「いま、会いに行きます」思っていた以上にいい映画でした。原作も読んでいるところです。

ところで、作者の市川拓司さんは既婚者なんでしょうか?プライベートに関することで公開されてないことなら特別聞こうとは思いませんが、ある程度実話に基づいていたり、亡くならないまでも奥さんと男のお子さんがいるのかなーーー?と思いました。

正直、既婚者でない方があの話を想像だけで書いてても少し興ざめする部分があります・・・^^;というより結婚されててお子さんがいる方のほうがよりリアリティがあって、気持ちが伝わってくるというか・・・

サイトを拝見したのですが、わかりませんでした。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


「いま、会いに行きます」、本当にいい映画ですよね。
私は映画のはまだ見ていないのですが、
原作は何度も何度も読み返して感動しました(^-^)

作者の市川拓司さんについてですが、
既婚者で奥様・男のお子さんがいらっしゃるようです。

映画の公式サイトの、
「市川拓司さん100の質問回答」の所に少し書いてありました。
もし宜しければ、ご覧になって下さいね。

参考URL:http://www.ima-ai.com/interview/ichikawa_qes.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますっ!!!!

回答がつかないのでもう「削除」したほうがいいかなーーーと諦めかけておりました^^;待っていてよかったでう☆☆

原作を先に読まれたかたは「原作のほうがいい」という方が結構いるようなのですが、でもどちらにも共通する「愛」のある作品ですよね^^

参考URL見させていただきました!
実際に奥様、そしてお子さんがいて「たっくん」って呼ばれてるんですね。なんだかよりリアリティがわきます。きっと物語のなかの二人のような絆があるいいご夫婦なんだろうな~~~^^って思いました。

本当にありがとうございます!!!!

お礼日時:2004/11/02 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実話怪談の本について

自分は実話怪談が好きで、その手の本をいろいろ探しています。
今まで読んだのは新耳袋全巻と怖い本などです。
最近は加門七海さんの怪談徒然草を読んで面白かったと思いました。
そこでおすすめの実話怪談の本があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

加門七海さんの、怪談実話集の他の本は、読まれましたか?
「怪のはなし」集英社
心霊関係の人にインタビューした、
「心霊づきあい 11人の作法」メディアファクトリー
は、稲川淳二さんや新倉イワオさんのお話もあって楽しいです。

この他集英社のWEB文芸サイトレンザブローでも連載をされています。
怪談集ではなく、加門さんが家を探す話なのですが、
そういう話は当然出てきます。

他の方は、北野誠さんの「続おまえら行くな。」 マイクロマガジン社 も怖くて面白かったです。
ただ、とても怖くて図書館から借りてから早々に返すまで、夜電気が消せなくなりました。

すでに読まれていたら、すみません。

参考URL:http://renzaburo.jp/keisai_list_r/index.html

Q実話で感動する話、美談が載った本を・・・

こんにちは。
フィクションではなく、実話で感動する話が載った本を探しています。なにかいいのはあるでしょうか?
他にも、やはり実話で考えさせられる本なども教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはりノンフィクションと言えば、沢木耕太郎でしょう。

「一瞬の夏」は、ボクシングの話ですが、
とても真実味があって感動できます。

Q実話怪談本の読み方について

私は「新耳袋」を本当にあった話として読んでいるのですが、友達は「小説」として読んでいるそうです。しかし、「小説」として読んでしまうと面白味がなくなってしまうと思うのです。
みなさんの読み方を教えてください。

Aベストアンサー

 私の場合ですが・・・宇宙人やサンタクロースの存在を議論することと一緒です、『理性は保ちつつも、その世界に入り込んでしまう』という読み方をしています。
 実話怪談が本当に実話かどうか、その真理を確かめる方法などありません。ですから、実話だと信じているならそう信じきってどっぷりと怪談につかる、そうでないなら小説と割り切って”頭の刺激”という感覚で読書を楽しむ、ですね。理性を保ちつつも、と書いたのは、自分の判断を信じるあまりその立場に束縛されて、固執したものの見方しかできなくなるのはナンセンスだという思いからです。
 完全に蛇足ですが…私は宇宙人は「いる」と思っている派です。理由は、「そう考えた方が、いないと言い切るより発展性があっておもしろそうだから」。

Q旅客機内での実話が載った本を探しています。

先日、旅先で何の気なしに立ち寄った熊本のダイエーの書店にて、旅客機内であった心温まる話が載った本がワゴンいっぱいに積まれて売っていました。

こちらに戻って書店で探すも見当たらず…。
ワゴンいっぱいにあったので、こちらでも普通に売っていると思ったのですが。。
本の名前を憶えていなかったので、うまく探し出せないままモヤモヤしています。

「羽田―福岡便」のように各話、発着地とタイトルが載っていて、1話目は誕生日をCAと周囲の乗客たちが祝ってくれた…というような内容だったと思います。確かでは無いのですが、表紙は水色でした。

ご存知の方、回答お願いします。

Aベストアンサー

こちらでしょうか?
三枝理枝子「空の上で本当にあった心温まる物語」あさ出版 2010/10/25
http://www.asa21.com/tb8/soranouede_hontouniatta_kokoroatatamaru_monogatari.html

Qブラックホークダウンの原作本(大至急)

映画ブラックホークダウンの原作本について質問です。
1999年にでた「強襲部隊―米最強スペシャル・フォースの戦闘記録」と文庫本上下巻の「ブラックホークダウン」とでは、内容が違うのですか?大至急教えてください。

Aベストアンサー

 今晩は。今、寝る前にちょっとこちらを見て質問に気が付いたところです。4時間も経過していますが、仕方が無いでしょう。

 それはともかく、こちらのページによると内容は全く同一のようです。
http://homepage1.nifty.com/ta/sfb/bowden.htm
映画の公開に合わせて改題し、大部のハード・カバー版を文庫で2分冊にしたようです。新刊書店で見られる紹介文の章立ては全く同一です。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9973127773
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9975599400
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9975599419
 版元の早川の内容紹介には「改題」と明記してあります。
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/90264.html

 今晩は。今、寝る前にちょっとこちらを見て質問に気が付いたところです。4時間も経過していますが、仕方が無いでしょう。

 それはともかく、こちらのページによると内容は全く同一のようです。
http://homepage1.nifty.com/ta/sfb/bowden.htm
映画の公開に合わせて改題し、大部のハード・カバー版を文庫で2分冊にしたようです。新刊書店で見られる紹介文の章立ては全く同一です。
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9973127773
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報