私は4ヶ月前にスキーにて友達に唇を切るケガをさせてしまいました。
スキー場の診療所にて4針縫うという結果でした。
その後治療費にてもめることとなってしまい
今を診断書が必要な状況となっています。

・今からでも診断書を病院に書いていただく事はできるのでしょうか。
・本人以外が診断書を病院より入手する事は出来るのでしょうか。
・診断書は通常どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちわ。


 他の方の言うように、今からでも診断書は取れます。
 患者のプライバシーに関わるので、医者には守秘義務があり、本人以外には診断書は出しません。希に委任状(同意書)があっても拒む医者もいますが、スキー場の所では心得ていると思いますから、同意書があれば大丈夫ではと。
 診断書は5000円位が多いです。(中には10000円位ぼったくる所もあります。)

 治療費でもめてる、との事ですが、結構保険で対処できるものですよ。例えば、スキー場によってはリフト券にスキー保険が自動付帯されている事があります。この場合、スキー保険より治療費、通院費、慰謝料、文書(診断書)代等が支払われます。リフト券に付いていなくても、自分で入っているスキー保険でも同様です。また、ご家族誰かが個人賠償責任保険(or個賠特約)に入っていれば、あなたの責任である怪我の治療費他が支払われます。個人賠償保険は、単体でも存在してますが、火災保険、傷害保険、自動車保険等にも特約として付加できるものです。(数社に示談代行付のものもあります。)リフト券に付いていなかった場合にも、家中の保険の証券を片っ端から確認してみてください。案外個人賠償は付いている物です。これがあれば治療費でもめる事は少なくなると思います。
    • good
    • 0

>今からでも診断書を病院に書いていただく事はできるのでしょうか。


後からでも、診断書は書いてもらえます。

>本人以外が診断書を病院より入手する事は出来るのでしょうか。
基本的には、本人以外に申請は出来ませんが、委任状があれば可能です。

>診断書は通常どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
概ね、1通に付き5千円前後です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます!
わからない事がわかりホッっとしました。

お礼日時:2001/07/26 10:03

病院にカルテが残っていれば、過去にわたって診断書は作成可能だと思いますよ。


ただ、やはりご本人以外の方の入手は難しいでしょう。
ご家族の方にお渡しする場合はありますが。
費用は診断書の内容(記載事項の内訳)によって異なってきますが、前の方のおっしゃるとおり高額になることは有りませんよ。
1000~5000の間でおさまるのではないでしょうか。
お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足していただきありがとうございます。
早く解決する様努めます!

お礼日時:2001/07/26 10:01

こんにちは。


私も今年スキーで2回も怪我をしてしまいした。(内一回は入院・・・。)

診断書を作成するのは出来ますよ。
病院で診察を受けたときに作成してもらうのが一般的です。
後にでも作成するのも可能なはずです。
本人以外が診断書を入手することは基本的には出来ません。
診断書の作成費用は、病院によってまちまちですが10,000円を超えることはあまりないでしょう。

ところでどうしてもめちゃったのでしょうか?被害者の方って友人ですよね?
お金が絡んでいるのであれば、なおさら診断書が必要になると思われます。
治療費に保険を使うと思いますが、必ず診断書が必要になってくるはずです。
その友人とよく話し合って、先ずは診断書を作ってもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難う御座います。
私も友人だと思って居たのですが・・・お金が絡んできて
けれども何とか仲が回復する様努めます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザと診断され、診断書も書いてもらったのですが、病院から学校

インフルエンザと診断され、診断書も書いてもらったのですが、病院から学校に直接連絡がいくことはあるのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

個人情報保護法があるので、ご本人宛に連絡を入れることはあっても
第三者に情報を伝えることは有り得ません。

Q子供の怪我で病院に通院し、保険の請求の為に診断書をもらいに病院に行った

子供の怪我で病院に通院し、保険の請求の為に診断書をもらいに病院に行ったのですが、出来上がるのに1ヵ月かかると言われ、かかった科が脳外科と形成外科なので診断書は2枚になるので代金も2枚分かかるとも言われました。
鼻の骨折で脳外科に2回、形成外科に1回通院しただけで、しかも試合先での怪我だったので、自宅から離れた病院でもあるので行くのにも時間がかかるんですよ。それなのに診断書をもらいに仕事を休んでまた行かなくちゃいけないなんてどうしても納得できません。郵送も出来ないと言われてしまいました。
これは当たり前の事なのでしょうか?

Aベストアンサー

全ての受診を保険対象としたいのなら、2枚は当然です。質問者が2回分だけでいいと考えれば脳外科分だけ1枚でいいですが、3回の受診を全て保険対象にしたいのなら2枚は当然です。2枚が嫌で一枚だけ支払いたいなら脳外科受診分だけを請求されればいいかと思います。
診断書は基本的に私文書に相当するので、郵送するなら書留にする必要があります。そのために郵送料を支払っていただく必要がありますが、一般的に病院事務にとって書留をだすのは日常的な事務ではないので手数料も支払っていただく必要があります。そして書留で送っていいという確認書にサインが必要となります。
診断書はよくトラブルの許になるので、上記のような手続きにせず手渡しを原則としている医療機関は多いかと思います。

Q子供が足を七針縫った跡の治療と経過について

3歳半の子供があしの付け根のアキレス筋近くを深くきり、救急で病院で七針縫ってしまいました。
とてもかわいそうで・・・。
最善な治療を行いたいのですが、今日で四日目で毎日病院で消毒をしています。
初めに運ばれた病院では抗生剤は初日もらいましたが、翌日はもらわなかったので、あとで病院にきずいて電話したら「取に来て」から飲まなくても良い」に変わりました。
不安で転院し、そこの先生は「消毒もきれいにできてないし、歩かせるなんてまだ早い」とそのことをいって抗生剤もいただきましたが、前の先生は抗生剤は子供は1日飲めば良いと言うし、痛くなければ歩けると言いました。
2回目の先生は当分歩くなといいます。
もちろん後の先生のことを信じていますし、用心して安静にさせていますが、ちなみに何日ぐらい縫った場合は歩いてもいいものなのでしょうか?
アキレス健は大丈夫ということですが、まだはっきりとは言えないとも言います。
前の先生はアキレス健が動いたので大丈夫と言っていました。
私は仕事をしていて娘もこんど来週末に運動会です。
あまりゆっくり休めなくてどうしょう‐と思いますが、娘の健康第一なので欠勤はやむをえないですし大切にしてあげようと思っています。
いつぐらいで歩けるようになるんでしょうか?

3歳半の子供があしの付け根のアキレス筋近くを深くきり、救急で病院で七針縫ってしまいました。
とてもかわいそうで・・・。
最善な治療を行いたいのですが、今日で四日目で毎日病院で消毒をしています。
初めに運ばれた病院では抗生剤は初日もらいましたが、翌日はもらわなかったので、あとで病院にきずいて電話したら「取に来て」から飲まなくても良い」に変わりました。
不安で転院し、そこの先生は「消毒もきれいにできてないし、歩かせるなんてまだ早い」とそのことをいって抗生剤もいただきましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

再び、こんにちはです。
大きな大学病院(新しい知識がある若い先生あるいはは専門医)と小さな個人病院(経験が豊富な先生)で大まかに治療が少し異なります。
 抗生物質については、大きな病院では、耐性菌、その他の副作用を重要視し最低限しか使いません。小さな病院では、抜糸するまで抗生物質を使う傾向があります。
 消毒については、大きな病院では、イソジン消毒(茶色の消毒薬)で消毒することは、あまりないです。傷の専門である形成外科医などは、どうしても消毒する場合は、ヒビテン(透明な消毒薬)などを使い、場合によっては軟膏療法、閉鎖療法を行います。そして、傷も落ち着いたら1日おきの消毒(消毒がメインじゃなく傷の状態を見るために来てもらう)で通院です。一方、小さな病院は、抜糸するまで、必ず毎日来てもらい、イソジン消毒をします。
 また、一般的に、大きな病院ほど治療期間が短くなるような気がします。小さな病院は、慎重に治療を行う傾向があります(今回の場合で言うと歩かない)。
 以上ですが、大胆にも2パターンに分けてしまいました。傷によってもかなり治療法が異なりますし、今度、はじめの病院に行くということなので、参考にしてください。これで、今回の治療法について頭の中が整理されると良いのですが。

再び、こんにちはです。
大きな大学病院(新しい知識がある若い先生あるいはは専門医)と小さな個人病院(経験が豊富な先生)で大まかに治療が少し異なります。
 抗生物質については、大きな病院では、耐性菌、その他の副作用を重要視し最低限しか使いません。小さな病院では、抜糸するまで抗生物質を使う傾向があります。
 消毒については、大きな病院では、イソジン消毒(茶色の消毒薬)で消毒することは、あまりないです。傷の専門である形成外科医などは、どうしても消毒する場合は、ヒビテン(透明な消...続きを読む

QCO2ナルコーシスと、死亡診断書の直接の死因の欄に、記載が有りました。病院に、酸素投与のミス?で責任は、問えれませんか?

CO2ナルコーシスと、死亡診断書の直接の死因の欄に、記載が有りました。病院に、酸素投与のミス?で責任は、問えれませんか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんので、詳しいことは良くわかりませんが、

責任を問うことはできます。 裁判を起こすこともできます。 勝算はあります。
このごろの裁判では、医療関係者が首をかしげるような判決も良く出ます。
どの程度の勝算があるかという事に関しては、患者さんの記録がどうなっているのかによります。
適正な治療をされていての結果であったのか、検査もせずほったらかしにしていて、
SPO2が下がっただけで高濃度の酸素を供給したのか、その辺りを
専門化が詳細な記録をみて判断するしかないと思います。

入院暦などの限られた情報から推測すると、BODEも相当低かったことでしょうし、COPD末期と考えたくなります。
であれば、致し方ないケースだと考えてしまうのはある意味当然かもしれません。

要するに、このような場所で主観的な情報のみの提供では、裁判がどうなるかは予想ができません。 
医療を扱っておられる弁護士にご相談されるしかないと思います。 

医療機関に、手落ちがあったのなら、それを指摘し、それが今後起きないようにするためには、裁判は有効な手段かもしれません。

勝ったとしたら何が得られるのか、負けたとしたら何を失うのか、
なくなられた方は何を望んでおられたのか、よく考えて行動されてください。

専門家ではありませんので、詳しいことは良くわかりませんが、

責任を問うことはできます。 裁判を起こすこともできます。 勝算はあります。
このごろの裁判では、医療関係者が首をかしげるような判決も良く出ます。
どの程度の勝算があるかという事に関しては、患者さんの記録がどうなっているのかによります。
適正な治療をされていての結果であったのか、検査もせずほったらかしにしていて、
SPO2が下がっただけで高濃度の酸素を供給したのか、その辺りを
専門化が詳細な記録をみて判断するしかな...続きを読む

Q医師に希望どおりの診療書を書いてもらえますか?

28歳の会社員です。教えてください。
現在、中小メーカーで営業をしております。
どこの企業様でも事情は同じかもしれませんが、
ノルマなどが厳しく、非常に滅入っております。

本来ならば、会社を辞めるという選択肢が最も根本的な解決になるのですが、妻と子供がいるため、早々思い切った決断もできません。

そこで事務などの部署に異動をしたいと考えております。
上司に願うときに医師の診療書があるとその可能性は高まると思っております。

気分は非常に滅入っているのですが、
「うつ病」までは至っておらず、正直に医師の診察を受けても問題なし、となる可能性があります。

医師に相談して、諸般の事情で
【軽いうつ病である、などの診療書をあえて書いていただく】、ということはできるのでしょうか??

長文になりましたが、ご回答いただければ非常に助かります。

Aベストアンサー

ウツ病は、非常にその範疇が決めにくい病名です。「風邪」のように、なんでも「ウツ」で済んでしまうからです。実際はその殆どが「ウツ周辺群病」か、ひどくても「ウツ状態」です。本当の「ウツ病」は希死感、厭世観あるいは無気力状態を伴いますから、その実態は明らかでないはずで、数的にはほんのひとつまみの人々です。いわゆる“軽いウツ病”というのも果たして存在するか、という気がいたします。

ところで、本題。
ノルマ・営業。活字を見ただけでユウウツになりますね。毎日すごいプレッシャーだと推察いたします。おつかれさまです。
「ウツ」というのは社内で変なレッテルを貼られる恐れがかなり高いですよ。昇格したいならば、確実に「ハンデ」になってしまいます。

(私の)結論
1、心療内科に一度診てもらい、“滅入っている”ことをぶちまけましょう。異動したいことも。
2、次に上司に相談しましょう。
3、その結果、診断書が必要ならば「1」でかかっている医師にその旨を相談すればよいのです。「1」で既に相談済みですから、もし「2」のタイミングでご心配になってらっしゃるようなシーンに出くわしても、医師は了解済みなわけですから、そこいらへんは質問者さんの意に沿う診断書を書いてくれます。
★(最後のダメ押し)
私のアドバイスは上記1~3を順に進めていく、ことに尽きます。

ご参考サイト
http://www.kuchikomi.tv/
http://www.newton-doctor.com/

最後になりましたが、
>「うつ病」までは至っておらず、正直に医師の診察を受けても問題なし、となる可能性があります。
とのことですが、上記「1」のタイミングで相談して、神経・精神科医は、そう簡単に“問題なし”とは言いません。

ご参考まで。

ウツ病は、非常にその範疇が決めにくい病名です。「風邪」のように、なんでも「ウツ」で済んでしまうからです。実際はその殆どが「ウツ周辺群病」か、ひどくても「ウツ状態」です。本当の「ウツ病」は希死感、厭世観あるいは無気力状態を伴いますから、その実態は明らかでないはずで、数的にはほんのひとつまみの人々です。いわゆる“軽いウツ病”というのも果たして存在するか、という気がいたします。

ところで、本題。
ノルマ・営業。活字を見ただけでユウウツになりますね。毎日すごいプレッシャーだと推察...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報