており、億、兆、京、などという大きな桁と、割、分、厘、毛、という小さな桁の名前がありました。

さて、質問ですが、「割」が導入された経緯や「分」が席をゆずって、
桁が1つずつおちていった理由などを御回答できる方、いらっしゃいますでしょうか。

Aベストアンサー

ちゃんと文献にあたったわけではなく、推測ですが。
質問にある「億、兆、京……」や「割、分、厘……」という位取りの体系は、江戸時代初期に出された『塵劫記』という算術の教科書で紹介されたものが広まったようです。元は中国の算術教科書だったらしいです。
おそらく、このような体系づけられた小数の呼称ができる前から「五分五分」「八分目」といった表現はあり、それが言葉として残っているのでしょう。「九分九厘」は『塵劫記』以降に生まれた表現でしょうが、慣習的な用法が基になっているような気がします。たとえば「九分は間違いない」という表現を強調したものではないでしょうか。

Q「こんばんは」「こんばんわ」どちらが正しいですか

今さら聞きにくいことですが、「こんばんは」の「は」と「こんばんわ」の「わ」のどちらが正しいですか。語源は「今晩は寒いですが如何お過ごしですか」等から来ているため「こんばんは」でも間違いでないと思っていますが如何でしょうか。小学生の教科書ではどちらを使っていますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは です。
わざとこんばんわと書く人も多いみたいですが・・・
ちゃんと書いたほうが日本語として凛としていて綺麗ですよね。
というかいくらなんでも「こんばんは」と書けない大人がいると子どもとして情けなく思います。

語源がわかっていらっしゃるのなら
疑うこともないのでは・・・?

参考URL:http://gogen-allguide.com/ko/konbanwa.html

Q「云う」と「言う」の違いは?

小説で多分作家さんによってだと思いますが、
「~と云った」「~と言った」と使い分けられていますが、
これってどう違うんですか??

「聞く」が「訊く」となっているのも気になって
調べてみるとちゃんと意味があるみたいですが、
こっちはわかりませんでした。

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「いう」は以下のような、使用区別があります。

言う:
(1)心に思うことを言葉で表します。
(2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。
(3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。
例:Aが~だと言った。

云う:
(1)「伝える」が語源です
(2)人から聞いたことを「云う」
(4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」
例:昔から~だと云われてきた。

謂う:
(1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があります。
(2)「謂れ」=「因縁」「由緒」と考えるとわかり易いです。
例:この家の謂れは~


2.「きく」は以下のような、使用区別があります。

聞く:
物音や人の話を耳でとらえます。
例:人の話を聞く。

聴く:
「(限定的に)身を入れて聴くこと」を言います。
例:音楽を聴く。国民の話を聴く。

訊く:
(1)「訊ねる=問いただす」から来ています。
(2)意味は「尋ねる」ということです。
例:道を訊く。詳細を訊く。

以上ご参考までに。

はじめまして。

1.「いう」は以下のような、使用区別があります。

言う:
(1)心に思うことを言葉で表します。
(2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。
(3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。
例:Aが~だと言った。

云う:
(1)「伝える」が語源です
(2)人から聞いたことを「云う」
(4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」
例:昔から~だと云われてきた。

謂う:
(1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があ...続きを読む

Q芯が残ったまま炊けてしまったご飯どうしましょう

水が少なすぎたのか・・・ご飯に芯が残ったまま炊けてしまいました(T▽T)
たくさん炊いたので捨てるのはもったいないので、なんとか美味しく頂きたいのですが、いい方法はあるでしょうか?
ひじきご飯を失敗してしまったのでショックですっ゜(゜´Д`゜)゜

こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

驚かれるかもしれませんが、あとこれ位お水があれば良かったなと言う水の量を、炊飯器のご飯の上から全体にまんべんなく追加します。

その後、もう一度炊飯ボタンを押してみてください。

二度炊きする焦げ焦げになると思いきや、普通に炊けますよ。
そして見事に芯は消えています。

ただし加える水分量が多すぎると、逆にベチャベチャになるのでご注意ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング