人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

と、思う事。
人生は悲しみの連続なのでしょうか。
人生の本質は悲しみなのでしょうか。
それは、なかなか拭い去ることはできません。
もしかすると死は、それを解決しているのでしょうか。
こうした存在に、救済はあるのでしょうか。
更に考えると、無い事が救済なのかもしれないとも思いますか。

A 回答 (16件中1~10件)

そうですよ。


悲しみがあるから喜びが光り輝くのです。
喜びが多くてはその喜びに麻痺してしまいます。
悲しみにくれて生きてさえいけないでしょう。
ベースにあるのは悲しみ。
そう思えば随分と楽に生きれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正に人生のベースにあるのは悲しみですね。

お礼日時:2018/08/07 21:21

死は人生の逃げ場、死んで楽になるなど大ウソ。

今死ぬことは人生の敗北。そこに救済などない。生きるために唯努力あるのみ。わが身の死を喜ぶ物こそあれ、悲しむものなし。
ざまあ見ろとほくそ笑むだけ。年をとればとるほどそう思う。今やめったに病気しないことが幸せの時代。病気を忘れて命ある限りただ生きるだけ。天国を死と思うものは愚か。戦争のない平和な時代に生きるのが当然ならば、死なずに生を全うすることが当然。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/08/09 19:37

喜びと悲しみは表裏一体と思います。


喜びがあれば、それを失う悲しみが同時に存在する。
未来永劫変わらない幸せがあれば、未来永劫変われない苦しみを生む。
まったき喜びというのは存在しないのではない。
それはたぶん体温と同じ風呂に入るがごとく、無痛無感覚の境地。
天国=死そのものではないかと思います。

それは頭の中の考えですが、正直、人生って苦しみの方が多いですよね。
特に年を取ると、反比例で苦しみの度合いが増していくし。
そうならない人生を、意識して送らないとダメだなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>天国=死そのもの

かもしれませんね。

>そうならない人生を、意識して送らないと

本当にそうです。潰れます。

お礼日時:2018/08/07 21:25

人生の本質は学び


それを悲しいと思うかはあなたの器次第だろう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学びと捉えてみます。

お礼日時:2018/08/07 21:23

何度もすみません



参考文献としては

魚川裕司「だから仏教は面白い」

これ、文庫だし、講義形式なので
サクサク読めます

それから実生活へのアドバイスとして
小池龍之介さんの本をおすすめしときます
こちらは
悲しいとか腹立つとかいう場面で
それがどういうことなのか?
って内容が多いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて下さりありがとうございました。

お礼日時:2018/08/07 21:23

救済ってなんですか?


生きていることに何か意味があるとでも思っているのですか?
意味などありませんよ。
悲しみも喜びも全ては無意味で、なんの意味もないです。
あなたは何かを期待しているから絶望するのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/08/07 21:22

障害、貧困、突然死、殺害、病気、自然災害、差別、まずい食い物、腐った食い物、労働、老化、頭が悪い、臭い、水が飲めない、火事、雷、複雑な人間関係、強欲、暴欲、


隣がキチガイ、向かいもヤクザ、認知症だらけ、ペットも認知症、雨漏り、暑すぎる、寒過ぎる、宗教、邪宗と批判する奴ら、ぺてん師、詐欺師、ゴキブリ、ウジ虫、ムカデ、ネズミ、ハチ、子供の死、父の死、母の死、ペットの死、パワハラ、セクハラ、モラハラ、陰謀、無視攻撃、リンチ、独裁者、特権階級、権力者、奴隷、癌、鬱、パニック発作、やぶ医者、糞マスコミ、糞メディア、糞芸能人、糞会社、キリがないが、誰もが通る道なのだが、死ぬ時にありがとう。と、口が動くのを見た。
親父さん、お母さん、ありがとう。みなさんありがとう。
感謝。誰一人要らない人は居ないけど、間違えるのが人間。正義とは一体なんだ。鬱15年未だ治らず。
未だ諦めず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

強いですね。

お礼日時:2018/08/07 21:22

間違えました



社会的族

ではなく
釈迦族
ですね
そういう…苗字、かな
だからお釈迦様っていうんです
解脱して仏になったので
仏陀ブッタともいいますし
仏さまとも言います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2018/08/06 06:43

参考文献も何も…


ブッタの思想の一番最初のとこなんです
「わかる!仏教の本」とか
お釈迦さまの伝記?とか
なんでも載ってると思う

お釈迦さまは社会的族の王子なんですけど
生まれた時に占い師に
「王となれば、最強の支配者になるけど
出家しちゃうかもね」
って言われたんで
お父さんが、出家しないように
ゼータクさせて育てたんですよね
何不自由なく育って…

でも、街に出て、死にゆく人、病気の人なんかを見て
この世の苦しみを知ります

こういう苦しみをなんとか出来ないのか!
と、妻子を置いて、出家しちゃうんです

厳しい修行なんかもしたんですけど
そういう修行をしたからって
どうなるもんでもないなーというようなこともわかったりして

全ての苦しみから逃れるために
解脱する方法がわかって
それを弟子たちに教えました

これが初期の仏教なんだけど
日本の仏教は、そこから派生?したもので
ちょっと違うよ

苦しみの根源は
渇愛…尽きることのない欲望のせいで
それが無くなると
苦しみはなくなる
んですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

尽きる事のない欲が無くなると悲しみは無くなるんですね。

お礼日時:2018/08/06 06:43

今日はこれか股間性器の話題かよ。


こんな臣で休むことになるのか。
本と生産性のない、意味のない一日だった。
心を落ち着かせるの大変なんだよ。
だれもわkらないでしょうえkれど。
中が踏み荒sれし股のでしょうね。mた
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2018/08/06 06:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング